« U-16日本代表メンバー発表 | トップページ | 第36回トゥーロン国際大会グループステージ第3戦 »

2008.05.25

キリンカップサッカー2008コートジボワール代表戦

日本代表1-0コートジボワール代表
得点者:
(日本)玉田
(コートジボワール)-
日本は GK楢崎選手、 DF駒野選手、中澤選手、田中闘選手、長友選手、 MF長谷部選手、今野選手、遠藤選手、松井選手、 FW玉田選手、大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、15分日本の左CK、遠藤選手のクロスを大久保選手が押し込もうとするがゴールライン上に いたDFにクリアされ惜しくもゴールならず。 20分日本の攻撃、今野選手が右サイド裏のスペースに出したパスを長谷部選手が走り込んで受け、 大久保選手がニアに動きディフェンス2人を引き付けながら空けたファーのスペースにフリーで 玉田選手が走り込み、長谷部選手から出されたクロスを玉田選手がボレーでゴールし日本先制。 終盤運動量が落ちた日本がミスからピンチを招く場面もありましたが、前半は日本が1点リードして 終了しました。
後半、14分コートジボワールが日本ペナルティエリア正面左で得たFK、ボカ選手が直接ゴールを 狙った低い弾道のシュートに楢崎選手が一瞬逆を取られそうになるが立て直して弾きゴールを守る。 21分ドメル選手からロロ選手に交代。 29分玉田選手から矢野選手、松井選手から香川選手に交代。 29分アカレ選手からトラオレ選手に交代。 35分ゾコラ選手にイエローカード。 37分ファエ選手からドゥンビア選手に交代。 44分コートジボワールが日本ペナルティエリア内に入れたロングフィードのクリアを ドゥンビア選手にフリーでシュートされるが楢崎選手が何とか触りボールは右ポストを叩き ピンチを逃れる。 試合はそのまま終了し勝利しました。
後半はプレッシャーを強めたコートジボワールに日本はほとんど決定機を作れなくなり、 逆にかなり押し込まれ多くのピンチを招きましたが何とか1点を守り切り勝利してくれました。 ワールドカップ予選まで残るテストマッチは1試合ですが、今日の課題を次戦どれだけ修正できるか 注目したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« U-16日本代表メンバー発表 | トップページ | 第36回トゥーロン国際大会グループステージ第3戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/41311217

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップサッカー2008コートジボワール代表戦:

« U-16日本代表メンバー発表 | トップページ | 第36回トゥーロン国際大会グループステージ第3戦 »