« 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月25日) | トップページ | 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月26日) »

2006.08.26

2006年J1第20節FC東京戦

清水エスパルス2-0FC東京
得点者:
(清水)チョ2(PK1)
(東京)-
エスパルスは前節と同じスタメンで試合に臨みました。
前半、12分東京徳永選手がペナルティエリア内に進入した藤本選手を足で引っ掛けて倒しPKの 判定、徳永選手にイエローカード。 これで得たPKをマルキーニョス選手が蹴るがゴール上にふかしてしまい得点ならず。 19分マルキーニョス選手にイエローカード。 ロスタイム清水の右CK、兵働選手のクロスに合わせようとしたマルキーニョス選手をペナルティ エリア内で徳永選手が倒したと判定されPK、徳永選手がこのプレーで2枚目のイエローカードを 受け退場。 PKを曺宰溱(チョ ジェジン、以降チョと省略)選手が蹴り、GKが触るがそのままゴールに 決まり清水が先制する。 前半は1点リードして終了しました。
後半、0分東京赤嶺選手から伊野波選手に交代。 16分伊東選手にイエローカード。 30分東京川口選手から宮沢選手に交代。 32分清水の攻撃、左サイドチョ選手がドリブルで東京ゴール前まで持ち込み裏のスペースにパス、 藤本選手が深い位置から戻したボールをフリーのチョ選手が右足インサイドでゴール右サイドネット にシュートを決めリードを2点に広げる。 34分マルキーニョス選手から久保山選手に交代。 36分東京茂庭選手から増嶋選手に交代。 38分チョ選手から矢島選手に交代。 ロスタイム藤本選手から高木純選手に交代。 試合はそのまま終了し勝利しました。
前節のことがあったので2点目が入るまでは追いつかれないか大変気になりましたが、無失点に抑え ホームで貴重な勝点3を獲得してくれました。 上位も勝利したため勝点差は詰まりませんでしたが、この調子を維持して次節も勝利を 期待したいと思います。 選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月25日) | トップページ | 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/11619956

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年J1第20節FC東京戦:

« 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月25日) | トップページ | 第9回ブラジル-日本友好カップ(8月26日) »