« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.30

U-15日本代表候補メンバー発表

U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(12/10~15)(07.11.30)
日本サッカー協会
本日(11月30日)、12月10日から行われるトレーニングキャンプに参加する U-15日本代表候補メンバー23名の発表がありました。
今回、エスパルスジュニアユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

エリートプログラム(U-13・U-14)メンバー発表

【JFAエリートプログラム トレーニングキャンプ】JOC日・韓競技力向上スポーツ交流事業(11/29~12/3)メンバー(07.11.28)
日本サッカー協会
本日(11月28日)、エリートプログラム(U-13・U-14)のトレーニングキャンプ に参加するメンバーが発表されました。
エスパルスジュニアユースからU-13に石毛秀樹選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

2010FIFAワールドカップアジア地区3次予選組合せ抽選会

2010 FIFA WORLD CUP SOUTH AFRICA
FIFAオフィシャルホームページ
昨日(11月25日、日本時間本日深夜)、2010FIFAワールドカップ南アフリカの各大陸別予選の 組合せ抽選会が南アフリカのダーバンで行われ、アジア地区3次予選での日本の対戦チームが バーレーン、オマーン、タイに決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会順位決定トーナメント決勝戦

2007高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 東海大会 [最終結果]
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(11月25日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会の順位決定 トーナメント決勝戦が行われ、エスパルスジュニアユースはJUVEN.FCに勝利しました。 既に全国大会への出場を決めていたエスパルスジュニアユースでしたが、優勝で大会を 終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.25

2007年J1第33節ジェフユナイテッド市原・千葉戦

清水エスパルス2-2ジェフユナイテッド市原・千葉
得点者:
(清水)藤本2
(千葉)巻、ジョルジェビッチ
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、3分千葉の右CK、羽生選手のクロスをファーでフリーにした巻選手にボレーシュートを 決められ千葉先制。 5分千葉レイナウド選手にイエローカード。 10分清水の攻撃、右サイド相手選手のクリアを拾った藤本選手が千葉ペナルティエリア前を 中に切り込みながら正面からミドルシュートを決め同点に追いつく。 18分千葉斎藤選手が千葉ペナルティエリア内に侵入しようとしたチョ選手を後ろから倒して 一発レッドで退場。 このプレーで千葉ペナルティエリア正面で得たFKを藤本選手が直接ゴール右隅に決め逆転する。 25分千葉中島選手から水本選手に交代。 34分兵働選手にイエローカード(警告累積4枚目で最終戦出場停止)。 前半は1点リードして終了しました。
後半、0分千葉巻選手から水野選手に交代。 19分千葉の攻撃、自陣ゴール前でパスカットしたジョルジェビッチ選手が約70mの距離から ロングシュート、これが前目にポジションを取っていた西部選手の伸ばした手を掠めてゴールし 同点に追いつかれる。 23分兵働選手から枝村選手に交代。 30分矢島選手から西澤選手に交代。 30分千葉伊藤選手から池田選手に交代。 31分市川選手から高木純選手に交代。 試合はそのまま終了し引き分けました。
この結果、1試合を残して今シーズンの4位が確定しました。 決して悪い成績ではないのですが、優勝を狙うチームとして上位チームとの差も感じたシーズンで もありました。 次戦は優勝がかかる鹿島との試合ですが、天皇杯に良い形で繋げる為にもぜひ勝利で最終戦を飾って くれることを期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報6

本日(11月23日)、久保山選手が今季限りで現役を引退することになった旨の報告が エスパルスオフィシャルからありました。 今後の事に関する発表はありませんでしたが、新天地での活躍を願いたいと思います。 久保山選手、長い間ありがとうございました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 久保山由清選手 引退

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)第6節

U-22日本代表0-0U-22サウジアラビア代表
得点者:
(日本)-
(サウジアラビア)-
日本は GK西川選手、 DF青山直選手、伊野波選手、水本選手、 MF細貝選手、青山敏選手、柏木選手、水野選手、本田圭選手、 FW李選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、4分ファラータ選手が細貝選手を倒してイエローカード。 9分サウジの攻撃、日本が中盤でボールをカットされカウンターからサーレム選手が ディフェンスをかわしてシュート、西川選手が前に立っていた相手選手がブラインドとなり このボールをファンブルし、詰めたガワンミ選手に危うくゴールに押し込まれそうになるが ゴールライン上にいた青山敏選手がブロックし失点を逃れる。 27分日本の攻撃、相手DFのクリアミスをカットした李選手がミドルシュートを撃つが ゴール左に外れる。 42分日本の攻撃、左サイド本田圭選手のクロスをファーでフリーになった李選手がヘッドで 押し込もうとするが、GKが詰めた為、シュートを枠に入れられず惜しくも得点ならず。 前半は積極的に押し上げてくるサウジに苦戦し、あわや失点かというピンチも凌いだ日本は 中盤から盛り返し何度か決定機を掴みましたが残念ながら得点には至らず、痺れる様な展開で 後半を迎えることになりました。
後半、5分日本の攻撃、左サイド柏木選手がファーに上げたクロスをサウジペナルティエリア内で 受けた岡崎選手がDFをかわして強烈なシュートを撃つがGKの好セーブで防がれる。 10分日本の攻撃、日本が前線でボールをキープし青山敏選手の楔を柏木選手がヒールで 流したパスで裏に抜けた細貝選手が決定的なシュートを撃つがまたもGKの好セーブで止められる。 15分ドワスリ選手からムバラク選手に交代。 22分日本の攻撃、柏木選手からのクロスをサウジDFラインの間で受けた岡崎選手が胸トラップ からシュートに行くが相手DFに寄せられシュートはゴール右に外れる。 28分ガブリ・アブドラマリク選手からファライド選手に交代。 29分ファライド選手に遅延行為でイエローカード。 33分日本の攻撃、左サイドスローインのリスタートからパスを受けた岡崎選手がDFを引き付け 中央に絞りながら左サイドの李選手にヒールパス、李選手の中央への折り返しを柏木選手が 落としたボールを後方から走り込んだ岡崎選手がシュートに行くが僅かに浮かせてしまいクロスバー の上に外れる。 43分ガンナーム選手からヌール・ハウサウィ選手に交代。 44分水野選手が遅延行為を取られイエローカード。 試合はそのまま終了し引き分けました。
この結果、北京五輪への出場が決定しました。おめでとうございます。
これで世界への切符は手にしましたが、本大会では更に強力なチームと当たりますので、 個々が世界を意識して更なるレベルアップをしてくれることに期待したいと思います。 それでは選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンド組合せ

【高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会】出場チーム及び組合せ・会場決定(07.11.20)
日本サッカー協会
本日(11月20日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会1次ラウンドの組合せ が発表され、エスパルスジュニアユースはグループFで 徳島ヴォルティスジュニアユース、浦和レッズジュニアユース、三田学園中学校 と対戦することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.19

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第8試合

清水エスパルスユース1-1セレッソ大阪U-18
(通算成績)3勝1分4敗、勝点10
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(11月18日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第8戦(最終戦)で セレッソ大阪U-18と対戦したエスパルスユースは引き分け、Fグループ3位で大会を 終了しました。
これで3年生にとっての公式戦は全て終了し、今後はそれぞれの進路に進むことに なりますが、新しい環境でも活躍してくれることを願いたいと思います。 それでは選手の皆さん本当にお疲れ様でした。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会予選リーグ第3節

2007高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 東海大会 [試合結果]
東海クラブユースサッカー連盟
昨日(11月18日)、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会の予選リーグ 第3節が行われ、エスパルスジュニアユースはFC松坂に勝利し、1位で予選リーグ突破を 決めると共に全国大会への出場を決めました。
尚、順位決定トーナメント決勝戦ではJUVEN.FCと対戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-19選手権予選大会2007第5節タイ代表戦

【AFC U-19選手権予選】U-18日本代表、試合終了間際にタイに逆転し全勝で予選1位突破!(07.11.18)
AFC U-19選手権予選 スケジュール/結果
日本サッカー協会
昨日(11月18日)、AFC U-19選手権予選大会2007の第5節(最終戦)が行われ、 開催国のU-18タイ代表と対戦したU-18日本代表は逆転で勝利し、通算成績を5勝0敗勝点15とし てグループ1位で大会を終了しました。
選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

2007年J1第32節浦和レッドダイヤモンズ戦

浦和レッドダイヤモンズ0-0清水エスパルス
得点者:
(浦和)-
(清水)-
清水は GK西部選手、 DF市川選手、岩下選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、17分浦和鈴木選手から内舘選手に交代。 44分清水の攻撃、浦和ペナルティエリア外でボールをカットし、ペナルティエリア内に 侵入したフェルナンジーニョ選手がシュートを撃つがGK正面を突いてしまう。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、13分浦和の攻撃、浦和内舘選手にミドルシュートを撃たれるがゴールを外れる。 17分浦和の攻撃、平川選手の清水ペナルティエリア内へのクロスのこぼれ球を長谷部選手に シュートされるが岩下選手が何とか弾き出す。 31分浦和の攻撃、長谷部選手のクロスを岩下選手がトラップしたボールが危うくオウンゴールに なりそうになったがゴール右に外れ助かる。 32分浦和長谷部選手にイエローカード。 34分藤本選手から枝村選手に交代。 44分清水の攻撃、ポストの矢島選手が楔を受け、このボールを拾ったフェルナンジーニョ選手が 強引にDFラインの裏にフリーで抜け出すが、抜けた時のネネ選手との接触で体勢を崩しシュートに 行く直前にGKに詰められ止められてしまい惜しいチャンスを逃す。 試合はそのまま終了し引き分けました。
プレーの精度という面で、現時点での差を改めて知らされたゲームでした。 しかし、ディフェンスではサイドは崩されるものの、西部選手を中心にセンターが踏ん張り、 最後まで失点は防ぎきってくれました。 リーグ戦も残り2試合となりましたが、個々が更なるレベルアップをしてくれることを 期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-22日本代表メンバー発表

【アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)】U-22日本代表メンバー(07.11.18)
日本サッカー協会
本日(11月18日)、アジア男子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選)の U-22サウジアラビア代表戦に臨むU-22日本代表メンバー21名の発表がありました。
エスパルスからは山本海人選手、青山直晃選手、岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)第5節

U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表
得点者:
(ベトナム)-
(日本)李2、本田圭(PK)、細貝
日本は GK西川選手、 DF内田選手、青山直選手、水本選手、伊野波選手、 MF青山敏選手、柏木選手、水野選手、本田圭選手、 FW李選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、8分日本のFK、ベトナムペナルティエリア正面左で得たFK、水野選手のクロスを ファーで李選手がGKの前でヘッドで合わせてゴールし日本先制。 10分水本選手が接触プレーで負傷しピッチを出るがまもなく復帰(このプレーで鼻を骨折した 模様)。 23分伊野波選手が相手選手を倒してしまいイエローカード。 25分日本の攻撃、西川選手からベトナムゴール前にロングフィードが入り、クリアをカットした 本田圭選手の左サイドからのクロスを李選手がヘッドでゴールし2点目が入る。 39分日本の攻撃、ベトナムペナルティエリア内に侵入した岡崎選手が後ろから倒されPKの 判定、本田圭選手がGKの逆を突くPKを決める。 前半は3点リードして終了しました。
後半、11分ベトナムの攻撃、カウンターから右サイドを上がったドゥアン・ベト・クオン選手の クロスを裏にフリーで抜け出したレ・コン・ビン選手にヘッドで合わされるが西川選手が好セーブで 弾き出す。 15分マイ・テュン・タン選手にラフプレーでイエローカード。 19分グエン・ブ・フォン選手からチャウ・フォン・ホア選手に交代。 24分レ・コン・ビン選手からグエン・ミン・チュエン選手に交代(ベトナムはここで次の大会に 照準を切り替え攻撃の中心選手2枚を外してくる)。 25分伊野波選手から梅崎選手に交代。 29分日本の攻撃、ベトナムペナルティエリア正面から梅崎選手がミドルシュート、ボールは左 ポストを叩き、詰めた岡崎選手が押し込もうとするがヒットし切れずGKにキャッチされチャンスを 逃す。 30分青山敏選手から細貝選手に交代。 31分ボー・ズイ・ナム選手からグエン・アン・ドゥク選手に交代。 33分岡崎選手から興梠選手に交代。 35分ドゥアン・ベト・クオン選手にイエローカード。 39分青山直選手がグエン・アン・ドゥク選手を倒してしまいイエローカード。 42分日本のFK、左サイドで得たFKを水野選手がクロス、このボールをニアで細貝選手が ヘッドで合わせてゴールし4点目が入る。 43分日本の攻撃、右サイド水野選手からのクロスをベトナムペナルティエリア内で受けた 興梠選手がグエン・タン・ロン・ザン選手に蹴られて倒されPKの判定、PKを本田圭選手が 蹴るがGKにキャッチされ惜しくも得点ならず。 試合はそのまま終了し勝利しました。
首位のカタールを上回る為に勝つだけでなく、もう何点か取っておきたいところでしたが とにかく勝利で勝負を最終戦にかけることになりました。 深夜に行われたサウジアラビア-カタール戦でサウジアラビアが劇的な逆転勝利を収めた為、 幸運にも自力での予選突破のチャンスが回ってきました。 最終戦のサウジアラビア戦は相当厳しい試合になることが予想されますが選手全員の 力を信じたいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.16

オシム監督回復祈願

日本代表のオシム監督の現状についてご報告(07.11.16)
日本サッカー協会
急なニュースで驚きましたが、今はオシム監督の回復を祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント決勝2nd leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント決勝2nd legが昨日(11月14日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和の試合が行われました。
浦和レッドダイヤモンズ2-0セパハン(イラン)
得点者:
(浦和)永井、阿部
(セパハン)-
決勝2nd legで浦和がホームでイランのセパハンと対戦しました。
前半、22分浦和の攻撃、ハーフウェーライン付近からポンテ選手がセパハンDFライン裏の スペースに出したスルーパスが相手選手に当たりコースが若干変わりDFにクリアされず そのまま裏に抜ける、このボールに反応しオフサイドラインぎりぎりから裏に抜け出して受けた 永井選手がペナルティエリア内に侵入してGKの上を抜くシュートを決め浦和先制。 前半は浦和が1点リードして終了しました。
後半、25分浦和の右CK、ポンテ選手のクロスはクリアされるが、セカンドボールを 繋いで左サイドから田中闘選手が上げたクロスをワシントン選手が落としたボールを永井選手が シュート、シュートは一旦はGKに弾かれるが詰めた阿部選手がヘディングシュート、DFが クリアしようとするが及ばずそのままゴールし浦和が追加点を上げる。 試合はそのまま終了し浦和が勝利しました。
この結果、2戦の通算成績1勝1分トータルスコア3-1で浦和が日本勢で初の優勝を手に しました。 おめでとうございます。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)
FIFAクラブワールドカップとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-19選手権予選大会2007第4節ラオス代表戦

【AFC U-19選手権予選】U-18日本代表、ラオスに快勝し決勝大会進出を決める!(07.11.15)
AFC U-19選手権予選 スケジュール/結果
日本サッカー協会
昨日(11月14日)、AFC U-19選手権予選大会2007の第4節が行われ、 U-18ラオス代表と対戦したU-18日本代表は勝利し、通算成績を4勝0敗勝点12としました。 この結果、1試合を残して来年行われるAFC U-19選手権への出場を決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.14

高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会予選リーグ第1,2節

2007高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権 東海大会 [試合結果]
東海クラブユースサッカー連盟
11月10日~11日、高円宮杯第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権東海大会の予選リーグ 第1,2節が行われ、エスパルスジュニアユースは愛知FCに勝利、岐阜VAMOSに引き分け、1試合を 残して2位に付けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.13

ココログメンテナンス

ココログ(ベーシック/プラス/プロ)のデータベース情報整理を目的としたメンテナンスが 11月13日 20:00~11月14日 10:00のスケジュールで実施される旨のアナウンスが ありました。
予定通り行われますとメンテナンス中はこちらからの記事の投稿と共にこちらの記事への トラックバックとコメントが出来なくなりますので予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-19選手権予選大会2007第3節ミャンマー代表戦

【AFC U-19選手権予選】U-18日本代表、8得点を挙げてミャンマーに大勝!(07.11.12)
AFC U-19選手権予選 スケジュール/結果
日本サッカー協会
昨日(11月12日)、AFC U-19選手権予選大会2007の第3節が行われ、 U-18ミャンマー代表と対戦したU-18日本代表は勝利し、3勝0敗勝点9としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

2007年J1第31節サンフレッチェ広島戦

清水エスパルス3-1サンフレッチェ広島
得点者:
(清水)市川、藤本(PK)、フェルナンジーニョ
(広島)柏木
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。 尚、この試合で伊東選手がリーグ通算400試合出場を達成しました。おめでとうございます。
前半、27分広島の左CK、ウェズレイ選手のクロスがディフェンスに当たりこぼれ、 戻したボールを柏木選手にペナルティエリア正面直ぐ外からミドルシュートを 決められ広島先制。 28分清水の攻撃、広島ゴール正面のフェルナンジーニョ選手からの横パスを 市川選手が広島ペナルティエリア正面右から強烈なミドルシュート、これがゴール右隅に 決まり直ぐに同点に追いつく。 前半は同点で終了しました。
後半、11分市川選手にイエローカード。 13分広島服部選手にイエローカード。 13分広島戸田和選手から青山敏選手に交代。 20分清水の攻撃、広島ペナルティエリア内にドリブルで侵入したフェルナンジーニョ選手が 駒野選手に倒されPKの判定、駒野選手にイエローカード。PKを藤本選手が決め逆転。 22分広島柏木選手から桒田選手に交代。 24分矢島選手から岡崎選手に交代。 32分広島森崎和選手から平繁選手に交代。 37分清水の攻撃、左サイド藤本選手からのグラウンダーのクロスを広島ペナルティエリア内に 侵入したフェルナンジーニョ選手がファーで合わせてゴールしリードを2点に広げる。 38分フェルナンジーニョ選手から枝村選手に交代。 41分広島ウェズレイ選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し勝利しました。
逆転で伊東選手のリーグ通算400試合出場試合を勝利で飾ってくれました。 今節の結果で残念ながら優勝の可能性はなくなってしまいましたが、4位以内は確定しました。 リーグ戦も残り3試合となりましたが、粘り強い戦いをして1つでも上の順位を目指してほしい と思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第7試合

清水エスパルスユース3-1サガン鳥栖U-18
(通算成績)3勝0分4敗、勝点9
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(11月11日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第7戦でサガン鳥栖U-18と 対戦したエスパルスユースは勝利しました。 他試合の結果、残念ながら決勝トーナメント進出は成りませんでしたが、残り1試合を 大切に戦ってほしいと思います。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.09

U-22日本代表メンバー発表

【アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)】U-22日本代表メンバー(07.11.09)
日本サッカー協会
本日(11月9日)、アジア男子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選)の U-22ベトナム代表戦に臨むU-22日本代表メンバー22名の発表がありました。
エスパルスからは山本海人選手、青山直晃選手、岡崎慎司選手が選出されました。 また、来季加入が内定している法政大学の本田拓也選手も選出されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.08

AFC U-19選手権予選大会2007第2節モルディブ代表戦

AFC U-19選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
本日(11月8日)、AFC U-19選手権予選大会2007の第2節が行われ、 U-18モルディブ代表と対戦したU-18日本代表は勝利し、2勝0敗勝点6としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント決勝1st leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント決勝1st legが昨日(11月7日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和の試合が行われました。
セパハン(イラン)1-1浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(セパハン)カリミ
(浦和)ポンテ
決勝1st legで浦和がアウェーでイランのセパハンと対戦しました。
前半、45分浦和の攻撃、左サイド平川選手から長谷部選手、ポンテ選手と中央にパスを繋ぎ、 ポンテ選手がセパハンペナルティエリア正面左から無回転のミドルシュートをゴール右隅に 決め浦和先制。 前半は浦和が1点リードして終了しました。
後半、1分セパハンの攻撃、浦和ペナルティエリア内へのクロスをポストの選手が落としたボールを シュート、都築選手が触りコースが変り左ポストを叩き一旦はゴールを免れるが、こぼれ球を カリミ選手に押し込まれセパハンが同点に追いつく。 試合はそのまま終了し引き分けで終了しました。
決勝1st legは引き分けで終わりましたが、浦和がアウェーで貴重な1得点を得て次のホーム での2nd legに臨みます。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

第28回静岡県中学1年生サッカー大会ウィナーズカップ

第28回静岡県中学1年生サッカー大会
静岡県サッカー協会
11月3日、第28回静岡県中学1年生サッカー大会のウィナーズカップが行われ、 クラブの部優勝のエスパルスジュニアユースは中体連の部優勝の静岡学園中学校と 対戦し、PK戦で敗戦し、残念ながらJFAプレミアカップ東海大会への出場は成りませんでした。 選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.06

AFC U-19選手権予選大会2007第1節チャイニーズタイペイ代表戦

AFC U-19選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
本日(11月6日)、AFC U-19選手権予選大会2007の第1節が行われ、 U-18チャイニーズタイペイ代表と対戦したU-18日本代表は 勝利し、順調なスタートを切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-16選手権予選大会2007第5節ベトナム代表戦

AFC U-16選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
昨日(11月5日)、AFC U-16選手権予選大会2007の第5節(最終戦)が行われ、 U-15ベトナム代表と対戦したU-15日本代表は勝利し、全勝で大会を終了しました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、エスパルスジュニアユースから参加した柴原選手はスタメンでフル出場し1ゴール、 田代選手もスタメンで46分間プレーした模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.05

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦

清水エスパルス2-2、延長1-1、PK5-4明治大学
得点者:
(清水)兵働、青山2
(明治)林2、増田
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、22分右サイド市川選手のクロスをファーで岡崎選手がヘッドで合わすがゴール右に外れる。 36分明治の攻撃、明治ゴール前で清水のパスミスをカットされると速攻を仕掛けられ、 橋本選手のスルーパスで裏に抜けた林選手に山本海選手がニアを抜くシュートを決められ 明治先制。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、0分チョ選手から矢島選手に交代。 0分明治根本選手から長友選手に交代。 19分藤本選手から枝村選手、岡崎選手から西澤選手に交代。 25分清水の攻撃、右サイドからドリブルで仕掛けた市川選手がポストの矢島選手にパス、 矢島選手がスルーし西澤選手がヒールで左のオープンスペースに出したボールにペナルティエリア外 から詰めた兵働選手が強烈なシュートを決め同点に追いつく。 35分明治斎藤選手から田中選手に交代。 38分清水の攻撃、ハーフウェーライン付近から一気にロングフィードを明治ゴール前左に入れ、 青山選手がヘッドで中央に折り返したパスを繋いで最後ポストの矢島選手が戻したボールに詰めた 青山選手が強烈なシュートをゴール右隅に決め逆転する。 42分明治山本選手から末廣選手に交代。 ロスタイム明治のFK、清水ペナルティエリア左外から橋本選手が上げたクロスを増田選手に ヘッドでゴール右隅に流し込まれ土壇場で同点に追いつかれる。 試合は直後に終了し延長に入りました。
延長前半、14分明治の攻撃、ゴールキックで関選手が前線に入れたロングフィードのクリア を繋がれ、スルーパスで裏にフリーで抜け出した林選手に山本海選手が詰めるが及ばずシュートを 決められ逆転を許す。
延長後半、6分青山選手を前線に残しパワープレーに入る。 8分明治田中選手が兵働選手をタックルで倒しイエローカード。 10分清水の攻撃、右サイド市川選手からのクロスを青山選手がゴールに押し込み同点。 試合はその後動かず勝負はPK戦に委ねられました。
PK戦は清水が5-4で制し何とか勝利を手にしました。
 明治|○×○○○|4
 清水|○○○○○|5
明治:藤田(成功)、橋本(失敗、クロスバー)、林(成功)、長友(成功)、石井(成功)
清水:兵働(成功)、枝村(成功)、市川(成功)、高木和(成功)、西澤(成功)
本当に薄氷を踏むような勝利でした。 ガンバ大阪戦の勝利で選手の中におごりがあった訳ではないのでしょうが、 とにかく結果として5回戦に進むことは出来たので、この試合結果を教訓として もう一度全員が自分のプレーを見直してほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦
日本サッカー協会
尚、静岡県代表のHonda FCも柏レイソルに勝利し、5回戦に進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第6試合

ガンバ大阪ユース2-4清水エスパルスユース
(通算成績)2勝0分4敗、勝点6
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(11月4日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第6戦でガンバ大阪ユースと 対戦したエスパルスユースは勝利しました。 残りは2試合となりましたが最後まで頑張ってほしいと思います。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.02

U-22日本代表候補メンバー発表

【アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)】U-22日本代表候補合宿メンバー(07.11.02)
日本サッカー協会
本日(11月2日)、11月6日~7日のU-22日本代表候補合宿メンバー20名の発表がありました。
エスパルスから山本海人選手、青山直晃選手、枝村匠馬選手、岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-16選手権予選大会2007第4節香港代表戦

AFC U-16選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
昨日(11月1日)、AFC U-16選手権予選大会2007の第4節が行われ、 U-15香港代表と対戦したU-15日本代表は勝利し、通算成績を4勝0敗、勝点12としました。 この結果、1試合を残して2位以内が確定したため来年の本大会への進出を決めました。
尚、エスパルスジュニアユースから参加した柴原選手はスタメンでフル出場、田代選手は 後半31分からタイムアップまで出場した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »