« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

AFC U-16選手権予選大会2007第3節インドネシア代表戦

AFC U-16選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
昨日(10月30日)、AFC U-16選手権予選大会2007の第3節が行われ、 開催国のU-15インドネシア代表と対戦したU-15日本代表は勝利し、 通算成績を3勝0敗、勝点9としました。
尚、エスパルスジュニアユースから参加した田代選手と柴原選手の動向はスタッツがまだアップ されていないので不明ですが、何か分かりましたら追記します。
【追加】2007.11.02
本日スタッツが発表され、エスパルスジュニアユースから参加した田代選手と柴原選手は サブでこの試合でも出場機会がなかった模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.29

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第5試合

清水エスパルスユース0-1アビスパ福岡U-18
(通算成績)1勝0分4敗、勝点3
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(10月28日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第5戦でアビスパ福岡U-18と 対戦したエスパルスユースは敗戦しました。 3試合を残して予選リーグ突破は難しくなりましたが、最後まで頑張ってほしいと思います。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

2007年J1第30節ガンバ大阪戦

清水エスパルス3-1ガンバ大阪
得点者:
(清水)矢島、フェルナンジーニョ、チョ
(大阪)山口
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、12分清水の攻撃、右サイド市川選手のクロスをフェルナンジーニョ選手がシュートした ボールがシジクレイ選手に当たり、そのこぼれ球に素早く反応した矢島選手がゴールに押し込み 清水先制。 28分高木和選手にイエローカード。 前半は1点リードして終了しました。
後半、0分大阪寺田選手から家長選手、橋本選手から安田選手に交代。 6分清水の攻撃、中盤右サイドから中央にドリブルで持ち込んだ兵働選手が裏に出したパスで 抜け出したフェルナンジーニョ選手が大阪ペナルティエリア内に侵入し、シュートをゴール左隅 に決めリードを2点に広げる。 17分清水の右CK、藤本選手のクロスをニアでシジクレイ選手の前に入り込んだチョ選手が ヘッドでゴールを決め試合をほぼ決定付ける3点目が入る。 25分大阪明神選手から播戸選手に交代。 26分フェルナンジーニョ選手から枝村選手に交代。 33分矢島選手から西澤選手に交代。 39分チョ選手から岩下選手に交代。 41分大阪の左CK、遠藤選手のクロスを山口選手にヘッドで合わされゴールを許し1点返される。 44分大阪山口選手にイエローカード。 試合はそのまま終了し勝利しました。
ガンバ大阪から本当に久しぶりにリーグ戦で勝利を手にしました。 ディフェンスが最小失点で抑え切り、オフェンスが効果的な時間帯にゴールするという 理想的な形での勝利でした。 リーグ戦はここで一旦中断し、来週は天皇杯がありますが、また良い試合をして2度目の天皇杯 獲得を目指してほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFC U-16選手権予選大会2007第2節カンボジア代表戦

AFC U-16選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
一昨日(10月26日)、AFC U-16選手権予選大会2007の第2節が行われ、 U-15カンボジア代表と対戦したU-15日本代表は勝利しました。
尚、エスパルスジュニアユースから参加した田代選手と柴原選手の動向はスタッツがまだアップ されていないので不明ですが、何か分かりましたら追記します。
【追加】2007.10.29
本日スタッツが発表され、エスパルスジュニアユースから参加した田代選手と柴原選手は サブでこの試合でも出場機会がなかった模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.25

AFC U-16選手権予選大会2007第1節ラオス代表戦

AFC U-16選手権予選大会
AFCオフィシャルホームページ
昨日(10月24日)、AFC U-16選手権予選大会2007の第1節が行われ、 U-15ラオス代表と対戦したU-15日本代表は勝利し、順調なスタートを切りました。
尚、エスパルスジュニアユースから参加した田代選手と柴原選手はサブでこの試合では 出場しなかった模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準決勝2nd leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント準決勝2nd legが昨日(10月24日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和の試合が行われました。
浦和レッドダイヤモンズ2-2、延長0-0、PK5-3城南一和天馬(韓国)
得点者:
(浦和)ワシントン、長谷部
(城南)チェ・ソングッ、キム・ドンヒョン
準決勝2nd legで浦和がホームで韓国の城南一和天馬と対戦しました。
前半、21分浦和の攻撃、左サイドポンテ選手からのクロスをワシントン選手がトラップで DFをかわすとそのままシュートをファーサイドのゴールサイドネットに決め浦和先制。 前半は浦和の1点リードで終了しました。
後半、11分城南の攻撃、浦和のCKのクリアから速攻を仕掛け、前線左サイドでパスを受けた イタマル選手が坪井選手をかわしてクロス、このボールをフリーのチェ・ソングッ選手がゴールに 押し込み同点。 24分城南の攻撃、イタマル選手のミドルシュートをGKが弾いたボールをキム・ドンヒョン選手が ヘッドで押し込み城南逆転。 28分浦和のFK、城南ペナルティエリア正面で浦和が得たFKをポンテ選手がペナルティエリア内 左にクロス、阿部選手がヘッドで折り返したボールを長谷部選手がゴールに押し込み同点に追い つく。 試合は90分終了時点で2試合の得失点差、アウェーゴール数共に並んだため延長戦に 突入しました。
延長戦は両チーム得点なく、勝負はPK戦に持ち込まれ、PK戦を5-3で制した浦和が 勝利し、決勝に進みました。決勝の対戦相手はイランのセパハンです。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.23

山本真選手全治3週間

清水MF山本真が全治3週間
日刊スポーツ
本日(10月23日)、山本真選手が練習中に負傷し右足首捻挫で全治3週間と診断されたとの 報道がありました。まだ、オフィシャルから発表はありませんが早期治癒を願いたいと思います。
【追加】2007.10.23
先程、エスパルスオフィシャルからも発表があり、精密検査で右足関節捻挫と診断された模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第4試合

セレッソ大阪U-181-0清水エスパルスユース
(通算成績)1勝0分3敗、勝点3
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(10月21日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第4戦でセレッソ大阪U-18と 対戦したエスパルスユースは敗戦しました。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.21

2007年J1第29節横浜F・マリノス戦

横浜F・マリノス0-2清水エスパルス
得点者:
(横浜)-
(清水)矢島2
清水は GK西部選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、藤本選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、矢島選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、1分藤本選手にイエローカード。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、9分清水の攻撃、藤本選手が中央をドリブルで持ち上がり横浜ペナルティエリア右の スペースに出したパスに走り込んだチョ選手がGKとDFラインの間にグラウンダーのクロス、 DFがクリアし切れずファーに抜けたボールを走り込んだ矢島選手が身体で押し込んで清水先制。 18分横浜吉田選手から清水選手に交代。 23分清水の左CK、フェルナンジーニョ選手のクロスをファーで青山選手がヘッドで折り返し、 このボールを矢島選手がDFに挟まれながらもジャンピングボレーでゴールし2点目が入る。 28分横浜山瀬幸選手から狩野選手に交代。 32分兵働選手にイエローカード。 35分横浜清水選手からハーフナー選手に交代。 44分矢島選手から岩下選手に交代。 ロスタイムチョ選手から西澤選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
ディフェンスが横浜の攻撃を粘り強く抑えて完封勝利で勝点3を得てくれました。 中盤の藤本選手、兵働選手、フェルナンジーニョ選手がイエローカードの累積が3枚目になり、 これからの5試合はサブの選手も含めてチーム力が問われる事になると思いますが、1つでも 上を目指して頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.19

U-18日本代表メンバー発表

【AFC U-19選手権大会 予選】U-18日本代表チームメンバー(07.10.19)
日本サッカー協会
本日(10月19日)、AFC U-19選手権大会予選に臨むU-18日本代表メンバー23名 の発表がありました。
今回、エスパルスユースからの選出はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)第4節

U-22カタール代表2-1U-22日本代表
得点者:
(カタール)ハッサン・アルヘイドス、マジディ・シッディク(PK)
(日本)青山直
日本は GK山本選手、 DF内田選手、青山直選手、水本選手、伊野波選手、 MF細貝選手、青山敏選手、水野選手、柏木選手、本田圭選手、 FW李選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、2分アブドゥルマジェド選手が李選手を倒してイエローカード。 38分右サイド李選手からのクロスを柏木選手がヘディングシュートに行くが僅かに届かず。 43分日本の左CK、水野選手のクロスをGKがパンチングでクリアしたボールが本田圭選手に 当たり、こぼれ球を青山直選手がゴールに押し込み日本先制。 前半はなかなか良い攻撃の形を作れなかった日本でしたが終了間際のセットプレーから貴重な先制点 を上げ1点リードして終了しました。
後半、0分水野選手から家長選手に交代(前半途中の接触プレーで痛めた模様)。 10分家長選手が左サイド裏のスペースに出したパスに走り込んだ本田圭選手のマイナスのクロスを ゴール前フリーの柏木選手がシュートするが枠を外してしまい惜しくもゴールならず。 20分マギド・ハッサン選手からハッサン・アルヘイドス選手に交代。 22分ハッサン・アルヘイドス選手が柏木選手を倒してイエローカード。 22分李選手から森島選手に交代。 24分メサド・アルハマド選手のミドルシュートが日本ディフェンスに当たりコースが変るが 山本海選手がしっかりキャッチする。 27分アブドゥルマジェド選手からムーサ・ジャマ選手に交代。 31分カタールが日本ペナルティエリア正面右で得たFKをワリード・ジャシム選手が直接狙った シュートは山本海選手がパンチングでCKに逃げる。 32分カタールの右CK、ワリード・ジャシム選手のクロスを繋がれハッサン・アルヘイドス選手 にヒールキックでゴールされ同点に追いつかれる。 33分ハイボールの競り合いで相手選手の肘が脇腹に入り山本海選手が痛むが大事に至らず まもなくプレーに復帰。 34分ワリード・ジャシム選手からアルヤジディ選手に交代。 36分カタールが上げたクロスをキャッチした山本海選手をキャッチ後にチャージしたビラル・ ラジャブ選手にイエローカード。 38分ムバラク選手が後ろから家長選手を倒しイエローカード。 40分森島選手がカタールペナルティエリア内でボールを受けようとした時にハンドのファールを してしまい、笛の後でボールを蹴りだして遅延行為でイエローカード(警告累積2枚目で次節 出場停止)。 42分柏木選手から上田選手に交代。 45分家長選手がオフサイドで笛が鳴った後にシュートを撃ってしまい遅延行為でイエローカード (警告累積2枚目で次節出場停止)。 ロスタイムカタールの攻撃、左サイドマジディ・シッディク選手のクロスをペナルティエリア内で 日本選手が手で触ってしまいハンドの反則を取られPKの判定、PKをマジディ・シッディク選手 が蹴り、山本海選手が反応するがゴールが決まってしまい逆転される。 直後にタイムアップとなり敗戦しました。
非常に痛い敗戦を喫し、カタールに抜かれ2位に後退しました。 残り2試合、とにかく日本としては勝点6を目指し、後はカタールの結果次第となりましたが、 可能性がある限り頑張ってほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007日本代表対エジプト代表

日本代表4-1エジプト代表
得点者:
(日本)大久保2、前田、加地
(エジプト)モハメド・ファドル
日本は GK川口選手、 DF加地選手、中澤選手、阿部選手、駒野選手、 MF中村憲選手、鈴木選手、遠藤選手、山岸選手、 FW大久保選手、前田選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、21分日本の攻撃、左サイド駒野選手のクロスが相手ディフェンスに当たり、ルーズボールを 遠藤選手が競り、ペナルティアーク付近でこぼれ球を拾った大久保選手がマークを外して ミドルシュートをゴール右上隅に決め日本先制。 42分日本の右CK、遠藤選手のクロスは一旦はクリアされるが、再度パスを繋いで遠藤選手が 右サイドから入れたクロスを大久保選手がヘッドで叩きつけるシュートを決め2点目が入る。 前半は日本が2点リードして終了しました。
後半、0分アハメド・ハッサン選手からオマル・ガメル選手に交代。 7分アブデル・ラフマン選手からマシュール選手に交代。 8分日本の攻撃、中盤で中村憲選手が起点となり前にパスを繋ぎ、相手DFのクリアミスで 山岸選手に渡ったボールをダイレクトで横のスペースに小さくパス、そこに後方から一気に 走り込んだ前田選手が受けるとそのままトップスピードで裏に抜けGKの股間を抜くシュートを 見事に決めリードを3点に広げる。 12分日本ペナルティエリア正面直ぐ外で山岸選手がハンドを取られエジプトにFKを与える。 13分この後、壁を下げなかった中澤選手にイエローカード。 14分エジプトのFK、ホスニ・アブドラボ選手のシュートがモハメド・ファドル選手に 当たりコースが変わり川口選手が逆を取られゴールを許す。 23分日本の攻撃、日本がエジプトペナルティエリア付近左でボールをキープしながらディフェンス を引き付けて駒野選手がペナルティエリア右のスペースにパス、後方から走りこんでパスを 受けた加地選手がDFをかわしてゴール左にシュートを流し込み試合を決める4点目が入る。 28分山岸選手から橋本選手、鈴木選手から今野選手、遠藤選手から藤本選手に交代。 34分アミル・ザキ選手からアヘド選手に交代。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
今年最後の代表戦を勝利で飾ってくれました。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.17

岡崎選手全治3週間

本日(10月17日)、右足首を負傷していた岡崎選手が病院で精密検査を行った結果、 右足関節捻挫で全治3週間と診断されたとの発表がエスパルスオフィシャルから ありました。 思っていた以上に重症でした。 代表とリーグ戦でこれから重要な試合が続くだけにここでの戦線離脱は本人が一番悔しいで しょうが、今は早期復帰を祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.16

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報5

本日(10月16日)、来季(2008シーズン)の新加入選手として神村学園高校の 永畑祐樹選手が内定した旨の発表がエスパルスオフィシャルからありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 永畑祐樹選手(新人) 神村学園高校
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.15

岡崎選手負傷の為U-22日本代表から離脱

U-22がドーハ入り 岡崎の帰国が決定
sportsnavi.com
U-22日本代表のUAE・カタール遠征に参加している岡崎選手が10月14日の練習中に負傷し、 右足首捻挫でチームを離脱し帰国することが決定したとの報道がありました。 まだ、エスパルスオフィシャルから怪我の程度等の発表はありませんが軽症であることを 願いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jユースサハラカップ2007予選リーグ第3試合

アビスパ福岡U-181-2清水エスパルスユース
(通算成績)1勝0分2敗、勝点3
Jユースサハラカップ2007 第15回Jリーグユース選手権大会
Jリーグオフィシャルホームページ
昨日(10月14日)行われたJユースサハラカップ2007の予選リーグ第3戦でアビスパ福岡U-18と 対戦したエスパルスユースは勝利しました。
Jユースカップ/Jリーグユース選手権大会とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.13

日本代表メンバー発表

【AFC アジア/アフリカチャレンジカップ2007】日本代表メンバー(07.10.13)
日本サッカー協会
本日(10月13日)、AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007エジプト代表戦に臨む日本代表 メンバー21名の発表がありました。
今回、エスパルスから藤本淳吾選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.12

U-18韓国代表に金東燮(キム ドンソプ)選手招集

本日(10月12日)、AFC U-19選手権大会予選に参加するU-18韓国代表に金東燮(キム ドンソプ) 選手が招集された事がエスパルスオフィシャルから発表されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報4

本日(10月11日)、来季(2008シーズン)の新加入選手として流通経済大学付属柏高校の 大前元紀選手が内定した旨の発表がエスパルスオフィシャルからありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 大前元紀選手(新人) 流通経済大学付属柏高校
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦組合せ決定

【第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会】4回戦以降の組合せ決定!(07.10.11)
日本サッカー協会
本日(10月11日)、第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会の組合せ抽選会が行われ、 4回戦でのエスパルスの対戦相手が明治大学に決まりました。
また、静岡県代表のHonda FCの対戦相手は柏レイソルになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.10

U-15日本代表メンバー発表

【AFC U-16選手権大会予選】U-15日本代表チームメンバー(07.10.10)
日本サッカー協会
本日(10月10日)、AFC U-16選手権大会予選に参加するU-15日本代表メンバー23名の発表が ありました。
今回、エスパルスジュニアユースから田代諒選手、柴原誠選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.08

高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

サンフレッチェ広島ユース0-1流通経済大学付属柏高校
高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
日本サッカー協会
本日(10月8日)、9月9日に開幕した高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会の 決勝が行われました。
サンフレッチェ広島ユースと流通経済大学付属柏高校の対戦となった決勝は、 流通経済大学付属柏高校が後半8分大前選手が左サイドをドリブルで駆け上がり深い位置から上げた クロスを小島選手が押し込んだゴールが決勝点となり、優勝を手にしました。 おめでとうございます。
尚、得点王は流通経済大学付属柏高校の大前選手が獲得しました。
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会とは)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦
日本サッカー協会
昨日(10月7日)、第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が行われ、 静岡県代表のHonda FCはJ2の東京ヴェルディ1969に延長戦で勝利しました。
4回戦の対戦チームは10月11日の抽選で決定します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

2007年J1第28節名古屋グランパスエイト戦

清水エスパルス3-0名古屋グランパスエイト
得点者:
(清水)チョ3
(名古屋)-
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、枝村選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、8分名古屋小川選手が児玉選手を倒してイエローカード。 11分後方からのロングフィードで名古屋ペナルティエリア内に侵入した岡崎選手が強烈な シュートを撃つがGKの好セーブで惜しくもゴールならず。 29分清水の攻撃、左サイド兵働選手からのクロスを岡崎選手が競ってファーに出たボールを フリーのチョ選手がゴールに押し込み清水先制。 35分名古屋の攻撃、右サイドスローインのリスタートからショーパスの連携で清水ディフェンスが 振られ金選手が強烈なミドルシュート、これは山本海選手がパンチングで弾く、更に右サイド にこぼれたボールの折り返しを本田選手にボレーで合わされるが左ポストを叩き失点を逃れる。 35分名古屋吉村選手が岡崎選手を倒してイエローカード。 38分市川選手が金選手を足で引っ掛けて倒してしまいイエローカード。 前半はマークがルーズで名古屋ペースで試合が展開しましたが、少ないチャンスを生かし 1点リードして終了しました。
後半、0分名古屋山口選手から杉本選手に交代。 1分名古屋が自陣から清水ゴール前に入れたロングフィードで杉本選手にフリーで裏に抜け出される が山本海選手が身体を張り何とかシュートを撃たせずピンチを逃れる。 4分清水の左CK、フェルナンジーニョ選手のクロスをチョ選手がバックヘッドでゴールに 流し込みリードを2点に広げる。 9分名古屋本田選手と玉田選手のコンビネーションで清水右サイドを崩され、ペナルティエリア 内で本田選手が戻したボールをフリーの中村選手がシュートに行くがバランスを崩してシュートを 撃てず決定的なピンチを逃れる。 14分名古屋金選手が兵働選手を倒してイエローカード。 28分名古屋玉田選手から津田選手に交代。 30分名古屋吉村選手から片山選手に交代。 30分名古屋の攻撃、自陣からのロングフィードで津田選手に裏に抜けられ清水ペナルティエリア 内右に侵入され、山本海選手もかわされて入れられたグラウンダーのクロスを杉本選手が シュート、GKがいないゴールを守る為に戻った高木和選手が何とかクリアしピンチを防ぐ。 32分フェルナンジーニョ選手から藤本選手、岡崎選手から矢島選手に交代。 33分名古屋中村選手が矢島選手を倒してイエローカード。 33分清水のFK、このプレーで清水が右サイドで得たFKを藤本選手がクロス、 チョ選手が高い打点のヘッドでゴールし試合を決める3点目が入る。 チョ選手はこれでハットトリック達成。 41分チョ選手から西澤選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
連敗の悪い流れを断ち切る完封勝ちで勝点3を獲得しました。 試合全体の流れでは名古屋に支配されましたが、少ないチャンスを確実に得点に結びつけ、 また、ディフェンスもリーグ戦初先発となった山本海選手をDFがフォローしながら 良い仕事をしてくれました。 リーグはこれで2週間の中断期間に入りますが、U-22日本代表に選出された4選手は 重要なカタール戦があります。4選手の健闘を願うと共に再び上位を追いかける体勢を 中断期間中に整えてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008シーズンエスパルス補強・移籍情報3

本日(10月7日)、長谷川監督と来季(2008シーズン)以降の監督契約について仮契約を 締結した旨の発表がエスパルスオフィシャルからありました。
(チームに来た人、含む移籍期間延長等)
スタッフ
 長谷川健太監督(契約期間2008年2月1日~2010年1月31日)
  注)2010シーズン(2010年2月1日~2011年1月31日)についてはエスパルスが優先交渉権(オプション権)を有する
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 本田拓也選手(新人) 法政大学
FW
 辻尾真二選手(新人) 中央大学

(チームを離れた人)
スタッフ
 現時点で発表なし
GK
 現時点で発表なし
DF
 現時点で発表なし
MF
 現時点で発表なし
FW
 現時点で発表なし

注)オフィシャルで発表が有った予定者を含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

U-22日本代表メンバー発表

【アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008最終予選)】U-22日本代表メンバー(10/17 対 U-22カタール代表 @カタール・ドーハ)(07.10.05)
日本サッカー協会
本日(10月5日)、アジア男子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選)の U-22カタール代表戦に臨むU-22日本代表メンバー21名の発表がありました。
エスパルスからは山本海人選手、青山直晃選手、枝村匠馬選手、岡崎慎司選手が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.04

第62回国民体育大会サッカー競技少年男子決勝

競技日程
秋田わか杉国体競技記録速報
本日(10月4日)、第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)サッカー競技の少年男子決勝が 行われ、東京選抜が神奈川選抜に勝利し、優勝しました。 おめでとうございます。
尚、3位決定戦では京都選抜が宮崎選抜に勝利しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準決勝1st leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント準決勝1st legが昨日(10月3日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和の試合が行われました。
城南一和天馬(韓国)2-2浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(城南)モタ、キム・ドヒョン
(浦和)田中達、ポンテ(PK)
準決勝1st legで浦和がアウェーで韓国の城南一和天馬と対戦しました。
前半、11分城南の攻撃、城南エンドで坪井選手のトラップが大きくなったところをカットされると 速攻を仕掛けられ、浦和ディフェンスが整う前にゴール前まで持ち込んだイタマル選手のラストパス をフリーで受けたモタ選手にゴールされ城南先制。 前半は浦和の1点ビハインドで終了しました。
後半、8分浦和の攻撃、左サイド平川選手からのクロスを一旦はクリアされるが、セカンドボール を繋ぎ、ポンテ選手が上げたクロスを田中達選手がヘッドでゴール右に決め浦和が同点に追いつく。 20分浦和のFK、クロスに対応したワシントン選手が城南ペナルティエリア内でキム・ドンヒョン 選手に後ろから倒されPKの判定、PKをポンテ選手が決め浦和が逆転する。 36分城南の攻撃、左サイドからのクロスのクリアをモタ選手がミドルシュート、GKが弾いた ボールをキム・ドヒョン選手に押し込まれ同点に追いつかれる。 試合はそのまま終了し引き分けました。
準決勝1st legは引き分けで終わりましたが、浦和がアウェーで貴重な2得点を得て次のホーム での2nd legに臨みます。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.10.03

第62回国民体育大会サッカー競技少年男子準決勝

競技日程
秋田わか杉国体競技記録速報
本日(10月3日)、第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)サッカー競技の少年男子準決勝が 行われ、東京選抜と神奈川選抜がそれぞれ勝利し決勝に進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

第62回国民体育大会サッカー競技少年男子準々決勝

競技日程
秋田わか杉国体競技記録速報
本日(10月2日)、第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)サッカー競技の少年男子準々決勝が 行われ、静岡選抜は東京選抜に敗戦し、残念ながらベスト8で敗退となりました。 選手の皆さんお疲れ様でした。
尚、準決勝は京都選抜-東京選抜、宮崎選抜-神奈川選抜というカードになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.01

第62回国民体育大会サッカー競技少年男子2回戦

競技日程
秋田わか杉国体競技記録速報
本日(10月1日)、第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)サッカー競技の少年男子2回戦が行われ、 静岡選抜は富山選抜に勝利しました。
準々決勝では東京選抜と対戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »