« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第7節静岡学園高戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月27日) »

2006.06.27

2006FIFAワールドカップ(6月26日)

決勝トーナメント1回戦 Round of 16
イタリア代表(E1)1-0オーストラリア代表(F2)
得点者:
(イタリア)トッティ(PK)
(オーストラリア)-
イタリアはスタメンにグループリーグ最終戦のチェコ戦で右足内転筋を痛めたネスタ選手に代わり チェコ戦で途中出場し活躍したマテラッツィ選手が入り、また、トッティ選手がサブに回り、 代わってデル・ピエロ選手が入りジラルディーノ選手、トニ選手と3トップを組んできました。 尚、デ・ロッシ選手はグループリーグ2戦目のアメリカ戦での退場(肘撃ち)が4試合出場停止 と裁定され準決勝までは出場出来なくなりました。 対するオーストラリアはキューウェル選手が左太股の付け根の手術個所を再度負傷し欠場、 エマートン選手が出場停止の為、代わってブレシアーノ選手、ウィルクシャー選手が スタメンに入りました。また、GKはシュウォーツァー選手が復帰しました。
前半、イタリアの方が若干多くチャンスを作りましたがほぼ互角の展開で終始し、 両チーム無得点で前半を終了しました。
後半、5分イタリアのCBマテラッツィ選手がブレシアーノ選手の突破をペナルティエリア直前で 止めてしまい一発レッドで退場、対応のためFWトニ選手を下げDFバルザーリ選手を投入。 30分なかなか局面を打開できないイタリアはデル・ピエロ選手を下げトッティ選手を投入。 ロスタイムイタリアの攻撃、自陣ハーフウェーライン付近でボールを持ったトッティ選手が 左サイドのグロッソ選手にロングフィード、グロッソ選手がドリブルでオーストラリアペナルティ エリア付近まで持ち込んだ所でブレシアーノ選手のファールを受けるが主審がアドバンテージを 取り、そのままペナルティエリア内まで進入した所でスライディングしたニール選手に足が 掛かり倒れPKの判定、PKをトッティ選手が決め、直後にタイムアップとなりイタリアが勝利 しました。
終盤はオーストラリアに押し込まれ、何とかディフェンスが耐えていたイタリアが ラストワンチャンスで劇的な形で勝利を手にし、素晴らしい粘りを見せました。 敗れたオーストラリアも後一歩までイタリアを追い詰め、延長戦に突入していたら結果は 逆になっていたかもしれないと言う素晴らしい試合運びでした。
決勝トーナメント1回戦 Round of 16
スイス代表(G1)0-0、延長0-0、PK0-3ウクライナ代表(H2)
得点者:
(スイス)-
(ウクライナ)-
スイスはCBセンデロス選手がグループリーグ最終戦の韓国戦で肩を脱臼したため欠場し、代わって ジュルー選手が入りました。 対するウクライナもルソル選手とスヴィデルスキ選手がグループリーグ最終戦のチュニジア戦で 2枚目のイエローカードを受け出場停止となりグループリーグでスタメンを務めたCB2人を欠いて 試合に臨みました。
前半は両チーム共に守備意識が強くなかなか決定機を作らせず、1度づつ有った決定機はボールが クロスバーを叩き、両チームノーゴールで前半を終了しました。 スイスのジュルー選手が途中で交代したのが怪我の為かどうか不明ですが少し気になる 所です。
後半も攻守の切替が早い展開のゲームでしたが、前半同様守備意識が強く、崩される場面が ほとんどないまま終了し、試合は延長戦に入りました。
延長に入るとディフェンスが若干ルーズになり始め、両チームにチャンスが生まれますが フィニッシュではディフェンスが身体を張って防ぎ、試合は延長戦でも決着がつかず、 決勝トーナメント初のPK戦に突入しました。
PK戦はウクライナが1人目のシェフチェンコ選手が失敗した後、2人連続で成功したのに対し、 スイスが3人連続して失敗し、最後にグセフ選手が決めて決着がつきました。

ウクライナ ×○○○-|3
スイス   ×××--|0
ウ)シェフチェンコ失敗(GKセーブ)、ミレフスキー成功、レブロフ成功、グセフ成功
ス)シュトレラー失敗(GKセーブ)、バルネッタ失敗(クロスバー)、 カバニャス失敗(GKセーブ)

この結果、勝利したウクライナとイタリアが準々決勝で対戦することになりました。

|

« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第7節静岡学園高戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10700166

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月26日):

« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第7節静岡学園高戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月27日) »