« AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第1日) | トップページ | 2009シーズンエスパルス補強・移籍情報19 »

2009.04.23

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第2日)

昨日(4月22日)、AFCチャンピオンズリーググループステージ第4戦で日本から出場した2チーム (名古屋、鹿島)の試合が行われました。
ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)0-1名古屋グランパスエイト
得点者:
(ニューカッスル)-
(名古屋)小川
グループEの第4戦で名古屋がアウェーでオーストラリアのニューカッスル・ジェッツと 対戦しました。
前半、32分相手選手のチャージで足を負傷し退場したマギヌン選手が杉本選手と交代。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、12分名古屋の攻撃、中盤でニューカッスルの選手が出したパスが主審に当たり コースが変わりこのボールを奪った名古屋がカウンター、右サイドでパスを受けた杉本選手が 突破を仕掛けて一気に前線に上がりファーにクロス、小川選手が身体でトラップしてから冷静に シュートをゴールに流し込み名古屋が待望の先制点を奪う。 32分ニューカッスルの攻撃、名古屋ペナルティエリア内に侵入したペトロフスキー選手を バヤリッツァ選手が倒してしまいPKの判定、ペトロフスキー選手のPKを楢崎選手が止め 失点のピンチを逃れる。 試合はそのまま終了し名古屋が勝利しました。
この結果、名古屋は通算成績を2勝2分勝点8として3位と勝点4差をつけた為、 次戦で勝利すればラウンド16進出が決まります。
鹿島アントラーズ5-0シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)
得点者:
(鹿島)野沢、興梠2、小笠原、大迫
(SAF)-
グループGの第4戦で鹿島がホームでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
前半、29分鹿島の攻撃、左サイド新井場選手からのクロスをファーでフリーになった野沢選手が ダイビングヘッドでゴールに押し込み鹿島先制。 38分鹿島の攻撃、左サイド新井場選手からのクロスのクリアを小笠原選手がシュート性のクロス、 興梠選手がコースを変えてゴールし鹿島がリードを2点に広げる。 前半は鹿島の2点リードで終了しました。
後半、5分鹿島の攻撃、自陣からビルドアップしSAFペナルティエリア内まで持ち込むと 野沢選手がシュート、GKが弾いたボールに詰めた興梠選手がシュートするがまたもGKが 弾く、しかしこぼれ球を大迫選手が戻したボールをダイレクトで小笠原選手がシュートを決め 3点目が入る。 9分鹿島の攻撃、野沢選手の裏へのスルーパスで抜け出した大迫選手が逆サイドにシュートを決め 4点目。 29分鹿島の攻撃、前線左サイドでパスを受けた興梠選手がSAFペナルティエリア内に侵入すると DFをかわして逆サイドにシュート、ボールはGKの手を弾いてゴールに決まり5点目が入る。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
この結果、通算成績を3勝1敗とした鹿島は勝点9で水原と並び(直接対決の成績で鹿島が2位)、 ラウンド16進出は勝点6で3位の上海までの3チームに絞られました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第1日) | トップページ | 2009シーズンエスパルス補強・移籍情報19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/44761645

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第2日):

« AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM4(第1日) | トップページ | 2009シーズンエスパルス補強・移籍情報19 »