« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第2戦 | トップページ | 曺宰溱(チョ ジェジン)選手2ゴール »

2006.09.07

AFCアジアカップ2007予選第4戦イエメン代表戦

イエメン代表0-1日本代表
得点者:
(イエメン)-
(日本)我那覇
日本はフォーメーションを3-5-2にし、 FW巻選手、田中達選手、 MF三都主選手、鈴木選手、遠藤選手、羽生選手、加地選手、 DF田中闘選手、坪井選手、阿部選手、 GK川口選手というスタメンで試合に臨みました。
前半、32分右サイド深い位置からの田中達選手のクロスをフリーの巻選手がヘッドで合わすが ゴール左に外れる。 34分ワシム選手にイエローカード。 前半はイエメンの守り重視の戦術に加えて荒れたピッチにも苦しみ、ほとんど決定機を作れず 無得点で終了しました。
後半、0分田中達選手から佐藤選手に交代。 18分アリシェリ選手からヤセル選手に交代。 28分羽生選手から我那覇選手に交代。 32分アルオムキ選手からラドワン選手に交代。 39分アルワ選手からアルマング選手に交代。 ロスタイム日本の攻撃、坪井選手のゴール前へのロングフィードを巻選手がヘッドで裏に出し、 このボールを裏に抜けて受けた我那覇選手がGKの逆を突くシュートをゴール左に流し込み 日本が待望の先制点を上げる。 ロスタイム巻選手から梅崎選手に交代。 試合は直後に終了し勝利しました。
引き分けかと思った試合をロスタイムのゴールで勝ち、予選突破を大きく引き寄せました。 この試合でも連携ミスやパスミスなどから思う様な攻撃が出来ない日本でしたが、 まずはアジアの頂点を目指せるチームを来年までに作れる様に、 次はもう少し落ち着いて良いゲームをしてくれることを期待したいと思います。 相当コンディション的に厳しいゲームだったでしょうが選手の皆さんお疲れ様でした。
【追加】2006.09.07
日本代表の試合後に行われたサウジアラビア代表-インド代表戦でサウジアラビア代表が勝利した ため日本代表の2位以内が確定(イエメン代表と勝点9で並ぶ可能性もありますが直接対決の成績 で日本代表が上回るため)し、予選突破が決定しました。

|

« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第2戦 | トップページ | 曺宰溱(チョ ジェジン)選手2ゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/11791286

この記事へのトラックバック一覧です: AFCアジアカップ2007予選第4戦イエメン代表戦:

« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第2戦 | トップページ | 曺宰溱(チョ ジェジン)選手2ゴール »