« 第22回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »

2007.08.20

FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第1節

U-17日本代表3-1U-17ハイチ代表
得点者:
(日本)岡本、河野、柿谷
(ハイチ)グエムスリー
日本は GK廣永選手、 DF高橋選手、金井選手、鈴木選手、吉田豊選手、 MF岡本選手、水沼選手、山田選手、八反田選手、 FW大塚選手、端戸選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、42分日本のFK、端戸選手が倒されハイチペナルティエリア正面左直外で得たFKで 大塚選手がクイックリスタートを選択し、相手のディフェンスが整う前に岡本選手にパス、 岡本選手がGKのニアを抜くミドルシュートを決め日本先制。 45分ビティエロ選手が水沼選手を倒しイエローカード。 前半は日本が1点リードして終了しました。
後半、19分八反田選手から河野選手に交代。 26分ハイチの攻撃、右サイドから日本ペナルティエリア内にロングスローが入り、 ディフェンスのクリアミスしたボールがゴール前のJ・ピーターソン選手に渡ってしまい、 J・ピーターソン選手が胸で戻したボールをグエムスリー選手にダイレクトでミドルシュートを 決められ同点に追いつかれる。 33分大塚選手から柿谷選手に交代。 36分日本の攻撃、中央岡本選手から右サイドの水沼選手にパス、水沼選手がドリブルでハイチ ペナルティエリア付近まで持ち込みながらDFラインの裏に早いクロスを入れる、このボールを DFとGKがクリアしようとするが交錯して後ろにこぼれ、こぼれ球を河野選手がゴールに押し込み 再びリードを奪う。 38分日本の攻撃、日本がボールキープからチャンスを窺い、左サイド河野選手の裏への スルーパスで抜け出した柿谷選手がGKをかわしてゴールに流し込み決定的な得点が入る。 41分バウド選手からジェラルディ選手に交代。 42分端戸選手から米本選手に交代。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
後半は一転して戦術を変更しオフェンシブにきたハイチに一時は同点に追いつかれましたが、 交代出場した選手の活躍もありハイチを突き放して貴重な勝点3を獲得してくれました。 また、ディフェンスもGK廣永選手を中心に良く身体を張ってハイチの攻撃を最小失点に 食い止めてくれました。 グループステージの残り2試合は更に厳しい戦いが予想されますが、良い試合を期待したいと 思います。 選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第22回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16178349

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第1節:

« 第22回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝トーナメント決勝 | トップページ | U-18日本代表メンバー発表 »