« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

U-20韓国代表に金東燮(キム ドンソプ)選手招集

本日(4月30日)、4月30日~5月5日の期間に韓国で行われるトレーニングキャンプ に参加するU-20韓国代表メンバーに金東燮(キム ドンソプ)選手が招集された事が エスパルスオフィシャルから発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年J1第8節浦和レッドダイヤモンズ戦

清水エスパルス2-2浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(清水)原(PK)、児玉
(浦和)ポンテ、山田直
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MFマルコス・パウロ選手、伊東選手、山本真選手、枝村選手、 FW原選手、ヨンセン選手 というスタメンで前節から大幅にメンバーを変更し試合に臨みました。
前半、16分清水の攻撃、浦和ペナルティエリア内に侵入した原選手を田中闘選手が倒し PKの判定、田中闘選手にイエローカード。PKを原選手自身が決め清水先制。 35分浦和の攻撃、カウンターから阿部選手のパスで清水ペナルティエリア内左に侵入した エジミウソン選手の折り返しに詰めた阿部選手がシュートにいくところを岩下選手がブロックし 西部選手がセーブしようとするがボールはファーにこぼれ、このボールをポンテ選手にゴールに 流し込まれ同点に追いつかれる。 前半は同点で終了しました。
後半、10分原選手から岡崎選手に交代。 16分浦和鈴木選手にイエローカード。 29分浦和の攻撃、右サイド田中闘選手からポンテ選手、山田直選手と左に展開し、 ペナルティエリア左からゴール右にシュートを決められ逆転を許す。 29分枝村選手から永井選手に交代。 33分浦和原口選手からエスクデロ選手に交代。 35分浦和山田直選手から堀之内選手に交代。 37分市川選手から辻尾選手に交代。 40分浦和エジミウソン選手にイエローカード。 41分清水の攻撃、右サイド辻尾選手が戻したパスを受けた山本真選手がファーにクロス、 このボールをフリーの児玉選手が左足ボレーでGKの左を抜くシュートを綺麗に決め 終了間際に同点に追いつく(児玉選手プロ初ゴール)。 ロスタイム浦和細貝選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し引き分けました。
中盤の構成を変更したり、メンバーを大幅に変更するなどのトライをした試合は 勝点3を得ることは出来ませんでしたが、粘り強い戦いをしてくれました。 連戦で苦しい戦いが続きますがこれからも粘り強く戦い、1つでも順位を上げてくれることを 期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ第3回戦

清水エスパルスジュニアユース8-0VALOR FOOTBALL CLUB
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月29日、第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ の第3戦(最終戦)が行われ、エスパルスジュニアユースはVALOR FOOTBALL CLUBに勝利し、 通算成績を2勝1敗としブロックCの2位以内が確定した為、3次決勝トーナメント進出が決定 しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ第2回戦

清水エスパルスジュニアユース2-3ジュビロ磐田ジュニアユース
2009日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 静岡県大会
東海クラブユースサッカー連盟公式ホームページ
4月26日、第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ の第2戦が行われ、エスパルスジュニアユースはジュビロ磐田ジュニアユースに敗戦し、 通算成績は1勝1敗となりました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-13フェスティバル(4月27日)

JFAエリートプログラムU-13【U-13日本選抜チーム】 中国遠征(AFC U-13フェスティバル)4月27日分試合結果
日本サッカー協会
4月27日、中国遠征中のJFAエリートプログラムU-13メンバーが参加したAFC U-13フェスティバル (AFC U13 FESTIVAL OF FOOTBALL EAST ASIA REGION-CHINA 2009)の2試合が行われ、 日本はグアム、中国に連勝しました。
尚、エスパルスジュニアユースから選出された杉本頼選手はグアム戦の前半と 中国戦(後半のスタッツがないので分かりませんが前半は出場した様です)に 出場した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)予選リーグ第6戦

清水エスパルスユース1-1東邦高校
ジャパンユースサッカースーパーリーグ公式サイト
4月19日、ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)でエスパルスユースの第6戦が 東邦高校と行われ、引き分けで通算成績を3勝1分2敗としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

AFC U-13フェスティバル(4月24日~26日)

JFAエリートプログラムU-13【U-13日本選抜チーム】 中国遠征(AFC U-13フェスティバル)4月24、26日分試合結果
日本サッカー協会
4月24日~26日、中国遠征中のJFAエリートプログラムU-13メンバーが参加したAFC U-13フェスティ バル(AFC U13 FESTIVAL OF FOOTBALL EAST ASIA REGION-CHINA 2009)の5試合が行われ、 日本は4月24日の韓国戦に勝利、香港戦に引き分け、北朝鮮戦に敗戦、4月26日の香港戦に勝利、 韓国戦に敗戦しました。
尚、エスパルスジュニアユースから選出された杉本頼選手は24日の香港戦にフル出場した 模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

2009年J1第7節柏レイソル戦

清水エスパルス1-1柏レイソル
得点者:
(清水)岡崎
(柏)古賀
清水は GK西部選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF山本真選手、本田選手、藤本選手、枝村選手、 FW永井選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、11分柏の攻撃、西部選手が不用意に右サイドにスローしたパスを菅沼選手にカットされ 突破を許し、菅沼選手を後ろから手で引っ張って止めた高木選手にイエローカード(レッドカードが 出されなくて助かりました)。 このプレーで柏が清水ペナルティエリア正面左で得たFK、ポポ選手が直接狙ったシュートを 西部選手が弾くが大きく弾けず、こぼれ球に詰めた古賀選手にヘッドで押し込まれ柏に先制を許す。 18分永井選手から原選手に交代。 30分本田選手からヨンセン選手に交代。 32分清水の攻撃、右サイドからビルドアップし柏ゴール前に持ち込むと岡崎選手、ヨンセン選手、 原選手とダイレクトでパスを繋ぎ、原選手の裏へのパスでDFを引き摺りながら裏に抜けた 岡崎選手が倒れながら右足でシュート、ボールはGKの左を抜けてゴール左に転がり込み同点に 追いつく。 36分柏李選手から大津選手に交代。 38分高木選手から辻尾選手に交代。 ロスタイム柏栗澤選手から澤選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
先制点を許す苦しい展開から同点まで持ち込みましたが残念ながら逆転することは出来ず 勝点1に留まりました。 厳しい試合が続いていますが何とかここで踏ん張り持ち直してくれることを期待したいと 思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2009 1部 第3節(清水第2試合)

藤枝明誠高校1-0清水エスパルスユース
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)-
(通算成績)0勝1分1敗、勝点1
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(4月25日)、プリンスリーグ東海1部でエスパルスユースの第2戦が藤枝明誠高校と行われ、 敗戦しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ第1回戦

清水エスパルスジュニアユース6-0ASKA FCユースU-15
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月25日、第17回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会静岡県予選2次上位リーグ が開幕し、初戦でエスパルスジュニアユースはASKA FCユースU-15に勝利し、 順調なスタートを切りました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

AFC U-13フェスティバル(4月23日)

JFAエリートプログラムU-13【U-13日本選抜チーム】 中国遠征〔AFC U-13フェスティバル (4/21~28)〕試合結果
日本サッカー協会
4月23日、中国遠征中のJFAエリートプログラムU-13メンバーが参加したAFC U-13フェスティバル (AFC U13 FESTIVAL OF FOOTBALL EAST ASIA REGION-CHINA 2009)の3試合が行われ、 日本は中国、グアム、台湾に3連勝しました。
尚、エスパルスジュニアユースから選出された杉本頼選手は中国戦と台湾戦にフル出場した 模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

2009シーズンエスパルス補強・移籍情報19

本日(4月23日)、(株)エスパルス強化育成本部本部長・強化部部長の山崎雅彦氏の退任と 後任に2008年ベガルタ仙台のクラブスタッフを務めた望月達也氏が就任することが エスパルスオフィシャルから発表されました
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 望月達也強化育成本部本部長・強化部部長 新任
 久保山由清ジュニアユース(U-13)監督
  →ジュニアユース(U-14)監督
 横山貴之ジュニアユース(U-14)監督
  →ジュニアユース(U-13)監督
 長谷川健太監督 契約継続(契約期間2008.2.1~2010.1.31)、2010シーズン(2010.2.1~2011.1.31)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 平岡康裕選手
  コンサドーレ札幌期限付移籍期間満了09.1.31
   →清水エスパルスに復帰
 太田宏介選手 横浜FCから完全移籍
MF
 マルコス・パウロ選手 契約更新
  (契約期間2009.2.1~2010.1.1)
 竹内 涼選手(新人) 浜松開誠館高校
FW
 永井雄一郎選手
  浦和レッドダイヤモンズから完全移籍
 フローデ・ヨンセン選手
  名古屋グランパスエイトから完全移籍
 木島 悠選手(新人) 筑波大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 山崎雅彦取締役、強化育成本部本部長・強化部部長 退任
GK
 現時点で発表なし
DF
 斉藤俊秀選手
  湘南ベルマーレ期限付移籍期間満了09.1.31
   →移籍リスト登録
    →藤枝MYFC(静岡社会人1部)へ完全移籍
 山西尊裕選手
  移籍リスト登録→引退
   →ジュビロ磐田ユースチーム(U-18)コーチ
 高木和道選手 ガンバ大阪へ完全移籍
 和田拓三選手
  東京ヴェルディ期限付移籍期間満了2009.1.31
   →ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍
MF
 杉山浩太選手
  柏レイソル期限付移籍期間満了2009.1.31
   →柏レイソル期限付移籍期間延長
    (契約期間2009.2.1~2010.1.31)
 フェルナンジーニョ選手
  京都サンガF.C.期限付移籍期間満了2009.1.1
   →契約更新せず
FW
 戸田光洋選手
  契約更新せず→引退
 矢島卓郎選手 川崎フロンターレへ完全移籍
 西澤明訓選手
  契約更新せず
   →セレッソ大阪へ完全移籍
 マルコス・アウレリオ選手
  サントスFCからの期限付移籍期間満了09.1.1
   →契約更新せず

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第2日)

昨日(4月22日)、AFCチャンピオンズリーググループステージ第4戦で日本から出場した2チーム (名古屋、鹿島)の試合が行われました。
ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)0-1名古屋グランパスエイト
得点者:
(ニューカッスル)-
(名古屋)小川
グループEの第4戦で名古屋がアウェーでオーストラリアのニューカッスル・ジェッツと 対戦しました。
前半、32分相手選手のチャージで足を負傷し退場したマギヌン選手が杉本選手と交代。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、12分名古屋の攻撃、中盤でニューカッスルの選手が出したパスが主審に当たり コースが変わりこのボールを奪った名古屋がカウンター、右サイドでパスを受けた杉本選手が 突破を仕掛けて一気に前線に上がりファーにクロス、小川選手が身体でトラップしてから冷静に シュートをゴールに流し込み名古屋が待望の先制点を奪う。 32分ニューカッスルの攻撃、名古屋ペナルティエリア内に侵入したペトロフスキー選手を バヤリッツァ選手が倒してしまいPKの判定、ペトロフスキー選手のPKを楢崎選手が止め 失点のピンチを逃れる。 試合はそのまま終了し名古屋が勝利しました。
この結果、名古屋は通算成績を2勝2分勝点8として3位と勝点4差をつけた為、 次戦で勝利すればラウンド16進出が決まります。
鹿島アントラーズ5-0シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)
得点者:
(鹿島)野沢、興梠2、小笠原、大迫
(SAF)-
グループGの第4戦で鹿島がホームでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
前半、29分鹿島の攻撃、左サイド新井場選手からのクロスをファーでフリーになった野沢選手が ダイビングヘッドでゴールに押し込み鹿島先制。 38分鹿島の攻撃、左サイド新井場選手からのクロスのクリアを小笠原選手がシュート性のクロス、 興梠選手がコースを変えてゴールし鹿島がリードを2点に広げる。 前半は鹿島の2点リードで終了しました。
後半、5分鹿島の攻撃、自陣からビルドアップしSAFペナルティエリア内まで持ち込むと 野沢選手がシュート、GKが弾いたボールに詰めた興梠選手がシュートするがまたもGKが 弾く、しかしこぼれ球を大迫選手が戻したボールをダイレクトで小笠原選手がシュートを決め 3点目が入る。 9分鹿島の攻撃、野沢選手の裏へのスルーパスで抜け出した大迫選手が逆サイドにシュートを決め 4点目。 29分鹿島の攻撃、前線左サイドでパスを受けた興梠選手がSAFペナルティエリア内に侵入すると DFをかわして逆サイドにシュート、ボールはGKの手を弾いてゴールに決まり5点目が入る。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
この結果、通算成績を3勝1敗とした鹿島は勝点9で水原と並び(直接対決の成績で鹿島が2位)、 ラウンド16進出は勝点6で3位の上海までの3チームに絞られました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.22

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第4戦で日本から出場した2チーム(G大阪、川崎)の試合が 昨日(4月21日)行われました。
スリウィジャヤ(インドネシア)0-3ガンバ大阪
得点者:
(スリウィジャヤ)-
(G大阪)レアンドロ、佐々木、チョ・ジェジン
グループFの第4戦でG大阪がアウェーでインドネシアのスリウィジャヤと対戦しました。
前半、30分G大阪の攻撃、自陣で山口選手がパスカットするとそのまま持ち上がり裏のスペース にパス、オフサイドラインぎりぎりからフリーで抜け出したレアンドロ選手がGKとの1対1を 制して同サイドにゴールを決めG大阪先制。 ロスタイムG大阪の攻撃、橋本選手のスルーパスで裏に抜け出したレアンドロ選手がスリウィジャヤ ペナルティエリア内に侵入すると左サイド深い位置からマイナスのパス、パスを受けた山崎選手が DFをかわして撃ったシュートはクロスバーを叩くが、跳ね返りを佐々木選手がボレーで豪快に 決めリードを2点に広げる。 前半はG大阪の2点リードで終了しました。
後半、30分G大阪の攻撃、寺田選手の裏へのスルーパスでオフサイドラインぎりぎりから 抜け出したチョ・ジェジン選手がスリウィジャヤペナルティエリア内右からGKの左肩越しを 抜くシュートを決め3点目が入る。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
この結果、G大阪は通算成績を4勝で勝点12とし、2試合を残してグループ2位以内が 確定した為、ラウンド16進出が決定しました。
川崎フロンターレ2-1セントラルコースト・マリナーズFC(オーストラリア)
得点者:
(川崎)ジュニーニョ、レナチーニョ
(CCM)サイモン
グループHの第4戦で川崎がホームでオーストラリアのセントラルコースト・マリナーズFCと 対戦しました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、1分川崎の攻撃、左サイドで得たFK、ヴィトール・ジュニオール選手からのクロスを 鄭選手がヘディングシュート、GKが弾いたボールに詰めたジュニーニョ選手がゴールに押し込み 川崎先制。 14分CCMの攻撃、自陣で得たFK、前線へのロングフィードを一旦はクリアするがセカンド ボールを拾われ、クラーク選手が裏のスペースに入れたパスに走り込んだサイモン選手に ゴールを決められ同点に追いつかれる。 36分川崎の左CK、中村選手のファーに上げたクロスは一旦クリアされるがクリアボールを 受けた谷口選手が再度クロス、ニアでレナチーニョ選手がヘッドで合わしてファーに流し込み 再び川崎がリードを奪う。 試合はそのまま終了し川崎が勝利しました。
この結果、川崎は通算成績を3勝1分で勝点10とし、2試合を残してグループ2位以内が 確定した為、ラウンド16進出が決定しました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

U-17日本代表候補選手入れ替え

U-17日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/20~24)選手入れ替え
日本サッカー協会
昨日(4月20日)、U-17日本代表候補トレーニングキャンプに招集されていた宮崎泰右選手(大宮 ユース)が体調不良により不参加となり、代わってエスパルスユースの柴原誠選手が招集された旨の 発表がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

2009年J1第6節ジュビロ磐田戦

ジュビロ磐田3-0清水エスパルス
得点者:
(磐田)イ・グノ2、前田
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF山本真選手、枝村選手、兵働選手、藤本選手、 FW岡崎選手、ヨンセン選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、42分磐田太田選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、10分磐田の攻撃、中盤右サイドからのクロスを西部選手がクリアしようとするが前田選手に 前に入られクリア出来ず、こぼれ球を前田選手が折り返したボールをイ・グノ選手にボレーシュート を決められ磐田先制。 16分藤本選手から原選手に交代。 24分磐田西選手から村井選手に交代。 27分高木選手から辻尾選手に交代。 28分磐田の攻撃、川口選手からのロングフィードを中盤で前田選手がヘッドで流したボールを 受けたイ・グノ選手に青山選手がマークに付くがブロックされながらペナルティエリア侵入を許し そのままシュートを決められる。 30分青山選手から永井選手に交代。 35分磐田の攻撃、中央から持ち込んだ前田選手にDFがかわされゴール右隅にシュートを 決められリードを3点に広げられる。 38分磐田イ・グノ選手から萬代選手に交代。 43分磐田太田選手から犬塚選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
ダービーでの勝利を期待していましたが非常に厳しい結果になってしまいました。 しかし、シーズンは6試合を消化しただけなのでもう一度しっかり課題を洗い出し、この敗戦を 次節に引きずらない様にしてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

JFAプリンスリーグU-18東海2009 1部 第2節(清水第1試合)

清水エスパルスユース0-0常葉学園橘高校
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)-
(通算成績)0勝1分0敗、勝点1
2009年04月18日(土)  プリンス東海 常葉橘高校戦
えすぱっ子
昨日(4月18日)、プリンスリーグ東海1部でエスパルスユースの初戦が常葉学園橘高校と行われ、 えすぱっ子さんのレポートによりますと引き分けた模様です。 選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

JFAエリートプログラムU-13メンバー発表

JFAエリートプログラムU-13【U-13日本選抜チーム】 中国遠征〔AFC U-13フェスティバル (4/21~28)〕メンバー
日本サッカー協会
本日(4月14日)、中国遠征に参加するJFAエリートプログラムU-13メンバーが発表され ました。
今回、エスパルスジュニアユースから杉本頼選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-20日本代表候補メンバー発表

U-20日本代表候補トレーニングキャンプ (4月20~22日@御殿場)メンバー
日本サッカー協会
本日(4月14日)、4月20日からのトレーニングキャンプに参加するU-20日本代表候補メンバー28名の 発表がありました。
今回、エスパルスからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

U-17日本代表候補メンバー発表

U-17日本代表候補 トレーニングキャンプ (4/20~24@J-STEP)メンバー
日本サッカー協会
本日(4月13日)、4月20日からのトレーニングキャンプに参加するU-17日本代表候補メンバー23名の 発表がありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年J1第5節川崎フロンターレ戦

清水エスパルス1-0川崎フロンターレ
得点者:
(清水)岡崎
(川崎)-
清水は GK西部選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF山本真選手、枝村選手、兵働選手、岡崎選手、 FW原選手、ヨンセン選手 というスタメンで試合に臨みました。 また、サブに永井選手が初めて登録されました。
前半、14分原選手にイエローカード。 16分清水の攻撃、右サイドで相手DFのクリアミスしたボールを原選手が奪うと兵働選手にパス、 兵働選手からのクロスをファーの岡崎選手がDFの前に出てジャンピングヘッドで叩きつける シュート、ボールはGKの手を弾きゴール左に決まり清水先制。 31分川崎横山選手にイエローカード。 前半は1点リードして終了しました。
ハーフタイム原選手から藤本選手に交代。 ハーフタイム川崎谷口選手から田坂選手に交代。
後半、5分川崎ヴィトール・ジュニオール選手にイエローカード。 22分川崎ヴィトール・ジュニオール選手からレナチーニョ選手に交代。 30分枝村選手から伊東選手に交代。 33分川崎横山選手から矢島選手に交代。 38分兵働選手からマルコス・パウロ選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
完封で嬉しい今シーズンホーム初勝利を飾り、順位も7位まで上げてくれました。 開幕から若干躓きましたが、これで首位も見える位置につけることが出来ました。 シーズンは長いですがこういう試合を取れたことは本当に選手の自信にも繋がると思います。 これで弾みをつけ次戦のダービーでもぜひ勝利してくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)予選リーグ第5戦

清水エスパルスユース7-0東京学館新潟高校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月12日、ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)でエスパルスユースの第5戦が 東京学館新潟高校と行われ、勝利し通算成績を3勝2敗としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Friendly Football Tournament U18 in Al Ain第2,3戦

終盤に突き放されエジプトに敗戦 ~U-18日本代表 UAE遠征チームレポート~
ドイツに1点及ばず大会を終える ~U-18日本代表 UAE遠征チームレポート~
日本サッカー協会
4月10~12日、UAE遠征中のU-18日本代表が参加したFriendly Football Tournament U18 in Al Ain の第2戦、第3戦が行われ、U-18日本代表はU-18エジプト代表、U-18ドイツ代表に連敗し、 通算成績0勝1分2敗の最下位で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会予選リーグ第4戦

U19 Champions Trophy - 47. Internationales U19-Junioren Fußball-Turnier in Düsseldorf
昨日(4月12日)、日本高校選抜が参加した第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会 予選リーグで日本高校選抜の4戦目(最終戦)が行われ、ボルシア・ドルトムントと対戦した 日本高校選抜は引き分け、通算成績0勝1分3敗勝点1でグループ1最下位となり予選リーグ突破は 残念ながら成りませんでした。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会予選リーグ第2,3戦

U19 Champions Trophy - 47. Internationales U19-Junioren Fußball-Turnier in Düsseldorf
昨日(4月11日)、日本高校選抜が参加した第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会 予選リーグで日本高校選抜の2試合が行われました。 日本高校選抜はグラスホッパー・チューリッヒ、PSVアイントホーフェンに連敗し、 通算成績を0勝3敗としました。
デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会予選リーグ第1戦

U19 Champions Trophy - 47. Internationales U19-Junioren Fußball-Turnier in Düsseldorf
昨日(4月9日)、日本高校選抜が参加した第47回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会 が開幕し、予選リーグ初戦でフォルトゥナ・デュッセルドルフと対戦した日本高校選抜は 敗戦しました。
デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Friendly Football Tournament U18 in Al Ain第1戦

初戦は地元UAEとドロー ~U-18日本代表 UAE遠征チームレポート~
日本サッカー協会
4月8日、UAE遠征中のU-18日本代表が参加したFriendly Football Tournament U18 in Al Ain の初戦でU-18UAE代表と対戦したU-18日本代表は引き分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第2日)

昨日(4月8日)、AFCチャンピオンズリーググループステージ第3戦で日本から出場した2チーム (G大阪、川崎)の試合が行われました。
ガンバ大阪5-0スリウィジャヤ(インドネシア)
得点者:
(G大阪)レアンドロ2、OG、山口、安田理
(スリウィジャヤ)-
グループFの第3戦でG大阪がホームでインドネシアのスリウィジャヤと対戦しました。
前半、40分G大阪の攻撃、スリウィジャヤペナルティエリア正面でパスを受けた佐々木選手が 裏のスペースに上げた浮き球のパスで裏に抜け出したレアンドロ選手が右足ボレーでゴールを決め G大阪先制。 44分G大阪の攻撃、相手ゴールキックのボールを中盤でカットすると左サイドでパスを受けた ルーカス選手がチョ・ジェジン選手とのワンツーでスリウィジャヤペナルティエリアに侵入し 左からショートクロス、このボールをレアンドロ選手がダイビングヘッドでゴールする。 前半はG大阪の2点リードで終了しました。
後半、4分G大阪の攻撃、前線でレアンドロ選手、山崎選手とパスを繋ぎ、山崎選手の 裏へのスルーパスで播戸選手が抜け出そうとするがパスは相手選手に引っ掛かる、 このボールを処理しようとしたアンブリザル選手のバックパスがGKの逆を突く形になり ゴールに入りオウンゴールでG大阪に3点目が入る。 6分G大阪の攻撃、スリウィジャヤペナルティエリア左で得たFK、遠藤選手のクロスをファーで 山口選手がヘッドで押し込み4点目。 22分G大阪の攻撃、右サイド播戸選手が上げたクロスをDFがクリアしようとするが飛び込んだ 佐々木選手と交錯しそうになりクリア出来ずボールは後ろに抜ける、フリーの安田理選手が こぼれ球をゴール右に流し込み5点目が入る。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
この結果、G大阪は通算成績を3勝で勝点9とし3位のFCソウルと勝点6差となり、次戦の結果次第 でラウンド16進出が決定します。
セントラルコースト・マリナーズFC(オーストラリア)0-5川崎フロンターレ
得点者:
(CCM)-
(川崎)鄭、谷口、ジュニーニョ、中村、レナチョーニョ
グループHの第3戦で川崎がアウェーでオーストラリアのセントラルコースト・マリナーズFCと 対戦しました。
前半、8分川崎の攻撃、右サイドスローインのリスタートから森選手が入れたクロスを鄭選手が DFを引き摺りながらニアでヘッドで合わしてゴールし川崎先制。 22分川崎の左CK、ヴィトール・ジュニオール選手からのクロスをニアで谷口選手がジャンピング ヘッド、ボールはファーポストを叩いてゴールし川崎がリードを2点に広げる。 37分川崎の攻撃、CCMペナルティエリア正面右の森選手が左の鄭選手にパス、鄭選手がスルー したボールをジュニーニョ選手がシュート、ボールはボーガード選手に当たりコースが変わり ゴールし川崎に3点目が入る。 前半は川崎の3点リードで終了しました。
後半、4分川崎の攻撃、左サイド村上選手からのパスを受けたヴィトール・ジュニオール選手が ワンタッチで裏に出したパスに走り込んだ中村選手が同サイドにボレーシュートを決め4点目が 入る。 25分川崎の攻撃、CCMGKからのパスをDFがトラップミスしたボールを中村選手が奪うと 速攻を仕掛け、2対1の局面からジュニーニョ選手のラストパスを受けたレナチーニョ選手が ゴールを決め5点目が入る。 試合はそのまま終了し川崎が勝利しました。
この結果、川崎は通算成績を2勝1分で勝点7とし3位のセントラルコースト・マリナーズFCと 勝点5差、4位の天津泰達と勝点6差となり、次戦の結果次第でラウンド16進出が決定 します。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第3戦で日本から出場した2チーム(名古屋、鹿島)の試合が 昨日(4月7日)行われました。
名古屋グランパスエイト1-1ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)
得点者:
(名古屋)玉田
(ニューカッスル)エルリッチ
グループEの第3戦で名古屋がホームでオーストラリアのニューカッスル・ジェッツと 対戦しました。
前半、9分ニューカッスルの攻撃、左サイドスローインのリスタートからジェシック選手が 中央に切れ込んでシュート、楢崎選手が弾いたボールは左ポストを叩き、こぼれ球に詰めた エルリッチ選手がゴールに押し込みニューカッスル先制。 前半は名古屋の1点ビハインドで終了しました。
後半、20分名古屋の攻撃、ニューカッスルペナルティエリア正面やや右で得たFK、 玉田選手がシュートをゴール右隅に決め同点に追いつく。 試合はそのまま終了し引き分けで終了しました。
この結果、名古屋は通算成績を1勝2分勝点5とし、勝点1差で首位をキープしました。
シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)1-4鹿島アントラーズ
得点者:
(SAF)オスマン
(鹿島)本山、内田、大迫、OG
グループGの第3戦で鹿島がアウェーでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
前半、23分鹿島の攻撃、右サイド野沢選手からのクロスをファーでフリーの本山選手が 右足ボレーでゴールし鹿島先制。 26分SAFの攻撃、左サイドでSAFが得たFK、チャイマン選手のクロスをファーで フリーにしたオスマン選手にヘッドでゴールされ同点に追いつかれる。 43分鹿島の攻撃、SAFのCKのクリアから速攻を仕掛け、自陣からドリブルで前線に 持ち込んだ野沢選手がマルキーニョス選手が右に動きながらDFを引き付けて空けたSAF ペナルティエリア正面左のスペースにパス、このボールに一気に走り込んだ内田選手がペナルティ エリア内に侵入し逆サイドにシュートを決め鹿島が再びリードを奪う。 前半は鹿島の1点リードで終了しました。
後半、2分鹿島の攻撃、右サイド内田選手からのフィードを前線で受けたマルキーニョス選手が SAFペナルティエリア内に侵入して右から上げたクロスを大迫選手がヘッドで押し込み リードを2点目に広げる。 11分鹿島がPKを与えるがドゥリッチ選手のPKを曽ヶ端選手がセーブし失点を防ぐ。 ロスタイム鹿島の攻撃、右サイドで突破を仕掛けた青木選手からのクロスをベネット選手が クリアミスしたボールがそのままゴールに入りオウンゴールで鹿島に4点目が入る。 試合は直後に終了し鹿島が勝利しました。
この結果、通算成績を2勝1敗とした鹿島は水原、上海と共に勝点6で並びました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

2009年J1第4節ヴィッセル神戸戦

ヴィッセル神戸0-1清水エスパルス
得点者:
(神戸)-
(清水)岡崎
清水は GK西部選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF山本真選手、枝村選手、兵働選手、藤本選手、 FWヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、20分神戸河本選手にイエローカード。 44分山本真選手にイエローカード。 最後に冷やりとさせられる場面がありましたが、前半は両チーム無得点で終了しました。
ハーフタイム神戸吉田選手から茂木選手に交代。
後半、7分神戸鈴木選手にイエローカード。 14分神戸鈴木選手から松橋選手に交代。 17分清水の左CK、藤本選手からのクロスをファーでヨンセン選手がヘッドで折り返した ボールを岡崎選手がヘッドでゴールに押し込み清水先制。 23分高木選手にイエローカード。 28分藤本選手からマルコス・パウロ選手に交代。 28分神戸河本選手から田中選手に交代。 32分枝村選手から伊東選手に交代。 39分清水の攻撃、左サイドスローインのリスタートからパスを繋ぎ、突破を仕掛けた児玉選手が 神戸ペナルティエリア左からマイナスのクロス、ニアで兵働選手がダイレクトで合わすが惜しくも 左ポストを叩きゴールならず。 44分兵働選手から太田選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
終盤は神戸に押し込まれましたがディフェンシブな選手を投入して1点を守りきり、 今シーズンリーグ戦で初となる嬉しい勝利を上げてくれました。 まだ、連携不足やイージーミスなども見受けられますがこれから更にレベルアップして上位に 食い込んでいってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFA PREMIER CUP 2009 東海大会

清水エスパルスジュニアユース5-0四日市市立内部中学校
岐阜VAMOS0-5清水エスパルスジュニアユース
清水エスパルスジュニアユース2-1名古屋グランパスU15
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
4月4日~5日、JFA PREMIER CUP 2009 東海大会が行われ、エスパルスジュニアユースは 3戦全勝で優勝し、優勝と準優勝チームに与えられる全国大会への出場権を獲得しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »