« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

U-23日本代表候補メンバー発表

U-23日本代表候補合宿メンバー・スケジュール(7/7~9@千葉)(08.06.30)
日本サッカー協会
本日(6月30日)、7月7日から行われる合宿に参加するU-23日本代表候補メンバー 20名の発表がありました。
エスパルスからは山本海人選手、青山直晃選手、本田拓也選手、岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAエリートプログラムU-13メンバー発表

JFAエリートプログラム U-13トレーニングキャンプ JOC日・韓競技力向上スポーツ交流事業(7/2~6)メンバー(08.06.30)
日本サッカー協会
本日(6月30日)、トレーニングキャンプに参加するJFAエリートプログラムU-13 メンバーが発表されました。
今回、エスパルスジュニアユースから丸山友輔選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.29

2008年J1第14節京都サンガF.C.戦

清水エスパルス2-1京都サンガF.C.
得点者:
(清水)枝村、OG
(京都)フェルナンジーニョ
清水は GK西部選手、 DF戸田選手、青山選手、高木和選手、山西選手、 MF伊東選手、マルコス・パウロ選手、藤本選手、枝村選手、 FWマルコス・アウレリオ選手、西澤選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、37分藤本選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
ハーフタイムマルコス・パウロ選手から兵働選手に交代。
後半、3分京都の攻撃、右サイド角田選手からのクロスをファーの柳沢選手がヘディングシュート、 一旦は西部選手が弾くが詰めていたフェルナンジーニョ選手に押し込まれ京都先制。 8分清水の攻撃、自陣からのロングフィードを右サイド深い位置で受けた西澤選手がキープしながら 兵働選手にパス、兵働選手が枝村選手にパスを出してから自分のマークを引き連れて裏に抜ける、 この動きで枝村選手と裏のスペース両方をケアしていたDFが一瞬混乱し、慌てて枝村選手の チェックに来たDFの股間を抜いて枝村選手が撃ったシュートは左ポストを叩いてからゴールに 吸い込まれ同点に追いつく。 10分戸田選手から高木純選手に交代。 21分京都フェルナンジーニョ選手から林選手、柳沢選手から田原選手に交代。 23分京都中谷選手にイエローカード。 33分マルコス・アウレリオ選手から原選手に交代。 37分京都中谷選手からアタリバ選手に交代。 38分清水の攻撃、清水が京都ペナルティエリア正面左で得たゴールまで30m強の距離のFK、 藤本選手のクロスに飛び込んだ原選手と競ったシジクレイ選手が足に当てたボールがそのまま ゴールに入りオウンゴールで清水が逆転する。 44分原選手にイエローカード。 ロスタイム京都の攻撃、DFのクリアミスでフリーで抜け出した田原選手にシュートを撃たれるが、 シュートは枠を外れ失点を逃れる。 試合はそのまま終了し勝利しました。
中断期間明けの初戦で逆転で大きな勝点3を獲得してくれました。 混戦状態が続いていますが、今後も粘り強く上を目指してほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2008 2部 第5節帝京大学可児高校戦

清水エスパルスユース2-1帝京大学可児高校
(通算成績)4勝0分1敗、勝点12
JFAプリンスリーグU18東海2008大会事務局ホームページ
プリンスリーグ東海2部の第5節が昨日(6月28日)行われ、 エスパルスユースは帝京大学可児高校に勝利し、勝点を12まで伸ばし首位を守りました。 最後まで混戦が続くでしょうが、残り2試合全勝で1部昇格を目指して頑張ってほしいと 思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ第3節

清水エスパルスジュニアユース4-0愛知フットボールクラブ庄内U-15
2008日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東海大会
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(6月28日)、第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ 最終戦となる第3戦が行われ、エスパルスジュニアユースは愛知フットボールクラブ庄内U-15に 勝利し、グループリーグを1位で終了しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選組合せ抽選会

オフィシャルホーム・オブ・アジアンフットボール
本日(6月27日)、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選の 組合せ抽選会がマレーシアで行われ、日本はグループAでオーストラリア、バーレーン、 ウズベキスタン、カタールと対戦することが決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.24

Jユースカップ2008大会概要発表

【Jユースカップ2008】第16回Jリーグユース選手権大会 ユース年代の選手育成と活躍の舞台 7/13(日)いよいよ開幕!
Jリーグ公式サイト
本日(6月24日)、Jユースカップ2008の大会概要が発表され、予選リーグでエスパルスユースは Eグループに入りG大阪、徳島、大分と対戦することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-19日本代表候補メンバー発表

U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(6/29~7/2)メンバー(08.06.24)
日本サッカー協会
本日(6月24日)、6月29日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-19日本代表候補メンバー23名の発表がありました。
今回、エスパルスからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.23

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第6節

日本代表1-0バーレーン代表
得点者:
(日本)内田
(バーレーン)-
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、安田選手、 MF遠藤選手、中村憲選手、中村俊選手、本田圭選手、 FW佐藤選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、4分日本の攻撃、自陣からのフィードで裏に飛び出した佐藤選手がバーレーンペナルティ エリア内に侵入したところでサイド・モハメド・アドナン選手に倒されPKの判定。 PKを中村俊選手が蹴るがGKにセーブされ得点ならず。 19分本田圭選手にイエローカード。 39分サイド・マフムード・ジャラル・アルワダエイ選手にイエローカード。 ロスタイム日本の攻撃、バーレーンペナルティエリア正面で得たゴールまで約25mのFK、 遠藤選手が直接狙ったシュートはクロスバーを叩き、こぼれ球に詰めた本田圭選手が押し込もうと するが空振りしてしまい得点ならず。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、19分佐藤選手から山瀬選手に交代。 27分アッバス・サイード・アヤド選手からラシド・イサ・アルアラン選手に交代。 28分相手選手との交錯時に左足を痛めながらもプレーを続けていた安田選手が今野選手に交代。 33分イスマイール・アブドゥルラティフ・イスマイール選手からラシド・ジャマル・サレム選手 に交代。 35分本田圭選手から巻選手に交代。 39分サイド・モハメド・アドナン選手にイエローカード。 45分日本の攻撃、左サイドでのスローインのリスタートから中村憲選手がクロス、 一旦クリアされるがセカンドボールをダイレクトにヘッドで内田選手がゴール前に入れたボールが DFとGKの間に落ち、ワンバウンドしたボールに巻選手が走り込んだことにより相手の GKがジャンプのタイミングを失い、ボールはそのままゴールに吸い込まれ土壇場で日本がリードを 奪う。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
守備に人数を多くかけてきたバーレーンのディフェンスをなかなか崩しきることが出来ませんでした が、最後に粘りを見せてくれました。 この結果、最終戦でバーレーンを勝点で逆転し、日本が首位で3次予選を終了しました。 最終予選は更に厳しい戦いになると思いますが、課題を克服し世界に進んでくれることを 期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会決勝

清水エスパルスユース0-1(0-0、延長0-1)ジュビロ磐田ユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(6月22日)、第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会の決勝が行われ、 エスパルスユースはジュビロ磐田ユースに敗戦し、準優勝で大会を終了しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ第2節

清水エスパルスジュニアユース2-0FCジョカトーレ関
2008日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東海大会
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(6月22日)、第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ の第2戦が行われ、エスパルスジュニアユースはFCジョカトーレ関に勝利しました。 この結果、1試合を残してグループ2位以内が確定した為、決勝トーナメント進出が決まりました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ第1節

清水エスパルスジュニアユース8-0名古屋フットボールクラブ・EAST
2008日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 東海大会
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(6月21日)、第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東海大会グループリーグ の初戦が行われ、エスパルスジュニアユースは名古屋フットボールクラブ・EASTに勝利しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

2008JリーグU-13ボルケーノ第5節

清水エスパルスジュニアユース4-0エスパルスSSJY選抜
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(6月21日)、2008JリーグU-13ボルケーノでエスパルスジュニアユースの第5戦が行われ、 エスパルスジュニアユースはエスパルスSSJY選抜に勝利しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.17

第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)第7節履正社高校戦

清水エスパルスユース2-1履正社高校
中日本ユースサッカースーパーリーグ公式
一昨日(6月15日)、第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)でリーグ戦の最終戦と なる第7戦が行われ、エスパルスユースは履正社高校に勝利しました。 この結果、エスパルスユースはBブロックを1位で終了し、順位決定戦の初戦でAブロック1位の ジュビロ磐田ユースと対戦することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.16

日本代表メンバー発表

【2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ アジア3次予選】バーレーン代表戦に臨む日本代表メンバーが決定!(08.06.16)
日本サッカー協会
本日(6月16日)、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選バーレーン代表戦に臨む 日本代表メンバー25名の発表がありました。
今回、エスパルスからは高木和道選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.15

2008JリーグU-13ボルケーノ第3節・第4節

清水エスパルスジュニアユース4-6名古屋グランパスU-13
清水エスパルスジュニアユース4-2帝京大学可児中学校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
6月14日~15日、2008JリーグU-13ボルケーノでエスパルスジュニアユースの第3・4戦が行われ、 エスパルスジュニアユースは名古屋グランパスU-13に敗戦、帝京大学可児中学校に勝利しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFAプリンスリーグU-18東海2008 2部 第4節中京高校戦

清水エスパルスユース3-0中京高校
得点者:清水エスパルスユースのみ
(清水)柴原2、畑
(通算成績)3勝0分1敗、勝点9
JFAプリンスリーグU18東海2008大会事務局ホームページ
プリンスリーグ東海2部の第4節が昨日(6月14日)行われ、 エスパルスユースは中京高校に勝利しました。 この結果、勝点9で清水商業と並びましたが得失点差で上回り首位に立ちました。 まだ、混戦状態なので残り3試合全勝目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
プリンスリーグ東海とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第5節

タイ代表0-3日本代表
得点者:
(タイ)-
(日本)田中闘、中澤、中村憲
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、駒野選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、香川選手、松井選手、 FW玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、1分タイがキックオフのボールを最終ラインまで戻し、前に送ろうとしたパスをカットした 長谷部選手がそのままドリブルでペナルティエリア内に侵入しシュートを撃つがGKの正面を 突いてしまいセーブされる。 6分駒野選手にイエローカード。 18分キアトプラウット・サーイウェオ選手にイエローカード。 23分日本の左CK、遠藤選手がショートコーナーを選択し、中村俊選手が戻したボールを 遠藤選手がファーにクロス、田中闘選手がヘッドで叩きつけるシュートを決め日本先制。 25分日本がタイペナルティエリア正面左直ぐ外で得たFKで遠藤選手が直接狙ったシュートは クロスバーを叩き惜しくもゴールならず。 27分ダサコーン・トーンラオ選手にイエローカード。 39分日本の左CK、遠藤選手のクロスをマークを外した中澤選手が豪快にヘッドでゴールを決め リードを2点に広げる。 前半は日本が2点リードして終了しました。
後半、3分サラーユット・チャイカムディー選手からタナー・チャナブット選手に交代。 10分松井選手にイエローカード。 20分スリー・スカ選手にイエローカード。 25分中村俊選手から中村憲選手、松井選手から矢野選手に交代。 27分チャイウット・ワッタナ選手からニルット・スラシアン選手に交代。 38分香川選手から今野選手に交代。 41分ピシットポン・チェイチュー選手からスティー・スックソムギット選手に交代。 43分日本の攻撃、日本が中盤で得たFKのリスタート、田中闘選手が左サイドに展開した ボールを受けた駒野選手が中央にドリブルで切り込みながらDFのチェックをかわして裏のスペース へパス、オフサイドラインぎりぎりから抜け出した中村憲選手がGKの右を抜くシュートを豪快に 決め駄目押しとなる3点目のゴールが入る。 ロスタイムニルット・スラシアン選手にイエローカード。 ロスタイムカウンターからパスを繋ぎ最後タイペナルティエリア内に侵入した矢野選手がシュートを 撃つが僅かにゴール左に外れる。 試合は直後に終了し日本が勝利しました。
後半に運動量が落ちタイに押し込まれイージーミスからピンチを招く場面もありましたが無失点で 抑え、タイに勝利してくれました。 同日行われたバーレーン-オマーン戦が引き分けで終了した為、1試合を残して日本の グループ2位以上が確定し最終予選進出が決定しました。 3次予選の最終戦はグループ1位を賭けてバーレーンと対戦することになりました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.13

国際親善試合U-23日本代表対U-23カメルーン代表

U-23日本代表0-0U-23カメルーン代表
得点者:
(日本)-
(カメルーン)-
日本は GK西川選手、 DF森重選手、水本選手、吉田選手、田中選手、 MF本田拓選手、梶山選手、梅崎選手、谷口選手、本田圭選手、 FW森本選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、9分日本の攻撃、自陣左サイド深い位置からのFKで西川選手のロングフィードを繋ぎ 右サイドで受けた梅崎選手が入れた早いクロスを裏にフリーで抜け出した森本選手が右足で合わすが ヒットし切れず枠を外れ惜しくもゴールならず。 23分バニング選手にイエローカード。 25分左サイドで突破を仕掛けた田中選手のクロスを梅崎選手がボレーで合わすがGKの好セーブで 防がれる。 27分森本選手にイエローカード。 30分カメルーンの右CK、ムカンジョ選手のクロスがニアでワンバウンドしファーに抜け、 高さで競り勝ったケンド選手に至近距離からヘディングシュートを撃たれるが西川選手が右手1本で 弾き、左ポストを叩いたボールを西川選手が押さえ込みピンチを逃れる。 前半は両チーム無得点で終了しました。
ハーフタイムバニング選手からエワネ選手、マッジョ選手からオレオレ選手、ムカンジョ選手から ベカメンガ選手に交代。
後半、7分ケンド選手からムボア選手に交代。 18分森本選手から李選手に交代。 18分ポコン選手からヌガル選手に交代。 22分梅崎選手から水野選手に交代。 27分マンジェク選手にイエローカード。 31分梶山選手から上田選手、谷口選手からエスクデロ選手に交代。 36分ヌドゥム選手からヌジャンベ選手に交代。 37分森重選手から伊野波選手に交代。 37分メンドモ選手にイエローカード。 38分日本の攻撃、日本がカメルーンペナルティエリア正面左で得たFK、サインプレーで 水野選手が壁の裏に入れたクロスに李選手が飛び込むが僅かに触れずGKにキャッチされる。 40分日本の攻撃、右サイド水野選手のクロスを李選手がヘッドで落としたボールをニアで フリーの伊野波選手がシュートにいくがディフェンスにブロックされ惜しくもゴールならず。 42分本田拓選手から青山敏選手に交代。 ロスタイムエワネ選手にイエローカード。 ロスタイム日本の攻撃、日本がカメルーンペナルティエリア直ぐ外正面左で得たFK、 水野選手が直接狙ったシュートはGKが僅かに触りクロスバーを叩き、残念ながらラストチャンスを 生かせず直後にタイムアップとなりスコアレスドローで試合は終了しました。
ディフェンスが高い集中力でカメルーンを無失点に抑えきりましたが、オフェンスが 最後まで決定機を生かし切れず、課題を残したまま五輪メンバー発表前の最後の試合を 終了しました。 7月にどの様なメンバーが発表されるのか、今から非常に気になりますが、楽しみに 待ちたいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11

第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008・3位決定戦

【第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008】U-16日本代表、ロシアとの接戦を制し、大会を3位で終える(08.06.11)
日本サッカー協会
昨日(6月10日)、U-16日本代表のウクライナ遠征で参加した第7回バニコフ記念国際ユース トーナメント2008の3位決定戦が行われ、U-16日本代表はU-16ロシア代表に勝利し、3位で 大会を終了しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.10

第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会準決勝

清水エスパルスユース2-1名古屋グランパスエイトU-18
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
一昨日(6月8日)、第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会の準決勝が行われ、 エスパルスユースは名古屋グランパスエイトU-18に勝利し、決勝に進むと共に 全国大会への進出が決定しました。 尚、決勝の対戦相手はジュビロ磐田ユースです。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008JリーグU-13ボルケーノ第2節

清水エスパルスジュニアユース3-1常葉学園橘中・高等学校(中等部)サッカー部
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
一昨日(6月8日)、2008JリーグU-13ボルケーノでエスパルスジュニアユースの第2戦が行われ、 エスパルスジュニアユースは常葉学園橘中・高等学校(中等部)サッカー部に勝利しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008グループステージ第3戦

【第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008】U-16日本代表、スロバキアに快勝し3位決定戦へ(08.06.10)
日本サッカー協会
昨日(6月9日)、U-16日本代表のウクライナ遠征で参加した第7回バニコフ記念国際ユース トーナメント2008グループステージの第3戦(最終戦)が行われ、U-16日本代表は U-16スロバキア代表に勝利しました。 この結果、日本はグループステージを2位で終了し、3位決定戦に回りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.09

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報24

本日(6月9日)、今シーズンにガンバ大阪から完全移籍したフェルナンジーニョ選手が 京都サンガF.C.に期限付移籍(移籍期間2008.6.13~2009.1.1)することになった旨の発表が エスパルスオフィシャルよりありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 山崎光太郎強化部スカウト担当
  ←ヴァンフォーレ甲府(引退)
 横山貴之ジュニアユース(U-14)監督
  ←セレッソ大阪U-13監督
 加藤慎一郎ジュニアユーステクニカルディレクター
  ←清水エスパルスジュニアユース(U-15)監督
 岩下潤ジュニアユース(U-15)監督
  ←清水エスパルスユースコーチ
 杉本龍勇ユース&ジュニアユースフィジカルコーチ
  注)トップチームフィジカルコーチと兼任
 大榎克己ユース監督
  ←早稲田大学ア式蹴球部監督
 伊藤悠ユースアシスタントコーチ
  ←早稲田大学ア式蹴球部GKコーチ
 渡邉一平ユースコーチ
  ←日本大学サッカー部コーチ
 久保山由清ジュニアユース(U-13)監督
  ←清水エスパルス(引退)
 羽田敬介ユースGKコーチ
  ←愛媛FC(引退)
 長谷川健太監督
  ←契約延長(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)、尚、2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 児玉 新選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
MF
 マルコス パウロ選手 横浜FC
  (完全移籍)
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 マルコス アウレリオ選手 サントスFC/ブラジル
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.1)
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 行徳浩二ユース監督
  →ブータン代表監督
   (契約期間2008.4.16~2009.1.31)
 眞田雅則ユースGKコーチ
  →ジェフユナイテッド市原・千葉GKコーチ
 久米一正常務取締役、強化育成本部長 退任
  →名古屋グランパス・チーム統括部GM
GK
 現時点で発表なし
DF
 斉藤俊秀選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍期間延長2008.2.1~2009.1.31)
 和田拓三選手 東京ヴェルディ1969
  (横浜FC期限付移籍→東京ヴェルディ1969
   期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
 平岡康裕選手 コンサドーレ札幌
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
MF
 フェルナンジーニョ選手 京都サンガF.C.
  (期限付移籍2008.6.13~2009.1.1)
 平松康平選手 FC琉球
  (移籍リスト登録→完全移籍)
 太田圭輔選手 柏レイソル
  (期限付移籍→完全移籍)
 杉山浩太選手 柏レイソル
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
FW
 財津俊一郎選手
  FCガンジュ岩手(岩手社会人3部)
  (移籍リスト登録→完全移籍)
 曺宰溱(チョ ジェジン)選手
  全北現代モータース(完全移籍)
 アンデルソン選手 横浜FC
  (清水エスパルス期限付移籍期間満了
    →サガン鳥栖契約期間満了→横浜FC)
 鈴木真司選手
  HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍
    →HOYO Atletico ELAN完全移籍)

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節ジュビロ磐田戦

ジュビロ磐田2-0清水エスパルス
得点者:
(磐田)カレン、ジウシーニョ
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF岩下選手、廣井選手、青山選手、山西選手、 MF伊東選手、山本真選手、藤本選手、枝村選手、 FW西澤選手、原選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、36分磐田の攻撃、右サイド松浦選手からのクロスをクリアしようとしたGKとDFが 交錯しそうになりクリアが一瞬遅れ、走り込んだカレン選手にヘッドでゴールを決められ磐田に 先制を許す。 44分磐田の攻撃、中盤でミスからボールをカットされ、カウンターからジウシーニョ選手に シュートを決められる。 前半は2点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム山本真選手から本田選手に交代。
後半、14分岩下選手にイエローカード。 15分磐田船谷選手から犬塚選手に交代。 34分原選手から大前選手に交代。 43分枝村選手から兵働選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
予選リーグ最終戦のダービーで悔しい敗戦を喫しました。 勝点でFC東京に並ばれ、得失点差を前節の6から2まで縮められましたが、 何とかグループ1位を維持し決勝トーナメント進出を決めてくれました。 後半、本田選手を投入しダブルボランチで守備的な戦いをしたのも、更に失点しグループ2位に 下がった場合に予選リーグ突破が危うくなるとの判断からだったと思うので理解は出来ます。 しかし、やはりダービーは攻撃的な采配で勝利し、予選リーグ突破を決めてほしかったというのも 偽らざる気持ちです。 何れにしても次に繋ぐことは出来ましたのでタイトル目指して頑張ってほしいと思います。 尚、準々決勝の対戦相手は鹿島に決定しました。
これでしばらく中断期間に入りますが、勝点3が取れる試合が出来る様に補強も含めて 最大限の準備を中断期間中にしてくれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第4節

オマーン代表1-1日本代表
得点者:
(オマーン)アハメド・ムバラク
(日本)遠藤(PK)
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、駒野選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、松井選手、 FW大久保選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、12分オマーンの攻撃、オマーンが日本ペナルティエリア右で得たFK、クロスの 競り合いでのこぼれた球をカリファ・アイル選手が戻したボールをアハメド・ムバラク選手に ミドルシュートを決められオマーン先制。 25分ファウジ・ドゥールビーン選手にイエローカード。 33分中村俊選手からのクロスを大久保選手がドンピシャのタイミングでジャンピングヘッドで 合わすがGKに片手1本でクリアされ惜しくもゴールならず。 前半は1点のビハインドで終了しました。
ハーフタイムモハメド・ムバラク選手からナビル・アシュル選手に交代。
後半、7分日本の攻撃、中盤で長谷部選手が厳しいチェックから相手ボールを奪って前線にドリブル で持ち上がり玉田選手にパス、オマーンペナルティエリア内に侵入した玉田選手がアハメド・ハディ ド選手に倒されPKの判定、PKを遠藤選手が落ち着いて決め同点に追いつく。 12分駒野選手のクリアが相手選手に当たり日本ペナルティエリア手前にいたハシム・サレハ選手に 渡る、そのままペナルティエリア内に侵入したハシム・サレハ選手を田中闘選手が倒したと判定 されPK、ファウジ・ドゥールビーン選手のPKを楢崎選手が見事に止めてピンチを救う。 20分中村俊選手の強烈なミドルシュートはGKの好セーブで防がれる。 24分アハメド・ムバラク選手からモハメド・アルマシャキ選手に交代。 28分玉田選手のクロスで飛び込んだ大久保選手がGKと交錯後、GKを足で蹴ってしまい 一発レッドで退場となる。その後の小競合いでカリファ・アイル選手が松井選手を手で突いて 倒しカリファ・アイル選手もレッドカードで退場。また、田中闘選手にイエローカードが出る。 33分松井選手から山瀬選手に交代。 40分ファウジ・ドゥールビーン選手からユーニス・ムバラク選手に交代。 ロスタイム玉田選手から矢野選手、内田選手から今野選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
厳しい環境の中、楢崎選手のPKを止めるビッグプレーもあり、前半のビハインドを良く追いついて 引き分けてくれました。 残り2試合を3位のオマーンに勝点3差をつけて臨めることは非常に有利だと思いますが、 最後まで何があるか分からないので次のタイ戦も含めて2連勝でグループ首位を目指して 頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008グループステージ第1戦・第2戦

【第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008】U-16日本代表、終了間際の2ゴールでポーランドと引き分ける(08.06.07)
日本サッカー協会
6月6日~7日、U-16日本代表のウクライナ遠征で参加した第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント 2008グループステージの2試合が行われ、U-16日本代表はU-16トルコ代表に敗戦、 U-16ポーランド代表に引き分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.06

JFAエリートプログラムU-14メンバー発表

JFAエリートプログラム U-14トレーニングキャンプ (6/11~15)メンバー(08.06.06)
日本サッカー協会
本日(6月6日)、トレーニングキャンプに参加するJFAエリートプログラムU-14 メンバーが発表されました。
今回、エスパルスジュニアユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

U-23日本代表メンバー発表

【U-23日本代表 vs U-23カメルーン代表】U-23日本代表メンバー発表
J's GOAL
本日(6月5日)、国際親善試合U-23カメルーン代表戦に臨むU-23日本代表メンバー21名の発表が ありました。
今回、エスパルスからは山本海人選手、青山直晃選手、本田拓也選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

掛川選手全治2週間

本日(6月4日)、以前から左膝に痛みをかかえていた掛川選手が精密検査の結果、 左膝外側半月板損傷と診断され、全治まで2週間を要する見込みとの発表が エスパルスオフィシャルからありました。
既に処置が行われたとのことなので1日でも早い復帰を願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

岡崎選手全治4週間

本日(6月3日)、トゥーロン国際大会で右足を負傷した岡崎選手が精密検査の結果、 右足関節脛腓靱帯損傷および右膝外側半月板損傷と診断され、全治まで4週間を要する見込みとの 発表がエスパルスオフィシャルからありました。
負傷後も代表の遠征に帯同していたので軽症だったのかと安心していましたが、思っていた以上の 重症で驚きました。 とにかく今は焦らず治療し早期復帰してくれることを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表に高木和道選手追加招集

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】日本代表 高木和道選手を追加招集(08.06.03)
日本サッカー協会
本日(6月3日)、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選オマーン代表戦及びタイ代表戦 に臨む日本代表にエスパルスから高木和道選手が追加招集されることが発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第3節

日本代表3-0オマーン代表
得点者:
(日本)中澤、大久保、中村俊
(オマーン)-
日本は GK楢崎選手、 DF駒野選手、中澤選手、田中闘選手、長友選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、松井選手、 FW大久保選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、10分日本の左CK、田中闘選手がニアにマークを引き付けて動き、空いたスペースへの 遠藤選手の絶妙なクロスを中澤選手がマークに付かれながらもヘッドで合わしてゴールし日本先制。 22分日本の攻撃、右サイドハーフウェーライン手前でパスを受けた中村俊選手が裏のスペースに ロングフィードを送り、落下点に先に追いついた田中闘選手がヘッドで落としたボールにフリーで 走り込んだ大久保選手がゴール左にシュートを決めリードを2点に広げる。 29分モハメド・アルムシャイヒ選手にイエローカード。 31分長谷部選手にイエローカード。 34分松井選手が右サイドからGKとDFラインの間に絶妙なクロスを入れるがFW2人が僅かに 触れず惜しくもゴールならず。 36分ハサン・マダファル選手にイエローカード。 前半は日本が2点リードして終了しました。
後半、4分日本の攻撃、左サイド中盤の長友選手が前線に出したパスを松井選手が相手選手と 競りながら奪いオマーンペナルティエリア正面にいた中村俊選手にパス、パスを受けた 中村俊選手がフェイントでディフェンスをかわすと右足でシュートをゴール左に見事に決める。 10分モハメド・アルムシャイヒ選手からハイサム・ハミス選手に交代。 11分エマド・アルホスニ選手にイエローカード。 27分大久保選手から香川選手に交代。 30分モハメド・ムバラク選手からハサン・ラビア選手に交代。 34分玉田選手から巻選手に交代。 38分長友選手から今野選手に交代。 39分香川選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し勝利しました。
4連戦の初戦でグループ2位以内を争う当面のライバルを倒し、貴重な勝点3を獲得して くれました。 次のアウェー戦ではオマーンも更に厳しく来るでしょうから、より強い気持ちを持って 戦ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

2008JリーグU-14ボルケーノ第2節

清水エスパルスジュニアユース0-1ジュビロ磐田ジュニアユース
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(6月1日)、2008JリーグU-14ボルケーノでエスパルスジュニアユースの第2戦が行われ、 ジュビロ磐田ジュニアユースと対戦したエスパルスジュニアユースは敗戦しました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会1回戦

清水エスパルスユース6-0FC.フェルヴォール愛知
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(5月31日)、第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会の1回戦が行われ、 エスパルスユースはFC.フェルヴォール愛知に勝利し、準決勝に進みました。 準決勝の対戦相手は名古屋グランパスエイトU-18です。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーウェーブカップ静岡県U-15サッカーチャンピオンシップ2008

清水エスパルスジュニアユース1-0東海大学付属翔洋中学校
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
昨日(5月31日)、フリーウェーブカップ静岡県U-15サッカーチャンピオンシップ2008の チャンピオンシップが行われ、中体連チームの部優勝の東海大学付属翔洋中学校と対戦した クラブチームの部優勝のエスパルスジュニアユースは勝利し、チャンピオンシップを制し ました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節FC東京戦

FC東京1-1清水エスパルス
得点者:
(F東京)ブルーノ・クアドロス
(清水)藤本
清水は GK西部選手、 DF岩下選手、廣井選手、高木和選手、山西選手、 MF山本真選手、高木純選手、兵働選手、枝村選手、 FW西澤選手、原選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、8分F東京の攻撃、左サイド裏に抜けた羽生選手からのクロスをブルーノ・クアドロス選手 にボレーで合わされゴールを許しF東京先制。 前半は1点のビハインドで終了しました。
ハーフタイム高木純選手から藤本選手に交代。
後半、12分西澤選手からマルコス・アウレリオ選手に交代。 20分F東京エメルソン選手から石川選手に交代。 23分F東京佐原選手にイエローカード。 29分F東京カボレ選手から赤嶺選手に交代。 35分兵働選手から大前選手に交代。 36分F東京ブルーノ・クアドロス選手から茂庭選手に交代。 41分F東京佐原選手がこの試合2枚目のイエローカードを受け退場。 43分マルコス・アウレリオ選手にイエローカード(累積2枚目で次節出場停止)。 43分清水の攻撃、F東京ペナルティエリア正面やや右で得たゴールまで約30mの直接FKで 藤本選手が入れたクロスがゴール前の競り合いで誰も触れずそのまま後方に抜ける、GKの前で ワンバウンドしたボールはそのままゴールに吸い込まれ土壇場で同点に追いつく。 試合はそのまま終了し引き分けました。
入団2年目の廣井選手の嬉しいプロデビューとなったこの試合で、試合終了間際に同点に追いつく 劇的な展開で2位のFC東京と引き分け、勝点3差を維持したまま予選リーグ最終戦に 臨むことになりました。得失点差で6上回っていることを考慮しても予選リーグ突破に相当有利な 状況であることは間違いありませんが、最後まで気を引き締めて戦ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »