« 2006FIFAワールドカップ(6月23日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月25日) »

2006.06.25

2006FIFAワールドカップ(6月24日)

決勝トーナメント1回戦 Round of 16
ドイツ代表(A1)2-0スウェーデン代表(B2)
得点者:
(ドイツ)ポドルスキ2
(スウェーデン)-
前半、4分ドイツの攻撃、自陣からのロングフィードを一旦はクリアされるがボールを繋いで バラック選手からのパスを受けたクローゼ選手が個人技で裏に抜け出してシュート、GKが 身体を張ってブロックするが、こぼれ球に詰めたポドルスキ選手がゴールに押し込みドイツが先制。 12分ドイツの攻撃、左サイドにいたポドルスキ選手からスウェーデンゴール前のクローゼ選手 にパスを出し、クローゼ選手がDF3人を引き付けながら空けたスペースにポドルスキ選手が 走り込むのを待ってパス、ポドルスキ選手がシュートをゴール左に決めドイツがリードを2点に 広げる。 35分スウェーデンのCBルチッチ選手が2枚目のイエローカードを受け退場。 39分スウェーデンMFシェルストローム選手からDFハンソン選手に交代し、ハンソン選手が CBに入る。 前半はドイツの2点リードで終了しました。
後半、7分ドイツペナルティエリア内でメッツェルダー選手がラーション選手を倒してPKの判定、 PKをラーション選手が自分で蹴るが枠を外してしまう。 試合はそのまま終了しドイツが勝利しました。
スウェーデンの1人退場とPK失敗がなかったらもう少し展開が変わっていたかも知れませんが、 ドイツが序盤から攻撃的に試合を進め、ほぼ完勝と言って良い試合でした。
決勝トーナメント1回戦 Round of 16
アルゼンチン代表(C1)2-1(延長1-0)メキシコ代表(D2)
得点者:
(アルゼンチン)クレスポ、M・ロドリゲス
(メキシコ)マルケス
前半、6分メキシコの右FK、パルド選手のクロスをニアでメンデス選手がヘッドで後方に 擦らし、ファーにいたマルケス選手がスライディングしながらワンバウンドしたボールの上がり際 を右足アウトで合わせゴールに押し込みメキシコ先制。 10分アルゼンチンの右CK、クレスポ選手のクロスがニアで競り合ったクレスポ選手の足と クリアしようとしたボルヘッティ選手の頭の両方?に当たりゴールに入りアルゼンチンが同点に 追いつく。 38分メキシコのパルド選手が右足を負傷しトラド選手と交代。 前半は同点で終了しました。
後半、21分メキシコのグアルダード選手が右足を負傷しピネダ選手と交代。 後半は両チーム無得点で今大会初の延長戦に入りました。
延長、前半8分アルゼンチンの攻撃、左サイドソリン選手からのクロスをメキシコペナルティエリア 右にいたM・ロドリゲス選手が胸でトラップし、落ち際を左足ボレーでゴール左隅に豪快に決め、 遂にアルゼンチンがリードを奪う。 試合はそのまま終了しアルゼンチンが勝利しました。
前半はメキシコが試合を優勢に進めていたので、メキシコに負傷者が2人も出なければ どちらに勝利がいくか分からない熱いゲームでした(特に中盤でゲームを組み立てていた パルド選手を失ったのが痛かったかもしれません)。
勝利したアルゼンチンは準々決勝でドイツと対戦することになりました。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月23日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月25日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10674910

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月24日):

« 2006FIFAワールドカップ(6月23日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月25日) »