« 平成18年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技決勝 | トップページ | 第30回全日本少年サッカー大会決勝大会1次ラウンド »

2006.08.08

A3チャンピオンズカップ2006第3日

本日(8月8日)、A3チャンピオンズカップ2006の第3戦(最終戦)2試合が千葉、G大阪、蔚山の 3チームに優勝の可能性がある状況の中で行われました。
大連実徳(中国)0-4蔚山現代ホランイ(韓国)
得点者:
(大連)-
(蔚山)イ チョンス2、レアンドロ、チェ ソングク
前半、33分蔚山の攻撃、チェ ソングク選手の裏へのスルーパスに抜け出したイ チョンス選手が 冷静にゴールを決め蔚山先制。 41分蔚山のCK、CKのセカンドボールを繋ぎイジョンミン選手のクロスをレアンドロ選手が ヘッドでゴールする。 前半は蔚山が2点リードして終了しました。
後半、2分蔚山の攻撃、左サイドをパク ギュソン選手が個人技で裏に抜けGKとDFラインの間に グラウンダーのクロスを入れ、チェ ソングク選手がファーで合わせて3点目が入る。 26分蔚山の攻撃、左サイドをパク ギュソン選手が突破してクロス、ファーでチェ ソングク選手が ヘディングシュートしGKが弾いたこぼれ球をイ チョンス選手がボレーでゴールに押し込む。 試合はそのまま終了し蔚山が勝利しました。
この結果、3試合を終了して、蔚山(勝点6、得失点差+9、総得点12)、大連(勝点1、 得失点差-5、総得点4)となりました。
ガンバ大阪2-0ジェフユナイテッド市原・千葉
得点者:
(G大阪)遠藤、播戸
(千葉)-
直前に行われた大連-蔚山戦の結果を受けて優勝条件は、千葉は勝利し勝点を7にすること、 G大阪は14点差以上で勝利することとなり、優勝の可能性は実質千葉と蔚山に絞られ ました。
前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、21分G大阪の攻撃、千葉ペナルティエリアのすぐ外で得たFKを遠藤選手が直接ゴールし G大阪先制、千葉は優勝のために2点が必要になる。 24分G大阪の明神選手の突破を千葉ペナルティエリア内で阿部選手が倒してPKの判定、 遠藤選手のPKを立石選手が止め、千葉は優勝の可能性を繋ぐ。 26分千葉の坂本選手の突破をG大阪ペナルティエリア内で宮本選手が倒してPKの判定、 阿部選手がPKを大きくふかしてしまいゴールならず。 36分G大阪の攻撃、右サイドからの遠藤選手のクロスを播戸選手がダイビングヘッドで ゴールする。 試合はそのまま終了しG大阪が勝利しました。
この結果、3試合を終了してG大阪(勝点6、得失点差-3、総得点5)、 千葉(勝点4、得失点差-1、総得点5)となりました。
最終順位は優勝:蔚山現代ホランイ(韓国)、準優勝:ガンバ大阪、 3位:ジェフユナイテッド市原・千葉、4位:大連実徳(中国)です。
A3チャンピオンズカップとは)

|

« 平成18年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技決勝 | トップページ | 第30回全日本少年サッカー大会決勝大会1次ラウンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/11342066

この記事へのトラックバック一覧です: A3チャンピオンズカップ2006第3日:

« 平成18年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技決勝 | トップページ | 第30回全日本少年サッカー大会決勝大会1次ラウンド »