« ジャパンユースサッカースーパーリーグ2010(U-17)Bリーグ第7戦 | トップページ | 岩下選手全治4週間 »

2010.03.26

AFCチャンピオンズリーグ2010グループステージM3

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第3戦で日本から出場した4チームの試合が3月23日~24日に行われ ました。
川崎フロンターレ4-0メルボルン・ビクトリーFC(オーストラリア)
得点者:
(川崎)鄭、黒津、レナチーニョ、谷口
(メルボルン)-
グループEの第3戦で川崎がホームでオーストラリアのメルボルン・ビクトリーFCと 対戦しました。
3分川崎の攻撃、右サイドで突破を仕掛けたレナチーニョ選手のグラウンダーのクロスを 鄭選手がダイレクトでGKのニアを抜くシュートを決め川崎先制。 11分川崎の攻撃、メルボルンペナルティエリア正面右で得たFK、田坂選手のクロスを 黒津選手がヘッドで合わせてゴールしリードを2点に広げる。 22分川崎の攻撃、中盤左サイドスローインのリスタートからパスを受けたレナチーニョ選手が そのままゴール前まで持ち込んでシュートを決め3点目が入る。 90分川崎の攻撃、前線から一旦ボールをGKまで戻し、そこから一気に前線にフィードを送って 速攻を仕掛け、レナチーニョ選手のクロスをファーで谷口選手が合わせてゴールし駄目押しの4点目 が入る。 試合はそのまま終了し川崎が勝利しました。
川崎はグループステージ3戦目で勝点を上げ突破の可能性を残しました。
鹿島アントラーズ5-0ペルシプラ・ジャヤプラ(インドネシア)
得点者:
(鹿島)新井場、マルキーニョス2、小笠原(PK)、大迫
(ペルシプラ)-
グループFの第3戦で鹿島がホームでインドネシアのペルシプラ・ジャヤプラと対戦しました。
39分鹿島の攻撃、左サイド新井場選手からのクロスがそのままゴールし鹿島先制。 45分鹿島の左CK、クロスを競って落としたボールをマルキーニョス選手がゴールし 鹿島がリードを2点に広げる。 65分鹿島の攻撃、ペルシプラペナルティエリア内で大迫選手が倒されPKの判定、PKを 小笠原選手が決め3点目が入る。 68分鹿島の攻撃、右サイド内田選手からのクロスをファーの大迫選手が押し込んで4点目。 76分鹿島の攻撃、小笠原選手のスルーパスで裏に抜け出した興梠選手のクロスを マルキーニョス選手が押し込んで5点目。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
鹿島が3連勝しグループステージ突破で優位に立ちました。
シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)2-4ガンバ大阪
得点者:
(SAF)ERWAN GUNAWAN、NIKLAS MAGNUS SANDBERG
(G大阪)平井3、中澤
グループGの第3戦でG大阪がアウェーでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
6分G大阪の攻撃、明神選手のスルーパスで裏に抜け出した平井選手がゴールを決めG大阪先制。 32分SAFの攻撃、カウンターからクロスをERWAN GUNAWAN選手にヘッドでゴールされ同点に 追いつかれる。 46分G大阪の攻撃、左サイドの突破から二川選手のクロスをチョ選手が競って落としたボールを 平井選手がヘッドで押し込みG大阪が再びリードを奪う。 62分SAFの攻撃、中盤で得たFK、クロスをNIKLAS MAGNUS SANDBERG選手がヘッドで押し込み 再びSAFが同点に追いつく。 70分G大阪の攻撃、SAFペナルティエリア左外で得たFK、クロスのクリアのこぼれ球を 中澤選手がボレーで押し込みG大阪が再びリードを奪う。 81分G大阪の攻撃、右サイド加地選手のクロスをファーで受けた平井選手がディフェンスを1人 かわしてGKのニアを抜くシュートを決めハットトリック達成、リードを2点に広げる。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
G大阪が勝点5の2位で3位河南と勝点3差をつけグループステージ突破で優位に立ちました。
アデレード・ユナイテッドFC(オーストラリア)3-2サンフレッチェ広島
得点者:
(アデレード)DODD TRAVIS GARTH、CORNTHWAITE ROBERT RICHARD、CASSIO JOSE DE ABREU OLIVEIRA
(広島)森崎和、高柳
グループHの第3戦で広島がアウェーでオーストラリアのアデレード・ユナイテッドFCと 対戦しました。
11分アデレードの攻撃、左サイドスローインのリスタートからクロスをDODD TRAVIS GARTH選手に ダイビングヘッドでゴールされアデレード先制。 55分広島の攻撃、アデレードペナルティエリア左で得たFK、クロスのクリアを森崎和選手が ペナルティエリア正面からダイレクトでゴール右隅にシュートを決め広島が同点に追いつく。 75分広島の攻撃、右サイドで得たFK、クロスを高柳選手がヘッドで合わせてゴールし広島が 逆転する。 78分アデレードの右CK、クロスをCORNTHWAITE ROBERT RICHARD選手にヘッドで押し込まれ アデレードに同点とされる。 82分アデレードの攻撃、広島ペナルティエリア正面で得たFK、CASSIO JOSE DE ABREU OLIVEIRA 選手が直接狙ったシュートは壁に当たってコースが変わりGKの逆を突いてゴールしアデレードに 逆転を許す。 試合はそのまま終了し広島が敗戦しました。
広島は3連敗となりグループステージ突破がかなり苦しくなりましたが頑張ってほしいと 思います。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« ジャパンユースサッカースーパーリーグ2010(U-17)Bリーグ第7戦 | トップページ | 岩下選手全治4週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/47914298

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2010グループステージM3:

« ジャパンユースサッカースーパーリーグ2010(U-17)Bリーグ第7戦 | トップページ | 岩下選手全治4週間 »