« 2008シーズンエスパルス補強・移籍情報3 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 »

2007.10.07

2007年J1第28節名古屋グランパスエイト戦

清水エスパルス3-0名古屋グランパスエイト
得点者:
(清水)チョ3
(名古屋)-
清水は GK山本海選手、 DF市川選手、青山選手、高木和選手、児玉選手、 MF伊東選手、兵働選手、枝村選手、フェルナンジーニョ選手、 FW曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手、岡崎選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、8分名古屋小川選手が児玉選手を倒してイエローカード。 11分後方からのロングフィードで名古屋ペナルティエリア内に侵入した岡崎選手が強烈な シュートを撃つがGKの好セーブで惜しくもゴールならず。 29分清水の攻撃、左サイド兵働選手からのクロスを岡崎選手が競ってファーに出たボールを フリーのチョ選手がゴールに押し込み清水先制。 35分名古屋の攻撃、右サイドスローインのリスタートからショーパスの連携で清水ディフェンスが 振られ金選手が強烈なミドルシュート、これは山本海選手がパンチングで弾く、更に右サイド にこぼれたボールの折り返しを本田選手にボレーで合わされるが左ポストを叩き失点を逃れる。 35分名古屋吉村選手が岡崎選手を倒してイエローカード。 38分市川選手が金選手を足で引っ掛けて倒してしまいイエローカード。 前半はマークがルーズで名古屋ペースで試合が展開しましたが、少ないチャンスを生かし 1点リードして終了しました。
後半、0分名古屋山口選手から杉本選手に交代。 1分名古屋が自陣から清水ゴール前に入れたロングフィードで杉本選手にフリーで裏に抜け出される が山本海選手が身体を張り何とかシュートを撃たせずピンチを逃れる。 4分清水の左CK、フェルナンジーニョ選手のクロスをチョ選手がバックヘッドでゴールに 流し込みリードを2点に広げる。 9分名古屋本田選手と玉田選手のコンビネーションで清水右サイドを崩され、ペナルティエリア 内で本田選手が戻したボールをフリーの中村選手がシュートに行くがバランスを崩してシュートを 撃てず決定的なピンチを逃れる。 14分名古屋金選手が兵働選手を倒してイエローカード。 28分名古屋玉田選手から津田選手に交代。 30分名古屋吉村選手から片山選手に交代。 30分名古屋の攻撃、自陣からのロングフィードで津田選手に裏に抜けられ清水ペナルティエリア 内右に侵入され、山本海選手もかわされて入れられたグラウンダーのクロスを杉本選手が シュート、GKがいないゴールを守る為に戻った高木和選手が何とかクリアしピンチを防ぐ。 32分フェルナンジーニョ選手から藤本選手、岡崎選手から矢島選手に交代。 33分名古屋中村選手が矢島選手を倒してイエローカード。 33分清水のFK、このプレーで清水が右サイドで得たFKを藤本選手がクロス、 チョ選手が高い打点のヘッドでゴールし試合を決める3点目が入る。 チョ選手はこれでハットトリック達成。 41分チョ選手から西澤選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
連敗の悪い流れを断ち切る完封勝ちで勝点3を獲得しました。 試合全体の流れでは名古屋に支配されましたが、少ないチャンスを確実に得点に結びつけ、 また、ディフェンスもリーグ戦初先発となった山本海選手をDFがフォローしながら 良い仕事をしてくれました。 リーグはこれで2週間の中断期間に入りますが、U-22日本代表に選出された4選手は 重要なカタール戦があります。4選手の健闘を願うと共に再び上位を追いかける体勢を 中断期間中に整えてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 2008シーズンエスパルス補強・移籍情報3 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16684921

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年J1第28節名古屋グランパスエイト戦:

« 2008シーズンエスパルス補強・移籍情報3 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 »