« 2006FIFAワールドカップ(6月20日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月22日) »

2006.06.22

2006FIFAワールドカップ(6月21日)

グループリーグ グループD
ポルトガル代表2-1メキシコ代表
得点者:
(ポルトガル)マニシェ、S・サブロサ(PK)
(メキシコ)フォンセカ
グループDはメキシコとアンゴラのどちらかが最終戦で決勝トーナメント進出 が決まる状況になりました。勝点で3上回るメキシコは引き分け以上で決勝トーナメント進出 となります。 対するポルトガルはパウレタ選手、C・ロナウド選手、デコ選手などをスタメンから外し、 前戦から5人メンバーを変更して試合に臨みました。
前半、6分ポルトガルの攻撃、前掛かりで攻めていたメキシコのパスを高い位置でカットすると カウンターから左サイドをS・サブロサ選手がドリブルで一気にメキシコのペナルティエリア内 まで持ち込み、中央からのマニシェ選手の上がりを待ってパス、マニシェ選手がダイレクトで 合わせてゴールしポルトガルが先制。 23分ポルトガルの右CK、クロスをペナルティエリア内でメキシコのマルケス選手が手でクリア してしまいハンドでPKの判定、PKをS・サブロサ選手が決めポルトガルがリードを2点に 広げる。 29分メキシコの左CK、パルド選手のクロスをフォンセカ選手がヘッドで決める。 前半はポルトガルの1点リードで終了しました。
後半、12分ポルトガルペナルティエリア内でメキシコ選手のシュートをブロックしようとした ミゲル選手がスライディングした際にボールを手に当ててしまいハンドでPKの判定、PKを ブラボ選手が蹴るが枠を外してしまう。 16分メキシコペレス選手が2枚目のイエローカードで退場、1点ビハインドのメキシコが 10人になる。 試合はそのまま動かず終了しポルトガルが勝利しました。
メキシコは敗戦しましたが、アンゴラがイランと引き分けたため勝点で上回り決勝トーナメント 進出を決めました。 グループDは1位がポルトガル、2位がメキシコになりました。
グループリーグ グループD
イラン代表1-1アンゴラ代表
得点者:
(イラン)バフティアリザデ
(アンゴラ)フラビオ
前半、13分相手選手との競り合いで足を負傷したイランのノスラティ選手がショジャエイ選手 と交代。 22分相手選手との競り合いで手を負傷したアンゴラのマテウス選手がロベ選手と交代。 前半は両チーム無得点で終了しました。 両チーム1人づつの負傷者を出す当たりの激しい試合になりました。
後半、6分左足を痛めたアンゴラのアクワ選手がフラビオ選手と交代。 15分アンゴラの攻撃、カウンターで自陣からのロングフィードを右サイドで受けた ゼ・カランガ選手がクロス、ラインを高く上げていたイランDFが戻り切れずフリーになった フラビオ選手がヘッドでゴールに押し込みアンゴラが待望の先制点を上げる。 27分相手選手との接触で足を負傷したアンゴラのフィゲイレド選手がマルケス選手と交代。 30分イランの右CK、マハダビキア選手のクロスをバフティアリザデ選手がヘッドで ゴールしイランが同点に追いつく。 試合はそのまま終了し引き分けました。
この結果、アンゴラの決勝トーナメント進出は成りませんでした。
グループリーグ グループC
コートジボワール代表3-2セルビア・モンテネグロ代表
得点者:
(コートジボワール)ディンダン2(PK1)、カルー(PK)
(セルビア・モンテネグロ)ジキッチ、イリッチ
前半、10分セルビア・モンテネグロの攻撃、自陣でコートジボワールのパスをカットし短い パス回しで右サイドのスタンコビッチ選手に繋ぎ、そこからロングクロスを入れ、裏に抜け出した ジキッチ選手がこのボールに詰めてきたGKをワントラップでかわしゴールに流し込み セルビア・モンテネグロが先制。 16分相手選手との接触でセルビア・モンテネグロのクルスタイッチ選手が負傷しナジ選手に交代。 20分セルビア・モンテネグロの攻撃、クロスをコートジボワールDFがクリアミスしこぼれ球を 拾ったイリッチ選手がゴールに押し込む。 34分セルビア・モンテネグロのペナルティエリア内でドゥディッチ選手がクロスを手でクリアして しまいハンドでPKの判定、PKをディンダン選手が決める。 ロスタイムセルビア・モンテネグロのナジ選手が2枚目のイエローカードを受け退場。 前半はセルビア・モンテネグロが1点リードして終了しました。
後半、22分コートジボワールの攻撃、右サイドのケイタ選手からのクロスをDFがかぶって しまい、抜けてきたボールをディンダン選手がヘッドでゴールし同点に追いつく。 41分コートジボワールのCK、クロスではなくパスを選択しゴール正面ペナルティエリアの外で 受けたカルー選手がミドルシュート、このボールをペナルティエリア内でドゥディッチ選手が 手で止めてしまいハンドでPKの判定、PKをカルー選手が冷静に決め遂にコートジボワールが 逆転する。 ロスタイムコートジボワールのドモロー選手が2枚目のイエローカードを受け退場。 試合はそのまま終了しコートジボワールが勝利しました。
後半1人少なくなったセルビア・モンテネグロをコートジボワールが圧倒したゲームでした。
グループリーグ グループC
オランダ代表0-0アルゼンチン代表
得点者:
(オランダ)-
(アルゼンチン)-
両チーム共、決勝トーナメントを意識してイエローカードを1枚受けている選手をスタメンから 外して試合に臨みました。
前半は両チーム無得点で終了しました。 アルゼンチンが優勢に試合を進め何度か惜しい場面もありましたがゴールはなく、 対するオランダはなかなかトップまで良い形でボールを繋ぐことが出来ず、逆にDFがクリアした ボールが危うくオウンゴールになりそうな場面もありました。
後半は中盤の枚数を増やし選手交代でバベル選手などを投入したオランダがチャンスを演出する 場面も増え、アルゼンチンはオランダのマークが厳しくなったことから前半の様にはボールを回せ なくなり互角の展開になりました。 試合は後半も両チーム得点がなく引き分けました。
ゴールは有りませんでしたが時間が短く感じた面白いゲームでした。 この試合で外れたメンバーがスタメンに復帰し決勝トーナメントでどの様なパフォーマンスを 見せてくれるか楽しみです。
尚、グループCは1位がアルゼンチン、2位がオランダになりました。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月20日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10633839

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月21日):

« 2006FIFAワールドカップ(6月20日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月22日) »