« U-19日本代表メンバー発表 | トップページ | 2010年J1第12節FC東京戦 »

2010.05.18

AFCチャンピオンズリーグ2010ラウンド16

5月11日~12日、AFCチャンピオンズリーグ2010のラウンド16(Round of 16)で 日本から出場した2チーム(G大阪、鹿島)の試合が行われました。
城南一和天馬(韓国)3-0ガンバ大阪
得点者:
(城南)MOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO2(PK1)、SONG HOYOUNG
(G大阪)-
ラウンド16でG大阪がアウェーで韓国の城南一和天馬と対戦しました。
73分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア内で明神選手が相手選手を倒したとしてPKの判定、 PKをMOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO選手が決め城南先制。 84分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア内にノーマークで入り込んだSONG HOYOUNG選手に ゴールされ厳しい2点目が入る。 90+1分城南の攻撃、G大阪ペナルティエリア右で得たFK、MOLINA URIBE MAURICIO ALEJANDRO 選手がシュートを直接決め3点目が入る。 試合はそのまま終了しG大阪は敗戦しました。
G大阪は残念ながらベスト16で大会を終了しました。
鹿島アントラーズ0-1浦項スティーラーズ(韓国)
得点者:
(鹿島)-
(浦項)JOAO SOARES DA MOTA NETO
ラウンド16で鹿島がホームで韓国の浦項スティーラーズと対戦しました。
29分浦項の攻撃、右サイドスローインのリスタートから鹿島ペナルティエリア内にフリーで 入り込んだJOAO SOARES DA MOTA NETO選手がシュート、ボールはブロックした内田選手の 足に当たってGKの頭上を越えゴールし浦項先制。 試合はそのまま終了し鹿島は敗戦しました。
G大阪に続き鹿島も残念ながらベスト16で大会を終了しました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« U-19日本代表メンバー発表 | トップページ | 2010年J1第12節FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/48393340

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2010ラウンド16:

« U-19日本代表メンバー発表 | トップページ | 2010年J1第12節FC東京戦 »