« U-18日本代表候補メンバー発表 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 »

2007.09.20

AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準々決勝1st leg

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグの決勝トーナメント準々決勝1st legが昨日(9月19日)試合日を迎え、日本から出場した 浦和と川崎の試合が行われました。
浦和レッドダイヤモンズ2-1全北現代モータース(韓国)
得点者:
(浦和)長谷部、田中達
(全北)チェ・ジンチョル
準々決勝1st legで浦和がホームで韓国の全北現代モータースと対戦しました。
前半、4分浦和の攻撃、右サイド田中達選手のパスをポストの永井選手が戻したボールを 長谷部選手がゴールし浦和先制。 前半は浦和の1点リードで終了しました。
後半、13分浦和の攻撃、左サイドから中央に切り込んだ田中達選手が田中闘選手とのワンツーで 裏に抜けるとそのままシュートをゴール右に決めリードを2点に広げる。 45分全北の左CK、トニ選手のクロスを一旦はクリアするがセカンドボールを拾われミドル シュート、このボールもディフェンスがブロックするがこぼれ球をチェ・ジンチョル選手に 押し込まれる。 試合はそのまま終了し浦和が勝利しました。
準々決勝1st legは浦和が得失点差で1点リードし、次のアウェーでの2nd legに 臨みます。
セパハン(イラン)0-0川崎フロンターレ
得点者:
(セパハン)-
(川崎)-
準々決勝1st legで川崎がアウェーでイランのセパハンと対戦しました。
試合は両チームに決定機がありましたが両チームのGK川島選手、モハマディ選手の好セーブなどで 得点は入らず、スコアレスドローで終了しました。
準々決勝2nd legはイーブンの状態で川崎がホームにセパハンを迎えます。
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« U-18日本代表候補メンバー発表 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16509768

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーグ2007決勝トーナメント準々決勝1st leg:

« U-18日本代表候補メンバー発表 | トップページ | 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 »