« 第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメントラウンド16・準々決勝 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

2008.08.14

北京五輪2008サッカー男子グループステージ第3戦

U-23日本代表0-1U-23オランダ代表
得点者:
(日本)-
(オランダ)シボン(PK)
日本は GK西川選手、 DF長友選手、水本選手、吉田選手、森重選手、 MF細貝選手、梶山選手、岡崎選手、谷口選手、本田圭選手、 FW豊田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、36分日本の左CK、本田圭選手からのクロスを豊田選手がヘッド合わせようとしたが 合わせきれずボールは後ろに抜け、このボールがバベル選手に当たって角度を変えゴール方向に 飛ぶがGKに正面でキャッチされ得点ならず。 39分シボン選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、4分オランダの攻撃、日本ペナルティエリア正面左で得たFK、デ・グズマン選手が直接 狙ったシュートは西川選手が好セーブで枠外に弾き出す。 10分日本の攻撃、オランダGKのロングフィードを大きくクリアしたボールを左サイドで 拾った豊田選手がDFをかわして無回転ミドルシュートを撃つ、不規則な変化をしたボールを GKがかろうじて手で弾き出しゴールならず。 14分日本の攻撃、左サイド森重選手のスローインを受けた本田圭選手がディフェンスを引き付けて 森重選手とスイッチし、フリーでボールを持った森重選手がミドルシュート、シュートは 左ポストを叩き、更に詰めた豊田選手が身体ごと押し込もうとするが枠に入れられず。 17分マドゥロ選手からバッカル選手に交代。 18分ヤリエンス選手にイエローカード。 25分オランダの攻撃、左サイドスローインのリスタートからパスを繋ぎ右サイドに展開し、 突破を仕掛けたバベル選手が森重選手をかわして日本ペナルティエリア内に侵入したところで 本田圭選手がシャツを掴んで倒してしまいPKの判定(上手くファールを取られた印象ですが)。 ペナルティマークから離れなかった豊田選手にイエローカード。 PKは左に飛んだ西川選手に対してシボン選手にど真中に決められオランダに先制を許す。 30分シボン選手からザウファーローン選手に交代。 35分谷口選手から森本選手、本田圭選手から香川選手に交代。 37分デ・グズマン選手にイエローカード。 41分岡崎選手から李選手に交代。 41分オランダの攻撃、日本エンドのFK、西川選手が前線に入れたロングフィードのクリアを 繋がれマカーイ選手がミドルシュート、これは西川選手がパンチングで弾き出す。 ロスタイムデ・グズマン選手からピータース選手に交代。 ロスタイム日本の攻撃、右サイドスローインのリスタートから一旦最終ラインまでボールを戻し 細貝選手がオランダゴール前にロングフィード、ボールはゴール前の混戦を抜け、最後裏に入り 込んだ香川選手がゴールに押し込もうとするがシュートは右に外れ得点ならず。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
オランダはこの試合ロングボール主体の攻撃で全体的にプレッシャーがあまり強くなく、 暑い中での連戦の為かコンディションが万全ではない様に見えたので勝つチャンスはあったと 思いましたが、PKの失点を最後まで挽回出来ず、最終戦も勝点を得られず全敗で大会を 去ることになりました。 非常に残念な結果になりましたが、この経験をぜひ今後に生かしてくれることを願いたいと 思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメントラウンド16・準々決勝 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/42164720

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪2008サッカー男子グループステージ第3戦:

« 第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメントラウンド16・準々決勝 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »