« 2006FIFAワールドカップ(6月22日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月23日) »

2006.06.23

2006FIFAワールドカップ日本代表対ブラジル代表

グループリーグ グループF
日本代表1-4ブラジル代表
得点者:
(日本)玉田
(ブラジル)ロナウド2、ジュニーニョ・ペルナンプカーノ、ジルベルト
日本はフォーメーションを4-4-2にし、 FW玉田選手、巻選手、 MF小笠原選手、中村選手、中田英選手、稲本選手、 DF三都主選手、中澤選手、坪井選手、加地選手、 GK川口選手というスタメンで試合に臨みました。
対するブラジルは前戦のスタメンからカフー選手、ロベルト・カルロス選手、エメルソン選手、 ゼ・ロベルト選手、アドリアーノ選手の5人が外れ、代わって シシーニョ選手、ロビーニョ選手、ジルベルト選手、ジルベルト・シルバ選手、 ジュニーニョ・ペルナンプカーノ選手が入りました。
前半、34分日本の攻撃、左サイド三都主選手のスルーパスをオフサイドラインをかわして裏に 抜け出した玉田選手がGKの頭上を抜く鋭いシュートを決め日本が先制する。 40分加地選手がジルベルト選手を倒してしまいイエローカード。 44分ジルベルト選手が加地選手の突破を身体で止めてイエローカード。 ロスタイムブラジルの攻撃、ロナウジーニョ選手が右にパスを出し、シシーニョ選手の折り返しを ロナウド選手にヘッドで決められる。DFが皆ボールウォッチャーになってしまいロナウド選手の マークを一瞬外してしまいました。 序盤からブラジルに再三ゴールを脅かされましたが川口選手の好セーブと粘り強いディフェンス で何とか最小失点に押さえ、前半を同点で終了しました。
後半、8分ブラジルの攻撃、日本ゴール前フリーでパスを受けたジュニーニョ・ペルナンプカーノ 選手にミドルシュートを決められる。再三好セーブを続けた川口選手の正面に来たボールでしたが パンチング出来ない程、無回転で揺れる強烈なシュートでした。 11分小笠原選手から中田浩選手に交代。 14分ブラジルの攻撃、ハーフウェーライン付近でボールを持ったロナウジーニョ選手が 高く上げていた日本のDFラインの裏に出したスルーパスに反応し一気に左サイドを抜け出した ジルベルト選手にペナルティエリア左から右サイドネットに強烈なミドルシュートを 決められる。 15分巻選手から高原選手に交代。 16分高原選手がジュアン選手と競り合った時に足を痛め一旦ピッチの外に出るがまもなく復帰。 21分高原選手から大黒選手に交代(高原選手は報道によると靱帯の軽度の損傷とのことです)、 アクシデントで3枚目のカードを切ることになる。 26分カカ選手からゼ・ロベルト選手、ロナウジーニョ選手からリカルジーニョ選手に交代。 36分ブラジルの攻撃、後方から押し上げてきたCBジュアン選手が日本のパスをカットすると さらにドリブルで上がり、ロナウド選手との2度のパス交換で日本DFを撹乱し最後に ロナウド選手がシュートを決めブラジルに4点目が入る。 37分ジダ選手からロジェーリオ・セニ選手に交代。 試合はそのまま終了し敗戦しました。
日本のワールドカップが終わってしまいました。 後半30分過ぎ頃からは完全に日本選手の足が止まってしまい、交代カードも無かったので 終盤はブラジルに自由にパスを回されてしまい非常に悔しい終わり方となりました。 残念な結果になってしまいましたが、世界のトップとの差がどこにあるか 選手は体感できたと思います。
今回、決勝トーナメント進出を決めたオーストラリアもアジアに入り、中国など確実に 力を付けつつある国との対戦を考えるとアジアを勝ち抜くのも今後、更に困難になるでしょう。 日本サッカーがこの結果をどう生かすかが次のワールドカップの成績に係ってきます。 この教訓を関係者が真摯に考えてくれることを願いたいと思います。
最後に選手の皆さん本当にお疲れ様でした。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月22日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10650153

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ日本代表対ブラジル代表:

» W杯 日本vsブラジル 玉田の先制弾実らず [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
先程終わったブラジル戦。前半開始から予想通りブラジルが攻勢に出る。 ロナウド・ロビーニョが次々とシュートを放つが、今大会のっている川口が 再三はじき出しピンチを防ぐ。この試合は全員攻撃・全員守備の意識を もってほしかった。一つ言えることは、技術的に劣っていたとしても勝ちたいと いう精神的な部分では上回る事は出来る。 前半テレビ画面を見ていると必ずといっていいほど右隅に背番号11が守備をして いるのが見える。巻が... [続きを読む]

受信: 2006.06.23 23:19

» 残念!4年後に期待!! [稼ぐ!稼ぐ!稼ぐ!]
日本代表選手の皆さんご苦労様でした!本当に残念でしたが、この結果を受け止めて4年後に期待です。 関連記事でしたのでトラックバックさせて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2006.06.24 13:14

« 2006FIFAワールドカップ(6月22日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月23日) »