« FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 | トップページ | 第10回日伯友好カップ(8月23日) »

2007.08.23

アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)第1節

U-22日本代表1-0U-22ベトナム代表
得点者:
(日本)青山直
(ベトナム)-
日本は GK山本海選手、 DF青山直選手、水本選手、細貝選手、 MF水野選手、本田拓選手、梶山選手、本田圭選手、柏木選手、 FW平山選手、李選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、ロスタイム日本の右CK、ニアの李選手がDFを引き連れて空けたスペースに柏木選手が 入れたクロスに走り込んだ青山直選手がヘッドで合わせゴールに流し込み日本先制。 前半はディフェンス時にレ・コン・ビン選手1人を残して全員が自陣に引いて守るベトナムに対し、 日本はチャンスを作るもののなかなか得点出来ず、じりじりする様な展開が続きましたが、終了間際 にセットプレーから待望のゴールを上げ1点リードして終了しました。
後半、0分グエン・アン・ドゥク選手からマイ・テュン・タン選手に交代。 20分マイ・スアン・ホップ選手からグエン・クイ・スウ選手に交代。 26分グエン・ミン・チュエン選手からファン・タン・ビン選手に交代。 31分柏木選手から家長選手に交代。 33分李選手から岡崎選手に交代。 43分ベトナムのFK、日本ペナルティエリア正面右で得たFKをグエン・ブ・フォン選手が 壁の右を巻くシュート、山本海選手が逆を突かれかけたが横っ飛びでセーブし事なきを得る。 試合はそのまま終了し勝利しました。
何はともあれ最終予選を勝利でスタートでき、ほっとしました。 ここに来て、決定力と連携に課題が残ることが改めて明らかになってしまいましたが、 次戦でどこまで修正してくれるか注目したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 | トップページ | 第10回日伯友好カップ(8月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16214094

この記事へのトラックバック一覧です: アジア男子サッカー2008 最終予選(北京オリンピック2008 最終予選)第1節:

« FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 | トップページ | 第10回日伯友好カップ(8月23日) »