« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

2008年J1第3節大宮アルディージャ戦

清水エスパルス0-0大宮アルディージャ
得点者:
(清水)-
(大宮)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW矢島選手、西澤選手 というスタメンで試合に臨みました。 怪我で離脱していた市川選手が復帰し、同じく怪我でU-23日本代表を離脱した本田選手も この試合に間に合いました。
前半は決定機を決められず、両チーム無得点で終了しました。
後半、19分大宮吉原選手から土岐田選手に交代。 23分西澤選手から岡崎選手に交代。 32分藤本選手から枝村選手に交代。 40分大宮内田選手から斉藤選手に交代。 43分フェルナンジーニョ選手からマルコス・アウレリオ選手に交代。 44分大宮ペナルティエリア内でパスを受けたマルコス・アウレリオ選手が倒されPKの判定、 PKをマルコス・アウレリオ選手自身が蹴るがGKのやや左を突いたボールは弾かれ得点ならず。 ロスタイム大宮小林大選手から金澤選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
ディフェンスの踏ん張りで無失点に抑えましたが、決定機を決められず引き分けとなり、 勝点3を獲得することは出来ませんでした。 しかし、中2日で浦和戦が来ますので、時間は余りありませんが 少しでも良い準備をして勝利を目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第13回NIKKEI杯沖縄県高校招待サッカー大会

【第13回 NIKKEI杯 沖縄県高校招待サッカー大会】U-18JFA選抜が準決勝進出!(08.03.29)
【第13回 NIKKEI杯 沖縄県高校招待サッカー大会】U-18JFA選抜がPK戦の末に優勝!(08.03.30)
日本サッカー協会
3月29日~30日、U-18JFA選抜が参加した第13回NIKKEI杯沖縄県高校招待サッカー大会が 行われ、U-18JFA選抜が優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

国際親善試合U-23日本代表対アンゴラ代表

U-23日本代表1-1アンゴラ代表
得点者:
(日本)豊田
(アンゴラ)ジャンジ
日本は GK西川選手、 DF青山直選手、伊野波選手、森重選手、 MF細貝選手、青山敏選手、長友選手、梅崎選手、上田選手、 FW李選手、豊田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、15分日本の左CK、梅崎選手のクロスを豊田選手が僅かに合わせきれずゴールならず。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、8分日本の攻撃、右サイドで得たスローインを深い位置で受けた長友選手が GKとDFラインの間のスペースにグラウンダーのクロス、豊田選手がDFのマークを 外してからそのスペースにフリーで飛び込み冷静に左足でゴール右隅にシュートを決め日本先制。 10分ミングイト選手からトゥンガ選手に交代。 11分マテウス選手からジャンジ選手に交代。 14分エジソン選手からジウデ選手に交代。 17分青山敏選手がメンドンサ選手を後ろから蹴ってしまいイエローカード。 20分ジウデ選手が青山敏選手を倒しイエローカード。 22分豊田選手から興梠選手に交代。 26分梅崎選手から香川選手に交代。 28分ゼ・カランガ選手からサンタナ選手に交代。 29分青山敏選手から中山選手に交代。 31分アンゴラの攻撃、アンゴラのゴールキックで日本エンド左に入れたロングフィードをヘッドで 繋がれ、受けたマヌーチョ選手がDF2人を振り切りペナルティエリア内に侵入し、DFと 競って潰れながらもゴール前にクロス、このボールをフリーで走り込んだジャンジ選手にゴールに 押し込まれ同点に追いつかれる。 32分左サイドから香川選手のパスをアンゴラペナルティエリア内で李選手が落とし、興梠選手 がシュートしたボールは僅かにゴール上に外れる。 33分マヌーチョ選手からベナ選手に交代。 37分メンドンサ選手からエドゥアルド選手に交代。 38分青山直選手から田中選手に交代。 43分李選手から岡崎選手に交代。 ロスタイム右サイド伊野波選手からの楔をアンゴラゴール前でDFを背負いながら受けた岡崎選手が ワントラップでボールを落とすと反転してシュート、GK正面を突いてしまいキャッチされる。 ロスタイム上田選手のスルーパスを左サイド裏のスペースで受けた香川選手が角度のない位置から 撃ったシュートはGKに弾かれる。 ロスタイム左サイドから香川選手が撃ったミドルシュートはGKのパンチングでゴールならず。 直後に試合は終了し引き分けで終了しました。
フル代表のアンゴラはコンディションは万全でなかったかもしれませんが、一瞬でトップ スピードに乗りDFを抜き去るプレーや日本が完全に裏に抜けたと思われた時にDFが 追いついて対応されてしまうプレーなど身体能力の高さの片鱗を見せてくれました。 本番で当たる可能性があるアフリカのチームを想定したチームとの試合としてはレベルの高い マッチメイクだったと思います。 今後はまず5月のトゥーロン国際大会が本番を想定した次の強化機会ですが、 少ない試合を有効に利用して本番に繋げていってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第2節

バーレーン代表1-0日本代表
得点者:
(バーレーン)アラー・フバイル
(日本)-
日本は GK川口選手、 DF阿部選手、中澤選手、今野選手、 MF鈴木選手、中村憲選手、駒野選手、山瀬選手、安田選手、 FW巻選手、大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、12分アブドラ・ババ・ファタディ選手がFK時の距離不足でイエローカード。 38分サイド・モハメド選手からのクロスを川口選手がファンブルし、イスマイル・ハサン選手に 押し込まれそうになるが川口選手が身体を張ってこれをブロックし事なきを得る。 42分サイド・ジャラル選手が鈴木選手をタックルで倒しイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、3分左サイドのサルマン・イサ選手からのクロスを川口選手がキャッチミス、 こぼれ球を今野選手がクリアしたボールをアブドラ・オマル選手がダイレクトで狙ったシュートは クロスバーを叩き難を逃れる。 11分山瀬選手から遠藤選手に交代。 14分阿部選手がアラー・フバイル選手をタックルで倒してしまいイエローカード。 25分相手ボールを自陣でカットし速攻を仕掛け、右サイドから裏に抜けた駒野選手のアーリー クロスを大久保選手がジャンピングヘッドで押し込もうとするが僅かに触れず。 27分安田選手から山岸選手に交代。 32分サルミーン選手からハマド・ラケア選手に交代。 32分バーレーンの攻撃、自陣左サイドで得たFKのリスタートからロングフィードを 日本ペナルティエリア左に入れ、このボールをトラップしたイスマイル・ハサン選手がゴール ラインぎりぎり手前からクロス、川口選手がパンチングで前にクリアするがクリアが小さく、 詰めていたアラー・フバイル選手にヘディングシュートでゴールされバーレーンに先制を許す。 36分サルマン・イサ選手からファウジ・アイシュ選手に交代。 37分阿部選手から玉田選手に交代。 38分ハマド・ラケア選手が駒野選手の突破を手で引っ張って止めイエローカード。 42分イスマイル・ハサン選手からアルダキール選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
バーレーンは守備に比較的人数をかけ、厳しいチェックで日本の攻撃を自由にさせず、 攻撃ではシンプルにロングフィードで裏を狙うという戦術を取ってきました。 日本はミスもあり、なかなか決定機を作り出すことが出来ず、バーレーンのロングフィードから 試合を決めるゴールを上げられてしまいました。 グループ2位でも最終予選に進出できるとはいえ、痛い敗戦を喫しました。 この敗戦を次に引き摺らない為にも、6月からの4連戦に備えリーグ戦でコンディションを 上げていってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会決勝・順位決定戦

【第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会】日本高校選抜、3位決定戦で惜敗(08.03.25)
日本サッカー協会
Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
一昨日(3月24日)、日本高校選抜が参加した第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会が 最終日を迎え、決勝及び順位決定戦が行われました。
3・4位決定戦に回った日本高校選抜はチーム・ティチーノ(スイス)に PK戦で敗戦し、4位で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、優勝はFCバーゼルに勝利したスポルティング・リスボンが手にしました。
エスパルスから参加している大前選手はこの試合でも1ゴールを上げた模様です。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36回モンテギュー国際大会順位決定戦

【第36回モンテギュー国際大会2008】U-16日本代表、メキシコ代表に敗れ6位で大会を終える(08.03.24)
日本サッカー協会
36ème Mondial Minimes
一昨日(3月24日)、フランス遠征中のU-16日本代表が参加した第36回モンテギュー国際大会が 最終日を迎え、順位決定戦が行われました。
5・6位決定戦に回ったU-16日本代表はU-16メキシコ代表に敗戦し、6位で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、決勝はU-16イングランド代表がPK戦でU-16フランス代表に勝利し、優勝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本田選手U-23日本代表から離脱

【国際親善試合 ~北京で勝つための戦いが、始まる。~】U-23日本代表vsアンゴラ戦 U-23日本代表 本田拓也選手が離脱・中山博貴選手追加招集(08.03.24)
日本サッカー協会
U-23日本代表に招集された本田選手が先日のナビスコカップの負傷の影響でU-23日本代表から 離脱した旨の発表が日本サッカー協会からありました。 怪我の状態についてエスパルスオフィシャルから現時点で まだ発表はありませんが少しでも軽症であることを願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

ココログメンテナンス

ココログ(ベーシック/プラス/プロ)のデータベース効率改善を目的としたメンテナンスが 明日(3月25日)15:00~3月26日 11:00のスケジュールで実施される旨のアナウンスが ありました。
予定通り行われますとメンテナンス中はこちらからの記事の投稿と共にこちらの記事への トラックバックとコメントが出来なくなりますので予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会決勝トーナメント準決勝

【第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会】日本高校選抜、準決勝でFCバーゼルに敗れる(08.03.24)
日本サッカー協会
昨日(3月23日)、日本高校選抜が参加した第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会 決勝トーナメント準決勝が行われ、日本高校選抜はFCバーゼルに PK戦で敗戦し、残念ながら3・4位決定戦に回ることになりました。
エスパルスから参加している大前選手はグループリーグのASローマ戦で1ゴールし、 この試合でも2ゴールを上げた模様です。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節東京ヴェルディ戦

東京ヴェルディ0-0清水エスパルス
得点者:
(清水)-
(東京V)-
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW矢島選手、西澤選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、26分東京V飯尾選手から井上選手に交代。 32分西澤選手から枝村選手に交代。 40分フェルナンジーニョ選手からマルコス・アウレリオ選手に交代。 42分東京V廣山選手から河野選手に交代。 ロスタイム負傷した本田選手から岩下選手に交代。 試合はスコアレスドローで終了しました。
アウェーで勝点1を獲得し、2戦終了後も2位に勝点1差をつけグループ1位を守りました。 厳しい試合が続きますが、とにかくタイトル獲得を目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DENSO CUP SOCCER 第5回大学日韓(韓日)定期戦

【DENSO CUP SOCCER 第5回大学日韓(韓日)定期戦】全日本大学選抜チームが全韓国大学サッカー選抜チームに逆転勝利!(08.03.24)
日本サッカー協会
昨日(3月23日)、DENSO CUP SOCCER 第5回大学日韓(韓日)定期戦が行われ、 全日本大学選抜チームが全韓国大学サッカー選抜チームに勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月23日)

【2008サニックス杯国際ユースサッカー大会】U-16日本代表、3ゴールで星稜高校に快勝!(08.03.23)
日本サッカー協会
グローバルアリーナ
昨日(3月23日)、2008サニックス杯国際ユースサッカー大会決勝トーナメント最終日を迎え、 予選リーグ1、2位の8チームで争われるサニックス杯に回ったU-16日本代表の1試合が 行われました。
7位決定戦に回ったU-16日本代表は星稜高校に勝利し、7位で大会を終了しました。 尚、サニックス杯決勝は東京ヴェルディユースがFC東京ユースに勝利し、優勝しました。 おめでとうございます。
エスパルスジュニアユースから参加した田代選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)第5節滝川第二高校戦

2008年03月22日(土)  中日本SL U-17 滝川第二高校戦
えすぱっ子
えすぱっ子さんのレポートによりますと、 一昨日(3月22日)、第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)で エスパルスユースの第5戦が滝川第二高校と行われ、 勝利した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会グループリーグ第3戦

Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
昨日(3月22日)、日本高校選抜が参加した第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会 グループリーグ第3戦(最終戦)が行われ、日本高校選抜はスポルティング・リスボンに 敗戦しました。 この結果、日本高校選抜はグループリーグを2勝1敗、グループB2位で終了し、 準決勝ではグループA1位のFCバーゼルと対戦することになりました。
エスパルスから参加している大前選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36回モンテギュー国際大会グループリーグ第3節

36ème Mondial Minimes
昨日(3月22日)、フランス遠征中のU-16日本代表が参加した第36回モンテギュー国際大会 グループリーグの第3節(最終戦)がU-16ドイツ代表と行われ、敗戦しました。 この結果、U-16日本代表はグループリーグを1勝2敗、グループB3位で終了し、 最終日の順位決定戦では5・6位決定戦に回りU-16メキシコ代表と対戦することになりました。
【追加】2008.03.24
【第36回モンテギュー国際大会2008】U-16日本代表、グループステージは1勝2敗で、メキシコとの5・6位決定戦へ(08.03.23)
日本サッカー協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

2008サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月22日)

グローバルアリーナ
本日(3月22日)、2008サニックス杯国際ユースサッカー大会決勝トーナメント1日目を迎え、 予選リーグ1、2位の8チームで争われるサニックス杯に回ったU-16日本代表の2試合が 行われました。
U-16日本代表は1試合目のFC東京ユースに敗戦し5位~8位を決定するトーナメントに回り、 2試合目の大津高校にも敗戦した為、明日は7位決定戦で最終順位を決定することに なりました。 尚、サニックス杯決勝は東京ヴェルディユースとFC東京ユースの対戦になりました。
エスパルスジュニアユースから参加した田代選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。
【追加】2008.03.23
【2008サニックス杯国際ユースサッカー大会】U-16日本代表、FC東京ユースに敗れる(08.03.22)
日本サッカー協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会グループリーグ第2戦

Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
昨日(3月21日)、日本高校選抜が参加した第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会 グループリーグ第2戦が行われ、日本高校選抜はASローマに 勝利しました。 この結果、連勝で勝点6とした日本高校選抜は同じく連勝のスポルティング・リスボンと共に 1試合を残して準決勝進出を決めました。
エスパルスから参加している大前選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辻尾選手プロA契約締結

本日(3月22日)、エスパルスオフィシャルより辻尾選手が先日のナビスコカップFC東京戦で 通算試合出場時間がプロA契約締結条件である450分に達した為、契約がプロC契約からプロA契約に 変更になった旨の発表がありました。
負傷で離脱中の市川選手が間もなく復帰出来そうですが、今後もお互い切磋琢磨して更に レベルアップしてくれることを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

2008サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月21日)

グローバルアリーナ
本日(3月21日)、2008サニックス杯国際ユースサッカー大会予選リーグ2日目を迎え、 U-16日本代表の3試合目(最終戦)が行われました。 試合はU-16日本代表がU-17中国選抜に勝利し、予選リーググループAを2勝1敗、勝点8の2位で 終了しました。
大会は明日から決勝トーナメントが始まり、予選リーグ1、2位の8チームで争われる サニックス杯(別に予選リーグ3、4位の8チームで争われるグローバルアリーナ杯がある)で U-16日本代表はグループD1位のFC東京ユースと初戦を戦います。
エスパルスジュニアユースから参加した田代選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。
【追加】2008.03.22
【2008サニックス杯国際ユースサッカー大会】U-16日本代表、U-17中国選抜に快勝!(08.03.21)
日本サッカー協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-23日本代表メンバー発表

【U-23日本代表 vs アンゴラ代表】U-23日本代表メンバー発表!
J's GOAL
本日(3月21日)、国際親善試合アンゴラ代表戦に臨むU-23日本代表メンバー18名の 発表がありました。
エスパルスからは青山直晃選手、本田拓也選手、岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会グループリーグ第1戦

Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
昨日(3月20日)、日本高校選抜が参加した第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会が 開幕し、日本高校選抜は初戦でFCチューリッヒに 勝利しました。
エスパルスから参加している大前選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)
【追加】2008.03.24
【第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会】日本高校選抜、FCチューリッヒに快勝!(08.03.21)
日本サッカー協会
この試合で大前選手は2ゴールを上げた様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節FC東京戦

清水エスパルス3-1FC東京
得点者:
(清水)矢島、藤本(PK)、高木和
(F東京)平山
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW矢島選手、西澤選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、2分清水の攻撃、ドリブルで上がった矢島選手がそのままシュートを決め清水先制。 15分F東京の攻撃、浅利選手のクロスを平山選手にヘッドでゴールされ同点。 31分F東京ペナルティエリア内で西澤選手が倒されPKの判定、PKを藤本選手が 決め再びリードする。 前半は1点リードして終了しました。
後半、0分F東京石川選手からカボレ選手に交代。 19分F東京栗澤選手から大竹選手に交代。 21分清水のFK、フェルナンジーニョ選手のFKを西澤選手が競ってこぼれたボールを 藤本選手がファーに振ったパスを受けた高木和選手がシュートを決めリードを広げる。 26分児玉選手にイエローカード。 29分F東京平山選手から赤嶺選手に交代。 32分矢島選手から岡崎選手に交代。 36分フェルナンジーニョ選手から枝村選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
まずは初戦を勝利で飾り、順調なスタートを切りました。 矢島選手の今季初ゴールや昨年なかなか出場機会が得られず苦労した西澤選手の活躍もFW陣の 活性化という意味で嬉しい出来事でした。 今年は五輪代表組がチームを離れる機会が多いので、現在なかなか出場機会が得られない選手も よりレベルアップし、チーム全体でタイトルを目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008サニックス杯国際ユースサッカー大会(3月20日)

【2008サニックス杯国際ユースサッカー大会】U-16日本代表、韓国には敗れるも福岡選抜には逆転勝利(08.03.21)
日本サッカー協会
昨日(3月20日)、2008サニックス杯国際ユースサッカー大会が開幕し、U-16日本代表の 予選リーグ2試合が行われました。
U-16日本代表は1試合目のU-16韓国代表戦を敗戦、2試合目のU-16福岡県選抜戦は勝利し、 初日を1勝1敗で終了しました。
エスパルスジュニアユースから参加した田代選手の動向は不明ですが何か分かりましたら 追記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36回モンテギュー国際大会グループリーグ第2節

36ème Mondial Minimes
昨日(3月20日)、フランス遠征中のU-16日本代表が参加した第36回モンテギュー国際大会 グループリーグの第2節がU-16アメリカ代表と行われ、勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

第36回モンテギュー国際大会グループリーグ第1節

36ème Mondial Minimes
昨日(3月19日)、フランス遠征中のU-16日本代表が参加した第36回モンテギュー国際大会 グループリーグの初戦がU-16イングランド代表と行われ、 敗戦しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2008グループステージ第2節

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第2節が昨日(3月19日)試合日を迎え、 日本から出場した鹿島とG大阪の試合が行われました。
鹿島アントラーズ6-0ナムディン(ベトナム)
得点者:
(鹿島)本山2、マルキーニョス2、田代、ダニーロ
(ナムディン)-
グループFの第2節で鹿島がホームでベトナムのナムディンと対戦しました。
前半、26分鹿島の攻撃、ナムディンペナルティエリア正面でマルキーニョス選手の縦パスを 受けた本山選手がトラップでボールを浮かしボレーシュートをゴール右に決め鹿島先制。 前半は鹿島が1点リードして終了しました。
後半、4分鹿島の攻撃、左サイドフリーでパスを受けた本山選手がドリブルでナムディンペナルティ エリア内に侵入し、DFをかわしてGKのニアを抜くシュートを決め2点目。 13分鹿島の攻撃、ナムディンペナルティエリア右で相手のパスをカットし、野沢選手が 本山選手とのワンツーで裏に抜けると角度のない位置からクロス、これをマルキーニョス選手 がヘッドでゴールし3点目が入る。 23分鹿島の攻撃、ナムディンエンド右サイドで相手ボールを奪うと内田選手がクロス、 マルキーニョス選手がヘッドでゴールし4点目。 29分鹿島の右CK、野沢選手のクロスを田代選手がヘッドでゴールし5点目。 ロスタイム鹿島の攻撃、ナムディンペナルティエリア正面左でパスを受けたダニーロ選手が ペナルティエリア内に侵入し、DFをかわしてシュートをゴール右隅に決め6点目が入る。 試合は直後に終了し鹿島が勝利しました。
鹿島が開幕2連勝を飾りました。次はグループステージ突破の山となる北京国安との対戦です。
全南ドラゴンズ(韓国)3-4ガンバ大阪
得点者:
(全南)シモンエス、キム・テス2(PK1)
(G大阪)二川、播戸2、安田
グループGの第2節でG大阪がアウェーで韓国の全南ドラゴンズと対戦しました。
前半、5分全南の攻撃、全南のゴールキックでロングフィードを前線に繋ぎ、G大阪DFの クリアミスをカットしたシモンエス選手がゴールを決め全南先制。 29分全南のFK、全南がG大阪ペナルティエリア右外で得たFK、キム・チウ選手の クロスがファーに抜け、このボールをキム・テス選手がダイビングヘッドでゴールに押し込み 全南がリードを2点に広げる。 31分G大阪の攻撃、全南エンド右サイドで相手ボールをカットするとゴール前のスペースにパス、 後方から走り込んだ二川選手がミドルシュートをゴール右に決めG大阪が1点返す。 前半はG大阪の1点ビハインドで終了しました。
後半、10分G大阪の右CK、遠藤選手のクロスをニアで明神選手がヘッドで合わせたボールが ゴール正面の播戸選手へ、播戸選手が胸で落としたボールをゴールし同点に追いつく。 14分G大阪の攻撃、二川選手からのパスを全南ペナルティエリア内で受けたルーカス選手が シュートに行くがDFにブロックされる、再度ボールを拾ったルーカス選手が戻したボールを 安田選手がゴールしG大阪が逆転する。 15分左サイドからG大阪ペナルティエリア内に侵入したキム・ミョンウン選手を橋本選手が 足を掛けて倒してしまいPKの判定、PKをキム・テス選手が決め同点。 31分G大阪の攻撃、左サイドでパスを受けた安田選手が突破を仕掛け深い位置から早いクロスを 入れる、このボールを播戸選手が右足でゴールに押し込みG大阪が再びリードを奪う。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
G大阪が厳しい試合を制し勝点3を獲得しました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)第4節浜名高校戦

中日本ユースサッカースーパーリーグ公式
昨日(3月16日)、第6回中日本ユースサッカースーパーリーグ(U-17)で エスパルスユースの第4戦が浜名高校と行われ、 勝利した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

2008年J1第2節ジェフユナイテッド市原・千葉戦

ジェフユナイテッド市原・千葉1-2清水エスパルス
得点者:
(千葉)巻(PK)
(清水)藤本、岡崎
清水は GK西部選手、 DF辻尾選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、藤本選手、枝村選手、 FW矢島選手、フェルナンジーニョ選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、8分清水の攻撃、自陣から中央をドリブルで上がった藤本選手が約30mの距離から ミドルシュート、GKが手でクリアしようとするがボールはそのままゴールに吸い込まれ清水先制。 30分千葉馬場選手から谷澤選手に交代。 38分清水ペナルティエリア内でボールをクリアしようとした藤本選手が前に入られシュート体勢 に入った谷澤選手を倒してしまいPKの判定、藤本選手にイエローカード。 PKを巻選手に決められ同点に追いつかれる。 前半は同点で終了しました。
後半、2分児玉選手にイエローカード。 6分青山選手にイエローカード。 32分千葉ボスナー選手にイエローカード。 33分千葉青木孝選手から金沢選手に交代。 34分高木和選手にイエローカード。 34分枝村選手から岡崎選手に交代。 39分清水の攻撃、左サイドでパスを受けた岡崎選手が千葉ペナルティエリア正面左にドリブルで 持ち込み、DFのマークを外しシュートコースを作るとそのままミドルシュート、 ボールはゴール左隅に決まりリードを奪う。 41分フェルナンジーニョ選手から岩下選手に交代。 43分千葉中島選手にイエローカード。 ロスタイム辻尾選手から山西選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
リードを守り切り嬉しい今季初勝利を上げてくれました。 開幕からスタメンを変更し試行錯誤はしばらく続くかもしれませんが、この勝利をぜひ 次に続けてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

U-18JFA選抜チームメンバー発表

U-18JFA選抜チーム(沖縄高校招待サッカー大会 3/27~30)メンバー(08.03.14)
日本サッカー協会
本日(3月14日)、沖縄高校招待サッカー大会に臨むU-18JFA選抜チームメンバーの発表が ありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表メンバー発表

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】日本代表中東遠征メンバー(08.03.14)
日本サッカー協会
本日(3月14日)、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選バーレーン代表戦に 臨む日本代表メンバー21名の発表がありました。
今回、エスパルスからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

AFCチャンピオンズリーグ2008グループステージ第1節

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージが開幕し、日本チームの初戦が昨日(3月12日)行われました。
クルンタイバンク(タイ)1-9鹿島アントラーズ
得点者:
(クルン)カシム・コネ
(鹿島)田代2、岩政、野沢2、マルキーニョス3、佐々木
グループFの初戦で鹿島がアウェーでタイのクルンタイバンクと対戦しました。
前半、15分鹿島のFK、小笠原選手のクロスのクリアをダイレクトでペナルティエリアに 入れ、オフサイドトラップ崩れでフリーでボールを受けた田代選手がゴールを決め鹿島先制。 21分鹿島の左CK、小笠原選手のクロスを岩政選手がヘッドで押し込み鹿島に2点目が入る。 35分鹿島のFK、自陣から岩政選手がクルンゴール前にロングフィード、マルキーニョス選手が 落としたボールを野沢選手がボレーでゴールし3点目。 前半は鹿島が3点リードして終了しました。
後半、1分鹿島が自陣で与えたクルンのFK、クロスをGKがクリアしたボールは再び相手に渡るが 奪い返し、速攻から左サイドを内田選手、マルキーニョス選手と繋ぎ、マルキーニョス選手が 個人技でDFを抜くとGKの頭上を越すループシュートを決め4点目が入る。 4分鹿島の攻撃、パスカットからカウンターを仕掛けマルキーニョス選手のDFライン裏のスペース へのスルーパスで抜け出した田代選手がシュート、一旦はGKにブロックされるがこぼれ球を ゴールし5点目。 18分クルンの右CK、K・スパチャイ選手のクロスをカシム・コネ選手がマークを外して ヘッドでゴールしクルンが1点返す。 24分鹿島の攻撃、自陣左サイドスローインのリスタートから速攻を仕掛け、野沢選手の裏への スルーパスで抜け出したマルキーニョス選手が個人技でGKを抜き、戻ったDFもかわして ゴールを決め6点目。 26分鹿島の攻撃、本山選手の裏へのスルーパスにDFと競りながら追いついたマルキーニョス選手 が飛び出したGKと交錯しそうになりながらもかわして無人のゴールにボールを置きハットトリック 達成。 28分鹿島の攻撃、左サイド野沢選手のクロスが相手DFに当たりコースが変り、GKのクリアが 小さくなったところを佐々木選手がゴールに押し込み8点目が入る。 ロスタイムクルンのゴールキックのボールを拾った選手(確認出来ず)からのスルーパスで 裏に抜け出した野沢選手がGKをかわしてゴールし9点目。 試合は直後に終了し鹿島が勝利しました。
鹿島が順調なスタートを切りました。
ガンバ大阪1-1チョンブリFC(タイ)
得点者:
(大阪)ルーカス
(チョンブリ)アティット
グループGの初戦でG大阪がホームでタイのチョンブリFCと対戦しました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、13分チョンブリの攻撃、中盤でバックパスをカットし右サイドから突破を仕掛け DFをかわしてG大阪ペナルティエリア内に侵入したネイ・ファビアーノ選手がシュート、 これを橋本選手が身体を張って一旦はブロックするが、こぼれ球をアティット選手に押し込まれ チョンブリに先制を許す。 ロスタイムG大阪の攻撃、右サイドスローインのリスタートからパスを繋いでクロス、これをニアで フリックしたボールがファーに抜け、フリーで受けたバレー選手が折り返したボールをGKが クリア、このボールがルーカス選手に当たり前にこぼれ、そのままルーカス選手が左足を振りぬいた シュートがゴールしG大阪が同点に追いつく。 直後にタイムアップとなり試合は引き分けで終了しました。
G大阪が粘り土壇場で勝点1を獲得しました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

市川選手全治2週間

本日(3月11日)、開幕戦で負傷した市川選手の精密検査の結果について左膝内側側副靭帯損傷で 全治まで2週間を要する見込みとの発表がエスパルスオフィシャルからありました。 開幕早々、怪我での戦線離脱は本人が一番悔しいでしょうが、焦らず治療し1日でも早い復帰を 願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.10

U-16日本代表メンバー発表

U-16日本代表チーム フランス遠征(モンテギュー国際大会 3/15~26)(08.03.10)
U-16日本代表チーム(2008サニックス杯国際ユースサッカー大会 3/18~23)(08.03.10)
日本サッカー協会
本日(3月10日)、第36回モンテギュー国際大会2008及び2008サニックス杯国際ユースサッカー大会 に参加するU-16日本代表メンバーの発表がありました。
今回、エスパルスジュニアユースからサニックス杯メンバーに田代諒選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第23回静岡県ヤングサッカーフェスティバル

県高校サッカー選抜、日本選抜に一歩及ばず
静岡新聞
日本選抜・大前同点ゴール/高校サッカー
日刊スポーツ
昨日(3月9日)、エスパルスユースが参加した第23回静岡県ヤングサッカーフェスティバル が行われ、エスパルスユースはジュビロ磐田ユースと対戦し、勝利しました。
また、同日行われた日本高校選抜と静岡県高校選抜の対戦は日本高校選抜が勝利しました。 エスパルスから参加した大前選手は1ゴールを上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

2008年J1第1節大分トリニータ戦

清水エスパルス1-2大分トリニータ
得点者:
(清水)枝村
(大分)ウェズレイ、森重
2008シーズン初戦でエスパルスは GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF本田選手、伊東選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FWマルコス・アウレリオ選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。 また、サブに辻尾選手が入りました。
前半、7分大分の攻撃、自陣からのロングフィードをウェズレイ選手がヒールで流したパスを 高木和選手がクリアに行くが相手選手の出した足にボールが当たり、このこぼれ球を ウェズレイ選手にゴール左隅にミドルシュートを決められ大分に先制を許す。 20分大分藤田選手にイエローカード。 25分直前のプレーで左足を痛めた市川選手から辻尾選手に交代。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、2分大分の右CK、鈴木選手のクロスを森重選手にヘッドで決められリードを2点に 広げられる。 17分マルコス・アウレリオ選手から岡崎選手、本田選手から枝村選手に交代。 31分大分金崎選手から小林亮選手に交代。 32分清水の攻撃、左サイドハーフウェーライン付近からの児玉選手の楔を岡崎選手が落とし、 枝村選手が豪快なミドルシュートをゴール右に決め1点差に追い上げる。 36分大分ウェズレイ選手にイエローカード。 42分大分ウェズレイ選手から松橋選手に交代。 ロスタイム大分ホベルト選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
終盤に青山選手を前線に残しパワープレーを仕掛けましたが実らず、 本田選手、マルコス・アウレリオ選手、辻尾選手のデビュー戦を勝利で飾れず、 更に市川選手が負傷交代(大事に至らなければいいのですが)するなど厳しいシーズンスタート となりました。 練習試合での流れがそのまま出た様な試合になりましたが、1試合でも早く課題を克服して 上位を目指してほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会グループリーグ組合せ

Torneo Internazionale Under 19, Bellinzona
3月20日に開幕する第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会のグループリーグの組合せが 大会オフィシャルから発表され、日本高校選抜はグループBでFCチューリッヒ、ASローマ、 スポルティング・リスボンと対戦することになりました。
ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

U-19日本代表候補メンバー発表

U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/9~12)メンバー(08.03.04)
日本サッカー協会
本日(3月4日)、3月9日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-19日本代表候補メンバー20名の発表がありました。
今回、エスパルスからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

練習試合専修大学・アルビレックス新潟戦

清水エスパルスサテライト5-1(4-0、1-1)専修大学
試合時間:45分×2本
清水エスパルス2-2(2-0、0-2)アルビレックス新潟
試合時間:45分×2本
-試合結果は清水エスパルスオフィシャルホームページより-
本日(3月1日)、練習試合が専修大学とアルビレックス新潟の2チームと行われ、 専修大学戦と対戦したサテライトチームは勝利、 アルビレックス新潟戦と対戦したトップチームは引き分けました。
完全非公開の為メンバー等の発表がなく、トップチームの試合での得点者や2点差を追いつかれて ディフェンス面がどうだったのかなど気になる点はありますが、あと1週間後にはシーズンが開幕 します。 残された時間は短いですが、更なるレベルアップをしシーズン序盤からスパートできる体制を 作り上げてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »