« 2009年J1第4節ヴィッセル神戸戦 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第2日) »

2009.04.08

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第3戦で日本から出場した2チーム(名古屋、鹿島)の試合が 昨日(4月7日)行われました。
名古屋グランパスエイト1-1ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)
得点者:
(名古屋)玉田
(ニューカッスル)エルリッチ
グループEの第3戦で名古屋がホームでオーストラリアのニューカッスル・ジェッツと 対戦しました。
前半、9分ニューカッスルの攻撃、左サイドスローインのリスタートからジェシック選手が 中央に切れ込んでシュート、楢崎選手が弾いたボールは左ポストを叩き、こぼれ球に詰めた エルリッチ選手がゴールに押し込みニューカッスル先制。 前半は名古屋の1点ビハインドで終了しました。
後半、20分名古屋の攻撃、ニューカッスルペナルティエリア正面やや右で得たFK、 玉田選手がシュートをゴール右隅に決め同点に追いつく。 試合はそのまま終了し引き分けで終了しました。
この結果、名古屋は通算成績を1勝2分勝点5とし、勝点1差で首位をキープしました。
シンガポール・アームド・フォーシズFC(シンガポール)1-4鹿島アントラーズ
得点者:
(SAF)オスマン
(鹿島)本山、内田、大迫、OG
グループGの第3戦で鹿島がアウェーでシンガポールのシンガポール・アームド・フォーシズFCと 対戦しました。
前半、23分鹿島の攻撃、右サイド野沢選手からのクロスをファーでフリーの本山選手が 右足ボレーでゴールし鹿島先制。 26分SAFの攻撃、左サイドでSAFが得たFK、チャイマン選手のクロスをファーで フリーにしたオスマン選手にヘッドでゴールされ同点に追いつかれる。 43分鹿島の攻撃、SAFのCKのクリアから速攻を仕掛け、自陣からドリブルで前線に 持ち込んだ野沢選手がマルキーニョス選手が右に動きながらDFを引き付けて空けたSAF ペナルティエリア正面左のスペースにパス、このボールに一気に走り込んだ内田選手がペナルティ エリア内に侵入し逆サイドにシュートを決め鹿島が再びリードを奪う。 前半は鹿島の1点リードで終了しました。
後半、2分鹿島の攻撃、右サイド内田選手からのフィードを前線で受けたマルキーニョス選手が SAFペナルティエリア内に侵入して右から上げたクロスを大迫選手がヘッドで押し込み リードを2点目に広げる。 11分鹿島がPKを与えるがドゥリッチ選手のPKを曽ヶ端選手がセーブし失点を防ぐ。 ロスタイム鹿島の攻撃、右サイドで突破を仕掛けた青木選手からのクロスをベネット選手が クリアミスしたボールがそのままゴールに入りオウンゴールで鹿島に4点目が入る。 試合は直後に終了し鹿島が勝利しました。
この結果、通算成績を2勝1敗とした鹿島は水原、上海と共に勝点6で並びました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« 2009年J1第4節ヴィッセル神戸戦 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/44603938

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第1日):

« 2009年J1第4節ヴィッセル神戸戦 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM3(第2日) »