« 高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会1次ラウンド第2日トピック | トップページ | 北京オリンピック2008アジア予選組合せ »

2006.09.16

2006年J1第23節鹿島アントラーズ戦

清水エスパルス1-2鹿島アントラーズ
得点者:
(清水)枝村
(鹿島)フェルナンド、野沢
エスパルスは前節のスタメンから出場停止が解けた曺宰溱(チョ ジェジン)選手が 矢島選手に代わり入った以外は同じメンバーで試合に臨みました。 サブには前節奮闘した矢島選手、リーグ戦2戦目のアレシャンドレ選手の他、和田選手が 久しぶりに登録されました。
前半、30分市川選手が相手選手との接触プレーで左目上付近から出血するが、ピッチを出て治療し まもなく復帰。 34分藤本選手が直前のプレーで右足太股裏を負傷(カウンターを仕掛けた時に相手のクリア前に 足を止め、足を引き摺りながら歩いていたので肉離れかもしれません)し、短時間プレーを続けて いたが高木純選手と交代する。 37分鹿島田中選手が青山選手を倒してイエローカード。 44分鹿島の攻撃、清水ゴール前でポストからボールを受けた深井選手が混戦から離れる様な ドリブルでボールをキープしながら下がりフリーのフェルナンド選手にパス、フェルナンド選手に ミドルシュートをゴール左隅に決められ鹿島先制。 フェルナンド選手をフリーにしてしまったのはマークのミスでしょうが、それにしても凄いシュート でした。 前半は1点のビハインドで終了しました。
後半、3分マルキーニョス選手が裏に抜けて決定的なシュートを撃つがGKの好セーブで 防がれる。 12分鹿島ダシルバ選手にイエローカード(遅延行為か?)。 15分鹿島の攻撃、バイタルエリアでボールを持った野沢選手に個人技でDFがかわされ、 前目にポジションを取っていた西部選手の上を抜くループ気味のミドルシュートを決められる。 17分鹿島のカウンターから深井選手に決定的なヘディングシュートを撃たれるが西部選手が 好セーブで弾く。 18分兵働選手からアレシャンドレ選手に交代。 23分鹿島田中選手から柳沢選手、ダシルバ選手からアレックスミネイロ選手に交代。 24分清水の攻撃、右サイドハーフウェーライン付近にいた枝村選手が左サイド裏のスペースに ロングフィード、追いついた高木純選手が深い位置からクロス、GKが弾くがこぼれ球を 市川選手が折り返しマルキーニョス選手が更に中央にヒールパスで入れる、パスはディフェンスに 一旦当たるがルーズボールを枝村選手がボレーシュート、ボールはゴールに入っていた 岩政選手にクリアされるがその前に既にゴールラインを割っていたとの判定でゴールが認められ 反撃の1点が入る。枝村選手が長い距離を走って良くゴール前に詰めていました。 35分鹿島深井選手から中後選手に交代。 36分山西選手から矢島選手に交代。 試合は終盤うまく鹿島に時間を使われてしまい逃げ切られ敗戦しました。
2点のビハインドから1点差まで追い上げましたが、残念ながら勝点を得ることが出来ず、 上位との差が少し開いてしまいました。 鹿島の勝負強さというか、したたかさを見せられたゲームでした。 清水も確実に強くなって来ているとは思いますので、今後は勝負強さを身につけ、 より一層レベルアップしてほしいと思います。
尚、負傷交代した藤本選手ですが、まだ怪我の程度がオフィシャルから発表されませんが、 監督インタビューを見るとしばらく出場が難しそうなので少しでも早い復帰を祈りたいと 思います。
それでは選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会1次ラウンド第2日トピック | トップページ | 北京オリンピック2008アジア予選組合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/11920760

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年J1第23節鹿島アントラーズ戦:

« 高円宮杯第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会1次ラウンド第2日トピック | トップページ | 北京オリンピック2008アジア予選組合せ »