« 練習試合U-23日本代表対U-23グアテマラ代表 | トップページ | U-16日本代表候補メンバー発表 »

2008.02.21

東アジアサッカー選手権2008決勝大会中国代表戦

中国代表0-1日本代表
得点者:
(中国)-
(日本)山瀬
日本は GK楢崎選手、 DF内田選手、中澤選手、今野選手、駒野選手、 MF鈴木選手、中村憲選手、遠藤選手、山瀬選手、安田選手、 FW田代選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、17分日本の攻撃、相手のパスミスからチャンスを掴み、左サイドを上がった駒野選手からの クロスでニアに飛び込んだ田代選手は合わせ切れなかったが、対応したGKのクリアが小さく前方に こぼれ、詰めた山瀬選手がシュートをゴール右に豪快に決め日本先制。 32分中国が日本DFライン左に出したロングフィードを内田選手がかぶってしまい、杜震宇選手が トラップしたボールが日本ペナルティエリア内に入り、このボールを追いかけた杜震宇選手が シュートする直前に楢崎選手が衝突を恐れず飛び出してキャッチしピンチを救う。 このプレーで杜震宇選手と接触した楢崎選手が左目付近から出血するがプレーを続行。 ロスタイム徐雲龍選手が田代選手をタックルで倒しイエローカード。 前半は日本が1点リードして終了しました。
後半、0分駒野選手から加地選手に交代(駒野選手は左足首を捻った模様)。 9分王棟選手から趙俊哲選手に交代。 10分高く上げていた中国DFラインの裏のスペースに中村憲選手が自陣からパスを出し、 このボールに走り込んだ安田選手が飛び出してきたGKの上を抜くループシュートを撃つが 惜しくもゴール左に外れる。直後、GK宗磊選手が安田選手の腹部を蹴って倒しイエローカード。 このプレーで日本がペナルティエリア正面で得たFKを遠藤選手が直接狙うが僅かにゴールを 外れる。 14分負傷退場した安田選手から羽生選手に交代。 15分劉健選手から呂征選手に交代。 31分周海濱選手から蒿俊閔選手に交代。 35分中澤選手が遅延行為を取られイエローカード。 39分ボールの競り合いで鈴木選手と李瑋峰選手が小競合いになり両者にイエローカード。 45分朱挺選手が加地選手をタックルで倒しイエローカード。 ロスタイム山瀬選手から橋本選手に交代。 ロスタイムカウンターから田代選手がDFとの1対1を制しシュートまで行くが枠を捉えられず。 試合はそのまま終了し勝利しました。
相手の危険なチャージをほとんど主審に取ってもらえず、北朝鮮戦の前田選手に続いて負傷者が 出てしまいました(前田選手は手術を回避出来た様で一先ず安心しました、今は安田選手を始め 負傷者の怪我が少しでも軽いことを願いたいと思います)。 主審を大会参加国から選出するなど大会運営に大きな疑問を感じた試合でしたが、日本の選手は 感情をコントロールして戦い良く勝利してくれました。
この試合の結果優勝の可能性が出てきました。 韓国戦も厳しい戦いになると思いますが、タイトルを取って日本に帰ってきてほしいと 思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 練習試合U-23日本代表対U-23グアテマラ代表 | トップページ | U-16日本代表候補メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/40206964

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアサッカー選手権2008決勝大会中国代表戦:

« 練習試合U-23日本代表対U-23グアテマラ代表 | トップページ | U-16日本代表候補メンバー発表 »