« 第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008グループステージ第1戦・第2戦 | トップページ | 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節ジュビロ磐田戦 »

2008.06.08

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第4節

オマーン代表1-1日本代表
得点者:
(オマーン)アハメド・ムバラク
(日本)遠藤(PK)
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、田中闘選手、駒野選手、 MF長谷部選手、遠藤選手、中村俊選手、松井選手、 FW大久保選手、玉田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、12分オマーンの攻撃、オマーンが日本ペナルティエリア右で得たFK、クロスの 競り合いでのこぼれた球をカリファ・アイル選手が戻したボールをアハメド・ムバラク選手に ミドルシュートを決められオマーン先制。 25分ファウジ・ドゥールビーン選手にイエローカード。 33分中村俊選手からのクロスを大久保選手がドンピシャのタイミングでジャンピングヘッドで 合わすがGKに片手1本でクリアされ惜しくもゴールならず。 前半は1点のビハインドで終了しました。
ハーフタイムモハメド・ムバラク選手からナビル・アシュル選手に交代。
後半、7分日本の攻撃、中盤で長谷部選手が厳しいチェックから相手ボールを奪って前線にドリブル で持ち上がり玉田選手にパス、オマーンペナルティエリア内に侵入した玉田選手がアハメド・ハディ ド選手に倒されPKの判定、PKを遠藤選手が落ち着いて決め同点に追いつく。 12分駒野選手のクリアが相手選手に当たり日本ペナルティエリア手前にいたハシム・サレハ選手に 渡る、そのままペナルティエリア内に侵入したハシム・サレハ選手を田中闘選手が倒したと判定 されPK、ファウジ・ドゥールビーン選手のPKを楢崎選手が見事に止めてピンチを救う。 20分中村俊選手の強烈なミドルシュートはGKの好セーブで防がれる。 24分アハメド・ムバラク選手からモハメド・アルマシャキ選手に交代。 28分玉田選手のクロスで飛び込んだ大久保選手がGKと交錯後、GKを足で蹴ってしまい 一発レッドで退場となる。その後の小競合いでカリファ・アイル選手が松井選手を手で突いて 倒しカリファ・アイル選手もレッドカードで退場。また、田中闘選手にイエローカードが出る。 33分松井選手から山瀬選手に交代。 40分ファウジ・ドゥールビーン選手からユーニス・ムバラク選手に交代。 ロスタイム玉田選手から矢野選手、内田選手から今野選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
厳しい環境の中、楢崎選手のPKを止めるビッグプレーもあり、前半のビハインドを良く追いついて 引き分けてくれました。 残り2試合を3位のオマーンに勝点3差をつけて臨めることは非常に有利だと思いますが、 最後まで何があるか分からないので次のタイ戦も含めて2連勝でグループ首位を目指して 頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008グループステージ第1戦・第2戦 | トップページ | 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節ジュビロ磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/41464529

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第4節:

« 第7回バニコフ記念国際ユーストーナメント2008グループステージ第1戦・第2戦 | トップページ | 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節ジュビロ磐田戦 »