« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.30

JFAプリンスリーグU-18東海2010(1部)第4節

清水エスパルスユース4-1常葉学園橘高校
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)柏瀬、影山2、柴原
(通算成績)4勝0分0敗、勝点12
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月29日、プリンスリーグ東海1部第4節で常葉学園橘高校と対戦したエスパルスユースは 勝利し、開幕から4連勝で勝点を12としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.29

AFCチャンピオンズリーグ2010グループステージM6

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第6戦(グループステージ最終戦)で日本から出場した4チームの試合が 4月27日~28日に行われました。
北京国安足球倶楽部(中国)2-0川崎フロンターレ
得点者:
(北京)GRIFFITHS JOEL MICHAEL、SARAIVA ERIVALDO ANTONIO
(川崎)-
グループEの第6戦で川崎がアウェーで中国の北京国安足球倶楽部と対戦しました。
26分北京の攻撃、自陣ゴール前からのカウンターで速攻を仕掛け、ゴール前フリーの GRIFFITHS JOEL MICHAEL選手がゴールを決め北京先制。 47分北京の攻撃、中盤でのパスカットからカウンターを仕掛け、裏でフリーでパスを受けた SARAIVA ERIVALDO ANTONIO選手がゴールし北京がリードを2点に広げる。 試合はそのまま終了し川崎は敗戦しました。
最終戦でグループステージ突破を北京との直接対決で争った川崎は残念ながら敗戦し グループステージ突破は成りませんでした。
鹿島アントラーズ2-1全北現代モータース(韓国)
得点者:
(鹿島)イ・ジョンス、野沢
(全北)JIN KYIUNGSUN
グループFの第6戦で鹿島がホームで韓国の全北現代モータースと対戦しました。
20分鹿島の左CK、野沢選手のクロスをイ・ジョンス選手がヘッドでゴールし鹿島先制。 22分鹿島の攻撃、センターサークル付近で得たFK、小笠原選手が全北ペナルティエリア右に 入れたロングフィードを繋ぎ逆サイドフリーの野沢選手がボレーシュートを決め鹿島2点リード。 77分全北の攻撃、クロスのクリアを鹿島ペナルティエリア正面フリーで受けたJIN KYIUNGSUN選手 のミドルシュートが決まり1点差となる。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
鹿島がグループステージ全勝でグループF1位となりました。
河南建業足球倶楽部(中国)1-1ガンバ大阪
得点者:
(河南)SONG TAELIM
(G大阪)宇佐美
グループGの第6戦でG大阪がアウェーで中国の河南建業足球倶楽部と対戦しました。
39分G大阪の攻撃、左サイドにいた宇佐美選手が2度のワンツーでマークを外しながら 河南ペナルティエリア正面まで持ち込み、そのまま見事なゴールを決めG大阪先制。 90+1分河南の攻撃、左サイドスローインのリスタートから浮き球のパスでオフサイドライン ぎりぎりからフリーで抜け出したSONG TAELIM選手にループシュートを決められ同点に追いつかれる。 試合は直後に終了しG大阪は引き分けました。
G大阪は最終戦を勝利した水原にかわされグループステージを2位で終了しました。
サンフレッチェ広島4-3浦項スティーラーズ(韓国)
得点者:
(広島)大﨑、李、桒田、槙野
(浦項)KIM JAESUNG2、SHIN HYUNGMIN
グループHの第6戦で広島がホームで韓国の浦項スティーラーズと対戦しました。
1分広島の攻撃、前戦でボールを奪うと李選手のパスを受けた大﨑選手がゴールを決め広島先制。 4分浦項の攻撃、右サイドを崩したDA SILVA BATISTA ALEXANDRO選手のクロスをKIM JAESUNG選手が ヘッドで押し込み同点。 29分広島の左CK、清水選手のクロスを李選手がヘッドで押し込み再び広島リード。 42分広島の攻撃、自陣GKから一気に前線までボールを送り、裏でフリーで受けた桒田選手が 冷静にゴールを決め広島がリードを2点に広げる。 47分浦項の攻撃、左サイドからのクロスをフリーのKIM JAESUNG選手にヘッドで押し込まれ1点差。 62分浦項の攻撃、広島ペナルティエリア正面で得たFK、KIM JAESUNG選手が小さく右に出した ボールをSHIN HYUNGMIN選手が強烈なミドルシュートを決め同点。 79分広島の攻撃、浦項ペナルティエリア内で中島選手が倒されPK獲得、 PKで佐藤選手が小さく斜め前に出したボールに走り込んだ槙野選手がゴールを決め広島が 再度リードする。 試合はそのまま終了し広島が勝利しました。
広島は前戦でグループステージ突破は消滅していましたが最後を勝利で締めくくりました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-14フェスティバル 2010

JFAエリートプログラムU-14 AFCU-14フェスティバル1日目 試合結果
JFAエリートプログラムU-14 AFCU-14フェスティバル2日目 試合結果
JFAエリートプログラムU-14 AFCU-14フェスティバル3日目 試合結果
JFAエリートプログラムU-14 AFCU-14フェスティバル4日目 試合結果
日本サッカー協会
4月23日~27日、JFAエリートプログラムU-14(U-14日本選抜)が中国遠征で参加したAFC U-14 フェスティバル 2010(AFC U-14 FESTIVAL OF FOOTBALL 2010 EAST ASIA)で東アジア各国との 対戦が行われました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
エスパルスジュニアユースから参加した北川選手は北朝鮮選抜戦、グアム選抜戦、中国選抜戦 などでゴールを上げた模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.25

2010年J1第8節大宮アルディージャ戦

清水エスパルス2-1大宮アルディージャ
得点者:
(清水)兵働、山本真
(大宮)坪内
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW岡崎選手、ヨンセン選手、大前選手 というスタメンで臨みました。
前半は大宮のタイトな守備に苦しみ、パスミスなどで思うようにボールを繋げず、決定機を ほとんど作ることが出来ないまま無得点で終了しました。
後半、56分大前選手から山本真選手に交代。 58分清水の攻撃、ボスナー選手が前線左サイドに出したロングフィードがDFに当たってこぼれた ボールを拾った小野選手が大宮ペナルティエリア正面の兵働選手に早いグラウンダーのパス、 兵働選手が右足でワントラップして浮き球でマト選手をかわすと左足を振りぬき豪快なゴール を決め清水先制。 60分大宮金澤選手にイエローカード。 64分大宮橋本選手から金久保選手に交代。 73分大宮内田選手から土岐田選手に交代。 76分大宮の右CK、金久保選手のクロスを坪内選手にヘッドで押し込まれ同点に追いつかれる。 77分小野選手から藤本選手に交代。 80分兵働選手から原選手に交代。 82分大宮金久保選手にイエローカード。 86分清水の攻撃、前線右サイドスローインのリスタートからパスを受けた山本真選手が角度のない 位置から高速クロス、ボールはGKとニアポストの間を通過しファーのサイドネットに突き刺さり 再びリードを奪う。 90分大宮安選手から市川選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
同点に追いつかれてどちらに転ぶか最後まで分からない試合でしたが良く勝ち切ってくれました。 今後、優勝を目指す為には今日の様に厳しい展開の試合を最後まで諦めず戦い勝ちに繋げる姿勢も 大変重要ですので、これからも粘り強い戦いをしていってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】4:岡崎,2:藤本,1:大前,伊東,ボスナー,ヨンセン,本田,平岡,永井,兵働(1),山本真(1)
【警告】3:小野,ボスナー,2:岡崎,1:西部,岩下,兵働,太田,平岡,本田,ヨンセン
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2010(1部)第3節

中京大学附属中京高校1-4清水エスパルスユース
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)石毛、柴原、中原、成田
(通算成績)3勝0分0敗、勝点9
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月24日、プリンスリーグ東海1部第3節で中京大学附属中京高校と対戦したエスパルスユースは 勝利し、開幕から3連勝で勝点を9としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.24

AFCアジアカップカタール2011組合せ抽選会

スペクタクルな大会を予感させる組み合わせが決まる
AFCオフィシャルホームページ
4月23日(日本時間4月24日)、来年1月に開催されるAFCアジアカップカタール2011の組合せ抽選会が カタールで行われ、日本はグループBでサウジアラビア、ヨルダン、シリア と対戦することが決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.20

U-19日本代表候補メンバー発表

U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/25~28@大阪)
日本サッカー協会
本日(4月20日)、4月25日からのトレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補メンバー21名の 発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.19

2010東海地域U-15リーグ第2節

清水エスパルスジュニアユース1-0東海大付属翔洋中学校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月18日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスジュニアユースの第2戦が東海大付属翔洋中学校 と行われ、エスパルスジュニアユースは勝利で開幕から2連勝としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.18

2010年J1第7節ガンバ大阪戦

ガンバ大阪1-1清水エスパルス
得点者:
(G大阪)明神(PK)
(清水)岡崎
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、39分G大阪の右CK、ゴール前の競り合いでボスナー選手が高木選手を倒したとして ファールを取られPKの判定、ボスナー選手にイエローカード。 PKを明神選手に決められG大阪に先制を許す。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、58分G大阪中澤選手にイエローカード。 62分G大阪大塚選手からチョ選手に交代。 66分辻尾選手から高木選手に交代。 68分本田選手にイエローカード。 68分ヨンセン選手にイエローカード。 70分清水の攻撃、G大阪ゴール前で藤本選手、兵働選手と繋ぎ、兵働選手のショートクロスを ヨンセン選手が胸で落としたボールを岡崎選手がシュート、ボールはブロックしたディフェンス の壁でコースが変わりGKの逆を突いてゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 73分G大阪チョ選手にイエローカード。 79分G大阪安田理選手から下平選手に交代。 89分兵働選手から原選手に交代。 90+2分G大阪二川選手から佐々木選手に交代。 90+4分藤本選手から山本真選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
前半はG大阪のディフェンスに苦しみましたが、後半は積極的に攻撃を仕掛けあと一歩で 逆転という場面を何度も作りました。 藤ヶ谷選手の好セーブなどで惜しくも逆転出来ず勝点1を分け合う残念な結果になりましたが、 強豪のG大阪(主力が何人か抜けている点は差し引かなければなりませんが)に対し 互角以上の攻撃が出来、チームの成長を感じた試合でもありました。 今後、優勝を目指す為には技術や戦術、メンタル面などにおいて更なる成長が必要だと思いますが、 選手個々がタイトル獲得を意識し常にレベルアップすることを頭において 頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】4:岡崎(1),2:藤本,1:大前,伊東,ボスナー,ヨンセン,本田,平岡,永井
【警告】3:小野,ボスナー(1),2:岡崎,1:西部,岩下,兵働,太田,平岡,本田(1),ヨンセン(1)
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2010(1部)第2節

藤枝明誠高校0-2清水エスパルスユース
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)成田、柏瀬
(通算成績)2勝0分0敗、勝点6
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月17日、プリンスリーグ東海1部第2節で藤枝明誠高校と対戦したエスパルスユースは勝利し、 連勝で勝点を6としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010JリーグU-13ボルケーノ第1節

清水エスパルスジュニアユース3-1ジュビロ磐田ジュニアユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月17日、2010JリーグU-13ボルケーノグループAでエスパルスジュニアユースの初戦が行われ、 エスパルスジュニアユースはジュビロ磐田ジュニアユースに勝利しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節

モンテディオ山形0-0清水エスパルス
得点者:
(山形)-
(清水)-
清水は GK武田選手、 DF市川選手、廣井選手、児玉選手、太田選手、 MF杉山選手、山本真選手、伊東選手、 FW永井選手、藤本選手、大前選手 というスタメンで臨みました。
前半、25分児玉選手から平岡選手に交代。 前半は両チーム無得点で終了しました。
ハーフタイム山形田代選手からキム選手に交代。
後半、57分藤本選手から原選手に交代。 60分山形北村選手から宮崎選手に交代。 70分永井選手から長沢選手に交代。 77分山形ハン選手から古橋選手に交代。 試合はそのままスコアレスドローで終了しました。
仙台戦から大幅にメンバーを変更し、復帰した杉山選手や廣井選手がスタメンに入って臨んだ試合は 勝点1を分け合う形で終了しました。 負傷交代した児玉選手と永井選手の状態が心配ですが大事に至らないことを願います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】1:藤本,原
【警告】該当者なし
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2010グループステージM5

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第5戦で日本から出場した4チームの試合が4月13日~14日に行われ ました。
川崎フロンターレ3-0城南一和天馬(韓国)
得点者:
(川崎)谷口、田坂、レナチーニョ(PK)
(城南)-
グループEの第5戦で川崎がホームで韓国の城南一和天馬と対戦しました。
4分川崎の攻撃、城南ペナルティエリア前でのパス回しから谷口選手がミドルシュートを決め 川崎先制。 21分川崎の攻撃、城南ペナルティエリア正面で得たFK、田坂選手が直接シュートを決め 川崎のリードが2点に広がる。 68分川崎の攻撃、城南ペナルティエリアに侵入した黒津選手が倒されPKを獲得、 PKをレナチーニョ選手が決め川崎が試合を決める3点目を上げる。 試合はそのまま終了し川崎が勝利しました。
川崎は最終戦でグループステージ突破を北京との直接対決で争うことになりました。
長春亜泰(中国)0-1鹿島アントラーズ
得点者:
(長春)-
(鹿島)興梠
グループFの第5戦で鹿島がアウェーで中国の長春亜泰と対戦しました。
37分鹿島の攻撃、長春の中盤から最終ラインへのバックパスをDFがトラップミスしたボールに 走り込んだ興梠選手がDFと競り合いながらボールを奪いGKとの1対1を制してゴールを 決め鹿島先制。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
鹿島が5戦全勝としました。
ガンバ大阪2-1水原三星ブルーウィングス(韓国)
得点者:
(G大阪)二川、宇佐美
(水原)RODRIGUES MOTA JUNIOR JOSE ROBERTO
グループGの第5戦でG大阪がホームで韓国の水原三星ブルーウィングスと対戦しました。
58分水原の左CK、クロスをファーのRODRIGUES MOTA JUNIOR JOSE ROBERTO選手がヘッドで ゴールし水原先制。 61分G大阪の攻撃、水原ペナルティエリア前で宇佐美選手が粘りながら出したパスを 二川選手がゴール左隅にシュートを決めG大阪が同点に追いつく。 90+2分G大阪の攻撃、右サイド佐々木選手のGKとDFラインの間に入れたクロスに飛び込んだ 宇佐美選手がゴールに押し込みG大阪逆転。 試合は直後に終了しG大阪が勝利しました。
G大阪が1試合を残してグループステージ突破を決めました。
山東魯能泰山(中国)2-3サンフレッチェ広島
得点者:
(山東)HAN PENG、DANIEL BUADEE BENSON
(広島)森崎浩、李2
グループHの第5戦で広島がアウェーで中国の山東魯能泰山と対戦しました。
45+2分山東の攻撃、シュートをDFがブロックしたこぼれ球をHAN PENG選手にゴール され山東先制。 73分広島の攻撃、高い位置でパスカットした佐藤選手のスルーパスで裏に抜けた 森崎浩選手がゴールを決め広島が同点に追いつく。 78分広島の攻撃、前線で相手のクリアを奪うと最後に李選手がゴールを決め広島逆転。 85分山東の攻撃、中盤左サイドで得たFK、クロスが密集を抜け裏で僅かに触った? DANIEL BUADEE BENSON選手のゴールで山東が同点に追いつく。 90+1分広島の攻撃、山東ペナルティエリア右に入れたパスを石川選手が折り返した ボールを李選手がゴールし広島が再度山東を突き放す。 試合は直後に終了し広島が勝利しました。
広島は勝利しましたが、同日行われた浦項とアデレードの試合が引き分けで終了し浦項とアデレード のグループステージ突破が確定し、残念ながら広島のグループステージ突破は成りませんでした。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAエリートプログラムU-14メンバー発表

JFAエリートプログラムU-14【U-14日本選抜】 〔AFC U-14フェスティバル (4/21~28)〕
日本サッカー協会
4月14日、AFC U-14フェスティバルに参加するJFAエリートプログラムU-14 メンバーが発表されました。
今回、エスパルスジュニアユースから宮本航汰選手、北川航也選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.13

U-19日本代表候補メンバー発表

U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/18~21@J-STEP)
日本サッカー協会
本日(4月13日)、4月18日からのトレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補メンバー23名の 発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.12

2010年J1第6節ベガルタ仙台戦

清水エスパルス5-1ベガルタ仙台
得点者:
(清水)ヨンセン、本田、藤本、平岡、永井
(仙台)中原
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、児玉選手、 MF本田選手、小野選手、兵働選手、 FW藤本選手、ヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、22分平岡選手にイエローカード。 26分清水の攻撃、兵働選手のパスを左サイドで受けたヨンセン選手が中に切れ込みながら 仙台ペナルティエリア正面左から低い弾道のシュートをファーサイドに決め清水先制。 45分清水の攻撃、中盤でボールを奪うと本田選手がコンビネーションを巧みに使いながら 仙台ペナルティエリア内まで持ち込みそのままシュートをゴールに突き刺す。 前半は2点のリードで終了しました。
後半、60分清水の攻撃、右サイド高い位置で得たFK、組み立てから一旦ボールを奪われるが 再び奪い返しヨンセン選手、藤本選手、兵働選手とワンタッチでパスを繋ぎ兵働選手がミドル シュート、GKが弾いて左ポストを叩き跳ね返ったこぼれ球に詰めた藤本選手がゴールに 押し込みリードを3点に広げる。 60分仙台朴選手にイエローカード。 63分清水の左CK、兵働選手のクロスを右大外からマークを振り切ってフリーで中に走り込んだ 平岡選手がヘッドでゴールに叩き込み試合をほぼ決める4点目が入る。 66分仙台フェルナンジーニョ選手から中島選手に交代。 71分仙台富田選手から太田選手に交代。 71分岡崎選手から永井選手に交代。 76分ヨンセン選手から大前選手に交代。 78分仙台梁選手から高橋選手に交代。 79分清水の攻撃、仙台のゴールキックを平岡選手が大きくクリアしたボールが高く上げていた 仙台ディフェンスラインの裏のスペースへ転がる、このボールにDFと競りながら走り込んだ 永井選手が競り勝ってファーサイドに強烈なミドルシュートを決め駄目押しとなる5点目が入る。 84分小野選手から伊東選手に交代。 88分仙台の攻撃、仙台がゴールキックから一気に前線に送ったフィードのクリアが悪く ボールを奪われ、クロスを中原選手にヘッドで押し込まれ1点返される。 90分仙台菅井選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し勝利しました。
5得点した攻撃は素晴らしいものがありましたので完封したかった試合でしたが、最後に前半から 何度か決定的なシュートを撃たれていた中原選手にゴールを許してしまい、今後優勝を目指す為に ディフェンスの更なるレベルアップの必要性を感じさせられた試合でもありました。 これから連戦が続きますがコンディション調整をしっかりして臨んでほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

【得点】3:岡崎,2:藤本(1),1:大前,伊東,ボスナー,ヨンセン(1),本田(1),平岡(1),永井(1)
【警告】3:小野,2:ボスナー,岡崎,1:西部,岩下,兵働,太田,平岡(1)
【退場】該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
【出場停止】該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010東海地域U-15リーグ第1節

清水エスパルスJr.ユース3-1名古屋FC
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月11日、2010東海地域U-15リーグでエスパルスJr.ユースの初戦が名古屋FCと行われ、 勝利し順調なスタートを切りました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンユースサッカースーパーリーグ2010(U-17)Bリーグ第8戦

清水エスパルスユース0-2浜松開誠館高校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月11日、ジャパンユースサッカースーパーリーグ2010(U-17)Bリーグ の第8戦(最終戦)が浜松開誠館高校と行われ、エスパルスユースは敗戦しBリーグを2位で 終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.11

JFAプリンスリーグU-18東海2010 1部 第1節

清水エスパルスユース5-2清水商業高校
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)中原、影山、柴原、石毛、進藤
(通算成績)1勝0分0敗、勝点3
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(4月10日)、プリンスリーグ東海1部が開幕し、初戦で清水商業高校と対戦した エスパルスユースは勝利し、順調なスタートを切りました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

2011シーズンエスパルス補強・移籍情報2

4月7日、来季(2011シーズン)の新加入選手として大阪産業大学の橘章斗選手が 内定した旨の発表がエスパルスオフィシャルよりありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 岡根直哉選手(新人) 早稲田大学
MF
 橘 章斗選手(新人) 大阪産業大学
FW
 現時点で発表なし

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンチャレンジカップ2010セルビア代表戦

日本代表0-3セルビア代表
得点者:
(日本)-
(セルビア)ムルジャ2、トミッチ
日本は GK楢崎選手、 DF徳永選手、栗原選手、中澤選手、長友選手、 MF阿部選手、稲本選手、中村俊選手、遠藤選手、岡崎選手、 FW興梠選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、15分セルビアの攻撃、自陣でパスカットするとペトロビッチ選手が裏のスペースへロング フィード、裏でパスを受けたムルジャ選手にDFが寄せるが詰め切る前にシュートを撃たれて ゴールを許しセルビア先制。 23分セルビアの攻撃、自陣でパスカットし速攻を仕掛け右サイドからクロス、一旦はクリアするが 再び右サイドからのクロスをファーで折り返され守備で下がった岡崎選手が残っていたので オフサイドが取れず裏でフリーのムルジャ選手にシュートを許す、一旦はGKとDFでブロック するがこぼれ球を押し込まれセルビアのリードが2点となる。 44分ペトロビッチ選手にイエローカード。 前半は2点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム栗原選手から石川選手、興梠選手から玉田選手に交代。
後半、7分タディッチ選手からダビドフ選手に交代。 15分セルビアの攻撃、日本ペナルティエリア正面やや左で得たFK、トミッチ選手に 直接シュートを決められ日本のビハインドが3点となる。 19分ニンコフ選手からブリチェビッチ選手に交代。 25分フェイサ選手からミトロビッチ選手に交代。 25分中村俊選手から山瀬選手に交代。 33分レキッチ選手からカルジェロビッチ選手に交代。 37分遠藤選手から槙野選手に交代。 37分玉田選手から矢野選手に交代。 40分トミッチ選手からベリッチ選手に交代。 41分ブルキッチ選手からヨバニッチ選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
ワールドカップメンバー発表前の最後の試合は本番に不安を残す内容になってしまいました。 選手強化がどこまで出来たか分かりませんが本番までのテストマッチはあと3試合。 有効に使ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

第70回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会

第70回ベリンツオーナ国際ユースサッカー大会第1戦試合結果
第70回ベリンツオーナ国際ユースサッカー大会第2戦試合結果
第70回ベリンツオーナ国際ユースサッカー大会第3戦試合結果
日本サッカー協会
Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
4月1日~4月5日、欧州遠征中の日本高校選抜が参加した第70回ベリンツォーナ国際ユースサッカー 大会が行われ、グループリーグを0勝3敗最下位で7・8位決定戦に回った日本高校選抜は ディナモ・ザグレブに勝利し、7位で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、決勝はチーム・ティチーノ(スイス)がスポルティング・リスボンに勝利し、 優勝しました。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第38回モンテギュー国際大会

U-16日本代表 モンテギュー国際大会 第1戦試合結果
U-16日本代表 モンテギュー国際大会 第2戦試合結果
U-16日本代表 モンテギュー国際大会 第3戦試合結果
モンテギュー国際大会 5位決定戦
日本サッカー協会
38ème Mondial Minimes
3月31日~4月5日、フランス遠征中のU-16日本代表が参加した第38回モンテギュー国際大会が 行われ、グループリーグを1勝2敗3位で5・6位決定戦に回ったU-16日本代表は UAE代表に勝利し、5位で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、決勝はポルトガル代表がイングランド代表に勝利し、優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

JFA PREMIER CUP 2010 東海大会

清水エスパルスJr.ユース2-2名古屋グランパス
清水エスパルスJr.ユース11-0伊賀FC
清水エスパルスJr.ユース5-0岐阜VAMOS
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月3日~4日、JFA PREMIER CUP 2010 東海大会が行われ、エスパルスJr.ユースは 2勝1分で名古屋グランパスと勝点、得失点差で並びましたが総得点で及ばず2位となり、 惜しくも全国大会への進出は成りませんでした。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.04

2010年J1第5節横浜F・マリノス戦

横浜F・マリノス1-2清水エスパルス
得点者:
(横浜)清水
(清水)岡崎2
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、児玉選手、ボスナー選手、太田選手、 MF本田選手、小野選手、山本真選手、 FW岡崎選手、ヨンセン選手、兵働選手 というスタメンで臨みました。
前半、5分清水の攻撃、右サイド小野選手と辻尾選手のパス交換から辻尾選手が抜け出しクロス、 DFのクリアが中途半端になったこぼれ球を岡崎選手が冷静にコースを狙ってゴールし清水先制。 15分小野選手にイエローカード。 25分岡崎選手にイエローカード。 27分横浜中村選手から狩野選手に交代。 42分清水の攻撃、右サイドで得たFK、小野選手のクロスをクリアしようとしてGKとDFが 交錯してこぼれたボールを岡崎選手がゴールに押し込みリードを2点に広げる。 前半は2点リードして終了しました。
ハーフタイム横浜栗原選手からバスティアニーニ選手に交代。
後半、48分横浜山瀬選手にイエローカード。 66分横浜の左CK、清水ペナルティエリア内で児玉選手が中澤選手に対するファールを取られ PKの判定、兵藤選手のPKを西部選手が見事にコースを読んで止め失点のピンチを逃れる。 69分小野選手から藤本選手に交代。 81分太田選手にイエローカード。 82分横浜の攻撃、右サイドで得たFK、狩野選手のクロスをニアで清水選手がヘッドで すらしたボールをディフェンスがクリアしようとして若干コースが変り、西部選手が 手で弾きだそうとしたが右ポストを叩いてゴールに入ってしまい1点返される。 86分山本真選手から伊東選手に交代。 90分辻尾選手から平岡選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
後半は足が止まって防戦一方になりましたが、何とか失点を1に抑えて逃げ切ってくれました。 まだ、リーグ戦は序盤ですがこの勝利は大きなものになりそうです。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

(得点)3:岡崎(2),1:大前,藤本,伊東,ボスナー
(警告)3:小野(1),2:ボスナー,岡崎(1),1:西部,岩下,兵働,太田(1)
(退場)該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
(出場停止)該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.01

2011シーズンエスパルス補強・移籍情報1

本日(4月1日)、来季(2011シーズン)の新加入選手として早稲田大学の岡根直哉選手が 内定した旨の発表がエスパルスオフィシャルよりありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 岡根直哉選手(新人) 早稲田大学
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節

清水エスパルス2-0湘南ベルマーレ
得点者:
(清水)藤本(PK)、原
(湘南)-
清水は GK武田選手、 DF市川選手、平岡選手、児玉選手、太田選手、 MF山本真選手、藤本選手、伊東選手、 FW永井選手、ヨンセン選手、大前選手 というスタメンで臨みました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、69分湘南小林選手から林選手に交代。 72分市川選手から辻尾選手、永井選手から原選手に交代。 78分湘南小澤選手から猪狩選手に交代。 79分伊東選手から本田選手に交代。 83分湘南中山選手からチェ選手に交代。 83分清水の攻撃、湘南ペナルティエリア内でヨンセン選手がファールを受けPKの判定、 PKを藤本選手が決め清水先制。 90+3分清水の右CK、大前選手のクロスを原選手がダイビングヘッドでゴールに押し込み 試合を決める。 試合は直後に終了し勝利しました。
大幅にメンバーを変更して臨んだ試合はプロデビューの武田選手の活躍などで完封し、 終盤の2得点で勝利し、順調なスタートを切ってくれました。 選手層を厚くする事はチームが上位を狙う上では重要なことなので、今後もチャンスを 与えられた選手の活躍を期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

(得点)1:藤本(1),原(1)
(警告)該当者なし
(退場)該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
(出場停止)該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年J1第4節川崎フロンターレ戦

川崎フロンターレ0-0清水エスパルス
得点者:
(川崎)-
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、平岡選手、ボスナー選手、児玉選手、 MF本田選手、小野選手、山本真選手、 FW兵働選手、岡崎選手、藤本選手 というスタメンで臨みました。
前半、11分小野選手にイエローカード。 24分ボスナー選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、67分川崎稲本選手にイエローカード。 70分山本真選手からヨンセン選手に交代。 77分川崎谷口選手から木村選手に交代。 78分辻尾選手から高木選手に交代。 81分川崎鄭選手から登里選手に交代。 84分藤本選手から伊東選手に交代。 85分川崎田坂選手から楠神選手に交代。 試合はそのままスコアレスドローで終了しました。
怪我の影響でメンバーを変更して臨んだ試合は引き分けで勝点1を分け合う形になりました。 優位に試合を進めていただけに勝点3を獲得できず残念な結果になりましたが、守備では 収穫もあった試合でしたので次戦での勝利を期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
累積記録

(得点)1:大前,藤本,岡崎,伊東,ボスナー
(警告)2:小野(1),ボスナー(1),1:西部,岡崎,岩下,兵働
(退場)該当者なし
 注)括弧内は当日の記録、1試合に2回の警告を受けた場合の警告は累積には加算せず退場のみ カウント。
(出場停止)該当者なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2010グループステージM4

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第4戦で日本から出場した4チームの試合が3月30日~31日に行われ ました。
メルボルン・ビクトリーFC(オーストラリア)1-0川崎フロンターレ
得点者:
(メルボルン)MUSCAT KEVIN VINCENT(PK)
(川崎)-
グループEの第4戦で川崎がアウェーでオーストラリアのメルボルン・ビクトリーFCと 対戦しました。
58分メルボルンの攻撃、川崎ペナルティエリア内で相手選手を倒したとしてPKの判定、 PKをMUSCAT KEVIN VINCENT選手に決められメルボルン先制。 試合はそのまま終了し川崎は敗戦しました。
グループEは城南がグループステージ突破を決め、川崎は残り1枠を北京、メルボルンと 争うことになりました。
ペルシプラ・ジャヤプラ(インドネシア)1-3鹿島アントラーズ
得点者:
(ペルシプラ)YUSTINUS PAEW
(鹿島)遠藤、興梠、内田
グループFの第4戦で鹿島がアウェーでインドネシアのペルシプラ・ジャヤプラと 対戦しました。
1分鹿島の攻撃、ジウトン選手のクロスを遠藤選手が右足でゴールに押し込み鹿島先制。 19分ペルシプラの攻撃、シュートがポストを叩いたこぼれ球をYUSTINUS PAEW選手に押し込まれ 同点に追いつかれる。 26分鹿島の攻撃、右サイド野沢選手からのクロスを興梠選手が胸トラップで落とすと ワンバウンドしたボールをボレーでゴールし鹿島が再びリードを奪う。 34分鹿島の攻撃、自陣ゴール前からカウンターを仕掛け、シュートをディフェンスがブロックした こぼれ球を内田選手がゴールに押し込み鹿島がリードを2点に広げる。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
鹿島が4連勝し、2試合を残してグループステージ突破を決めました。
ガンバ大阪3-0シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)
得点者:
(G大阪)安田理、平井、ゼ・カルロス
(SAF)-
グループGの第4戦でG大阪がホームでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
28分G大阪の左CK、ショートコーナーからパスを受けた安田理選手がディフェンスを1人 かわして角度のない位置からシュートを決めG大阪先制。 55分G大阪の攻撃、相手のゴールキックのボールを中盤で跳ね返すとカウンターを仕掛け、 平井選手がゴールしG大阪がリードを2点に広げる。 90+3分G大阪の攻撃、相手エンド深い位置でボールを奪うとゼ・カルロス選手がシュート、 ボールは相手選手に当たってコースが変わりゴールしG大阪が駄目押し点を奪う。 試合は直後に終了しG大阪が勝利しました。
G大阪が2試合を残して3位との勝点差を6としグループステージ突破が目前になりました。
サンフレッチェ広島1-0アデレード・ユナイテッドFC(オーストラリア)
得点者:
(広島)佐藤
(アデレード)-
グループHの第4戦で広島がホームでオーストラリアのアデレード・ユナイテッドFCと 対戦しました。
45分広島の左CK、クロスをニアで触ってファーに流したボールを佐藤選手がヘッドでゴールに 押し込み広島先制。 試合はそのまま終了し広島が勝利しました。
広島は2試合を残して2位との勝点差が6となりグループステージ突破がかなり苦しくなりましたが 頑張ってほしいと思います。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表メンバー発表

キリンチャレンジカップ2010 (4/7 vsセルビア代表@長居スタジアム) SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー
日本サッカー協会
3月29日、キリンチャレンジカップ2010セルビア代表戦に臨む日本代表メンバー20名の発表が ありました。
今回、エスパルスから岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダラスカップ

アメリカ遠征・ダラスカップ (2010/03/22~04/06)
日本サッカー協会
3月28日~31日、U-19日本代表がアメリカ遠征で参加したダラスカップ(DALLAS CUP International Youth Soccer Tournament 2010)の予選リーグが行われ、U-19日本代表は予選リーグを1勝1分1敗2位で終了し、残念ながら準決勝に進むことは出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DENSO CUP SOCCER 第7回大学日韓(韓日)定期戦

DENSO CUP SOCCER 第7回 大学日韓(韓日)定期戦 試合結果
全日本大学サッカー連盟
3月28日、DENSO CUP SOCCER 第7回大学日韓(韓日)定期戦が行われ、 全日本大学選抜チームは全韓国大学選抜チームと引き分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第15回NIKKEI杯沖縄高校招待サッカー大会

U-18JFA選抜チーム (第15回NIKKEI杯沖縄高校招待サッカー大会)試合結果
日本サッカー協会
3月27日~28日、U-18JFA選抜が参加した第15回NIKKEI杯沖縄高校招待サッカー大会が 行われ、U-18JFA選抜は予選リーグAを2勝0敗で準決勝に進むと、準決勝の熊本学園大学付属戦、 決勝の湘南ベルマーレユース戦を勝利し、優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »