« 2006FIFAワールドカップ(6月16日) | トップページ | 2006シーズンエスパルス補強・移籍情報17 »

2006.06.18

2006FIFAワールドカップ(6月17日)

グループリーグ グループD
ポルトガル代表2-0イラン代表
得点者:
(ポルトガル)デコ、C・ロナウド(PK)
(イラン)-
ポルトガルは初戦を怪我の影響で欠場したデコ選手がスタメンに復帰し、 対するイランは怪我の影響でダエイ選手がスタメンから外れました。
前半、ポルトガルがボールポゼッションで圧倒し何度も攻撃を仕掛けますがイランディフェンスも 必死に守備しゴールを守り両チーム無得点で終了しました。
後半、18分ポルトガルの攻撃、左サイドでパスを受けたフィーゴ選手が中央にドリブルで 移動しながらイランゴール正面にいたデコ選手に横パス、デコ選手がダイレクトで素晴らしい ミドルシュートをゴール左に決めポルトガル先制。 34分イランペナルティエリア内に進入したフィーゴ選手をゴルモハマディ選手が足で 引っ掛けて倒してしまいPKの判定、このPKをC・ロナウド選手がしっかり決めて大きな 追加点がポルトガルに入る。 40分ゴルモハマディ選手がC・ロナウド選手の突破を身体で止め倒れた時に左肩を痛め、 そのまま復帰出来ずバフティアリザデ選手と交代。アクシデントでイランは最後のカードを攻撃に 使えなくなる。 試合はそのまま終了しポルトガルが勝利しました。
この結果、グループDはポルトガルが決勝トーナメント進出を決め、敗戦したイランがグループ リーグでの敗退が決定しました。
グループリーグ グループE
チェコ代表0-2ガーナ代表
得点者:
(チェコ)-
(ガーナ)A・ギャン、ムンタリ
前半、2分ガーナの左CK、クロスをチェフ選手が一旦はパンチングでクリアするがセカンドボール をアッピア選手に拾われ再度入れられたクロスをウィファルシ選手がダイビングヘッドでクリア しようとするが僅かに届かず後ろにいたA・ギャン選手に渡ってしまい、フリーでボールを持った A・ギャン選手が冷静にシュートをゴール右隅に決めガーナが先制する。 前半で同点に追いつこうとチェコも攻撃するがガーナのディフェンスも固く、ことごとく ガーナの網にかかり決定機までなかなか繋げない。 前半はガーナの1点リードで終了しました。
後半、前掛かりで攻めるチェコに対して、ガーナがカウンターから何度か決定的なシュートの 場面を迎えるがチェフ選手が素晴らしいセーブで防ぎ続ける。 21分チェコのペナルティエリア内に進入したアモア選手をウィファルシ選手が足で引っ掛け 倒してしまいPKを与え、CBウィファルシ選手はレッドカードで退場になる。 A・ギャン選手のPKは右ポストを叩きガーナは追加点のチャンスを逃す。 チェコはその後DFを投入せず攻撃の枚数を減らさず1人少ないDFラインでプレーを続行する。 37分ガーナの攻撃、チェコゴール前でガーナが数的優位の状況を作り短いパス回しでチェフ選手が 振られた所をムンタリ選手にシュートを決められガーナに決定的な2点目が入る。 この時点までガーナのカウンターからの1対1の場面をことごとく止めていたチェフ選手でしたが 流石に止める事が出来ませんでした。 ロスタイムチェコがセットプレーから2度の決定機を作るがシュートはGKの好セーブに 防がれる。 直後に試合は終了しガーナが勝利しました。
勝利したガーナは決勝トーナメント進出に望みを繋ぎました。 敗戦したチェコは次戦イタリア戦でロクベンツ選手(警告累積)、ウィファルシ選手(退場)を 欠くことになり、コラー選手も怪我で出場が難しいため相当厳しい戦いになりそうです。
グループリーグ グループE
イタリア代表1-1アメリカ代表
得点者:
(イタリア)ジラルディーノ
(アメリカ)OG
前半、22分イタリアの攻撃、右サイドでFKを得、ピルロ選手がGKとDFラインの間に入れた 絶妙なクロスをジラルディーノ選手がダイビングヘッドでゴールに押し込みイタリア先制。 27分アメリカの攻撃、右サイドでFKを得、レイナ選手がゴール前に入れたクロスを ザッカルド選手がクリアしようとするが、ミスキックとなりボールが後ろに流れゴールに 入る、アメリカがイタリアのOGで同点に追いつく。 28分イタリアデ・ロッシ選手がマクブライド選手に対する肘打ち行為で一発レッドで退場。 45分アメリカマストロエニ選手がピルロ選手を足裏を見せる危険なタックルで倒し一発レッドで 退場。 前半は同点で終了しました。
後半、2分ポープ選手が2枚目のイエローカードで退場し、アメリカはフィールドプレーヤーが 8人になる。 2人少ないアメリカは少なさを感じさせない攻めを繰り返していたが終盤はイタリアの 猛攻を浴び、何時得点が入ってもおかしくない展開になる。 しかし、GKの好セーブで決定的なシュートを防ぐなど最後まで守備は集中力を切らさず 無失点で逃げ切り、引き分けで終了しました。
アメリカは勝点1を得たことで決勝トーナメント進出の可能性を辛うじて残すことが出来ました。 イタリアは勝利すれば決勝トーナメント進出がほぼ決まる所でしたが、最終戦まで持ち越し になりました。 最終戦は全チームが決勝トーナメント進出の可能性を残しているので凄い試合になりそうです。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月16日) | トップページ | 2006シーズンエスパルス補強・移籍情報17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10579038

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月17日):

« 2006FIFAワールドカップ(6月16日) | トップページ | 2006シーズンエスパルス補強・移籍情報17 »