« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第4節 | トップページ | AFCユース選手権インド2006決勝トーナメント準々決勝 »

2006.11.05

第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦栃木SC戦

清水エスパルス6-4栃木SC
得点者:
(清水)矢島2、藤本2、マルキーニョス2
(栃木)只木、吉田、茅島、永井
エスパルスのスタメンは前戦のリーグ戦から青山選手、曺宰溱(チョ ジェジン)選手に代わり 岩下選手、矢島選手が入り試合に臨みました。
前半は栃木の守備に苦しみ、なかなかチャンスを作れず無得点で終了しました。
後半、14分清水の右CK、藤本選手のクロスを矢島選手がマークを外してニアでヘッドで 合わせゴールに流し込み清水先制。 18分栃木西川選手から永井選手に交代。 23分高木純選手から久保山選手に交代。 23分清水の攻撃、清水ゴールキックから速攻を仕掛け、ポストのマルキーニョス選手が裏に 流したパスに走り込んだ藤本選手が冷静にゴールし追加点を上げる。 27分清水の攻撃、矢島選手が自陣で相手ボールをカットするとそのまま栃木ゴール前まで ドリブルで持ち込みディフェンス3人を引き付けて左サイドフリーのマルキーニョス選手にパス、 マルキーニョス選手がGKの手が届かないコースに素晴らしいシュートを決めリードを3点に 広げる。 27分栃木照井選手から佐野選手に交代。 28分清水の攻撃、相手のパスをカットするとカウンターを仕掛け、マルキーニョス選手の 裏へのスルーパスに抜け出した矢島選手が冷静にGKをかわしてゴールに流し込み4点目が 入る。 30分栃木の攻撃、左サイド永井選手のミドルシュートを西部選手が弾いたこぼれ球を 只木選手に押し込まれ1点返される。 31分枝村選手が相手選手を倒してしまいイエローカード。 34分矢島選手から岡崎選手に交代。 35分栃木の攻撃、速攻から左サイド永井選手のアーリークロスを裏で吉田選手に合わされ ゴールを許し2点差に追い上げられる。 38分栃木久保田選手から茅島選手に交代。 39分清水の攻撃、西部選手のロングフィードから右サイドでパスを繋ぎ裏に抜けた岡崎選手が シュート、ゴール前の混戦でこぼれたボールに詰めた藤本選手が押し込み再びリードを3点に 広げる。 41分藤本選手から財津選手に交代。 42分栃木の攻撃、栃木のゴールキックで清水ゴール前に入れたボールをクリアするが セカンドボールをバイタルエリアでカットされ裏へのスルーパスに抜け出した茅島選手が シュート、西部選手がパンチングでクリア仕切れずゴールを許し再び2点差に迫られる。 43分清水のFK、栃木エンド右サイドで得たFKを市川選手がクロス、プルアウェーの動きで マークを外したマルキーニョス選手がヘッドでゴールし再び3点差に引き離す。 ロスタイム栃木のFK、素早いリスタートで左サイドからアーリークロスを上げられると フリーの永井選手にボレーシュートを決められる。 試合はそのまま終了し勝利しました。
4点リードした後の試合運びにかなり課題を残してしまいましたが、何れにしても久しぶりの 勝利で5回戦進出を決めました。5回戦の対戦相手はFC東京です。
来週からまたリーグが再開するので今日のことを教訓に残り5試合を戦い1つでも多く勝利 してくれることを期待したいと思います。 選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第4節 | トップページ | AFCユース選手権インド2006決勝トーナメント準々決勝 »

コメント

こんにちわ(*^^)v初めまして(~o~)
天皇杯始まりましたねぇ(^^♪
天皇杯。そして、残り少ないリーグ戦鍵を握っているのは、《平松康平》奴はやりますよ(~o~)
結構調子良くて使わないって、健太監督と不仲なのかと
疑ってしまう程です。
健太監督、1度でいいのでスタメンで・・・

投稿: TOMMY | 2006.11.06 10:46

>TOMMYさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
平松選手はユースの頃から期待しているのですが
なかなか苦労していますね。
どこかでブレークしてくれることを私も願いたい
と思います。

投稿: tokusan | 2006.11.06 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/12565031

この記事へのトラックバック一覧です: 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦栃木SC戦:

« Jユースサハラカップ2006予選リーグ第4節 | トップページ | AFCユース選手権インド2006決勝トーナメント準々決勝 »