« JFAエリートプログラムU-14メンバー発表 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第2日) »

2009.03.18

AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第1日)

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第2戦で日本から出場した2チーム(名古屋、G大阪)の試合が 昨日(3月17日)行われました。
名古屋グランパスエイト0-0北京国安(中国)
得点者:
(名古屋)-
(北京)-
グループEの第2戦で名古屋がホームで中国の北京国安と対戦しました。
試合は90分で動かずスコアレスドローで終了し、 この結果、名古屋は通算成績を1勝1分としました。
FCソウル(韓国)2-4ガンバ大阪
得点者:
(ソウル)チョン・ジョグク、イ・サンヒョプ
(G大阪)山崎、レアンドロ3
グループFの第2戦でG大阪がアウェーで韓国のFCソウルと対戦しました。
前半、13分G大阪の攻撃、レアンドロ選手のチェックで相手ディフェンスのミスを誘い、 こぼれ球を山崎選手がゴール右にミドルシュートを決めG大阪先制。 前半はG大阪の1点リードで終了しました。
後半、8分ソウルの攻撃、カウンターから裏を狙ったパスを一旦はクリアするがG大阪 ペナルティエリア右でこのボールを拾ったイ・チョンヨン選手が入れたグラウンダーのクロスを ファーでフリーのチョン・ジョグク選手がゴールに押し込みソウルが同点に追い付く。 15分G大阪の左CK、遠藤選手がファーにクロス、レアンドロ選手にGKがマークに付いて いたがGKがかぶり、抜けたボールをフリーのレアンドロ選手がゴールに押し込みG大阪が再び リードを奪う。 29分G大阪の攻撃、ソウルGKが前線に一気に送ったロングフィードを奪うとカウンターから 左サイドに展開、レアンドロ選手が溜めてオーバーラップした下平選手にパス、受けた下平選手が ソウルペナルティエリア内に侵入したチョ選手にグラウンダーのクロス、チョ選手がヒールで 落したボールに走り込んだレアンドロ選手がゴール右隅にシュートを決めリードを2点に広げる。 38分G大阪の攻撃、自陣ゴール前で山崎選手が相手ボールをカットするとカウンターを仕掛け、 楔を受けたレアンドロ選手がチョ選手との縦のワンツーで裏に抜け出しソウルペナルティエリア内に 侵入し、詰めてきたGKの上を抜くチップキックのシュートを決め試合をほぼ決める得点が入る。 ロスタイムソウルの攻撃、右サイドで得たFK、クロスをファーでイ・サンヒョプ選手が ヘッドでゴールしソウルが1点返す。 直後に試合は終了しG大阪が勝利しました。
この結果、G大阪は通算成績を2勝としました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« JFAエリートプログラムU-14メンバー発表 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/44387471

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第1日):

« JFAエリートプログラムU-14メンバー発表 | トップページ | AFCチャンピオンズリーグ2009グループステージM2(第2日) »