« Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント2回戦トピック | トップページ | ココログメンテナンス »

2006.12.04

第15回アジア競技大会2006/ドーハ男子サッカー競技ラウンド2第2戦

U-21日本代表1-0U-23シリア代表(OA含む)
得点者:
(日本)平山
(シリア)-
日本は GK松井選手、 DF辻尾選手、水本選手、青山直選手、一柳選手、 MF本田拓選手、高萩選手、谷口選手、増田選手、本田圭選手、 FW平山選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、19分増田選手がジェナヤート選手を倒してしまいイエローカード。 24分アラヤ選手が辻尾選手を倒しイエローカード。 25分高萩選手がアルフセイン選手を倒してしまいイエローカード。 33分一柳選手のクロスがゴール前の混戦を抜けてファーにいた高萩選手に渡り強烈なシュートを 撃つがゴールマウスに入っていたDFにクリアされ惜しくもゴールならず。 前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、20分アルアガ選手からラーフェ選手に交代。 24分アルミンナ選手からアヤン選手に交代。 32分日本の攻撃、左サイドの本田圭選手からのクロスを平山選手がヘディングシュート、 GKがパンチングでクリアしたボールが後ろに流れ、ゴールする前に素早く反応したGKに掻き 出されたかと一瞬思われたがゴールラインを割っておりゴールが認められ日本に待望の先制点が 入る。 40分アルサイエド選手からアルハマウィ選手に交代。 42分シリアペナルティエリア内で高萩選手のパスを受けた谷口選手がシュートを撃つが 惜しくもゴール左に外れる。 43分青山直選手がラーフェ選手との接触で腰を痛めたか座り込んでいたが大事に至らずプレーに 復帰。 45分日本がシリアエンド左サイドで得たFK、本田圭選手のクロスを平山選手がヘッドで 叩きつけたシュートはGKにセーブされ、更にこぼれ球に詰めた高萩選手がシュートするが ゴール左に外れる。 45分増田選手から細貝選手に交代。 ロスタイム日本のFKのリスタート時に高萩選手がキックするまで時間をかけた事が遅延行為 を取られ2枚目のイエローカードを受け退場となる。 試合は直後にタイムアップとなり勝利しました。
最後に厳しい判定で退場者を出してしまいましたが、この勝利で日本は勝点6とし決勝トーナメント 進出を大きく近づけました。 次戦の北朝鮮戦は引き分け以上で決勝トーナメント進出条件をクリアしますが ぜひ勝利で決めてほしいと思います。 それでは選手の皆さんお疲れ様でした。
エスパルスから参加した選手ですが、青山選手はパキスタン戦の怪我の状態を心配しましたが スタメンで4バックのCBに入りフル出場し、ハイボールの処理を誤り危ない場面もありましたが 身体を張った守備で勝利に貢献しました。 また、特別指定選手の辻尾選手はスタメンで右SBに入りフル出場し、3トップで早めに前線に ボールを入れて攻めてくるシリアのFWをケアする為なかなか攻撃参加は出来ませんでしたが、 守備で勝利に貢献しました。 同じく特別指定選手の本田拓選手はスタメンでボランチに入りフル出場しました。 中盤でゲームメークするアルミンナ選手の守備に相当苦労させられていましたが、 攻守の繋ぎで頑張っていたと思います。

|

« Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント2回戦トピック | トップページ | ココログメンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/12929827

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回アジア競技大会2006/ドーハ男子サッカー競技ラウンド2第2戦:

« Jユースサハラカップ2006決勝トーナメント2回戦トピック | トップページ | ココログメンテナンス »