« 中央大学辻尾選手がエスパルスの特別指定選手に | トップページ | NIKE PREMIER CUP JAPAN 2006 1次リーグヴェルディSS小山、アビスパ福岡U-15戦 »

2006.05.03

AFCチャンピオンズリーググループステージ第5日

アジア最強クラブを決めると共にFIFAクラブワールドカップへの出場権をかけたAFCチャンピオンズ リーグのグループステージ第5日が本日(5月3日)試合日を迎え、 日本から出場したガンバ大阪と東京ヴェルディ1969の試合が行われました。
ガンバ大阪1-1全北現代モータース(韓国)
得点者:
(G大阪)山口
(全北)チョ ジンス
グループEのG大阪はホームで韓国の全北現代と対戦しました。
前半のロスタイムに全北チョ ジンス選手のゴールで先制されたG大阪は 後半に山口選手のゴールで同点に追いつきましたが逆転ならず引き分けました。 この結果、大連実徳-ダ・ナン戦の結果を待たずに、1試合を残して勝点が全北(10)、G大阪(7)と なり、最終戦でG大阪が勝利し全北が敗戦して勝点10で並んだ場合に適用される「当該チーム間の 勝ち点」で全北(4)、G大阪(1)となる為グループステージ1位の可能性が無くなり惜しくもグループ ステージでの敗退が決定してしまいました。
(試合結果はガンバ大阪オフィシャルホームページより)
蔚山現代ホランイ(韓国)1-0東京ヴェルディ1969
得点者:
(蔚山)イ チョンス
(東京V)-
グループFは2チームが直前で出場資格を失ったため東京Vと蔚山の2チームによる2試合(第1日、 第5日)だけのグループステージとなり、最終戦となる第2戦が本日行われました。
アウェーで蔚山現代と対戦した東京Vは敗戦しました。 グループステージ突破の為には3点差以上での勝利が必要でしたが残念な 結果になってしまいました。
(試合結果は東京ヴェルディ1969オフィシャルホームページより)
AFCチャンピオンズリーグ/ACLとは)

|

« 中央大学辻尾選手がエスパルスの特別指定選手に | トップページ | NIKE PREMIER CUP JAPAN 2006 1次リーグヴェルディSS小山、アビスパ福岡U-15戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8514/9886090

この記事へのトラックバック一覧です: AFCチャンピオンズリーググループステージ第5日:

« 中央大学辻尾選手がエスパルスの特別指定選手に | トップページ | NIKE PREMIER CUP JAPAN 2006 1次リーグヴェルディSS小山、アビスパ福岡U-15戦 »