« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.30

2009Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節(清水第1試合)

清水エスパルス2-0京都サンガF.C.
得点者:
(清水)高木、枝村
(京都)-
清水は GK西部選手、 DF高木選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF枝村選手、山本真選手、兵働選手、藤本選手、 FWヨンセン選手、原選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、42分清水の攻撃、右サイドドリブルで持ち上がった高木選手に後方からチェックに行った ディエゴ選手のクリアが前にいたヨンセン選手に渡る、ヨンセン選手、原選手がそれぞれ ディフェンスを引き付けながら中に繋ぎ、最後フリーで受けた高木選手が中に切り込みながら 京都ペナルティエリア内に侵入し、GKとの1対1を制してゴール右にシュートを決め清水先制。 前半は1点リードして終了しました。
ハーフタイム京都柳沢選手から豊田選手に交代。
後半、11分京都角田選手にイエローカード。 11分京都増嶋選手から加藤選手に交代。 21分藤本選手から伊東選手、原選手から岡崎選手に交代。 23分清水の攻撃、枝村選手のサイドチェンジのボールを右サイドで受けた高木選手からの縦パスを 京都ペナルティエリア右で受けた兵働選手がペナルティエリア内右でフリーの枝村選手にマイナス のパス、このボールを枝村選手がダイレクトでゴール左にシュートを流し込みリードを2点に 広げる。 24分京都森下選手から中村太選手に交代。 34分左足を負傷した青山選手が廣井選手に交代。 40分京都安藤選手にイエローカード。 ロスタイム西部選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し勝利しました。
清水にとってナビスコカップ初戦となるこの試合はリーグ戦からメンバーを変更して臨み、 嬉しい今シーズン公式戦初勝利を飾ってくれました。 この勝利をぜひ1つの転機として次節のリーグ戦からの巻き返しに期待したいと思います。 最後に負傷退場した青山選手の怪我の状態は非常に気になりますが、少しでも軽症であることを 願います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第14回NIKKEI杯沖縄県高校招待サッカー大会

沖縄県サッカー協会
3月28日~29日、U-18JFA選抜が参加した第14回NIKKEI杯沖縄県高校招待サッカー大会が 行われ、U-18JFA選抜は予選リーグAを2勝0敗で準決勝に進むと、準決勝の市立船橋戦、 決勝の湘南ベルマーレユース戦を勝利し、優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選第6節(日本第5試合)

日本代表1-0バーレーン代表
得点者:
(日本)中村俊
(バーレーン)-
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、長友選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、大久保選手、 FW田中達選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、45分ジョン選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、2分日本の攻撃、バーレーンペナルティエリア正面で得たFK、中村俊選手が左に小さく出し 遠藤選手が止めたボールを中村俊選手がシュート、ボールはジャンプしたマルズーク選手に当たり コースが変わりGKの伸ばした手の先を抜けてゴール右に決まり待望の先制点が入る。 17分アブドゥラ・オマール選手にイエローカード。 30分アブドゥラ・オマール選手からアブドゥラ・アブディ選手に交代。 31分足を痛めた長谷部選手が橋本選手と交代。 34分玉田選手から松井選手に交代。 41分田中達選手にイエローカード。 42分田中達選手から岡崎選手に交代。 ロスタイムアイシュ選手からアブドゥルラティフ選手に交代。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
試合は何度も日本がチャンスを作りましたが最後を決め切る事が出来ず、最後は1点をキープに入り 逃げ切りで勝点3を獲得しました。 この結果、日本は残り3試合で1勝を上げればワールドカップ出場が決まるところまできました。 ぜひ次戦のウズベキスタン戦で決めてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.27

U-15日本代表メンバー発表

U-15日本代表チーム オーストラリア遠征(4/5~13)メンバー
日本サッカー協会
本日(3月27日)、4月5日からのオーストラリア遠征に参加するU-15日本代表メンバー20名の 発表がありました。
今回、エスパルスジュニアユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

U-18日本代表メンバー発表

U-18(FIFAU-20ワールドカップ2011)日本代表 UAE遠征(4/3~14)
日本サッカー協会
本日(3月26日)、4月3日からのUAE遠征に参加するU-18日本代表メンバー20名の 発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.24

日本高校選抜チームメンバー発表

日本高校選抜チーム直前合宿・欧州遠征メンバ-(4/1~15)
日本サッカー協会
本日(3月24日)、デュッセルドルフ第47回国際ユースサッカー大会参加の為、直前合宿及び 欧州遠征(スイス/ドイツ)に臨む日本高校選抜チームメンバー18名が発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.23

2009年J1第3節名古屋グランパスエイト戦

名古屋グランパスエイト3-1清水エスパルス
得点者:
(名古屋)ダヴィ2(PK1)、吉村
(清水)岡崎
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF伊東選手、山本真選手、原選手、兵働選手、 FWヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。 また、サブに新人の木島選手が初めて登録されました。
前半、25分名古屋の攻撃、中盤からのロングフィードをクリア出来ず、裏に抜けたボールに 走り込んだ小川選手が清水ペナルティエリア左からクロス、このボールをフリーにしてしまった ダヴィ選手に押し込まれ名古屋先制。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、10分岩下選手にイエローカード。 19分名古屋小川選手にイエローカード。 22分山本真選手から枝村選手、兵働選手から藤本選手に交代。 28分名古屋マギヌン選手から山口選手に交代。 31分名古屋の攻撃、カウンターから玉田選手の前線へのフィードを走り込んで受けた小川選手が 清水ペナルティエリア内に侵入して落したボールを吉村選手にゴールされリードを2点に 広げられる。 35分清水の攻撃、右サイド市川選手からのクロスを岡崎選手がDFと競りながらダイビングヘッド で合わす、ボールはGKに弾かれるが右ポストを叩いてそのままゴールに決まり1点返す。 35分児玉選手から太田選手に交代。 42分名古屋阿部選手から佐藤選手に交代。 45分名古屋玉田選手から杉本選手に交代。 ロスタイム名古屋の攻撃、清水ペナルティエリア内に侵入したダヴィ選手を岩下選手が 倒してしまいPKの判定、PKをダヴィ選手に決められる。 ロスタイム名古屋佐藤選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
前節から中盤の編成を変更して臨んだ試合は悔しい敗戦となりました。 これでリーグ戦は2週間中断し、次戦は1週間後のナビスコカップ第2節の京都戦になります。 次戦では課題を1つでも多く克服し、今シーズン初勝利と共に浮上の切っ掛けを 掴んで欲しいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月22日)

2009 サニックス杯国際ユースサッカー大会
昨日(3月22日)、2009サニックス杯国際ユースサッカー大会決勝トーナメント最終日を迎え、 予選リーグ1、2位の8チームで争われるサニックス杯の3位決定戦に回ったU-17日本代表は 市立船橋高校に勝利し、3位で大会を終了しました。
尚、サニックス杯決勝は長薫(チャンフン)高校(韓国)が東京ヴェルディユースに勝利し、 優勝しました。 おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)予選リーグ第4戦

清水エスパルスユース0-1前橋育英高校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
3月21日、ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)でエスパルスユースの第4戦が 前橋育英高校と行われ、敗戦し通算成績を2勝2敗としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.22

2009サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月21日)

2009 サニックス杯国際ユースサッカー大会
昨日(3月21日)、2009サニックス杯国際ユースサッカー大会決勝トーナメント1日目を迎え、 予選リーグ1、2位の8チームで争われるサニックス杯に回ったU-17日本代表の2試合が 行われました。
U-17日本代表は1試合目の鹿児島実業高校に勝利し、次戦の準決勝で東京ヴェルディユースに 敗戦し3位決定戦に回りました。
尚、サニックス杯決勝は東京ヴェルディユースと長薫(チャンフン)高校(韓国)の対戦に なりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

2009サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月20日)

2009 サニックス杯国際ユースサッカー大会
昨日(3月20日)、2009サニックス杯国際ユースサッカー大会予選リーグでU-17日本代表の 3試合目(最終戦)が行われ、U-17日本代表は長薫(チャンフン)高校(韓国)に敗戦し、 予選リーググループAを2勝1敗、勝点8の1位で終了しました。
大会は21日から決勝トーナメントが始まり、予選リーグ1、2位の8チームで争われる サニックス杯(別に予選リーグ3、4位の8チームで争われるグローバルアリーナ杯がある)で U-17日本代表はグループC2位の鹿児島実業高校と初戦を戦います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

2009サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月19日)

2009 サニックス杯国際ユースサッカー大会
昨日(3月19日)、2009サニックス杯国際ユースサッカー大会が開幕し、U-17日本代表の 予選リーグ2試合が行われました。
U-17日本代表は1試合目のU-17ニュージーランド代表戦、2試合目のスワンクラブウィタヤライ 高校(タイ)戦を共に勝利し、初日を2勝0敗で終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.19

日本代表メンバー発表

【W杯最終予選の重要な一戦 日本vsバーレーン】日本代表メンバー発表(09.03.19)
J's GOAL
本日(3月19日)、3月28日のFIFAワールドカップ南アフリカアジア最終予選バーレーン代表戦に臨む 日本代表メンバー24名の発表がありました。
今回、エスパルスからは岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第2日)

昨日(3月18日)、AFCチャンピオンズリーググループステージ第2戦で日本から出場した2チーム (鹿島、川崎)の試合が行われました。
鹿島アントラーズ2-0上海申花SVA(中国)
得点者:
(鹿島)野沢、大迫
(上海)-
グループGの第2戦で鹿島がホームで中国の上海申花SVAと対戦しました。
前半、44分鹿島の攻撃、自陣ハーフウェーライン付近の青木選手から楔を受けた大迫選手が 裏のスペースにパス、このボールに素早く反応して裏に抜けた野沢選手がGKとの1対1を 制してゴールを決め鹿島先制。 前半は鹿島の1点リードで終了しました。
後半、23分上海杜威選手がこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。 35分鹿島の攻撃、伊野波選手からのロングフィードを中盤左サイドで受けたマルキーニョス選手 が突破を仕掛け上海ペナルティエリア内に侵入しゴール前フリーの大迫選手にマイナスのパス、 大迫選手がダイレクトで左足を振り抜きゴールを決めリードを2点に広げる。 試合はそのまま終了し鹿島が勝利しました。
この結果、鹿島は通算成績を1勝1敗としました。
浦項スティーラーズ(韓国)1-1川崎フロンターレ
得点者:
(浦項)キム・ジェソン
(川崎)寺田
グループHの第2戦で川崎がアウェーで韓国の浦項スティーラーズと対戦しました。
前半、11分浦項の攻撃、右サイドスローインのリスタートからパスを繋ぎ、ステボ選手の パスで裏に抜けたキム・ジェソン選手がシュート、ボールはGKの指先を掠める様にしてゴール に決まり浦項先制。 23分川崎の右CK、ヴィトール・ジュニオール選手からのクロスをマークを振り切った寺田選手が ヘッドでゴールに突き刺し川崎が同点に追いつく。 前半は同点で終了しました。
後半は得点が動かず引き分けで終了し、川崎は通算成績を1勝1分としました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第2戦で日本から出場した2チーム(名古屋、G大阪)の試合が 昨日(3月17日)行われました。
名古屋グランパスエイト0-0北京国安(中国)
得点者:
(名古屋)-
(北京)-
グループEの第2戦で名古屋がホームで中国の北京国安と対戦しました。
試合は90分で動かずスコアレスドローで終了し、 この結果、名古屋は通算成績を1勝1分としました。
FCソウル(韓国)2-4ガンバ大阪
得点者:
(ソウル)チョン・ジョグク、イ・サンヒョプ
(G大阪)山崎、レアンドロ3
グループFの第2戦でG大阪がアウェーで韓国のFCソウルと対戦しました。
前半、13分G大阪の攻撃、レアンドロ選手のチェックで相手ディフェンスのミスを誘い、 こぼれ球を山崎選手がゴール右にミドルシュートを決めG大阪先制。 前半はG大阪の1点リードで終了しました。
後半、8分ソウルの攻撃、カウンターから裏を狙ったパスを一旦はクリアするがG大阪 ペナルティエリア右でこのボールを拾ったイ・チョンヨン選手が入れたグラウンダーのクロスを ファーでフリーのチョン・ジョグク選手がゴールに押し込みソウルが同点に追い付く。 15分G大阪の左CK、遠藤選手がファーにクロス、レアンドロ選手にGKがマークに付いて いたがGKがかぶり、抜けたボールをフリーのレアンドロ選手がゴールに押し込みG大阪が再び リードを奪う。 29分G大阪の攻撃、ソウルGKが前線に一気に送ったロングフィードを奪うとカウンターから 左サイドに展開、レアンドロ選手が溜めてオーバーラップした下平選手にパス、受けた下平選手が ソウルペナルティエリア内に侵入したチョ選手にグラウンダーのクロス、チョ選手がヒールで 落したボールに走り込んだレアンドロ選手がゴール右隅にシュートを決めリードを2点に広げる。 38分G大阪の攻撃、自陣ゴール前で山崎選手が相手ボールをカットするとカウンターを仕掛け、 楔を受けたレアンドロ選手がチョ選手との縦のワンツーで裏に抜け出しソウルペナルティエリア内に 侵入し、詰めてきたGKの上を抜くチップキックのシュートを決め試合をほぼ決める得点が入る。 ロスタイムソウルの攻撃、右サイドで得たFK、クロスをファーでイ・サンヒョプ選手が ヘッドでゴールしソウルが1点返す。 直後に試合は終了しG大阪が勝利しました。
この結果、G大阪は通算成績を2勝としました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAエリートプログラムU-14メンバー発表

JFAエリートプログラムU-14 トレーニングキャンプ (3/18~22)メンバー
日本サッカー協会
昨日(3月17日)、トレーニングキャンプに参加するJFAエリートプログラムU-14 メンバーが発表されました。
今回、エスパルスジュニアユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)予選リーグ第3戦

清水エスパルスユース4-2草津東高校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
3月15日、ジャパンユースサッカースーパーリーグ2009(U-17)でエスパルスユースの第3戦が 草津東高校と行われ、勝利で通算成績を2勝1敗としました。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.16

U-20韓国代表に金東燮(キム ドンソプ)選手招集

本日(3月16日)、3月16日~4月5日の期間に行われる合宿及びエジプトでの親善大会 に参加するU-20韓国代表メンバーに金東燮(キム ドンソプ)選手が招集された事が エスパルスオフィシャルから発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.15

2009年J1第2節横浜F・マリノス戦

清水エスパルス0-0横浜F・マリノス
得点者:
(清水)-
(横浜)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF伊東選手、山本真選手、兵働選手、枝村選手、 FWヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。 また、怪我から復帰した藤本選手がサブに入りました。
前半はなかなか決定機を作れず、逆に何度かゴールを脅かされましたが西部選手を中心に ディフェンスが踏ん張り無失点に抑え終了しました。
後半、3分横浜兵藤選手にイエローカード。 11分山本真選手からマルコス・パウロ選手に交代。 23分横浜渡邉選手から齋藤学選手に交代。 28分横浜山瀬功選手から坂田選手に交代。 31分岡崎選手から原選手に交代。 34分横浜狩野選手からハーフナー選手に交代。 37分兵働選手から藤本選手に交代。 40分横浜中澤選手にイエローカード。 試合はそのままスコアレスドローで終了しました。
藤本選手の復帰という嬉しい出来事はありましたが、ホーム開幕戦を勝利で飾ることは叶いません でした。 しかし、ディフェンスの踏ん張りで前節に続き完封で勝点を1追加出来たので、次節はオフェンス の奮起で勝点3を期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

U-18JFA選抜チームメンバー発表

U-18JFA選抜チーム〔第14回NIKKEI杯 沖縄県高校招待サッカー大会〕メンバー
日本サッカー協会
本日(3月13日)、第14回NIKKEI杯沖縄県高校招待サッカー大会に臨む U-18JFA選抜チームメンバー20名の発表がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM1(第2日)

昨日(3月11日)、AFCチャンピオンズリーググループステージ初戦で日本から出場した2チーム の試合が行われました。
水原三星ブルーウィングス(韓国)4-1鹿島アントラーズ
得点者:
(水原)リ・イホウ、エドゥ、ホン・スンハク、パク・ヒョンボム
(鹿島)マルキーニョス
グループGの初戦で鹿島がアウェーで韓国の水原三星ブルーウィングスと対戦しました。
前半、44分水原の攻撃、水原が鹿島ペナルティエリア正面右で得たFK、キム・デイ選手からの クロスのクリアが小さくなり、こぼれ球をリ・イホウ選手がゴールに押し込み水原先制。 ロスタイム水原の攻撃、自陣でボールを奪うとカウンターを仕掛け、パク・ヒョンボム選手が大きく 左サイド前線にフィード、このボールを走り込んで受けたホン・スンハク選手が上げたアーリー クロスをファーでフリーのエドゥ選手がゴールに押し込む。 前半は鹿島の2点ビハインドで終了しました。
後半、37分水原の攻撃、水原が中盤左サイドで得たFK、前線右サイドに入れたフィードを受けた ホン・スンハク選手がワンツーから裏に抜け出し鹿島ペナルティエリア内に侵入しシュート、ボール はGKの手を弾きゴールし決定的な3点目が入る。 ロスタイム水原の左CK、クロスは大きく右サイドに流れるが再びボールを拾った水原が前線 左サイドに展開、パスを受けたチョ・ヨンテ選手がDFをかわして突破を仕掛け鹿島ペナルティ エリア内に侵入しゴール正面フリーのパク・ヒョンボム選手にマイナスのパス、このボールを パク・ヒョンボム選手がダイレクトでゴール左に決めリードを4点に広げる。 ロスタイム鹿島の攻撃、水原ペナルティエリア正面で小笠原選手がパスカットすると青木選手が ディフェンスを引き付けて右サイドに展開、パスを受けた内田選手がファーに上げたクロスを マルキーニョス選手がヘッドでゴールに押し込み1点返す。 試合は直後に終了し鹿島が敗戦しました。
鹿島にとって非常に厳しいスタートとなりました。
川崎フロンターレ1-0天津泰達(中国)
得点者:
(川崎)レナチーニョ
(天津)-
グループHの初戦で川崎がホームで中国の天津泰達と対戦しました。
前半、16分川崎の攻撃、左サイドで突破を仕掛けたヴィトール・ジュニオール選手が深い位置から 上げたクロスをニアでレナチーニョ選手がヘッドで合わせてゴールし川崎先制。 前半は川崎の1点リードで終了しました。
後半は得点が動かず終了し川崎が勝利しました。
川崎が順調なスタートを切りました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM1(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージが開幕し、日本から出場した2チームの初戦が昨日(3月10日)行われ ました。
蔚山現代ホランイ(韓国)1-3名古屋グランパスエイト
得点者:
(蔚山)チョ・ジンス
(名古屋)吉田、ダヴィ、マギヌン
グループEの初戦で名古屋がアウェーで韓国の蔚山現代ホランイと対戦しました。
前半、25分蔚山の右CK、ヨム・ギフン選手のクロスをニアでアルミル選手がヘッドでフリック したボールをチョ・ジンス選手が押し込み蔚山先制。 前半は名古屋の1点ビハインドで終了しました。
後半、9分名古屋の左CK、小川選手のクロスのクリアが中途半端になり、浮いたボールを奪った 名古屋が再度左に展開し小川選手がクロス、このボールを吉田選手がヘッドでゴールに押し込み 名古屋が同点に追いつく。 32分名古屋の左CK、マギヌン選手からのクロスをニアでダヴィ選手がヘッドで合わせてゴールし 名古屋が逆転する。 41分名古屋の攻撃、名古屋が左サイドで得たFK、玉田選手がGKとディフェンスの間の絶妙な コースに入れたクロスをファーのマギヌン選手がヘッドでゴールに押し込みほぼ試合を決める得点が 入る。 試合はそのまま終了し名古屋が勝利しました。
名古屋はアウェーで先制点を許す苦しい展開の試合でしたが逆転で勝利し、勝点3スタートを切り ました。
ガンバ大阪3-0山東魯能泰山(中国)
得点者:
(G大阪)レアンドロ、遠藤(PK)、佐々木
(山東)-
グループFの初戦でG大阪がホームで中国の山東魯能泰山と対戦しました。
前半、20分G大阪の右CK、遠藤選手のクロスをDFがクリアしたボールを再び繋ぎ、遠藤選手が ペナルティエリア正面右の寺田選手にマイナスのパス、寺田選手がダイレクトでゴール前に入れた クロスをルーカス選手がヘッドで落としたボールを中澤選手が胸トラップしてシュート、 シュートはDFにブロックされるがこぼれ球をレアンドロ選手がシュートしたボールがGKの 手を弾いてゴールしG大阪先制。 前半はG大阪が1点リードして終了しました。
後半、26分G大阪の攻撃、ルーカス選手のシュートを山東ペナルティエリア内でアレハンドロ選手 が手でブロックしてしまいPKの判定、遠藤選手がPKをゴール左に決めリードを2点に広げる。 34分G大阪の攻撃、左サイド遠藤選手からのクロスをDFがクリアしたボールをペナルティエリア 右の佐々木選手がダイレクトでシュート、ボールはGKの手を掠める様にして左サイドネットに 突き刺さり、ほぼ試合を決める3点目が入る。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
G大阪が順調なスタートを切りました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.10

U-17日本代表メンバー発表

U-17(FIFAU-17ワールドカップ2009)日本代表 サニックスカップ(3/17~3/23)
日本サッカー協会
本日(3月10日)、サニックスカップに臨むU-17日本代表メンバー22名の発表がありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-18日本代表候補メンバー発表

U-18(FIFAU-20ワールドカップ2011)日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/15~19)
日本サッカー協会
本日(3月10日)、3月15日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-18日本代表候補メンバー25名の発表がありました。
今回、エスパルス及びエスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

2009年J1第1節大宮アルディージャ戦

大宮アルディージャ0-0清水エスパルス
得点者:
(大宮)-
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、岩下選手、児玉選手、 MF伊東選手、山本真選手、兵働選手、枝村選手、 FWヨンセン選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました (山本海選手が前日の練習中に右足を負傷し、急遽西部選手がスタメンに入ったそうですが 大事に至らないことを願います)。
前半、19分大宮藤田選手にイエローカード。 24分大宮新井選手にイエローカード。 33分岩下選手にイエローカード。 ロスタイム清水の攻撃、自陣で相手ボールを奪うと速攻を仕掛け、前線へのロングフィードを DFと競りながら物にした岡崎選手がGKと1対1の局面からシュートを撃つがGKの好セーブで 防がれる。 前半、大宮の早い出足の攻撃に苦しみ2度程ピンチを招きましたが失点は逃れ、ロングボール主体 の攻撃はなかなか功を奏さず無得点で終了しました。
後半、4分大宮新井選手から片岡選手に交代。 12分大宮市川選手から渡部選手に交代。 27分清水の攻撃、枝村選手のミドルシュートはGKの好セーブで惜しくもゴールならず。 43分大宮藤田選手からラフリッチ選手に交代。 ロスタイム岡崎選手から原選手に交代。 試合はそのままスコアレスドローで終了しました。
後半、大宮の運動量が落ちたこともありピンチを招く場面は少なくなり、何度かチャンスも 作りましたが得点を上げるまでには至らず勝点1を分け合う形になりました。 前半の展開を見ると守備の連係が確実になるまでもう少し時間がかかりそうな印象を受け、 また、攻撃も連携や仕掛けの部分での工夫、ミスを減らす事など色々な課題が見えた試合でも ありました。 次節はホームでの戦いになりますのでこの試合で出た課題を1つでもクリアし、勝利してくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

練習試合筑波大学戦

清水エスパルスサテライト3-2(0-0、3-2)筑波大学
得点者:清水のみ
(清水)長沢、藤本、木島
試合時間:45分×2本
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(3月7日)、シーズン開幕戦を明日に控え筑波大学と行われたサテライトの練習試合は 勝利で終了した模様です。 いよいよ待ち望んだシーズンが始まりますが、この勝利を弾みに開幕戦で勝利しスタートダッシュをかけてくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.02

U-15日本代表候補メンバー発表

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/9~14)メンバー
日本サッカー協会
本日(3月2日)、3月9日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-15日本代表候補メンバー39名の発表がありました。
今回、エスパルスジュニアユースから八谷惇希選手、石毛秀樹選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009シーズンエスパルス補強・移籍情報18

本日(3月2日)、移籍リストに登録されていた斉藤選手が藤枝MYFC(静岡県社会人1部リーグ)へ ヘッドコーチ兼選手として完全移籍することがエスパルスオフィシャルから発表されました (併せて運営会社の株式会社Jプレイヤーズ取締役就任も発表)。
シーズン開幕を前にして最後まで新チームが決定せず動向が気になっていましたが、新天地での 活躍を願いたいと思います。斉藤選手、長い間チームを支えていただきありがとうございました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 久保山由清ジュニアユース(U-13)監督
  →ジュニアユース(U-14)監督
 横山貴之ジュニアユース(U-14)監督
  →ジュニアユース(U-13)監督
 長谷川健太監督 契約継続(契約期間2008.2.1~2010.1.31)、2010シーズン(2010.2.1~2011.1.31)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 平岡康裕選手
  コンサドーレ札幌期限付移籍期間満了09.1.31
   →清水エスパルスに復帰
 太田宏介選手 横浜FCから完全移籍
MF
 マルコス・パウロ選手 契約更新
  (契約期間2009.2.1~2010.1.1)
 竹内 涼選手(新人) 浜松開誠館高校
FW
 永井雄一郎選手
  浦和レッドダイヤモンズから完全移籍
 フローデ・ヨンセン選手
  名古屋グランパスエイトから完全移籍
 木島 悠選手(新人) 筑波大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 斉藤俊秀選手
  湘南ベルマーレ期限付移籍期間満了09.1.31
   →移籍リスト登録
    →藤枝MYFC(静岡社会人1部)へ完全移籍
 山西尊裕選手
  移籍リスト登録→引退
   →ジュビロ磐田ユースチーム(U-18)コーチ
 高木和道選手 ガンバ大阪へ完全移籍
 和田拓三選手
  東京ヴェルディ期限付移籍期間満了2009.1.31
   →ジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍
MF
 杉山浩太選手
  柏レイソル期限付移籍期間満了2009.1.31
   →柏レイソル期限付移籍期間延長
    (契約期間2009.2.1~2010.1.31)
 フェルナンジーニョ選手
  京都サンガF.C.期限付移籍期間満了2009.1.1
   →契約更新せず
FW
 戸田光洋選手
  契約更新せず→引退
 矢島卓郎選手 川崎フロンターレへ完全移籍
 西澤明訓選手
  契約更新せず
   →セレッソ大阪へ完全移籍
 マルコス・アウレリオ選手
  サントスFCからの期限付移籍期間満了09.1.1
   →契約更新せず

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回静岡県ヤングサッカーフェスティバル

県選抜反撃届かず 日本選抜に1―3
静岡新聞
昨日(3月1日)、エスパルスユースが参加した第24回静岡県ヤングサッカーフェスティバル が行われ、エスパルスユースはジュビロ磐田ユースと対戦し、敗戦しました。
また、同日行われた日本高校選抜と静岡県高校選抜の対戦は日本高校選抜が勝利しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »