« スルガカップ2007静岡県ユース(U-15)サッカー選手権大会2次ラウンド準決勝・決勝 | トップページ | 2007年J1第27節ヴィッセル神戸戦 »

2007.09.27

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準々決勝2nd leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント準々決勝2nd legが昨日(9月26日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和と川崎の試合が行われました。
全北現代モータース(韓国)0-2浦和レッドダイヤモンズ
得点者:
(全北)-
(浦和)田中達、OG
準々決勝2nd legで浦和がアウェーで韓国の全北現代モータースと対戦しました。
前半、4分浦和の攻撃、浦和が左サイドから上げたクロスを相手DFがクリアミスし、裏に抜けた ボールを全北ゴール前に詰めていたポンテ選手がシュート、一旦はGKに弾かれるがこぼれ球を 田中達選手が押し込み浦和が先制する。 23分チョン・ギョンホ選手がシミュレーションでこの試合2枚目のイエローカードを受け退場 となる。 前半は浦和が1点リードして終了しました。
後半、22分浦和の左CK、ポンテ選手のクロスを阿部選手がジャンピングヘッドで合わそうと したボールがそのまま後方に抜け、ブラインドになったチェ・ジンチョル選手の身体に当たった ボールがそのままゴールに入りオウンゴールで浦和に2点目が入る。 試合はそのまま終了し浦和が勝利しました。
この結果、準々決勝2試合で浦和が2戦2勝トータルスコア4-1で準決勝進出を決めました。 準決勝の対戦相手は韓国の城南一和です。
川崎フロンターレ0-0、延長0-0、PK4-5セパハン(イラン)
得点者:
(川崎)-
(セパハン)-
準々決勝2nd legで川崎がホームでイランのセパハンと対戦しました。
試合は90分を両チーム無得点で終了し2試合180分で決着がつかず、さらに延長戦 でも決着がつかずPK戦に突入し、PK戦を制したセパハンが準決勝進出を決め、 川崎は残念ながらベスト8で敗退となりました。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« スルガカップ2007静岡県ユース(U-15)サッカー選手権大会2次ラウンド準決勝・決勝 | トップページ | 2007年J1第27節ヴィッセル神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16588847

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準々決勝2nd leg:

« スルガカップ2007静岡県ユース(U-15)サッカー選手権大会2次ラウンド準決勝・決勝 | トップページ | 2007年J1第27節ヴィッセル神戸戦 »