« 平成21年度第1回静岡県U-14サッカーリーグ第3節 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »

2009.10.22

AFCチャンピオンズリーグ2009ノックアウトステージ準決勝第1戦

10月21日(日本時間10月22日1:50)、AFCチャンピオンズリーグノックアウトステージ準決勝第1戦で 日本から出場した名古屋がアウェーでサウジアラビアのアル・イテハドと対戦しました。
アル・イテハド(サウジアラビア)6-2名古屋グランパスエイト
得点者:
(アル・イテハド)ハディド、ヌール3、ルチアーノ(PK)、シェルミティ
(名古屋)ケネディ、中村
前半、6分竹内選手が裏に抜け名古屋ペナルティエリア内に侵入しようとしたシェルミティ選手を 後ろから倒したと判定され一発レッドで退場。 15分名古屋の攻撃、右サイドスローインのリスタートから田中選手が突破を仕掛けクロス、 このボールをケネディ選手がニアでヘッドで合わせてゴールし名古屋先制。 25分アル・イテハドの攻撃、名古屋ゴール前でクリアしようとしたボールを奪われ、 スルーパスを受けペナルティエリア内に侵入したハディド選手がゴールを決め同点に追いつかれる。 34分名古屋の攻撃、自陣中盤で得たFK、阿部選手のロングフィードを前線でケネディ選手が フリック、アル・イテハドペナルティエリア内でボールを受けた中村選手がDFをブロックしながら シュートを決め名古屋が再びリードを奪う。 前半は名古屋の1点リードで終了しました。
後半、21分アル・イテハドの攻撃、右サイドから突破を仕掛けたラシェド選手のクロスの 折り返しをヌール選手がヘッドでゴールに押し込み再びアル・イテハドが同点に追いつく。 31分アル・イテハドの攻撃、波状攻撃を仕掛けられ名古屋ディフェンスが身体を張って何度か シュートをブロックするが最後にクリアをヌール選手にゴールされ遂にアル・イテハドにリードを 許す。 37分アル・イテハドの攻撃、名古屋ペナルティエリア内に侵入したルチアーノ選手を広野選手が 倒したとしてPKの判定、ルチアーノ選手自身がPKを決め名古屋の2点ビハインドとなる。 ロスタイムアル・イテハドの攻撃、シェルミティ選手のクロスをフリーのヌール選手がシュート、 ボールは左ポストを叩くが跳ね返りを再びヌール選手がヘッドで押し込みハットトリックを 達成。 ロスタイムアル・イテハドの攻撃、中盤右サイドから裏のスペースに出されたフィードで 抜け出したシェルミティ選手が浮き球でGKをかわしてシュートをゴールに押し込み 名古屋のビハインドが4点に広がる。 試合は直後に終了し名古屋が敗戦しました。
準決勝第1戦は名古屋にとって非常に厳しい試合になりました。 しかし、まだホームでの試合を残していますので巻き返しを期待したいと思います。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« 平成21年度第1回静岡県U-14サッカーリーグ第3節 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/46552077

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2009ノックアウトステージ準決勝第1戦:

» ACL Semifinal 1stLeg グランパス×アルイテハド ●2-6 [ころちゃんねる]
アルイテハド。恐ろしいチームだ。フロンターレも手強かったけど、今年対戦したクラブの中で一番強い。この試合に関していえば仮に竹内が退場していなくても、勝つのは厳しかったと思う。対戦相手がアホほど強い上こんな大事な時に玉田、楢崎の2枚看板が怪我でバキは年がら年中有給休暇状態。...... [続きを読む]

受信: 2009.10.22 22:00

« 平成21年度第1回静岡県U-14サッカーリーグ第3節 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »