« 高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド1回戦 | トップページ | 日本代表候補メンバー発表 »

2007.12.11

FIFAクラブワールドカップジャパン2007準々決勝(12月10日)

昨日(12月10日)、FIFAクラブワールドカップジャパン2007準々決勝でアジア(AFC)代表として 出場した浦和の初戦が行われました。
浦和レッドダイヤモンズ3-1セパハン(イラン/ACL準優勝)
得点者:
(浦和)永井、ワシントン、OG
(セパハン)カリミ
前半、32分浦和の攻撃、中央でパスを受けた長谷部選手が左サイドの相馬選手に展開、 相馬選手がDFをかわしてセパハンペナルティエリア左から侵入しDFラインとGKの間に 入れたグラウンダーのクロスを詰めた永井選手がゴールに押し込み浦和先制。 前半は浦和が1点リードして終了しました。
後半、9分浦和の攻撃、中央の阿部選手からのパスをセパハンペナルティエリア内右で受けた ワシントン選手がDF、GKとかわして角度の無い位置からシュートを決める。 25分浦和の攻撃、左サイド相馬選手からのクロスに走り込んだ永井選手がDFのクリアより一瞬 早く叩きつけるヘディングシュート、このボールを相手選手がクリアしようとしたボールがそのまま ゴールに入りオウンゴールで3点目が入る。 35分セパハンの攻撃、浦和のFKで横パスをカットされカウンターから高く上げていた DFラインの裏のスペースを狙ったスルーパス、DFがクリア出来ずボールはそのまま裏に抜け フリーで受けたカリミ選手にシュートを決められる。 試合はそのまま終了し浦和が勝利しました。
この結果、浦和が準決勝に進み、ACミランと対戦することになりました。
FIFAクラブワールドカップとは)

|

« 高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド1回戦 | トップページ | 日本代表候補メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/17338202

この記事へのトラックバック一覧です: FIFAクラブワールドカップジャパン2007準々決勝(12月10日):

« 高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド1回戦 | トップページ | 日本代表候補メンバー発表 »