« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第6節名古屋グランパスエイトユース戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月11日) »

2006.06.11

2006FIFAワールドカップ(6月10日)

グループリーグ グループB
イングランド代表1-0パラグアイ代表
得点者:
(イングランド)OG
(パラグアイ)-
前半、4分にベッカム選手のFKがパラグアイDFのオウンゴールを誘い、更にパラグアイGKが 負傷交代するというアクシデントもありイングランドペースで試合が展開し、一方的なゲームに なるかと思いましたが終盤にパラグアイもヴァルデス選手、パレデス選手を中心に攻撃で粘り 押し返す場面も見られイングランドの1点リードで前半を終了しました。
後半は一転して攻撃の枚数を増やして攻めにきたパラグアイをイングランドが堅実に押さえ切って 初戦を取りました。
グループリーグ グループB
トリニダード・トバゴ代表0-0スウェーデン代表
得点者:
(トリニダード・トバゴ)-
(スウェーデン)-
前半はスウェーデンが攻めるもののS・ジョン選手1人を前線に残し10人で守る トリニダード・トバゴを崩しきれず両チーム無得点で終了しました。
後半2分トリニダード・トバゴ左SBのA・ジョン選手が2枚目のイエローカードで退場し 10人になると直後にDFではなくFWを投入し前線に人を増やしカウンターからの得点チャンスを 増やす(同時に守備へのプレッシャーを減らそうとする意図もあったと思います)采配を取ります。 その後、前半と同じ様な展開が最後まで続き、スウェーデンとしては敗戦したかの様な、 トリニダード・トバゴにとっては歴史に残る勝点1を獲得した試合となりました。
グループリーグ グループC
アルゼンチン代表2-1コートジボワール代表
得点者:
(アルゼンチン)クレスポ、サビオラ
(コートジボワール)ドログバ
前半、24分アルゼンチンの攻撃、左サイドで得たFKをリケルメ選手がクロス、ゴール前の混戦 からのこぼれ球をクレスポ選手が押し込みアルゼンチン先制。 38分アルゼンチンの攻撃、リケルメ選手から裏のスペースへのスルーパスを絶妙なタイミング でオフサイドラインをかわして抜け出したサビオラ選手が冷静にゴールに流し込む。 前半はアルゼンチンが2点リードして終了しました。
後半、37分コートジボワールの攻撃、アルゼンチンゴール前でスルーパスから裏に抜け出した B・コネ選手が右から中央にクロスを上げドログバ選手がヘッドで合わせに行くが合わせきれず 一旦は左に抜ける、これを再度繋いで折り返したボールをドログバ選手が今度は左足でゴールに 押し込み1点差に追い上げる。 試合はアルゼンチンがその後何とか無失点で凌ぎ切り勝利しました。
両チーム共に攻守の切り替えが早い非常に面白い試合でした。 やはりグループCは目が離せない展開になりそうです。

|

« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第6節名古屋グランパスエイトユース戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/10481097

この記事へのトラックバック一覧です: 2006FIFAワールドカップ(6月10日):

« JFAプリンスリーグU-18東海2006 1部 第6節名古屋グランパスエイトユース戦 | トップページ | 2006FIFAワールドカップ(6月11日) »