« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

第86回全国高等学校サッカー選手権大会1回戦

第86回全国高校サッカー選手権大会結果速報サイト
12月30日~31日、第86回全国高等学校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、 静岡県代表の藤枝東は香川西(香川県)にPK戦で勝利しました。 2回戦の対戦相手は室蘭大谷(北海道)と境(鳥取県)の勝者とです。
全国高等学校サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.29

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月29日)、第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝が行われ、 サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズがそれぞれ勝利し、決勝に進出しました。
天皇杯全日本サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント決勝

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月29日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝トーナメント 決勝が行われ、ガンバ大阪ジュニアユースが東京ヴェルディ1969ジュニアユース に勝利し、優勝しました。 おめでとうございます。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.28

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報12

本日(12月28日)、横浜FCを退団(ポルトゲーザからの期限付移籍期間満了)した マルコス パウロ選手の完全移籍による加入と 今季で現役を引退した羽田敬介氏(愛媛FC)のエスパルスユースチームGKコーチ 就任がエスパルスオフィシャルから発表されました。。
【追加】2007.12.28
先程、今季で現役を引退した久保山由清氏のエスパルスジュニアユース(U-13)監督就任が 発表されました。
【追加2】2007.12.28
続いてエスパルスユースのコーチに渡邉一平氏(現:日本大学サッカー部コーチ)の就任が 発表されました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 渡邉一平ユースコーチ 日本大学サッカー部コーチ
 久保山由清ジュニアユース(U-13)監督 清水エスパルス(引退)
 羽田敬介ユースGKコーチ 愛媛FC(引退)
 長谷川健太監督 契約延長(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 児玉 新選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
MF
 マルコス パウロ選手 横浜FC
  (完全移籍)
 フェルナンジーニョ選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 久米一正常務取締役、強化育成本部長 退任
  →2008年度より名古屋グランパス・チーム
   統括部ゼネラルマネージャーに就任
GK
 現時点で発表なし
DF
 平岡康裕選手 コンサドーレ札幌
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
MF
 太田圭輔選手 柏レイソル
  (期限付移籍→完全移籍)
 杉山浩太選手 柏レイソル
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
FW
 鈴木真司選手 HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍→HOYO Atletico ELAN完全移籍)

(移籍リスト登録)
MF
 平松康平選手
  (本人の希望により登録)
FW
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.27

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報11

本日(12月27日)、杉山浩太選手の柏レイソルへの期限付移籍(契約期間2008.2.1~2009.1.31)、 柏レイソルへ期限付移籍中の太田圭輔選手の完全移籍がエスパルスオフィシャルから 発表されました。 また、平松康平選手が本人の意向により移籍リストに登録されることも併せて発表されました。
【追加】2007.12.27
先程、久米一正常務取締役、強化育成本部長の今季限りでの退任が発表されました。 来季の名古屋グランパス・チーム統括部ゼネラルマネージャー就任も名古屋オフィシャルで 発表されています。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 児玉 新選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
MF
 フェルナンジーニョ選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 久米一正常務取締役、強化育成本部長 退任
  →2008年度より名古屋グランパス・チーム
   統括部ゼネラルマネージャーに就任
GK
 現時点で発表なし
DF
 平岡康裕選手 コンサドーレ札幌
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
MF
 太田圭輔選手 柏レイソル
  (期限付移籍→完全移籍)
 杉山浩太選手 柏レイソル
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
FW
 鈴木真司選手 HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍→HOYO Atletico ELAN完全移籍)
 久保山由清選手 引退

(移籍リスト登録)
MF
 平松康平選手
  (本人の希望により登録)
FW
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準決勝

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月27日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝トーナメント 準決勝が行われ、ガンバ大阪ジュニアユースと東京ヴェルディ1969ジュニアユース がそれぞれ勝利し、決勝に進出しました。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.26

JFAエリートプログラムU-13メンバー発表

JFAエリートプログラムU-13 〔U-14ジュビロカップ2007(12/27~30)〕メンバー(07.12.26)
日本サッカー協会
本日(12月26日)、U-14ジュビロカップ2007に参加するJFAエリートプログラムU-13 メンバーが発表されました。
エスパルスジュニアユースから石毛秀樹選手、斉藤康平選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.25

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメント準々決勝

清水エスパルスジュニアユース1-2ガンバ大阪ジュニアユース
高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月25日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝トーナメント 準々決勝が行われ、ガンバ大阪ジュニアユースと対戦したエスパルスジュニアユースは 敗戦し、残念ながらベスト8で大会を終了することになりました。
これで3年生にとっての公式戦は全て終了し、今後はそれぞれの進路に進むことに なりますが、新しい環境でも活躍してくれることを願いたいと思います。 それでは選手の皆さん本当にお疲れ様でした。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

Jユースサハラカップ2007

決勝トーナメント表
Jリーグ公式サイト
本日(12月24日)、Jユースサハラカップ2007の決勝トーナメント決勝 が行われ、FC東京U-18が柏レイソルU-18に勝利し、優勝しました。 おめでとうございます。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.23

第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグ第3日

インカレ - 平成19年度 第56回 全日本大学サッカー選手権大会

【 H19年度第56回全日本大学サッカー選手権大会 】
スポ☆チャン試合速報
本日(12月23日)、第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグの最終戦が 行われました。
来季加入予定の本田選手が所属する法政大学は九州産業大学に引き分け、Dブロック1位で 決勝トーナメント進出を決め、本田選手は1ゴール2アシスト。 辻尾選手が所属する中央大学は高知大学に引き分け、Fブロック4位でグループリーグ敗退 となりました。
また、静岡産業大学は駒澤大学に敗戦してEブロック3位、 静岡大学は東北学院大学に敗戦してCブロック4位で共にグループリーグで敗退しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16

清水エスパルスジュニアユース2-0日章学園中学校
高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月23日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の決勝トーナメント ラウンド16が行われ、日章学園中学校と対戦したエスパルスジュニアユースは 勝利し、準々決勝に進みました。 次の対戦相手はガンバ大阪ジュニアユースです。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝

ガンバ大阪1-0(0-0、延長1-0)清水エスパルス
得点者:
(大阪)寺田
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、枝村選手、 FW岡崎選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、21分大阪安田選手が藤本選手を倒してイエローカード。 29分大阪のFKでクロスをバレー選手にフリーでヘディングシュートを撃たれるが枠を外れ 失点を逃れる。 34分高木和選手が自陣から大阪ゴール前に入れたロングフィードのクリアを矢島選手が シュートしたボールは僅かにゴール左に外れる。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、6分高木和選手が播戸選手との競り合いで鼻から出血し、治療の為ピッチを出る。 10分高木和選手が鼻骨骨折の可能性があるとの事で岩下選手と交代。 23分中盤でバレー選手のマークが甘くなりミドルシュートを許すがボールはゴール右に外れる。 27分矢島選手から西澤選手、岡崎選手から原選手に交代。 29分青山選手にイエローカード(遅延行為?)。 35分大阪バレー選手から寺田選手に交代。 36分児玉選手が播戸選手を倒してしまいイエローカード(累積2枚目)。このプレーで 清水ゴール正面で与えたFKを遠藤選手が直接狙ったボールは僅かにゴール右に外れ助かる。 ロスタイム清水の攻撃、左サイドスローインのリスタートからクロスを原選手がドンピシャの タイミングでヘディングシュートをするがGKの好セーブで止められ、更にこぼれ球を押し込もう とするがシュート直前にGKにクリアされ得点ならず。 ロスタイム大阪橋本選手のミドルシュートは西部選手が抑える。 直後にタイムアップとなり試合は90分で決着がつかず延長戦に入りました。
延長前半、3分大阪の攻撃、中盤のプレスでボールをカットされトップの播戸選手にフリーで パスが渡り、DF2人が対応に行くが、戻したボールをフリーで上がってきた寺田選手にシュートを ゴール左隅に決められ遂にリードを許す。 12分右サイド市川選手からのクロスをDFがクリアしたボールに詰めた枝村選手がシュート するがGKにクリアされる。 14分左サイド児玉選手からのクロスを西澤選手がヘディングシュートするがボールは右ポストを 叩き惜しくも得点ならず。 13分岩下選手がオフサイドの判定に関する審判への異議でイエローカード。
延長後半、0分大阪二川選手から家長選手に交代。 10分青山選手を前線に上げてパワープレーに入る。 11分西部選手からのロングフィードを青山選手が落として西澤選手のパスを受けた原選手が シュートするがまたしても藤ヶ谷選手の好セーブで防がれる。 13分右サイド市川選手からのクロスを西澤選手がドンピシャのタイミングでヘッドで合わすが これも藤ヶ谷選手に弾かれる。 試合は終盤の猛攻も実らず終了し敗戦しました。
残念ながら準決勝進出は成りませんでした。 これで、2007シーズンは終了しましたが、来季はまたタイトル目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さん1年間お疲れ様でした。
第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝
日本サッカー協会
尚、静岡県代表のHonda FCも鹿島アントラーズに敗戦し、ベスト8で大会を終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.21

第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグ第2日

【 H19年度第56回全日本大学サッカー選手権大会 】
スポ☆チャン試合速報
本日(12月21日)、第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグの第2戦が 行われました。
来季加入予定の本田選手が所属する法政大学は関西学院大学に勝利し、本田選手は 1ゴール1アシスト、 辻尾選手が所属する中央大学は福岡大学に引き分けました。
また、静岡産業大学は東京学芸大学に勝利、 静岡大学は早稲田大学に敗戦しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表候補メンバー発表

日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(2008/1/15~23)(07.12.21)
日本サッカー協会
本日(12月21日)、来年1月15日から行われるトレーニングキャンプに参加する日本代表候補 メンバー32名の発表がありました。
今回、エスパルスから青山直晃選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.20

U-19日本代表メンバー発表

【カタールU-19国際親善トーナメント】U-19日本代表チームカタール遠征メンバー(07.12.20)
日本サッカー協会
本日(12月20日)、カタール遠征に臨むU-19日本代表メンバー22名 の発表がありました。
今回、来季加入が内定している流通経済大付属柏高校の大前元紀選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.19

第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグ第1日

【 H19年度第56回全日本大学サッカー選手権大会 】
スポ☆チャン試合速報
本日(12月19日)、第56回全日本大学サッカー選手権大会グループリーグの初戦が 行われました。
来季加入予定の本田選手が所属する法政大学は吉備国際大学に勝利、 辻尾選手が所属する中央大学は関西大学に敗戦しました。
また、静岡産業大学は新潟経営大学に引き分け、 静岡大学は桃山学院大学に敗戦しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.17

2007Jリーグアウォーズ発表

【2007Jリーグアウォーズ】受賞者発表!
J's GOAL
本日(12月17日)、2007Jリーグアウォーズの発表がありました。
エスパルスからはフェアプレー個人賞に伊東輝悦選手が選出されました。 おめでとうございます。
優秀選手賞に選出されていた青山選手と伊東選手はベストイレブンの選考から残念ながら 外れましたが、今後の更なる活躍に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報10

本日(12月17日)、平岡康裕選手がコンサドーレ札幌に期限付移籍(契約期間2008.2.1~2009.1.31)することがコンサドーレ札幌オフィシャルから発表されました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 児玉 新選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
MF
 フェルナンジーニョ選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 平岡康裕選手 コンサドーレ札幌
  (期限付移籍2008.2.1~2009.1.31)
MF
 現時点で発表なし
FW
 鈴木真司選手 HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍→HOYO Atletico ELAN完全移籍)
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)
 久保山由清選手 引退

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピンズリーグ2008組合せ抽選会

【AFCチャンピオンズリーグ2008】グループリーグ組み合わせ抽選発表!!鹿島はGroupF、G大阪はGroupG!
J's GOAL
本日(12月17日)、AFCチャンピンズリーグ2008のグループステージの組合せ抽選会が行われ、 日本から参加する鹿島とガンバ大阪の対戦チームが決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAクラブワールドカップジャパン2007 3位決定戦、決勝(12月16日)

昨日(12月16日)、FIFAクラブワールドカップジャパン2007の3位決定戦でアジア(AFC)代表として 出場した浦和がエトワール・サヘルと対戦しました。
(3位決定戦)
浦和レッドダイヤモンズ2-2、PK4-2エトワール・サヘル(チュニジア/アフリカ(CAF)代表)
得点者:
(浦和)ワシントン2
(エトワール・サヘル)フレジ(PK)、シェルミティ
前半、4分エトワール・サヘルの攻撃、エトワール・サヘルが自陣から浦和ゴール前に入れたロング フィードをクリアミス、ボールを奪ってドリブルで浦和ペナルティエリア内に侵入した シェルミティ選手を坪井選手が倒してしまいPKの判定、PKをフレジ選手が決めて エトワール・サヘル先制。 35分浦和の攻撃、右サイド山田選手のクロスは一旦小さくクリアされるが、更に大きくクリア しようとした相手DFのミスでエトワール・サヘルペナルティエリア正面左で相馬選手がフリーで ボールを受ける、相馬選手がファーに上げたクロスをワシントン選手がヘッドでゴールし浦和が 同点に追いつく。 前半は同点で終了しました。
後半、25分浦和のFK、エトワール・サヘルペナルティエリア左外で得たFKを永井選手が クロス、ワシントン選手がヘッドで叩きつけるゴールを決め浦和が逆転する。 30分エトワール・サヘルの攻撃、自陣からのロングフィードを受けたシェルミティ選手が ネネ選手と競りながら浦和ペナルティエリア内に侵入し股抜きで抜こうとした所で倒される、 ルーズボールを都築選手が拾い上げようとした所を素早く起き上がったシェルミティ選手が タックルでカットしそのままシュートを決める。これがゴールと認められエトワール・サヘルが 同点に追いつく。 試合は90分で決着がつかずPK戦に突入し、PK戦を4-2で制した浦和が勝利を手に しました。
 浦和       |○○○○-|4
 エトワール・サヘル|×○○×-|2
この結果、浦和が3位となりました。

次に行われた決勝戦ではACミランとボカ・ジュニアーズが対戦しました。
(決勝)
ACミラン(イタリア/欧州(UEFA)代表)4-2ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン/南米(CONMEBOL)代表)
得点者:
(ミラン)インザーギ2、ネスタ、カカ
(ボカ)パラシオ、レデスマ
前半、21分ミランの攻撃、ジダ選手からのロングフィードをハーフウェーライン付近で インザーギ選手がヘッドで落とし、ボールを受けたカカ選手がそのままボカゴール前まで 持ち込みシュート、一旦ブロックされるがこぼれ球をDFラインの裏にグラウンダーのクロス、 このボールをインザーギ選手が合わせてゴールしミラン先制。 22分ボカの左CK、クイックリスタートでディフェンスが集中する前にショートコーナーから クロスをパラシオ選手がヘッドでゴールし直ぐに同点に追いつく。 前半は同点で終了しました。
後半、5分ミランのFK、ボカペナルティエリア右で得たFK、ピルロ選手のクロスに反応した アンブロジーニ選手がDFと競りながら前で潰れ、抜けたボールをネスタ選手がワントラップして からシュートをゴール左上隅に決めミランが再びリードを奪う。 16分ミランの攻撃、カウンターから左サイドのスペースに出されたパスに走り込んだ カカ選手がボカペナルティエリア内に侵入し、個人技でDFをかわしてゴールを決めリードを 2点に広げる。 26分ミランの攻撃、ゴールキックからの速攻で右サイドを上がったセードルフ選手の ボカペナルティエリア内へのパスをニアで受けたカカ選手がDFを引き付けながらファーでフリーの インザーギ選手にパス、インザーギ選手はカカ選手に釣られニアをケアしていたGKの逆を突く シュートをゴールに押し込み、ほぼ試合を決める得点が入る。 32分カラーゼ選手が危険なタックルでグラシアン選手を倒し一発レッドで退場。 40分ボカの左CK、モレル選手のクロスを一旦戻したボールをグラシアン選手が強烈なミドル シュート、ジダ選手が弾いたボールをレデスマ選手がシュート、ボールをクリアしようとした アンブロジーニ選手に当たったボールがそのままゴールに入りボカが1点返す(オウンゴールかと 思いましたが公式記録はレデスマ選手のゴールになりました)。 43分ボカレデスマ選手がカカ選手を足で引っ掛けて倒しレッドカードで退場。 試合はそのまま終了しミランが勝利しました。
この結果、ミランが欧州勢として初めて優勝を手にしました。
FIFAクラブワールドカップとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.16

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド3回戦

清水エスパルスジュニアユース0-3浦和レッズジュニアユース
高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月16日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の1次ラウンド3回戦 が行われ、浦和レッズジュニアユースと対戦したエスパルスジュニアユースは 敗戦しました。 この結果、1次ラウンドグループFを2位で終了しました。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.15

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド2回戦

清水エスパルスジュニアユース2-0三田学園中学校
高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月15日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の1次ラウンド2回戦が 行われ、三田学園中学校と対戦したエスパルスジュニアユースは 勝利しました。 この結果、1試合を残して2位以上が確定したため決勝トーナメント進出を決めました。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.14

FIFAクラブワールドカップジャパン2007準決勝(12月13日)

昨日(12月13日)、FIFAクラブワールドカップジャパン2007準決勝でアジア(AFC)代表として 出場した浦和がACミランと対戦しました。
浦和レッドダイヤモンズ0-1ACミラン(イタリア/欧州(UEFA)代表)
得点者:
(浦和)-
(ミラン)セードルフ
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、23分ミランのFK、クイックリスタートで左サイド裏のスペースに出したパスに素早く 反応し走り込んで受けたカカ選手がドリブルで浦和ペナルティエリア内に侵入して マイナスのクロス、このボールをセードルフ選手がゴールに押し込みミラン先制。 試合はそのまま終了しミランが勝利しました。
この結果、浦和は3位決定戦に回り、最終戦はエトワール・サヘルと対戦することに なりました。
FIFAクラブワールドカップとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.11

2007Jリーグアウォーズ優秀選手賞/優秀新人賞発表

【2007Jリーグアウォーズ】  優秀選手賞/優秀新人賞 受賞選手決定
Jリーグオフィシャルホームページ
本日(12月11日)、Jリーグは2007シーズンの優秀選手賞/優秀新人賞を発表し、 エスパルスからは優秀選手賞に青山選手と伊東選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表候補メンバー発表

日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(12/18、19)(07.12.11)
日本サッカー協会
本日(12月11日)、12月18日から行われるトレーニングキャンプに参加する日本代表候補メンバー 33名の発表がありました。
今回、エスパルスから青山直晃選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAクラブワールドカップジャパン2007準々決勝(12月10日)

昨日(12月10日)、FIFAクラブワールドカップジャパン2007準々決勝でアジア(AFC)代表として 出場した浦和の初戦が行われました。
浦和レッドダイヤモンズ3-1セパハン(イラン/ACL準優勝)
得点者:
(浦和)永井、ワシントン、OG
(セパハン)カリミ
前半、32分浦和の攻撃、中央でパスを受けた長谷部選手が左サイドの相馬選手に展開、 相馬選手がDFをかわしてセパハンペナルティエリア左から侵入しDFラインとGKの間に 入れたグラウンダーのクロスを詰めた永井選手がゴールに押し込み浦和先制。 前半は浦和が1点リードして終了しました。
後半、9分浦和の攻撃、中央の阿部選手からのパスをセパハンペナルティエリア内右で受けた ワシントン選手がDF、GKとかわして角度の無い位置からシュートを決める。 25分浦和の攻撃、左サイド相馬選手からのクロスに走り込んだ永井選手がDFのクリアより一瞬 早く叩きつけるヘディングシュート、このボールを相手選手がクリアしようとしたボールがそのまま ゴールに入りオウンゴールで3点目が入る。 35分セパハンの攻撃、浦和のFKで横パスをカットされカウンターから高く上げていた DFラインの裏のスペースを狙ったスルーパス、DFがクリア出来ずボールはそのまま裏に抜け フリーで受けたカリミ選手にシュートを決められる。 試合はそのまま終了し浦和が勝利しました。
この結果、浦和が準決勝に進み、ACミランと対戦することになりました。
FIFAクラブワールドカップとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド1回戦

徳島ヴォルティスジュニアユース0-4清水エスパルスジュニアユース
高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(12月9日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の1次ラウンド1回戦が 行われ、徳島ヴォルティスジュニアユースと対戦したエスパルスジュニアユースは 勝利し、順調なスタートを切りました。
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦

清水エスパルス5-3(2-2、延長3-1)横浜F・マリノス
得点者:
(清水)市川、OG、西澤2、原
(横浜)田中裕、大島、清水
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、枝村選手、 FWフェルナンジーニョ選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、1分清水の左CK、フェルナンジーニョ選手のクロスを矢島選手が競ってこぼれたボールを 青山選手が戻し、このボールを市川選手がゴール左隅に決め清水先制。 21分清水の攻撃、左サイド兵働選手からのクロスを相手選手がヘッドでクリアしたボールが そのままゴールに入りオウンゴールで追加点が入る。 前半は2点のリードで終了しました。
後半、0分横浜狩野選手から清水選手に交代。 5分横浜河合選手が裏のスペースにフリーで抜け出そうとした枝村選手を倒して一発レッドで退場。 7分横浜山瀬幸選手から那須選手に交代。 26分横浜の攻撃、右サイド田中隼選手のクロスがファーに抜けたところに走り込んだ 田中裕選手にゴールを決められ1点返される。 32分横浜坂田選手から斉藤選手に交代。 35分児玉選手にイエローカード。 36分西部選手にイエローカード。 39分矢島選手から西澤選手、藤本選手から岩下選手に交代。 ロスタイム横浜の右CK、山瀬功選手のクロスをクリアし切れず、斉藤選手が胸で浮かしたパスを 倒れていた大島選手にボレーで押し込まれ同点に追いつかれる。 試合は土壇場で追いつかれ延長戦に突入しました。
延長前半、0分フェルナンジーニョ選手から原選手に交代。 1分横浜田中裕選手にイエローカード。 8分清水の攻撃、横浜ペナルティエリア内右で市川選手がキープしながら戻したボールを 岩下選手がシュート性の楔、ポストの枝村選手が潰れながら落としたボールを 西澤選手がゴールに蹴り込み再びリードを奪う。 10分清水の攻撃、左サイドでパスを受けた原選手が横浜ペナルティエリア正面からミドルシュート を決めリードを2点に広げる(原選手の公式戦初得点)。 14分清水の攻撃、原選手の右サイドからのクロスをニアで西澤選手が胸で押し込むゴールを 決める。
延長後半、11分横浜の攻撃、右サイド田中隼選手のクロスを大島選手がヘッドで落としたボールを 清水選手に押し込まれ1点返される。 試合はそのまま終了し勝利しました。
4回戦に続いてゲーム運びの課題が出てしまった試合でしたが、とにかく準々決勝に 進んでくれました。 次のガンバ大阪戦までは2週間空きますので十分対策を検討して臨んでほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦
日本サッカー協会
尚、静岡県代表のHonda FCも名古屋グランパスエイトに勝利し、準々決勝に進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報9

昨日(12月8日)、ガンバ大阪から期限付移籍中のフェルナンジーニョ選手と児玉新選手が エスパルスに完全移籍することになった旨の発表がエスパルスオフィシャルより発表されました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 児玉 新選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
MF
 フェルナンジーニョ選手 ガンバ大阪
  (期限付移籍→完全移籍)
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 鈴木真司選手 HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍→HOYO Atletico ELAN完全移籍)
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)
 久保山由清選手 引退

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.06

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報8

本日(12月6日)、来季の契約を更新しない旨の発表が先日有った鈴木真司選手(ロッソ熊本期限付 移籍中)がHOYO Atletico ELAN(大分県社会人サッカー1部リーグ)に完全移籍することが エスパルスオフィシャルから発表されました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 鈴木真司選手 HOYO Atletico ELAN(大分社会人1部)
  (ロッソ熊本期限付移籍→HOYO Atletico ELAN完全移籍)
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)
 久保山由清選手 引退

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.04

2010FIFAワールドカップアジア地区3次予選日程変更

3次予選、6月に4試合=日程変更が決定-W杯サッカー
sportsnavi.com
本日(12月4日)、2010FIFAワールドカップ南アフリカのアジア地区3次予選の日程が 変更されたとの報道がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

2007年J1第34節鹿島アントラーズ戦

鹿島アントラーズ3-0清水エスパルス
得点者:
(鹿島)小笠原(PK)、本山、マルキーニョス
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、枝村選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW岡崎選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、19分鹿島の攻撃、左サイド石神選手からのクロスを清水ペナルティエリア内で 受けようとしたマルキーニョス選手を高木和選手が倒したと判定されPK(厳しい判定でした)、 小笠原選手にPKを決められ鹿島先制。 25分枝村選手のミドルシュートはGK正面でキャッチされる。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、4分鹿島の左CK、クロスのクリアを本山選手にミドルシュートを決められリードを2点 に広げられる。 9分矢島選手が右サイドから撃ったミドルシュートはGKキャッチ。 14分鹿島の攻撃、清水が前線で裏に出したパスを曽ヶ端選手にカットされ、そのまま前線へ ロングフィードを送られカウンターから田代選手がDFを引き付けてフリーのマルキーニョス選手 にパス、ブロックしようとDF2人が戻るがかわされシュートを決められ3点目が入る。 17分岡崎選手から原選手、市川選手から戸田選手に交代(原選手はリーグ戦初出場)。 19分右サイドから仕掛けた原選手がDFを振り切ってクロス、藤本選手がヘッドで押し込もうと するが抑えきれずゴール上に外れ惜しくも得点ならず。 29分フェルナンジーニョ選手から西澤選手に交代。 30分鹿島の左CK、セカンドボールを繋がれ小笠原選手のクロスをマルキーニョス選手がヘッドで 合わしたボールはクロスバーを叩き4点目を逃れる。 37分鹿島田代選手から興梠選手に交代。 40分鹿島のカウンターで清水ペナルティエリア内に侵入した野沢選手に強烈なシュートを 撃たれるが西部選手の好セーブで失点を防ぐ。 41分鹿島マルキーニョス選手から柳沢選手に交代。 42分鹿島CKのセカンドボールを繋がれ興梠選手に強烈なシュートを許すがまたも西部選手が 好セーブでこれを防ぐ。 44分鹿島野沢選手から遠藤選手に交代。 ロスタイム右CKでショートコーナーからクロスに西澤選手が飛び込むが僅かに合わせられず。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
最終戦を残念ながら勝利で飾ることは出来ませんでした。 この試合でも、優勝した鹿島とのプレー精度などで清水の選手がレベルアップしなければならない 課題を感じましたが、来季までにこの課題をどこまでクリアできるのか楽しみに注目したいと 思います。
それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報7

昨日(12月1日)、期限付移籍中の鈴木真司選手(ロッソ熊本)、財津俊一郎選手(湘南ベルマーレ) と来季の契約を更新しない旨の発表がエスパルスオフィシャルからありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 鈴木真司選手 ロッソ熊本
  (期限付移籍→契約更新せず)
 財津俊一郎選手 湘南ベルマーレ
  (期限付移籍→契約更新せず)
 久保山由清選手 引退

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »