« 第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会決勝 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »

2008.06.23

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第6節

日本代表1-0バーレーン代表
得点者:
(日本)内田
(バーレーン)-
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、安田選手、 MF遠藤選手、中村憲選手、中村俊選手、本田圭選手、 FW佐藤選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、4分日本の攻撃、自陣からのフィードで裏に飛び出した佐藤選手がバーレーンペナルティ エリア内に侵入したところでサイド・モハメド・アドナン選手に倒されPKの判定。 PKを中村俊選手が蹴るがGKにセーブされ得点ならず。 19分本田圭選手にイエローカード。 39分サイド・マフムード・ジャラル・アルワダエイ選手にイエローカード。 ロスタイム日本の攻撃、バーレーンペナルティエリア正面で得たゴールまで約25mのFK、 遠藤選手が直接狙ったシュートはクロスバーを叩き、こぼれ球に詰めた本田圭選手が押し込もうと するが空振りしてしまい得点ならず。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、19分佐藤選手から山瀬選手に交代。 27分アッバス・サイード・アヤド選手からラシド・イサ・アルアラン選手に交代。 28分相手選手との交錯時に左足を痛めながらもプレーを続けていた安田選手が今野選手に交代。 33分イスマイール・アブドゥルラティフ・イスマイール選手からラシド・ジャマル・サレム選手 に交代。 35分本田圭選手から巻選手に交代。 39分サイド・モハメド・アドナン選手にイエローカード。 45分日本の攻撃、左サイドでのスローインのリスタートから中村憲選手がクロス、 一旦クリアされるがセカンドボールをダイレクトにヘッドで内田選手がゴール前に入れたボールが DFとGKの間に落ち、ワンバウンドしたボールに巻選手が走り込んだことにより相手の GKがジャンプのタイミングを失い、ボールはそのままゴールに吸い込まれ土壇場で日本がリードを 奪う。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
守備に人数を多くかけてきたバーレーンのディフェンスをなかなか崩しきることが出来ませんでした が、最後に粘りを見せてくれました。 この結果、最終戦でバーレーンを勝点で逆転し、日本が首位で3次予選を終了しました。 最終予選は更に厳しい戦いになると思いますが、課題を克服し世界に進んでくれることを 期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会決勝 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/41622884

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第6節:

« 第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会東海大会決勝 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »