« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第5節 | トップページ | 枝村選手全治10日間 »

2006.11.13

AFCユース選手権インド2006決勝トーナメント決勝

U-19日本代表1-1、延長0-0、PK3-5U-19北朝鮮代表
得点者:
(日本)柏木
(北朝鮮)リ・チョルミョン
AFCユース選手権2006公式
日本は GK林選手、 DF内田選手、青山選手、福元選手、堤選手、 MF田中選手、柏木選手、森重選手、梅崎選手、 FW森島選手、青木選手 というスタメンで試合に臨みました。
前半、3分北朝鮮の攻撃、FKから日本ゴール前に入れたロングフィードを青山選手が大きく クリア、セカンドボールを拾ったリ・チョルミョン選手が30m程の距離から意表をついた シュートを撃ち、このボールにポジションを前目に取っていた林選手が対応し切れずゴールを 許し北朝鮮先制。 14分北朝鮮が左サイドから日本ペナルティエリア内右に入れたクロスをフリーのユン・ヨンイル 選手にボレーでシュートされるがゴール左に外れる。 25分青山選手が裏に抜けようとしたキム・クムイル選手と競りながらペナルティエリア内で 倒してしまうがPKは取られずノーファールで助かる。 34分日本の攻撃、青山選手からのパスを右サイドで受けた青木選手がキープしながら ディフェンスを引き付け田中選手にパス、田中選手がSBの裏のスペースにダイレクトでパスを 出すと受けた柏木選手がドリブルで持ち込み個人技でディフェンス2人をかわしてシュートを ゴール右隅に決め日本が同点に追いつく。 前半は北朝鮮のプレスに苦しみほとんどチャンスらしいチャンスが作れず、逆に 何度も危ない場面を作られましたが何とか序盤の失点を挽回して同点で終了しました。
後半、10分右サイドを上がってきたユン・ヨンイル選手をフリーにしてしまい シュートを許すが林選手が好セーブで弾き返す。 11分右サイドのユン・ヨンイル選手からのクロスが直接クロスバーを叩き、折り返しを パク・チョルミン選手にヘッドでシュートされる、林選手が反応するがそのまま後ろに 抜けたボールはゴール右に外れる(ゴールキックになったのでクロスが上がった時点で ゴールラインを割っていた模様)。 12分左サイド柏木選手からのパスを北朝鮮ペナルティエリア内左隅で受けた梅崎選手が シュートするがGKの好セーブでゴールならず。 14分森島選手からハーフナー選手に交代。 20分パク・チョルミン選手からキム・グクチン選手に交代。 31分青木選手から伊藤選手に交代。 32分日本が左サイドで得たFK、田中選手のクロスを森重選手がヘディングシュートするが 左ポストに弾かれ、更にこぼれ球を福元選手が押し込もうとするがゴールマウスに入っていたDFに 弾かれ惜しくもゴーらならず。 41分北朝鮮がポストから裏に出したパスに走り込んだキム・クムイル選手がペナルティエリア内に 進入しシュートするが林選手が好セーブで弾き出す。 43分キム・キョンイル選手からチェ・ミョンホ選手に交代。 試合は90分で決着がつかず延長戦に突入しました。
延長前半、5分森重選手がチョン・チョルミン選手を蹴ってしまいイエローカード。 9分チェ・ミョンホ選手に裏に抜け出されシュートを許すが、シュートはゴール左に外れ助かる。 15分右サイドチェ・ミョンホ選手のクロスをフリーで裏に抜け出したキム・クムイル選手が ヘディングシュートするが、シュートは林選手が正面でキャッチし事なきを得る。 日本は北朝鮮に決定的チャンスを許しましたがシュートミスで救われ無失点で延長後半に 入りました。
延長後半、4分右サイド梅崎選手からのグラウンダーのクロスを後方から飛び込んだ田中選手が ニアで合わせて押し込もうとするが僅かにゴールを外れる。 12分森重選手が両足を攣りピッチを出る。 13分森重選手から柳澤選手に交代。 ロスタイムユン・ヨンイル選手からパク・セヨン選手に交代。 試合は延長戦でも決着がつかずPK戦に突入しました。
PK戦は4人終了して北朝鮮が全員成功したのに対し日本が1人失敗して迎えた5人目で 先行の北朝鮮がPKを成功させ日本の敗戦が決まってしまいました。

北朝鮮 ○○○○○|5
日本  ×○○○-|3
北朝鮮)チェ・ミョンホ成功、チョン・グァンイク成功、リ・グァンヒョク成功、チョン・チョル ミン成功、リ・チョルミョン成功
日本)梅崎失敗(GKセーブ)、ハーフナー成功、伊藤成功、田中成功

残念ながら優勝は逃してしまいましたが、この敗戦の悔しさを来年のFIFA U-20ワールドカップで 挽回してくれることを期待したいと思います。
エスパルスから参加した2選手ですが、 山本真選手はサブで準決勝に続き出場機会はありませんでした。 また、武田選手もサブで今大会最後まで出場機会はありませんでした。 この大会を終えた今、同世代の選手でレギュラーを掴んでいる選手と比べ自分に何が足りないのか、 どこを伸ばせば良いのかを考え、今後チームに戻り更なるレベルアップをして来年カナダのピッチに 立ってくれることを期待したいと思います。
最後に選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

|

« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第5節 | トップページ | 枝村選手全治10日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/12669811

この記事へのトラックバック一覧です: AFCユース選手権インド2006決勝トーナメント決勝:

« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第5節 | トップページ | 枝村選手全治10日間 »