« 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16 | トップページ | Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント決勝トピック »

2006.12.24

第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝鹿島戦

清水エスパルス2-3鹿島アントラーズ
得点者:
(清水)矢島2
(鹿島)田代、本山、柳沢
エスパルスは前戦から平岡選手に代わり青山選手が入った以外は同じスタメンで 試合に臨みました。
前半、10分清水の左CK、藤本選手のクロスを曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手が ヘディングシュートしたボールを最後にファーにいた矢島選手がゴールに押し込み清水先制。 13分鹿島が自陣からのロングフィードで田代選手を走らせ一旦はマークについていた高木和選手が 身体を前に入れてブロックし西部選手にボールを預けるが、そのまま田代選手が西部選手と交錯し ボールがこぼれる、こぼれ球を拾った本山選手にシュートを許すが素早くゴールをカバーした 高木和選手が身体を張ってブロック、更にこぼれ球を田代選手にシュートされるがゴールを外れ 事なきを得る。 16分藤本選手が自陣で得たFKからロングフィードを鹿島ゴール前に入れ、左サイドから鹿島 ペナルティエリア内に走り込んだ高木純選手がワンバウンドしたボールをボレーシュートするが GKの好セーブで惜しくもゴールならず。 41分鹿島ダ・シルバ選手に個人技で持ち込まれミドルシュートを撃たれるが左ポストを叩き 助かる。 前半は1点リードして終了しました。
後半、5分清水の攻撃、自陣ゴール前でパスカットすると一気に右サイドを上がった藤本選手に フィード、藤本選手が相手選手のマークをかわし裏のスペースに出したスルーパスを ペナルティエリア内に進入した矢島選手がダイレクトで右サイドネットにシュートを決め2点目を 上げる。 9分鹿島の右CK、野沢選手のクロスを田代選手にヘッドでゴールを許す。 19分高木純選手から兵働選手に交代。 25分鹿島新井場選手から山本選手、ファビオ・サントス選手から深井選手に交代。 27分鹿島ダ・シルバ選手から柳沢選手に交代。 34分鹿島の攻撃、右サイドからの内田選手のクロスにニアに入り込んできた田代選手をケア しようと西部選手が対応するがボールは後ろに抜け、更にファーにフリーで入り込んだ本山選手に 反応するがゴールを決められ同点に追いつかれる。 35分矢島選手から岡崎選手に交代。 43分鹿島の攻撃、野沢選手のスルーパスで裏に抜けた内田選手のクロスを柳沢選手にゴール され逆転を許す。 44分山西選手から平松選手に交代。 ロスタイム枝村選手が中後選手を倒してしまいイエローカード。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
悔しい逆転負けを喫し、これで2006シーズンのゲームが全て終了してしまいました。 昨年の事を思えば今年はリーグ戦で4位になるなど大いに躍進しましたが、最後に現状の課題を 改めて突きつけられ、来季に向けて更なるレベルアップの必要性を感じさせられた試合に なりました。 2007シーズンのJリーグ開幕はまだ随分先のことの様な気がしていましたが2ヶ月強で また新たな戦いが始まります。 来シーズンは代表関連のイベントもフル代表のアジアカップ、U-22日本代表のオリンピック予選、 U-20日本代表のU-20ワールドカップなど多く予定され、各年代の代表候補の選手は海外遠征や 強化試合も含めると非常にハードな年になることが予想されます。 選手の中には怪我を抱えて離脱中の選手など含めコンディションを落としている選手も いると思いますので、身体のケアをしっかりして来季を迎えてほしいと思います。 それでは選手の皆さん今年1年お疲れ様でした。

|

« 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16 | トップページ | Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント決勝トピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/13177269

この記事へのトラックバック一覧です: 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝鹿島戦:

« 高円宮杯第18回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝トーナメントラウンド16 | トップページ | Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント決勝トピック »