« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.30

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節

浦和レッドダイヤモンズ0-1清水エスパルス
得点者:
(浦和)-
(清水)原
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、岩下選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW永井選手、ヨンセン選手、藤本選手 というスタメンで臨みました。
前半、36分浦和田中選手からエスクデロ選手に交代。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、48分岩下選手にイエローカード(累積2枚目で次節出場停止)。 65分兵働選手から山本真選手に交代。 78分本田選手から大前選手、永井選手から原選手に交代。 81分浦和堀之内選手から鈴木選手に交代。 86分浦和宇賀神選手から原口選手に交代。 87分清水の攻撃、右サイドスローインのリスタートから辻尾選手がクロス、ニアでディフェンス の前に入った原選手がヘッドで合わせてゴールし遂に清水がリードを奪う。 試合はそのまま終了し勝利しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】2:原(1),1:藤本,枝村
【警告】2:岩下(1),1:辻尾,高木,兵働
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】岩下(ナビスコ第6節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際親善試合日本代表対イングランド代表

イングランド代表2-1日本代表
得点者:
(イングランド)OG2
(日本)田中闘
日本は GK川島選手、 DF今野選手、田中闘選手、中澤選手、長友選手、 MF阿部選手、長谷部選手、遠藤選手、 FW本田選手、岡崎選手、大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、7分日本の右CK、遠藤選手のグラウンダーのクロスを田中闘選手がゴールし日本先制。 前半は日本が1点リードして終了しました。
ハーフタイムジェームズ選手からハート選手、G・ジョンソン選手からキャラガー選手、 ハドルストン選手からジェラード選手、ウォルコット選手からライトフィリップス選手、 ベント選手からJ・コール選手に交代。
後半、55分イングランドの攻撃、日本ペナルティエリア正面で得たFK、ランパード選手が 直接狙ったシュートをペナルティエリア内で本田選手が手でブロックしたとしてPKの判定、 ランパード選手のPKは川島選手がセーブし失点を逃れる。 65分岡崎選手から森本選手に交代。 71分大久保選手から松井選手に交代。 72分イングランドの攻撃、右サイドJ・コール選手のクロスを田中闘選手がクリアしたボールが ゴールに入ってしまいオウンゴールで同点。 76分レノン選手からヘスキー選手に交代。 83分イングランドの攻撃、左サイドA・コール選手からのクロスを中澤選手がクリアしようと して僅かに触ったボールがコースが変わりGKが反応出来ずオウンゴールで逆転を許す。 86分遠藤選手から玉田選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.29

2010東海地域U-15リーグ第6節

清水エスパルスジュニアユース3-3ACNジュビロ沼津
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月29日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスジュニアユースの第6戦がACNジュビロ沼津 と行われ、エスパルスジュニアユースは引き分けで通算成績を5勝1分としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.27

第38回トゥーロン国際大会2010

U-21日本代表フランス遠征 第38回トゥーロン国際大会 グループステージ第1戦試合結果
U-21日本代表フランス遠征 第38回トゥーロン国際大会 グループステージ第2戦試合結果
U-21日本代表フランス遠征 第38回トゥーロン国際大会 グループステージ第3戦試合結果
日本サッカー協会
5月18日~27日、U-21日本代表がフランス遠征で参加した第38回トゥーロン国際大会2010 が行われ、U-21日本代表はグループステージ3戦全敗の成績で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.26

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4節

ヴィッセル神戸3-1清水エスパルス
得点者:
(神戸)都倉、エジミウソン、ポポ
(清水)枝村
清水は GK西部選手、 DF高木選手、平岡選手、ボスナー選手、児玉選手、 MF本田選手、枝村選手、兵働選手、 FW原選手、ヨンセン選手、藤本選手 というスタメンで臨みました。
前半、15分神戸の攻撃、都倉選手のゴールで神戸先制。 23分神戸の右CK、エジミウソン選手に押し込まれ2点差となる。 33分高木選手にイエローカード。 42分神戸都倉選手にイエローカード。 前半は2点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム藤本選手から小野選手に交代。
後半、51分神戸の攻撃、ポポ選手のゴールで3点差。 54分兵働選手にイエローカード。 55分高木選手から岩下選手に交代。 57分岩下選手にイエローカード。 63分神戸松岡選手にイエローカード。 70分ヨンセン選手から永井選手に交代。 75分神戸都倉選手から吉田選手に交代。 84分神戸北本選手から石櫃選手に交代。 86分清水の攻撃、枝村選手のゴールで1点返す。 90+1分神戸茂木選手から田中選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】1:藤本,原,枝村(1)
【警告】1:辻尾,高木(1),兵働(1),岩下(1)
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.24

キリンチャレンジカップ2010韓国代表戦

日本代表0-2韓国代表
得点者:
(日本)-
(韓国)パク・チソン、パク・チュヨン(PK)
日本は GK楢崎選手、 DF長友選手、中澤選手、阿部選手、今野選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、本田選手、大久保選手、 FW岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、6分韓国の攻撃、パスカットからの速攻でパク・チソン選手にゴールを許し韓国先制。 37分韓国イ・チョンヨン選手にイエローカード。 前半は1点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム韓国イ・グノ選手からキム・ナミル選手、ヨム・ギフン選手からパク・チュヨン選手 に交代。
後半、63分中村俊選手から森本選手に交代。 67分韓国チャ・ドゥリ選手からオ・ボムソク選手に交代。 72分本田選手から中村憲選手に交代。 74分遠藤選手にイエローカード。 76分韓国キ・ソンヨン選手からキム・ボギョン選手、パク・チソン選手からイ・スンリョル選手 に交代。 79分遠藤選手から駒野選手に交代。 84分韓国オ・ボムソク選手にイエローカード。 87分大久保選手から矢野選手に交代。 90分韓国の攻撃、スルーパスで抜け出したパク・チュヨン選手を日本ペナルティエリア内で 楢崎選手が倒してしまいPKの判定、楢崎選手にイエローカード。 PKをパク・チュヨン選手自身が決め2点差となる。 試合は直後に終了し日本は敗戦しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25回フローニンゲン国際ユース大会2010

U-19日本代表 第25回フローニンゲン国際ユース大会2010 第1日目 試合結果
U-19日本代表 第25回フローニンゲン国際ユース大会2010 第2日目 試合結果
日本サッカー協会
5月22日~24日、U-19日本代表がオランダ遠征で参加した第25回フローニンゲン国際ユース大会2010 が行われ、決勝まで進んだU-19日本代表はU-20韓国代表に敗戦し準優勝で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.22

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第3節

清水エスパルス0-0横浜F・マリノス
得点者:
(清水)-
(横浜)-
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、岩下選手、ボスナー選手、児玉選手、 MF伊東選手、小野選手、兵働選手、 FW永井選手、ヨンセン選手、藤本選手 というスタメンで臨みました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、64分横浜天野選手から齋藤選手に交代。 65分ボスナー選手から太田選手に交代。 76分ヨンセン選手から原選手に交代。 78分永井選手から枝村選手に交代。 79分横浜河合選手にイエローカード。 85分横浜兵藤選手から坂田選手に交代。 90分辻尾選手にイエローカード。 試合はそのままスコアレスドローで終了しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】1:藤本,原
【警告】1:辻尾(1)
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-16選手権ウズベキスタン2010組合せ抽選会

AFC U-16選手権 ウズベキスタン2010(10/24~11/7) 組み合わせ決定
日本サッカー協会
5月20日、10月に開催されるAFC U-16選手権ウズベキスタン2010の組合せ抽選会がウズベキスタンで 行われ、 日本はグループCでオーストラリア、東ティモール、ベトナムと対戦することが決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.18

2010ナショナルトレセンU-14メンバー発表

「2010 ナショナルトレセンU-14(前期)」を全国3会場で開催
日本サッカー協会
5月17日、5月19日から行われるナショナルトレセンU-14に参加するメンバーの発表が ありました。
今回、エスパルスジュニアユースから 水谷拓磨選手、宮本航汰選手、田原龍二選手、北川航也選手、望月大選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010東海地域U-15リーグ第5節

清水エスパルスジュニアユース3-0FC四日市
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月16日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスジュニアユースの第5戦がFC四日市 と行われ、エスパルスジュニアユースは勝利で開幕から5連勝としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年J1第12節FC東京戦

FC東京2-2清水エスパルス
得点者:
(F東京)長友、松下
(清水)平岡、藤本
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、児玉選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、26分清水の攻撃、中盤右サイドで得たFK、小野選手のクロスを完全にフリーになった 平岡選手がヘッドでゴールに押し込み清水先制。 前半は1点リードして終了しました。
後半、52分F東京重松選手からリカルジーニョ選手に交代。 57分小野選手から山本真選手に交代。 59分F東京羽生選手から赤嶺選手に交代。 67分F東京梶山選手にイエローカード。 68分清水の攻撃、F東京ペナルティエリア正面やや右で得たFK、藤本選手がシュートを ゴール右に見事に決めリードを2点に広げる。 72分F東京石川選手から松下選手に交代。 84分藤本選手から太田選手に交代。 85分F東京の左CK、西部選手がパンチングでペナルティエリア外に弾き出したボールを 長友選手にミドルシュートを決められ1点返される。 86分F東京赤嶺選手にイエローカード。 87分F東京の攻撃、カウンターから赤嶺選手のクロスを辻尾選手がクリア、しかしクリアが 小さくなり松下選手にダイレクトでボレーシュートを撃たれる、ボールがDFに当たってコースが 変わり西部選手が反応しきれずゴールし同点に追いつかれる。 90+1分ヨンセン選手から永井選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
勝利目前の終盤の2失点で勝点を1しか上げられず非常に悔しい試合になりました。 これでリーグ戦は中断期間に入りますが、この厳しい結果を今後にどう生かすのかが大変重要に なるので何とか下を向かず再び上昇カーブを描いてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】5:岡崎,藤本(1),3:ヨンセン,2:ボスナー,平岡(1),1:大前,伊東,本田,永井,兵働,山本真
【警告】4:小野,ボスナー,3:本田,2:岡崎,平岡,1:西部,岩下,兵働,太田,ヨンセン,高木,藤本
【退場】1:太田
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2010ラウンド16

5月11日~12日、AFCチャンピオンズリーグ2010のラウンド16(Round of 16)で 日本から出場した2チーム(G大阪、鹿島)の試合が行われました。
城南一和天馬(韓国)3-0ガンバ大阪
得点者:
(城南)MOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO2(PK1)、SONG HOYOUNG
(G大阪)-
ラウンド16でG大阪がアウェーで韓国の城南一和天馬と対戦しました。
73分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア内で明神選手が相手選手を倒したとしてPKの判定、 PKをMOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO選手が決め城南先制。 84分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア内にノーマークで入り込んだSONG HOYOUNG選手に ゴールされ厳しい2点目が入る。 90+1分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア右で得たFK、MOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO 選手がシュートを直接決め3点目が入る。 試合はそのまま終了しG大阪は敗戦しました。
G大阪は残念ながらベスト16で大会を終了しました。
鹿島アントラーズ0-1浦項スティーラーズ(韓国)
得点者:
(鹿島)-
(浦項)JOAO SOARES DA MOTA NETO
ラウンド16で鹿島がホームで韓国の浦項スティーラーズと対戦しました。
29分浦項の攻撃、右サイドスローインのリスタートから鹿島ペナルティエリア内にフリーで 入り込んだJOAO SOARES DA MOTA NETO選手がシュート、ボールはブロックした内田選手の 足に当たってGKの頭上を越えゴールし浦項先制。 試合はそのまま終了し鹿島は敗戦しました。
G大阪に続き鹿島も残念ながらベスト16で大会を終了しました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.12

U-19日本代表メンバー発表

U-19日本代表 オランダ遠征メンバー(第25回フローニンゲン国際ユース大会2010)
日本サッカー協会
本日(5月12日)、オランダ遠征(第25回フローニンゲン国際ユース大会2010)に参加する U-19日本代表メンバー18名の発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-21日本代表メンバー発表

U-21日本代表 フランス遠征メンバー(第38回トゥーロン国際大会)
日本サッカー協会
本日(5月12日)、フランス遠征(第38回トゥーロン国際大会)に参加するU-21日本代表メンバー 20名の発表がありました。
今回、エスパルスからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表ワールドカップ予備登録メンバー発表

2010FIFAワールドカップ 南アフリカ FIFA登録30名 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー(10.05.12)
J's GOAL
本日(5月12日)、2010FIFAワールドカップ南アフリカの予備登録メンバー30名の発表が ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

市川選手全治6週間

本日(5月11日)、長期間戦列を離れている市川選手が精密検査の結果、 右膝外側半月板損傷及び軟骨損傷で全治まで6週間を要する見込みと診断された旨の発表が エスパルスオフィシャルからありました。
なかなか戦列復帰しないのでどうなっているのか心配していましたが、かなりの 重症を負っていた模様です。チームは首位争いをしていますが、今は治療に専念し 1日でも早く復帰してくれることを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.10

日本代表ワールドカップメンバー発表

2010FIFAワールドカップ 南アフリカ キリンチャレンジカップ2010(5/24 vs韓国代表@埼玉ス) SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー
日本サッカー協会
本日(5月10日)、2010FIFAワールドカップ南アフリカに臨む日本代表メンバー23名の発表が ありました。
エスパルスからは岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-19選手権中国2010組合せ抽選会

AFC U-19選手権 中国2010(10/3~17) 組み合わせ決定
日本サッカー協会
5月9日、10月に開催されるAFC U-19選手権中国2010の組合せ抽選会が中国で行われ、 日本はグループCでUAE、ベトナム、ヨルダンと対戦することが決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

2010年J1第11節アルビレックス新潟戦

清水エスパルス0-2アルビレックス新潟
得点者:
(清水)-
(新潟)西、ミシェウ
清水は GK武田選手、 DF辻尾選手、廣井選手、平岡選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、兵働選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、19分新潟の右CK、マルシオ・リシャルデス選手のクロスをニアでマークを外した西選手に 合わされゴールを許し新潟に先制される。 22分本田選手にイエローカード。 39分新潟ミシェウ選手にイエローカード。 43分新潟の攻撃、前線でのパス回しから清水ペナルティエリア内に出来たスペースに左サイドから フリーで走り込んだミシェウ選手にディフェンスがかわされシュートを決められ2失点目を喫する。 45分平岡選手にイエローカード。 前半は2点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム廣井選手から高木選手に交代。
後半、57分新潟ミシェウ選手から三門選手に交代。 59分新潟三門選手にイエローカード。 70分伊東選手から永井選手、辻尾選手から山本真選手に交代。 73分新潟小林選手からファグネル選手に交代。 88分新潟永田選手から中野選手に交代。 90分藤本選手にイエローカード。 90+2分新潟マルシオ・リシャルデス選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
前節に続き前半で2点を失う難しい展開になった試合は、後半に攻勢をかけるもののゴールを 上げることが出来ずシーズン初の敗戦を喫しました。 試合運びや選手層の底上げの課題を突きつけられた厳しい試合でしたが、この課題を克服して もう1段階チームとしてレベルアップしてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】5:岡崎,4:藤本,3:ヨンセン,2:ボスナー,1:大前,伊東,本田,平岡,永井,兵働,山本真
【警告】4:小野,ボスナー,3:本田(1),2:岡崎,平岡(1),1:西部,岩下,兵働,太田,ヨンセン,高木,藤本(1)
【退場】1:太田
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010東海地域U-15リーグ第4節

清水エスパルスジュニアユース4-3ジュビロ磐田ジュニアユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月8日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスジュニアユースの第4戦がジュビロ磐田ジュニアユース と行われ、エスパルスジュニアユースは勝利で開幕から4連勝としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.06

U-16日本代表候補メンバー発表

U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(5/13~19@千葉)メンバー
日本サッカー協会
本日(5月6日)、5月13日からのトレーニングキャンプに参加するU-16日本代表候補メンバー25名の 発表がありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年J1第10節京都サンガF.C.戦

京都サンガF.C.2-4清水エスパルス
得点者:
(京都)柳沢、ドゥトラ
(清水)藤本2(2PK)、ヨンセン、ボスナー
清水は GK武田選手、 DF高木選手、平岡選手、ボスナー選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、山本真選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、1分小野選手にイエローカード(累積4枚目で次節出場停止)。 27分太田選手にイエローカード。 31分京都の攻撃、自陣からのロングフィードをドゥトラ選手が落としたボールに走り込んだ 柳沢選手にDF2人がかわされ、シュートをゴール右に決められ京都に先制を許す。 34分京都の攻撃、中盤左サイドで得たFK、ディエゴ選手のクロスをファーでフリーにした ドゥトラ選手にヘッドでゴールされる。 前半は2点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム高木選手から辻尾選手、山本真選手から兵働選手に交代。
後半、51分京都中山選手にイエローカード。 53分清水の攻撃、京都ペナルティエリア内に侵入した岡崎選手が倒されPKを獲得、 藤本選手がPKを冷静に決め1点差とする。 59分清水の攻撃、自陣から細かく繋ぎ前線まで運び、最後右サイドでフリーになった小野選手が ファーにクロス、このボールをヨンセン選手がDFと競りながらダイビングヘッドでゴールに 押し込み同点に追いつく。 67分京都ドゥトラ選手から森下選手、片岡選手からハウバート・ダン選手に交代。 69分京都中山選手にイエローカード、この試合2枚目で退場。 71分京都柳沢選手から安藤選手に交代。 77分清水の攻撃、京都ペナルティエリア内に侵入した岡崎選手が倒されPKを獲得、 郭選手にイエローカード。 PKを藤本選手が決め遂に逆転する。 79分太田選手にイエローカード、この試合2枚目で退場となる。 80分小野選手から児玉選手に交代。 83分清水の攻撃、中盤中央やや右ゴールまで30m程の位置で得たFK、ボスナー選手が 直接狙った強烈なシュートはそのまま豪快にゴールネットを揺らしリードを2点に広げる。 84分ボスナー選手にイエローカード(累積4枚目で次節出場停止)。 試合はそのまま終了し勝利しました。
前半は京都の出足が鋭く苦戦しどうなるか心配しましたが、後半メンバー変更などで修正し 劣勢を一気に逆転して見事な勝利を飾ってくれました。 次節新潟戦は小野選手、ボスナー選手、太田選手が出場停止になりますが代わって出場する選手 にはぜひスタメンを奪取するという気迫を見せてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】5:岡崎,4:藤本(2),3:ヨンセン(1),2:ボスナー(1),1:大前,伊東,本田,平岡,永井,兵働,山本真
【警告】4:小野(1),ボスナー(1),2:岡崎,本田,1:西部,岩下,兵働,太田,平岡,ヨンセン,高木
【退場】1:太田(1)
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】小野(J1第11節)、ボスナー(J1第11節)、太田(J1第11節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2010(1部)第5節

清水エスパルスユース0-0ジュビロ磐田ユース
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)-
(通算成績)4勝1分0敗、勝点13
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月5日、プリンスリーグ東海1部第5節でジュビロ磐田ユースと対戦したエスパルスユースは スコアレスで引き分けました。混戦模様の上位争いは第5節終了時点で勝点13で4チームが並び、 前節まで首位のエスパルスユースは得失点差で順位を2つ下げ3位になりました。 大会は残り4試合、再度首位奪回を目指して頑張ってほしいと思います。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.05

JFAプレミアカップ2010

JFA プレミアカップ2010
日本サッカー協会
5月2日~4日、JFAプレミアカップ2010が行われ、決勝で京都サンガF.C. U-15が名古屋グランパスU15 に勝利し、優勝を飾りました。おめでとうございます。
尚、京都サンガF.C. U-15は優勝チームに与えられるマンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ・ワールド・ファイナルズ2010への出場権も同時に獲得しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

2010年J1第9節浦和レッドダイヤモンズ戦

清水エスパルス2-1浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(清水)岡崎、ヨンセン
(浦和)ポンテ
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、17分清水の右CK、藤本選手のクロスを岡崎選手が鈴木選手に競り勝ってニアでヘッドで 合わせてゴールし清水先制。 22分浦和の攻撃、右サイドからドリブルとワンツーでゴール前まで持ち込んだポンテ選手の マークが甘くなりシュートを撃たれる、西部選手が弾き出そうとしたがボールは右ポストを叩いて ゴールに入ってしまい同点に追いつかれる。 25分本田選手にイエローカード。 前半は同点で終了しました。
ハーフタイム接触プレーで痛みながらも前半をフルにプレーした西部選手から武田選手に交代 (脳震盪とのことですが大事に至らない事を願います)。
後半、67分浦和鈴木選手から堀之内選手に交代。 75分浦和田中選手から高原選手に交代。 79分藤本選手から永井選手に交代。 83分辻尾選手から高木選手に交代。 88分高木選手にイエローカード。 88分浦和柏木選手からサヌ選手に交代。 90+1分浦和ポンテ選手にイエローカード。 90+3分清水の右CK、兵働選手のクロスはクリアされるが、セカンドボールを繋いで一旦は クリアされそうになるが平岡選手が粘り強く奪って兵働選手にパス、兵働選手がファーに上げた クロスにディフェンスラインの外側を回り込んだヨンセン選手がヘッドでゴールし土壇場でリード する。 試合は直後に終了し勝利しました。
J1通算300勝を劇的な勝利で達成してくれました。 前節に続いて同点に追いつかれてどちらに転ぶか最後まで分からない試合を粘り強く ものにしてくれました。 選手の皆さん本当にお疲れ様でした。
累積記録

【得点】5:岡崎(1),2:藤本,ヨンセン(1),1:大前,伊東,ボスナー,本田,平岡,永井,兵働,山本真
【警告】3:小野,ボスナー,2:岡崎,本田(1),1:西部,岩下,兵働,太田,平岡,ヨンセン,高木(1)
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010東海地域U-15リーグ第3節

岐阜VAMOS1-5清水エスパルスジュニアユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月1日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスジュニアユースの第3戦が岐阜VAMOS と行われ、エスパルスジュニアユースは勝利で開幕から3連勝としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »