« 2006FIFAワールドカップ(6月15日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月17日) »

2006.06.17

2006FIFAワールドカップ(6月16日)

グループリーグ グループC
アルゼンチン代表6-0セルビア・モンテネグロ代表
得点者:
(アルゼンチン)M・ロドリゲス2、カンビアッソ、クレスポ、テベス、メッシ
(セルビア・モンテネグロ)-
前半、6分アルゼンチンの攻撃、左サイドでM・ロドリゲス選手、クレスポ選手、サビオラ選手 とパスを前に繋いでいき、サビオラ選手がDFを引き付けて空けたスペースに出したパスに 後方から長い距離を走り込んできたM・ロドリゲス選手がダイレクトでシュートしゴールを決め アルゼンチンが先制。 17分L・ゴンサレス選手が足を負傷し急遽カンビアッソ選手に交代。 31分アルゼンチンの攻撃、左サイドでのパス回しで中央の守備を薄くしてからサビオラ選手が 逆サイドのカンビアッソ選手にパス、カンビアッソ選手がペナルティエリア内を右に流れながら DFを引きつけて移動するクレスポ選手にパスを送るとクレスポ選手が空けた中央のスペースに 走りこみ、クレスポ選手がヒールで戻したボールをゴールに押し込む。流れる様なパスワークで の本当に素晴らしいゴールでした。 41分アルゼンチンが右サイド深い位置に入れた縦パスに対応したDFクルスタイッチ選手から サビオラ選手がボールを奪うとDF1人をかわしてドリブルでペナルティエリアに進入しシュート、 GKが一旦は弾くがこぼれ球を走りこんできたM・ロドリゲス選手がゴールに押し込み3点目 が入る。 前半はアルゼンチンが3点リードして終了しました。
後半、20分セルビア・モンテネグロケジュマン選手が足裏を見せた危険なタックルで マスケラーノ選手を倒し1発レッドで退場。 33分アルゼンチンの攻撃、リケルメ選手のFKを受けたメッシ選手がドリブルで裏に抜け ペナルティエリア内に進入すると深い位置からDFの股を抜くグラウンダーのクロスを入れ、 逆サイドを走り込んだクレスポ選手がDFと競りながらシュートをゴールに押し込み4点目 が入る。 39分アルゼンチンの攻撃、セルビア・モンテネグロのパスを自陣でカットしロングフィードを 相手陣内に出すと左サイドで受けたテベス選手が個人技でDF2人をかわしてペナルティエリア内に 進入し、GKの位置を見て冷静にシュートを決める、5点目。 43分アルゼンチンの攻撃、リケルメ選手がバイタルエリアにいたテベス選手にパス、 テベス選手がクレスポ選手とのワンツーでDF1人をかわしている間に2人に集まったディフェンス の外側をフリーで上がったメッシ選手にテベス選手がパスを出すとGKの股を抜くシュートを決め、 6点目のゴールが入る。 大量得点でアルゼンチンが勝利しました。
攻撃戦術の見本の様な攻撃の数々を見せたアルゼンチンがセルビア・モンテネグロ を圧倒した試合でした。
グループリーグ グループC
オランダ代表2-1コートジボワール代表
得点者:
(オランダ)ファン・ペルシー、ファン・ニステルローイ
(コートジボワール)B・コネ
前半、23分オランダのFK、コートジボワールゴール前で得たFKをファン・ペルシー選手が 直接ゴール左隅に決めオランダが先制。 27分オランダの攻撃、ロッベン選手が左サイドをドリブルでコートジボワールゴール前まで 持ち込みDFラインの前で一旦キープ、オフサイドポジションにいたファン・ニステルローイ選手が オフサイドを取られない位置まで戻った所でパスを出し、ファン・ニステルローイ選手が 冷静にシュートをゴールに決め追加点を上げる。 38分コートジボワールの攻撃、リスタートで自陣からの縦パスを中央で受けたB・コネ選手が ドリブルでDFから逃げるように右に流れながらペナルティエリアの少し外でゴール左にミドル シュートを決める。 その後もコートジボワールが攻撃を仕掛けるがゴールは入らず、 前半はオランダが1点リードして終了しました。
後半も終始コートジボワールペースで試合は進み、特に終盤は何時コートジボワールの ゴールが入ってもおかしくない展開になりましたが、オランダも最後の所で身体を張って ブロックしゴールを許さず、1点のリードを守りきって勝利しました。
これでグループCは1試合を残して決勝トーナメント進出2チームがアルゼンチンとオランダに 決定しました。
グループリーグ グループD
メキシコ代表0-0アンゴラ代表
得点者:
(メキシコ)-
(アンゴラ)-
メキシコは前戦で負傷交代したボルヘッティ選手がグループリーグは出場が難しいとの ことでこの試合は欠場しました。
前半はメキシコが優勢に試合を進めましたが、アンゴラも粘り強く守り決定機は余り演出できず、 マルケス選手の直接ゴールを狙ったFKがポストに弾かれたのが一番惜しいゴールチャンス でした。
後半、10分メキシコブラボ選手がGKと1対1になる決定的場面を作るがシュートはGK にブロックされる。 34分アンゴラアンドレ選手が2枚目のイエローカードを受け退場。 終了間際、メキシコに何度か決定的なチャンスがありましたがGKの好セーブとポストに 阻まれ遂にゴールを入れることは出来ませんでした。
この結果、勝点1をメキシコとアンゴラで分け合いました。 アンゴラが最後まで集中を切らさず守りきり、後半はメキシコがシュートミス、パスミス を犯しゴールチャンスを失い、勝点をアンゴラに奪われたような試合でした。 メキシコは最後にポルトガルとの対戦を残しており、このグループは混戦になりそうです。

|

« 2006FIFAワールドカップ(6月15日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月17日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10565434

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月16日):

« 2006FIFAワールドカップ(6月15日) | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月17日) »