« 第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会決勝トーナメント1回戦 | トップページ | 第13回国際ユースサッカーin新潟U-17日本代表対U-17新潟選抜 »

2009.07.19

2009年J1第18節鹿島アントラーズ戦

清水エスパルス2-2鹿島アントラーズ
得点者:
(清水)岡崎、ヨンセン
(鹿島)野沢、マルキーニョス
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、岩下選手、児玉選手、太田選手、 MF伊東選手、本田選手、兵働選手、枝村選手、 FWヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで臨みました。
前半、26分鹿島の攻撃、最終ラインでバックパスを受けた岩下選手がコントロールミスから 野沢選手にボールを奪われ、清水ペナルティエリア正面からフリーでミドルシュートを ゴール左に決められ鹿島に先制を許す。 43分鹿島の攻撃、清水最終ラインが自陣ハーフウェーライン付近でパスを回している時に 岩下選手が興梠選手のチェックを受け不用意に出した横パスをマルキーニョス選手にカットされ、 マルキーニョス選手にそのままドリブルで前線に持ち上がられマークに付いた児玉選手が個人技で かわされ清水ペナルティエリア正面からミドルシュートをゴール右に決められリードを2点に 広げられる。 ロスタイム清水の攻撃、中盤右サイドで本田選手がパク・チュホ選手に競り勝って裏のスペースに パス、オフサイドラインぎりぎりから抜け出してボールを受けたヨンセン選手が深い位置から クロス、ニアで内田選手の前に入り込んだ岡崎選手がジャンピングヘッドで右ポストぎりぎりに シュートを決め1点返す。 前半はミスから2点を奪われましたがラストワンプレーで1点差に追い上げ終了しました。
後半、8分清水の攻撃、中盤でパク・チュホ選手から本田選手がボールを奪うと伊東選手が 右サイドに展開、パスを受けた市川選手が鹿島ペナルティエリア右から早いクロスを上げ、 ニアに枝村選手、岡崎選手が詰めたことでファーでフリーになったヨンセン選手がこのボールを ヘッドで叩きつけたシュートがワンバウンドしてGKの手を弾いてゴールし、遂に同点に追いつく。 19分鹿島本山選手からダニーロ選手に交代。 20分兵働選手から藤本選手に交代。 29分太田選手から青山選手に交代。 30分鹿島パク・チュホ選手から新井場選手に交代。 34分本田選手から原選手に交代。 36分鹿島興梠選手から大迫選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
ミスからの2失点は大いに反省しなければなりませんが、非常に気迫のこもった試合を 見せてくれました。 今後はよりプレー精度を上げチーム全体がレベルアップして更に上を目指せるチームになって ほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会決勝トーナメント1回戦 | トップページ | 第13回国際ユースサッカーin新潟U-17日本代表対U-17新潟選抜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/45674502

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年J1第18節鹿島アントラーズ戦:

« 第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会決勝トーナメント1回戦 | トップページ | 第13回国際ユースサッカーin新潟U-17日本代表対U-17新潟選抜 »