« アレシャンドレ グラール選手明後日来日 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月16日) »

2006.06.16

2006FIFAワールドカップ(6月15日)

グループリーグ グループA
エクアドル代表3-0コスタリカ代表
得点者:
(エクアドル)C・テノリオ、デルガド、カビエデス
(コスタリカ)-
前半、8分エクアドルの攻撃、コスタリカゴール前でデルガド選手がシュートに行くがディフェンス にブロックされ一旦右サイドのバレンシア選手にパス、バレンシア選手の折り返しのクロスを C・テノリオ選手がヘッドでゴールしエクアドルが先制。 前半はエクアドルが1点リードして終了しました。
後半、9分エクアドルの攻撃、右サイドでのスローインから繋いでペナルティエリア内に進入し 最後にデルガド選手が角度のない所からGKのニアを豪快に抜くゴールを決める。 ロスタイムエクアドル右サイドメンデス選手がGKとDFの間に出した絶妙なクロスを DFラインの外側から走り込んだカビエデス選手が右足アウトサイドでゴールに押し込み 駄目押し点が入る。 直後に試合が終了しエクアドルが勝利しました。
エクアドルは要所を突いた攻撃と共にコスタリカ攻撃陣にほとんど崩されず、ドイツ戦で2得点した ワンチョペ選手にも仕事をさせず、2試合連続無失点を記録した守備も光りました。
これでグループAは1試合を残して決勝トーナメント進出2チームがエクアドルとドイツに 決定しました。
グループリーグ グループB
イングランド代表2-0トリニダード・トバゴ代表
得点者:
(イングランド)クラウチ、ジェラード
(トリニダード・トバゴ)-
前半、ボールポゼッションで圧倒的に上回るイングランドが攻めるもののトリニダード・トバゴも 自陣に人を多く置き粘り強いディフェンスでマークを厳しくつけてイングランドに常に プレッシャーを与えミスを誘い、GKも好セーブでゴールを割らせず、逆に回数は少ないものの カウンターやセットプレーからイングランドゴールに迫る場面も見られました。 終了間際にはCKのクリアのセカンドボールを繋いでゴール前に入れたクロスをS・ジョン選手 が身体ごとゴールに押し込もうとしたシュートをJ・テリー選手がゴールラインを越える直前で クリアすると言うプレーもありました。 最終的に前半は両チーム無得点で終了しました。
後半、途中でイングランドはベッカム選手をSBの位置に下げ(と言ってもトリニダード・トバゴの エンド内にほとんど入っているのですが)、プレッシャーの少ない位置からピンポイントで前線の 選手にボールを入れて攻撃するオプションも加えてより攻撃の姿勢を明確にしてきますが、それでも トリニダード・トバゴのディフェンスがなかなかゴールを割らせない展開が終盤まで続きます。 逆に前掛かりになり薄くなったディフェンスをトリニダード・トバゴのカウンターで衝かれ イングランドがヒヤリとさせられる場面もあり、このまま無得点で終了するのかと思われた 38分に右サイドフリーのベッカム選手からのクロスをクラウチ選手がヘッドで遂にゴールを 決めイングランドが待望のリードを奪いました(クラウチ選手は何度もシュートミスをしていました が最後に決めました)。 ロスタイムジェラード選手が試合を決めるミドルシュートをゴール左隅に決め、試合は そのまま終了しイングランドが勝利しました。
最後までどちらに転がるか分からない面白いゲームでした。 この時点でイングランドの決勝トーナメント進出が決定し、グループBの決勝トーナメント 進出枠は残り1つとなりました。
最後にこの試合で笛を吹いた上川主審ですが、ともすれば荒れそうな試合を冷静にコントロールし 今回も良い仕事をしてくれた様な印象を受けました。
グループリーグ グループB
スウェーデン代表1-0パラグアイ代表
得点者:
(スウェーデン)リュングベリ
(パラグアイ)-
前半、スウェーデンは惜しいシュートが何本も有りましたが決めることが出来ず、 パラグアイの攻撃はスウェーデンディフェンスの前に決定機を作れず両チーム無得点で 終了しました。 終了後、選手が引き上げてくる時にイブラヒモビッチ選手が太股の内側を押さえていたの で痛めたかもしれません(内転筋でしょうか)。
後半、開始時スウェーデンはイブラヒモビッチ選手からアルバック選手に交代。 15分スウェーデンアルバック選手が後方からの縦パスにオフサイドラインを掻い潜り抜け出し、 GKの頭越しにループシュートを撃つがカニサ選手が猛然と戻りゴール直前でクリアする。 44分スウェーデンの攻撃、右サイドエルマンデル選手のクロスをファーのアルバック選手が 折り返し後方から走り込んだリュングベリ選手がヘッドでゴールし遂にリードを奪う。 ロスタイムの3分をキープして逃げ切りスウェーデンが勝利しました。
スウェーデンが土壇場で決勝トーナメント進出を大きく近づける勝点3を手にしました。 グループBは1試合を残してパラグアイ(勝点0)のグループリーグ敗退が決定し、 スウェーデン(勝点4、得失点差+1)とトリニダード・トバゴ(勝点1、得失点差-2)が 最終戦で決勝トーナメント進出をかけてスウェーデンはイングランドとトリニダード・トバゴは パラグアイと戦うことになりました。 スウェーデンが相当有利ですがこればかりは何が起きるか分からないので興味深い最終戦に なりそうです。

|

« アレシャンドレ グラール選手明後日来日 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10551617

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月15日):

« アレシャンドレ グラール選手明後日来日 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月16日) »