« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.29

U-18日本代表候補メンバー発表

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ(7/6~9@J-STEP)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月29日)、7月6日から行われるトレーニングキャンプに参加するU-18日本代表候補メンバー 24名の発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2009準々決勝組合せ抽選会

ACL決勝トーナメント Jクラブの対戦相手決定!(09.06.29)
J's GOAL
本日(6月29日)、AFCチャンピオンズリーグ2009準々決勝の組合せ抽選会がマレーシアで行われ、 名古屋と川崎の日本勢同士が対戦することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会出場決定地域リーグ第2節(清水第2試合)

名古屋グランパスU155-2清水エスパルスジュニアユース
2009日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東海地域リーグ・東海大会
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(6月28日)、第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会出場決定地域リーグで エスパルスジュニアユースの第2戦が行われ、エスパルスジュニアユースは名古屋グランパスU15に 敗戦し、通算成績を1勝1敗としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.28

2009年J1第15節FC東京戦

FC東京2-1清水エスパルス
得点者:
(F東京)梶山(PK)、石川
(清水)ヨンセン
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、青山選手、児玉選手、太田選手、 MF伊東選手、枝村選手、兵働選手、岡崎選手、 FWヨンセン選手、原選手 というスタメンで臨みました。
前半、6分F東京の攻撃、兵働選手が清水ペナルティエリア内でカボレ選手を倒したとして PKの判定、兵働選手にイエローカード。PKを梶山選手に決められF東京先制。 17分F東京平山選手にイエローカード。 26分F東京梶山選手にイエローカード。 42分枝村選手からマルコス・パウロ選手に交代。 42分F東京権田選手にイエローカード。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、13分清水の攻撃、左サイド太田選手からのクロスをDFがヘッドでクリアしたボールを ヨンセン選手がダイレクトボレーでGKのニアを抜くゴールを決め同点に追いつく。 17分F東京の攻撃、左サイドでパスを繋がれ平山選手が中央に送ったボールを兵働選手がクリアに 行くが梶山選手にブロックされ、こぼれ球を石川選手に右足アウトにかけたミドルシュートを決められ再びF東京にリードを許す。 21分F東京今野選手にイエローカード。 28分兵働選手から藤本選手に交代。 29分F東京羽生選手から鈴木選手に交代。 38分市川選手から辻尾選手に交代。 40分F東京カボレ選手から椋原選手に交代。 ロスタイムF東京石川選手から赤嶺選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
伊東選手のJ1通算450試合出場を勝利で祝いたかったのですが悔しい敗戦を喫しました。 リーグ戦の連勝も3でストップしましたが、気持ちを切り替えて次節の勝利を目指してほしいと 思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2009 1部 第7節(清水第7試合)

四日市中央工業高校3-2清水エスパルスユース
(通算成績)2勝2分3敗、勝点8
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(6月27日)、プリンスリーグ東海1部でエスパルスユースの第7戦が四日市中央工業高校と 行われ、敗戦しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会出場決定地域リーグ第1節(清水第1試合)

清水エスパルスジュニアユース4-1名東クラブ
2009日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東海地域リーグ・東海大会
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(6月27日)、第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会出場決定地域リーグで エスパルスジュニアユースの初戦が行われ、エスパルスジュニアユースは名東クラブに勝利し 順調なスタートを切りました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.25

JFAエリートプログラムU-13メンバー発表

JFAエリートプログラムU-13トレーニングキャンプ JOC 日・韓競技力向上スポーツ交流事業(7/1~5@Jヴィレッジ)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月25日)、トレーニングキャンプに参加するJFAエリートプログラムU-13メンバーが発表され ました。
今回、エスパルスジュニアユースから杉本頼選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2009ラウンド16

昨日(6月24日)、AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16(Preliminary Stage: Round of 16)で 日本から出場した4チーム(名古屋、鹿島、G大阪、川崎)の試合が行われました。
名古屋グランパスエイト2-1水原三星ブルーウィングス(韓国)
得点者:
(名古屋)小川、玉田
(水原)エドゥー
ラウンド16で名古屋がホームで韓国の水原三星ブルーウィングスと対戦しました。
前半、22分名古屋の攻撃、左サイドスローインのリスタートから前線でパスを受けたダヴィ選手 がキープしながら裏のスペースにパス、このボールをオフサイドラインぎりぎりからフリー で抜け出した小川選手が水原ペナルティエリア内左から同サイドを抜くシュートを決め名古屋先制。 前半は名古屋の1点リードで終了しました。
後半、21分名古屋の攻撃、前線右サイドスローインのリスタートから玉田選手がワンツーで 水原ペナルティエリア内に侵入し、ディフェンスをキックフェイントでかわして逆サイドの サイドネットにシュートを突き刺しリードを2点に広げる。 24分水原の攻撃、名古屋が前線に繋ごうとしたパスを自陣右サイドでカットするとカウンターから 一気に前線左サイドに展開、パスを受けたキム・デイ選手が名古屋ペナルティエリア内に侵入して 入れたグラウンダーのクロスをエドゥー選手がダイレクトでゴール左に決め水原が1点差に 追い上げる。 45分水原ヤン・サンミン選手がこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。 試合はそのまま終了し名古屋が勝利しました。
名古屋が厳しいゲームを制して準々決勝進出を決めました。
鹿島アントラーズ2-2、延長0-0、PK4-5FCソウル(韓国)
得点者:
(鹿島)興梠、青木
(ソウル)イ・スンヨル、キ・ソンヨン
ラウンド16で鹿島がホームで韓国のFCソウルと対戦しました。
前半、5分鹿島の攻撃、最終ラインから大きく前線に出したロングフィードを興梠選手と競りながら DFがクリアしたボールが味方選手に当たり裏でフリーになった興梠選手の前にこぼれる、 興梠選手がそのままドリブルでソウルペナルティエリア内に侵入しシュート、ボールはGKの手を 弾き、更に左ポストを叩いてゴールに決まり鹿島先制。 22分ソウルの攻撃、自陣ゴール前でボールを奪うとカウンターを仕掛け、右サイドイ・チョンヨン 選手が入れたグラウンダーのアーリークロスを内田選手がクリアするが運悪くディフェンスに戻った 岩政選手に当たりボールはフリーのイ・スンヨル選手の前にこぼれる、このボールを冷静にゴールに 決められソウルが同点に追いつく。 前半は同点で終了しました。
後半、5分鹿島の左CK、小笠原選手からのクロスをファーでヘッドで合わせた青木選手のゴール が決まり鹿島が再びリードを奪う。 19分鹿島小笠原選手がこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。 33分ソウルの攻撃、鹿島ペナルティエリア正面左で得たFK、キ・ソンヨン選手が直接狙った シュートが右サイドネットに決まり再びソウルが同点に追いつく。 試合は90分で決着が付かず延長戦に突入しました。
延長戦は両チーム無得点で試合はPK戦に突入しました。
PK戦は5人で決まらず、サドンデスの末に鹿島は敗戦しました。
 鹿島 |××○○○|○×|4
 ソウル|×○○×○|○○|5
後半1人少なくなった鹿島は粘りましたが残念ながら準々決勝進出は成りませんでした。
ガンバ大阪2-3川崎フロンターレ
得点者:
(G大阪)レアンドロ2
(川崎)中村、レナチーニョ、黒津
ラウンド16でG大阪と川崎の試合がG大阪ホームで行われました。
前半、27分G大阪の攻撃、橋本選手のスルーパスで右サイドから突破を仕掛けたレアンドロ選手 が川崎ペナルティエリア内に侵入し、DF2人をかわしてゴールを決めG大阪先制。 33分川崎の攻撃、中盤右サイドで得たFK、リスタートからパスを受けた中村選手がワンツーを 使い前線まで持ち上がり、G大阪ペナルティエリア正面からミドルシュートをゴール左に決め 川崎が同点に追いつく。 39分G大阪の攻撃、左サイドでのキープからサイドチェンジのパスを受けた加地選手がファーに 上げたクロスを完全にフリーになったレアンドロ選手がヘッドでゴールに押し込みG大阪が再び リードを奪う。 前半はG大阪の1点リードで終了しました。
後半、31分川崎の攻撃、中村選手のパスをDFライン右外で受けたレナチーニョ選手がG大阪 ペナルティエリア内に侵入しDFをかわしてシュート、ボールはクロスバー、左ポストと叩いて ゴールに吸い込まれ川崎が再度同点に追いつく。 40分川崎の攻撃、自陣中盤で相手のパスミスをカットすると速攻を仕掛け、中村選手のスルーパス で裏に抜け出した黒津選手がクリアに来たDFが詰め切る前にトーキックでGKのニアを抜く シュートを決め川崎が終了間際にリードを奪う。 試合はそのまま終了し川崎が勝利しました。
日本勢同士の対戦となった試合は川崎が逆転で勝利し準々決勝に進みました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.23

ユニバーシアード日本代表メンバー発表

第25回ユニバーシアード競技大会メンバー及びスケジュールについて
全日本大学サッカー連盟
昨日(6月22日)、第25回ユニバーシアード競技大会(2009/ベオグラード)サッカー男子に 参加するユニバーシアード日本代表チームメンバー20名が発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.22

第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 東海大会 2次トーナメント決勝

ジュビロ磐田ユース1-2清水エスパルスユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(6月21日)、第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 東海大会の2次トーナメント 決勝が行われ、エスパルスユースはジュビロ磐田ユースに勝利し、優勝しました。 選手の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-17日本代表ブルキナファソ遠征第3試合

U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)第3試合 試合結果
日本サッカー協会
6月19日、ブルキナファソ遠征中のU-17日本代表がU-17ブルキナファソ代表と試合を行い、 勝利した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

2009年J1第14節モンテディオ山形戦

清水エスパルス4-1モンテディオ山形
得点者:
(清水)原、OG、岡崎、ヨンセン
(山形)廣瀬
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、岩下選手、児玉選手、太田選手、 MF伊東選手、枝村選手、兵働選手、岡崎選手、 FW原選手、ヨンセン選手 というスタメンで臨みました。
前半、5分清水の攻撃、中盤左サイド児玉選手が山形ペナルティエリア内に入れたロングフィードを DFがクリアミスして後ろに抜ける、このボールを原選手が右足ボレーでゴールし清水先制。 9分清水の攻撃、クロスのクリアを山形ペナルティエリア正面フリーで拾った市川選手が右に流れ ながらシュート、ボールがディフェンス2人に当たってゴールに入りオウンゴールでリードを2点に 広げる。 39分山形レオナルド選手にイエローカード。 前半は2点リードして終了しました。
後半、1分山形の攻撃、左サイド宮沢選手のファーへのクロスをマークを外してしまった廣瀬選手 にヘディングシュートを決められ1点返される。 6分清水の攻撃、最終ライン岩下選手からのロングフィードで裏に抜け出した岡崎選手が ワンタッチでコントロールすると山形ペナルティエリア内に侵入し、逆サイドにゴールを決め 再びリードを2点に広げる。 9分山形財前選手から古橋選手に交代。 15分清水の攻撃、カウンターから押し上がり中央の岡崎選手が右サイドの原選手にパス、 原選手が突破を仕掛けディフェンスを1人かわして早いグラウンダーのクロス、 このボールをニアに入り込んだヨンセン選手がDFと競りながらゴールに押し込み4点目が入る。 18分山形宮沢選手から北村選手に交代。 30分岡崎選手から藤本選手に交代。 33分兵働選手からマルコス・パウロ選手に交代。 35分山形秋葉選手から宮崎選手に交代。 37分ヨンセン選手から長沢選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
中断期間明けの初戦を気持ちよく勝利で飾ってくれました。 リーグは大混戦が続いていますが、この勝利を弾みに更なる上位を狙ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

U-17日本代表ブルキナファソ遠征第1,2試合

U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)第1試合 試合結果
U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)第2試合 試合結果
日本サッカー協会
6月16日~17日、ブルキナファソ遠征中のU-17日本代表が2試合を行い、共に勝利した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.18

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選第10節(日本第8試合)

オーストラリア代表2-1日本代表
得点者:
(オーストラリア)ケーヒル2
(日本)田中闘
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、阿部選手、田中闘選手、長友選手、 MF橋本選手、今野選手、松井選手、中村憲選手、岡崎選手、 FW玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、40分日本の左CK、中村憲選手からのクロスを後方からフリーで走り込んだ田中闘選手が ケーヒル選手の前に入り込み打点の高いヘッドで豪快にゴールを決め日本先制。 前半は日本が1点リードして終了しました。
後半、14分オーストラリアの攻撃、中盤右サイドで得たFK、グレッラ選手のファーへのクロスを ケネディ選手と競った田中闘選手の後ろからマークを外したケーヒル選手がヘディングシュート、 ボールは逆サイドゴール右隅に決まり同点に追いつかれる。 23分松井選手から矢野選手に交代。 31分オーストラリアの右CK、カール選手のクロスを楢崎選手がクリアに行こうとするが 相手選手に前に入られブロックされクリア出来ず、ファーに抜けたボールをケーヒル選手が マークより前に出て右足でゴールに押し込みオーストラリアが逆転する。 33分ウィリアムズ選手からバーンズ選手、カール選手からマクドナルド選手に交代。 39分橋本選手から興梠選手に交代。 41分ケーヒル選手からビドシッチ選手に交代。 試合はそのまま終了し日本は敗戦しました。
オーストラリアに勝ち、良いイメージを持って本大会までの1年間を過ごしてほしかったのですが、 逆転で悔しい敗戦を喫しました。 色々攻守で課題が出てしまった試合でしたが、今後1年間でテストマッチも含めて更なる強化を 図り、ワールドカップで躍動してくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.15

U-15日本代表候補メンバー発表

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/22~28)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月15日)、6月22日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-15日本代表候補メンバー25名の発表がありました。
今回、エスパルスジュニアユースから斉藤康平選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.14

2009Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第7節(清水第6試合)

FC東京3-1清水エスパルス
得点者:
(F東京)カボレ、石川、赤嶺(PK)
(清水)大前
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF伊東選手、本田選手、兵働選手、藤本選手、 FW原選手、枝村選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、6分F東京の攻撃、自陣右サイドで得たFK、大きく前方に出したフィードをクリアするが セカンドボールを繋がれカボレ選手が落とした楔のボールを近藤選手が裏のスペースに浮き球の パス、このボールをカボレ選手にゴール左隅にヘディングシュートを決められF東京先制。 34分F東京椋原選手にイエローカード。 前半は1点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム伊東選手から長沢選手に交代。
後半、12分F東京近藤選手から鈴木選手に交代。 13分F東京徳永選手にイエローカード。 16分F東京の攻撃、自陣でボールを奪うと速攻から前線右サイドでパスを受けた田邉選手が 清水ペナルティエリア内右の石川選手にマイナスのパス、本田選手がクリアに行くがかわされ 逆サイドにシュートを決められリードを2点に広げられる。 21分F東京カボレ選手から赤嶺選手に交代。 23分藤本選手から大前選手、児玉選手から太田選手に交代。 25分F東京の攻撃、青山選手がロングフィードを清水ペナルティエリア内で受けた赤嶺選手に 対するファールを取られPKの判定、青山選手にイエローカード。 抗議した青山選手に更にイエローカードが出されてしまい、この試合2枚目のイエローカードで 退場となる(青山選手はリーグ14節山形戦出場停止)。 27分赤嶺選手のPKを西部選手が止めるがキック前に前方に出たとしてやり直しを命じられる。 この判定に異議を唱えた岩下選手にイエローカード。 やり直しのPKを赤嶺選手に決められ3点差となる。 30分F東京田邉選手から大竹選手に交代。 38分清水の左CK、クロスは一旦大きくクリアされるがセカンドボールを中盤左サイドで拾い 再度クロス、ボールはゴール前の混戦を抜けて右サイドの市川選手に渡り、市川選手の クロスをニアでフリーの大前選手がダイビングヘッドでゴールに押し込み1点返す(大前選手 プロ初ゴール)。 40分清水の攻撃、ゴールキックのリスタートから前線に出されたロングフィードを受けた原選手が 左サイドでキープしながら大前選手にバックパス、ペナルティエリア内に侵入しようとした大前選手 が相手選手に倒されるがボールが原選手に渡った為レフェリーはアドバンテージを見、更に突破を 仕掛けた原選手がDFに倒されPKを獲得、原選手自身がPKを蹴るがGKにセーブされ惜しくも 追加点を逃す。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
終盤追い上げたものの悔しい敗戦を喫し、通算成績4勝2敗勝点12で予選リーグBグループを 2位で終了しました。 決勝トーナメント準々決勝はAグループ1位の浦和と対戦します。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2009 1部 第6節(清水第6試合)

清水エスパルスユース3-4清水商業高校
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)畑、成田、伊東渉
(通算成績)2勝2分2敗、勝点8
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(6月13日)、プリンスリーグ東海1部でエスパルスユースの第6戦が清水商業高校と 行われ、敗戦しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.12

U-18日本代表候補メンバー発表

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/22~25@茨城)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月12日)、6月22日から行われるトレーニングキャンプに参加するU-18日本代表候補メンバー 21名の発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選第9節(日本第7試合)

日本代表1-1カタール代表
得点者:
(日本)OG
(カタール)ヤハヤ(PK)
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、今野選手、 MF橋本選手、阿部選手、中村俊選手、中村憲選手、岡崎選手、 FW玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、2分日本の攻撃、自陣中盤で岡崎選手が相手のパスをカットするとカウンターから 中村俊選手が右に展開したボールに走り込んだ内田選手がディフェンスをかわして低いクロス、 このボールを岡崎選手と競りながら戻ったアルビナリ選手がゴールに入れてしまいオウンゴールで 日本が先制点を上げる。 11分中澤選手にイエローカード。 前半は日本が1点リードして終了しました。
後半、2分シャミ・ザヘル選手にイエローカード。 6分カタールの攻撃、カウンターから日本ペナルティエリア内に侵入したマジド・ハサン選手を 中澤選手が倒したとしてファールを取られPKの判定、PKをヤハヤ選手に決められ同点に 追いつかれる。 9分マジド・ハサン選手からユセフ・アリ選手に交代。 13分阿部選手から松井選手に交代。 22分玉田選手から興梠選手に交代。 25分モンテシン選手からアルハマド選手に交代。 36分中村俊選手から本田選手に交代。 42分ヤハヤ選手からアルハイドス選手に交代。 試合はそのまま引き分けで終了しました。
ホーム最終戦を勝利で締めくくってくれることを期待したのですが残念な結果になって しまいました。 アジア最終予選の最終戦となる次のオーストラリア戦は出場停止、怪我やコンディション調整 などでメンバーの離脱があり大幅な変更が必要になりますが、交代出場する選手も含め ぜひ良い試合をしてくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.09

2009JリーグU-13ボルケーノ第2節

清水エスパルスジュニアユース3-1ジュビロ磐田ジュニアユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
6月7日、2009JリーグU-13ボルケーノのグループAでエスパルスジュニアユースの第2戦が行われ、 エスパルスジュニアユースはジュビロ磐田ジュニアユースに勝利しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.08

U-18日本代表候補メンバー発表

U-18日本代表候補 トレーニングキャンプ(6/15~18@滋賀)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月8日)、6月15日から行われるトレーニングキャンプに参加するU-18日本代表候補メンバー 21名の発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節(清水第5試合)

ヴィッセル神戸1-2清水エスパルス
得点者:
(神戸)マルセウ(PK)
(清水)原、ヨンセン
清水は GK山本海選手、 DF辻尾選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF伊東選手、枝村選手、兵働選手、藤本選手、 FWヨンセン選手、原選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、0分神戸の攻撃、辻尾選手が清水ペナルティエリア内に侵入した茂木選手を倒してしまい PKの判定。辻尾選手にイエローカード。マルセウ選手にPKを決められ神戸先制。 31分ヨンセン選手にイエローカード。 36分清水の攻撃、兵働選手のスルーパスで抜け出した原選手がドリブルで神戸ペナルティエリア内 に侵入し逆サイドにゴールを決め同点に追いつく。 38分神戸マルセウ選手にイエローカード。 前半は同点で終了しました。
ハーフタイム神戸朴選手から丹羽選手、松岡選手からアラン・バイーア選手に交代。
後半、18分辻尾選手から高木選手に交代。 22分岩下選手にイエローカード。 32分清水の攻撃、中盤で相手ボールを奪うと前線左サイドに大きくフィード、ボールを受けた 原選手がドリブルで神戸ペナルティエリア内に侵入しDFをかわしてシュート、GKが弾いた ボールに詰めたヨンセン選手がゴールし逆転する。 35分神戸吉田選手から楠瀬選手に交代。 36分兵働選手からマルコス・パウロ選手に交代。 39分ヨンセン選手がこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。 42分枝村選手から本田選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
この結果、通算成績4勝1敗で勝点12とし1試合を残してBグループ2位以上が確定した為、 決勝トーナメント進出が決定しました。 予選リーグ最終戦はヨンセン選手が出場停止となりますが、交代出場する選手の奮起に期待し、 ぜひ勝利しグループ1位で予選リーグを締めくくってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 東海大会 2次トーナメント準決勝

清水エスパルスユース4-2名古屋グランパスU-18
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(6月7日)、第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 東海大会の2次トーナメント 準決勝が行われ、エスパルスユースは名古屋グランパスU-18に勝利しました。 この結果、決勝へ駒を進めると共に全国大会への進出を決めました。 決勝の対戦相手はジュビロ磐田ユースです。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.07

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選第8節(日本第6試合)

ウズベキスタン代表0-1日本代表
得点者:
(ウズベキスタン)-
(日本)岡崎
日本は GK楢崎選手、 DF駒野選手、中澤選手、田中闘選手、長友選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、中村憲選手、岡崎選手、 FW大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、9分日本の攻撃、ウズベキスタンの攻撃を凌ぐとカウンターから中村憲選手が中央から突破を 仕掛ける、この突破は止められるがクリアボールをセンターサークルで受けた長谷部選手が 前方の中村憲選手にパスを繋ぐ、この動きに連動してウズベキスタンDFラインの右から 裏に走り込んだ岡崎選手に中村憲選手が浮き球のピンポイントパス、岡崎選手が右足トラップで ボールを落とすとDFに後ろから押されるがバランスを保ってスピードを殺さず胸でボールを 押し出し左足でシュート、GKが前に弾いたボールをDFと交錯しバランスを崩して倒れながら ヘッドでゴールに押し込み日本が先制点を奪う。 33分中村俊選手にイエローカード。 38分長友選手にイエローカード。 前半は日本の1点リードで終了しました。
後半、15分遠藤選手にイエローカード。 16分F・タジエフ選手からソリエフ選手に交代。 21分中村憲選手から本田選手に交代。 24分大久保選手から矢野選手に交代。 29分ゲインリフ選手にイエローカード。 30分ゲインリフ選手からエルキノフ選手に交代。 38分スユノフ選手からS・ジュラエフ選手に交代。 44分長谷部選手がジェパロフ選手を肘打ちしたとしてレッドカードの判定を受け退場する。 ロスタイム中村俊選手から阿部選手に交代。 ロスタイム岡田監督が理由は不明だが退席処分を受ける。 試合はそのまま終了し勝利しました。
非常に厳しい試合になりましたが、良く粘って勝利しワールドカップ出場を決めてくれました。 選手の皆さん本当におめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.05

U-17日本代表メンバー発表

U-17日本代表チーム ブルキナファソ遠征(6/13~23)メンバー
日本サッカー協会
本日(6月5日)、ブルキナファソ遠征に参加するU-17日本代表メンバー22名の発表が ありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.04

山本真希選手全治6週間

本日(6月4日)、昨日のナビスコカップ千葉戦で負傷した山本真希選手が精密検査の結果、 左膝内側側副靱帯損傷で全治まで6週間を要する見込みと診断された旨の発表が エスパルスオフィシャルからありました。
少しでも軽症であることを願っていましたが大怪我を負ってしまいました。 中盤の中心選手としてこれからの更なる飛躍を期待していただけに非常に残念な結果が 出てしまいました。 しかし、色々な困難を乗り越えて現在のレギュラーポジションを掴んだ山本真希選手の事 ですから、メンタル的にも相当タフになっていると思います。 今はとにかく治療に専念し1日でも早い復帰を願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節(清水第4試合)

清水エスパルス2-1ジェフユナイテッド市原・千葉
得点者:
(清水)原、兵働
(千葉)下村
清水は GK山本海選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF山本真選手、枝村選手、兵働選手、藤本選手、 FWヨンセン選手、原選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、3分直前のプレーで左膝を負傷した山本真選手が本田選手と交代。 19分清水の攻撃、左サイド藤本選手からの早いパスを千葉ペナルティエリア正面で受けた 原選手がワンタッチでコントロールしてペナルティエリア内左に侵入し、ゴール右にシュートを 決め清水先制。 前半は1点リードして終了しました。
後半、13分千葉益山選手からミシェウ選手に交代。 28分千葉巻選手から新居選手に交代。 30分原選手からマルコス・パウロ選手に交代。 36分藤本選手にイエローカード。 38分藤本選手から辻尾選手に交代。 44分清水の攻撃、右サイドで得たFK、高木選手のクロスをDFと競りながらヨンセン選手が ヘッドで落としたボールを兵働選手が千葉ペナルティエリア正面直ぐ外から強烈なグラウンダーの シュートをゴール左に決めリードを2点に広げる。 ロスタイム千葉の攻撃、右サイドスローインのリスタートからパスを繋がれ右サイドから 清水ペナルティエリア内に侵入した深井選手にシュートを許す、一旦はGKが弾くが こぼれ球を下村選手にペナルティエリア正面直ぐ外からミドルシュートを決められ1点返される。 試合はそのまま終了し勝利しました。
試合開始直後に山本真選手が負傷退場する緊急事態が発生しましたが、交代出場した 本田選手も含め選手全員がアクシデントを跳ね返して大きな勝利を上げてくれました。 この結果、通算成績3勝1敗で勝点9とし単独2位になりました。 依然として混戦状態は続いていますが、残り2試合を連勝し自力で予選リーグ突破を決めて ほしいと思います。 最後に負傷退場した山本真選手の怪我が少しでも軽傷であることを願います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009JリーグU-14ボルケーノ第1節

清水エスパルスジュニアユース3-1エスパルスSSJY選抜
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
5月30日、2009JリーグU-14ボルケーノでエスパルスジュニアユースの初戦が行われ、 エスパルスジュニアユースはエスパルスSSJY選抜に勝利しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

永井選手全治4週間

本日(6月2日)、先日のナビスコカップ柏戦で負傷した永井選手が精密検査の結果、 右ハムストリングス肉離れで全治まで4週間を要する見込みと診断された旨の発表が エスパルスオフィシャルからありました。
怪我の状態を心配していましたが重傷を負ってしまいました。 永井選手自身も恐らくナビスコカップでの活躍を期していた矢先の怪我で大変悔しいでしょうが、 今は治療に専念し1日でも早く復帰してくれることを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

キリンカップサッカー2009日本代表対ベルギー代表

日本代表4-0ベルギー代表
得点者:
(日本)長友、中村憲、岡崎、矢野
(ベルギー)-
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、長友選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、中村憲選手、岡崎選手、 FW大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、21分日本の攻撃、中盤から最終ラインに一旦戻すと組み立て直して左サイドに展開、 パスを受けた中村憲選手が楔をポストの岡崎選手に出してそのまま前線に上がる、 岡崎選手がダイレクトで左に出したボールで大久保選手が裏に飛び出そうとするが若干コントロール を乱し、こぼれ球を拾った岡崎選手から中村憲選手、長友選手と縦にパスを繋ぎ、ベルギーペナル ティエリア左から長友選手がGKの上を抜くシュートをゴールネット天井に突き刺し日本先制。 23分日本の攻撃、自陣田中闘選手からの早い縦パスを中盤左サイドで受けた大久保選手が 2列目から前線に走り込んだ中村憲選手にパス、中村憲選手がベルギーペナルティエリア内に 侵入しDFをかわして同サイドに強烈なシュートを決める。 前半は日本が2点リードして終了しました。
ハーフタイム中村俊選手から本田選手、長谷部選手から橋本選手に交代。
後半、15分日本の攻撃、中盤左サイドスローインのリスタートから右にサイドチェンジし、 大久保選手がニアに入れた低く早いクロスに岡崎選手が果敢にダイビングヘッドで飛び込む、 ボールは左肩に当たってゴールに吸い込まれ日本がリードを3点に広げる。 17分遠藤選手から阿部選手に交代。 17分ムヤンジ選手からフイセヘムス選手に交代。 22分中村憲選手から興梠選手に交代。 24分ポコニョリ選手からボッセン選手に交代。 25分相手選手のバックチャージを受け足を痛めた岡崎選手が矢野選手と交代。 28分アルデルウェイレルド選手にイエローカード。 29分田中闘選手から山口選手に交代。 32分ベルメーレン選手にイエローカード。 32分日本の攻撃、中盤左サイドで得たFK、素早いリスタートから本田選手のスルーパスで 左サイドを抜け出した長友選手が低いクロス、このボールをDFと競りながらベルギーペナルティ エリア内に侵入した矢野選手がゴールに押し込み決定的な4点目が入る。 この後、GKが戻そうとしてキックしたボールが運悪く大久保選手の左足に当たり、痛んだ大久保 選手がピッチを出る。 37分ローランツ選手からデンベレ選手に交代。 37分足を痛めた大久保選手がプレー続行出来ず、日本は交代枠を使い切っていた為10人で プレーを続けることになる。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
ベルギーに完勝はしましたが、チリ戦から中1日で戦うベルギーは相当コンディションが悪かった のかチリ戦で見せたパフォーマンスが見られず、終盤はラフプレーも目立ち、日本にとっては 強化という観点では残念な試合になりました。
アウェーのウズベキスタン戦は相当厳しい戦いになると思いますが、この試合でワールドカップ 出場を決めてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »