« Jユースサハラカップ2007予選リーグ第1試合 | トップページ | FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 »

2007.08.23

キリンチャレンジカップ2007日本代表対カメルーン代表

日本代表2-0カメルーン代表
得点者:
(日本)田中闘、山瀬
(カメルーン)-
日本は GK川口選手、 DF加地選手、中澤選手、田中闘選手、駒野選手、 MF阿部選手、鈴木選手、遠藤選手、 FW大久保選手、前田選手、田中達選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、13分加地選手がエトー選手に蹴られて痛み一旦ピッチを出るが間もなく復帰。 25分日本のFK、田中達選手が倒されカメルーンペナルティエリア左外で得たFKを 遠藤選手がシュート性のクロス、ニアで田中闘選手がヘッドで擦らせGKの上を抜くシュートが 決まり日本先制。 35分ムビア選手が空中戦の競り合いで鈴木選手を手で叩きイエローカード。 38分加地選手がエトー選手の突破を手で引っ張り止めてしまいイエローカード。 前半は日本が1点リードして終了しました。
後半、0分駒野選手から今野選手に交代。 0分ムバミ選手からイドリス選手に交代。 5分大久保選手から山瀬選手に交代。 8分ビキー選手からフォトゥシーヌ選手に交代。 14分田中達選手から佐藤選手、前田選手から高松選手に交代。 14分ドゥアラ選手からヌゴム・コメ選手に交代。 18分遠藤選手から中村憲選手に交代。 18分マクン選手からヌゲモ選手に交代。 23分マトゥク選手が高松選手の頭を蹴ってイエローカード。 29分鈴木選手から橋本選手に交代。 29分ジョブ選手からアテバ選手に交代。 44分日本の右CK、中村憲選手のクロスは一旦はDFにクリアされるがセカンドボールを 山瀬選手がダイレクトで強烈なミドルシュート、これがGKの手を弾いて決まる。 ロスタイム田中闘選手がファールを取られた後にボールを蹴り出してしまい遅延行為で イエローカード。このプレーでカメルーンが日本ペナルティエリア直外で得たFKをエトー選手が 直接狙うが川口選手が好セーブで弾き出す。 試合はそのまま終了し日本が勝利しました。
後半はカメルーンにかなり押し込まれましたがディフェンスが踏ん張り、セットプレーからの2得点 で勝利してくれました。 カメルーンはコンディションが万全ではなかった様にも見えましたが、それでも圧倒的な個人能力を 誇るカメルーンを無失点に抑えたのは1つの収穫だと思います。 来月はオーストリア遠征が予定されていますがアウェーでも良い試合を期待したいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« Jユースサハラカップ2007予選リーグ第1試合 | トップページ | FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/16213944

この記事へのトラックバック一覧です: キリンチャレンジカップ2007日本代表対カメルーン代表:

« Jユースサハラカップ2007予選リーグ第1試合 | トップページ | FIFA U-17ワールドカップ韓国2007グループステージ第2節 »