« 第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会決勝・順位決定戦 | トップページ | 国際親善試合U-23日本代表対アンゴラ代表 »

2008.03.27

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第2節

バーレーン代表1-0日本代表
得点者:
(バーレーン)アラー・フバイル
(日本)-
日本は GK川口選手、 DF阿部選手、中澤選手、今野選手、 MF鈴木選手、中村憲選手、駒野選手、山瀬選手、安田選手、 FW巻選手、大久保選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、12分アブドラ・ババ・ファタディ選手がFK時の距離不足でイエローカード。 38分サイド・モハメド選手からのクロスを川口選手がファンブルし、イスマイル・ハサン選手に 押し込まれそうになるが川口選手が身体を張ってこれをブロックし事なきを得る。 42分サイド・ジャラル選手が鈴木選手をタックルで倒しイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、3分左サイドのサルマン・イサ選手からのクロスを川口選手がキャッチミス、 こぼれ球を今野選手がクリアしたボールをアブドラ・オマル選手がダイレクトで狙ったシュートは クロスバーを叩き難を逃れる。 11分山瀬選手から遠藤選手に交代。 14分阿部選手がアラー・フバイル選手をタックルで倒してしまいイエローカード。 25分相手ボールを自陣でカットし速攻を仕掛け、右サイドから裏に抜けた駒野選手のアーリー クロスを大久保選手がジャンピングヘッドで押し込もうとするが僅かに触れず。 27分安田選手から山岸選手に交代。 32分サルミーン選手からハマド・ラケア選手に交代。 32分バーレーンの攻撃、自陣左サイドで得たFKのリスタートからロングフィードを 日本ペナルティエリア左に入れ、このボールをトラップしたイスマイル・ハサン選手がゴール ラインぎりぎり手前からクロス、川口選手がパンチングで前にクリアするがクリアが小さく、 詰めていたアラー・フバイル選手にヘディングシュートでゴールされバーレーンに先制を許す。 36分サルマン・イサ選手からファウジ・アイシュ選手に交代。 37分阿部選手から玉田選手に交代。 38分ハマド・ラケア選手が駒野選手の突破を手で引っ張って止めイエローカード。 42分イスマイル・ハサン選手からアルダキール選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
バーレーンは守備に比較的人数をかけ、厳しいチェックで日本の攻撃を自由にさせず、 攻撃ではシンプルにロングフィードで裏を狙うという戦術を取ってきました。 日本はミスもあり、なかなか決定機を作り出すことが出来ず、バーレーンのロングフィードから 試合を決めるゴールを上げられてしまいました。 グループ2位でも最終予選に進出できるとはいえ、痛い敗戦を喫しました。 この敗戦を次に引き摺らない為にも、6月からの4連戦に備えリーグ戦でコンディションを 上げていってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会決勝・順位決定戦 | トップページ | 国際親善試合U-23日本代表対アンゴラ代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/40652548

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選第2節:

« 第68回ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会決勝・順位決定戦 | トップページ | 国際親善試合U-23日本代表対アンゴラ代表 »