« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第1戦 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »

2006.09.04

AFCアジアカップ2007予選第3戦サウジアラビア代表戦

サウジアラビア代表1-0日本代表
得点者:
(サウジ)アルドサリ
(日本)-
日本はフォーメーションを4-4-2にし、 FW巻選手、田中達選手、 MF三都主選手、鈴木選手、阿部選手、遠藤選手、 DF駒野選手、田中闘選手、坪井選手、加地選手、 GK川口選手というスタメンで試合に臨みました。
前半、30分左サイド巻選手のスルーパスを裏で受けた三都主選手がGKとDFラインの間に グラウンダーのクロスを入れ、田中達選手が身体で押し込もうとするがGKの好セーブで弾き 出される。 34分田中達選手が右サイドをドリブルで深い位置まで持ち込み、戻したボールを遠藤選手が ミドルシュート、シュートは良いコースに飛んだがGKに片手で弾き出され惜しくもゴールならず。 42分ポストの田中達選手が楔を受け裏のスペースに抜け出そうとした三都主選手にパス、 このパスはDFにカットされるがルーズボールを田中達選手が奪いシュート、シュートは 僅かにゴール左に外れ得点ならず。 日本は序盤からミスが目立ち、なかなかチャンスを作れませんでしたが、終盤に得点には繋がり ませんでしたが何度か決定機を作りました。 ディフェンスではサウジに右サイドを崩されピンチを招くケースが何度かありましたが、サウジの クロスの精度が低く、またDFの粘りもあり無失点で抑え前半を終了しました。
後半、3分川口選手がパスミスでスライマニー選手にボールを渡してしまい、そのままミドル シュートを撃たれるが自分で処理しピンチを防ぐ。 10分ガムディ選手からアル・ハクバニ選手に交代。 14分ハスラーン選手からアブドー選手に交代。 21分田中達選手から佐藤選手に交代。 26分エイサ選手からスワイレ選手に交代。 28分サウジの攻撃、右サイドのドウキ選手からバイタルエリアでフリーのアミーン選手にパス、 アミーン選手のシュートは田中闘選手がブロックするがこぼれ球がペナルティエリア右でフリーの アルドサリ選手に渡ってしまい、ゴールを決められサウジ先制。 29分巻選手から我那覇選手に交代。 33分アルドサリ選手にイエローカード。 36分鈴木選手から羽生選手に交代。 45分加地選手のクロスを我那覇選手がヘディングシュートするがゴール左に外れる。 ロスタイムダイレクトプレーから最後、羽生選手がシュートするがGKに弾かれる。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
後半中頃から足が止まる選手が出始め、失点シーンもアミーン選手のマークに対応する 選手の動きが遅れたためフリーでシュートを撃たれた所からでした。 終盤、日本も何とか同点に追いつこうとしましたが引いて守るサウジに対し、ミスも出て 結局得点を上げることが出来ず、勝点を上げることは出来ませんでした。
次戦のイエメン戦は2300mの高地での試合となるのでまた厳しい環境での試合となりますが、 予選突破の為に勝点を上げらなければいけない試合になりました。 コンディション的に厳しい試合が続きますが頑張ってほしいと思います。

|

« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第1戦 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/11757109

この記事へのトラックバック一覧です: AFCアジアカップ2007予選第3戦サウジアラビア代表戦:

« AFC U-17選手権シンガポール2006グループステージ第1戦 | トップページ | U-19日本代表候補メンバー発表 »