« 2006FIFAワールドカップ(6月27日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(7月1日) »

2006.07.01

2006FIFAワールドカップ(6月30日)

決勝トーナメント 準々決勝
ドイツ代表(A1)1-1、延長0-0、PK4-2アルゼンチン代表(C1)
得点者:
(ドイツ)クローゼ
(アルゼンチン)アジャラ
ドイツは前戦と同じスタメンで試合に臨みました。
対するアルゼンチンは前戦のスタメンからカンビアッソ選手、スカローニ選手、サビオラ選手に 代わりL・ゴンサレス選手、コロッチーニ選手、テベス選手が入りました。
前半、両チーム非常に守備意識が強く、FWも守備に回る場面も見られ、攻撃の芽を確実に潰し 合う形で前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、4分アルゼンチンのCK、リケルメ選手のクロスがニアで競ったクレスポ選手の頭上を越えて 後方のアジャラ選手の所へ抜け、アジャラ選手がクローゼ選手と競りながら身体を投げ出すよう にして先にヘッドで合わせてゴールに押し込みアルゼンチン先制。 19分ドイツのCK時、アルゼンチンGKアボンダンシエリ選手がクローゼ選手と接触し左腰か 脇腹を痛めるがまもなくゲームに復帰。 26分アボンダンシエリ選手がプレー続行出来なくなり急遽フランコ選手と交代。 28分アルゼンチンがドイツDFラインの横パスをカットし最後M・ロドリゲス選手がシュート するが僅かにゴール右サイドネットに外れる。 35分ドイツの攻撃、左サイドでバラック選手がスローインで入れたボールを再び受けクロス、 ボロフスキ選手がヘッドで前に送ったボールをソリン選手のマークを外したクローゼ選手が ヘッドで押し込みドイツが遂に同点に追いつく。 試合は同点で延長戦に入りました。
延長、後半から左足を引き摺りながらプレーしていたバラック選手が延長後半11分一旦ピッチを 出て治療する。 延長戦はアルゼンチンが押し気味に試合を進めましたが決定機をなかなか作れず PK戦に突入しました。
PK戦はドイツが4人連続で成功したのに対してアルゼンチンが2人外し、 ドイツが接戦を制して準決勝に進出しました。

ドイツ    ○○○○-|4
アルゼンチン ○×○×-|2
ド)ノイビル成功、バラック成功、ポドルスキ成功、ボロフスキ成功
ア)クルス成功、アジャラ失敗(GKセーブ)、M・ロドリゲス成功、カンビアッソ失敗(GK セーブ)

試合終了後、乱闘騒ぎになりアルゼンチンのクフレ選手が退場処分を受けたのは残念でしたが、 お互いの意地のぶつかり合いが見られた試合でした。 バラック選手の怪我の状態が心配ですが、ぜひ次の試合でも出場してくれることを期待したいと 思います。
決勝トーナメント 準々決勝
イタリア代表(E1)3-0ウクライナ代表(H2)
得点者:
(イタリア)ザンブロッタ、トニ2
(ウクライナ)-
イタリアのスタメンはマテラッツィ選手が出場停止、ネスタ選手が負傷のためCBには前戦途中 出場のバルザーリ選手が入り、トニ選手の1トップ、トップ下にトッティ選手、 MFにカモラネージ選手が入り4-4-1-1のフォーメーションで試合に臨みました。
ウクライナのスタメンは出場停止が解けたルソル選手とスヴィデルスキ選手がDFに復帰し、 ヴォロニン選手が負傷(太股の肉離れで全治2週間)のためFWにはミレフスキ選手、 MFにヴォロベイ選手に代わってグシン選手が入りました。
前半、6分イタリアの攻撃、ハーフウェーライン付近右サイドでパスを受けたザンブロッタ選手が ワンツーで相手ディフェンスをかわしながらフリーでウクライナゴール前までドリブルで持ち上がる とそのままDFの股間を抜くミドルシュート、GKが僅かに触るがゴール右隅に決まり いきなりイタリアが先制する。 ロスタイム数分前のプレーで右足を痛めながらプレーを続けていたウクライナのルソル選手が ピッチに座り込み、ヴァシュチュク選手に交代。 前半はイタリアが1点リードして終了しました。
後半、5分ウクライナの攻撃、クロスをファーでフリーのグシン選手がヘッドで押し込もうと するがブッフォン選手が好セーブを見せゴールならず。 13分ウクライナの攻撃、イタリアゴール前の混戦から抜け出したグセフ選手がシュート、 GKが弾くがこぼれ球を再度カリニチェンコ選手がシュート、このボールをゴールに入っていた ザンブロッタ選手が弾き出しゴールならず。 14分イタリアのCK、ショートコーナーからトッティ選手のクロスをトニ選手がヘッドで ゴールしイタリアが追加点を上げる。 17分ウクライナの右FK、クロスをグシン選手がヘッドで合わせるがクロスバーを叩き ゴールならず。 24分イタリアの攻撃、左サイドのスローインからパスを繋いで裏に抜けたザンブロッタ選手が ドリブルでペナルティエリア内に進入しクロス、トニ選手がゴールに押し込みイタリアに決定的な 3点目が入る。 35分ウクライナのFK、シェフチェンコ選手が直接ゴールを狙う強烈なシュートを撃つが GK正面でパンチングで防がれる。 試合はそのまま終了しイタリアが勝利しました。
イタリアが後半、あまり出場機会がなかったサブの選手を試す余裕を見せ、完勝しました。 これで準決勝はドイツ-イタリアになりました。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月27日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(7月1日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10748042

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月30日):

« 2006FIFAワールドカップ(6月27日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(7月1日) »