« 2007シーズンエスパルス補強・移籍情報5 | トップページ | 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦FC東京戦 »

2006.12.07

第15回アジア競技大会2006/ドーハ男子サッカー競技ラウンド2第3戦

U-21日本代表1-2U-23北朝鮮代表(OA含む)
得点者:
(日本)一柳
(北朝鮮)ホン・ヨンジョ、キム・ヨンジュン
日本は GK松井選手、 DF辻尾選手、水本選手、青山直選手、一柳選手、 MF青山敏選手、本田圭選手、谷口選手、増田選手、家長選手、 FW平山選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、4分北朝鮮のFK、日本ペナルティエリア正面直ぐ外で与えたFKをホン・ヨンジョ選手に 直接決められ北朝鮮先制。 7分日本の攻撃、中央の青山敏選手から大きく右サイドに展開したパスを受けた本田圭選手がマーク をかわして中に切れ込みながら裏のスペースにパス、裏に走りこんで受けた増田選手からのクロスを 北朝鮮ペナルティエリア内中央で平山選手が相手選手と競り合いつぶれ、ファーに抜けたボールを 一柳選手がマークを背負いながらヘッドでゴールを決め同点に追いつく。 44分本田圭選手がキム・ソンチョル選手を手で引っ張って倒してしまいイエローカード。 前半は同点で終了しました。
後半、0分水本選手から本田拓選手に交代、一柳選手が左SBからCB、家長選手が左SHから 左SB、本田圭選手が右SHから左SH、本田拓選手はボランチに入る(水本選手は左足を痛めた 模様)。 3分本田拓選手が相手選手に手で突かれた報復で足を蹴って倒してしまいイエローカード。 4分キム・チョルホ選手にイエローカード。 5分一柳選手がペナルティエリア内に進入しようとしたホン・ヨンジョ選手をタックルで倒して しまいイエローカード(レッドが出されなくて助かりました)。 18分北朝鮮のFK、日本ペナルティエリア正面外で与えたFKをキム・ヨンジュン選手に 直接決められ北朝鮮に再びリードを許す。 32分青山敏選手から前田選手に交代。 41分キム・チョルホ選手からチョン・スヒョク選手に交代。 44分青山直選手からカレン選手に交代。 ロスタイムキム・ヨンジュン選手からチャン・ビョンイル選手に交代。 試合は直後にタイムアップとなり敗戦しました。
この試合では攻守でのパスミスやペナルティエリア付近でのファールなどが多く、失点もペナルティ エリア付近のファールで相手に与えたFKからでした。 この結果、日本はグループFを2位の成績で終了し、全グループの2位チームの中で5チームが 勝点6で並びましたが得失点差で上位2チームに入ることが出来ず、決勝トーナメント進出を逃して しまいました。 北京オリンピック世代の強化の目的もあったこの大会はこれで終了してしまいましたが、 来年のオリンピック予選で結果が出るようにチームに戻り更なるレベルアップをしてほしいと 思います。 選手の皆さんお疲れ様でした。
エスパルスから参加した選手ですが、青山選手はスタメンで4バックのCBに入り後半44分 までプレーしました。足元の技術や連携などで課題が残った大会になってしまいましたが 何とか次の機会に挽回出来るようにしてくれることを期待します。 また、特別指定選手の辻尾選手はスタメンで右SBに入りフル出場、 本田拓選手はサブで後半開始からボランチで出場しました。 この試合では2人のファールが何れも失点に繋がってしまいましたが、 前戦のシリア戦では勝利に貢献するプレーも見られました。 とにかくこれで下を向かず、また代表に選ばれる様レベルアップしてくれることを期待したいと 思います。

|

« 2007シーズンエスパルス補強・移籍情報5 | トップページ | 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/12960113

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回アジア競技大会2006/ドーハ男子サッカー競技ラウンド2第3戦:

» パリの恋人は素晴らしい恋愛ドラマです。必見! [パリ 恋人 パリの恋人は王道恋愛ドラマ]
パリの恋人は恋愛ドラマが好きな人にとってとてもストライクゾーンにはまる、そんなドラマです。パリ恋についてちょっと話させてくださいな。 [続きを読む]

受信: 2006.12.07 21:51

« 2007シーズンエスパルス補強・移籍情報5 | トップページ | 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦FC東京戦 »